退職・転職の囲み退職

退職・転職の囲み退職

詐欺|転職の採用面接を受けにとある会社に訪ねました。

転職における採用面接に行ったときのことです。その日に限って会社内の面接をする部屋が空いていないというわけで社外の会場で面接担当の人と待ち合わせて採用面接をして、その場所で解散し、面接をした方も会社に帰らず自宅に直帰されるとのことだったわけですが、なんと自宅最寄駅が私と同じ。
退職・転職の囲み退職

詐欺|現在の自分の勤め先や仕事の中身について不満に感じていることの中に…

今のあなたの勤め先や仕事内容に対して、大半の人は不満を感じていると思います。「自身の持っているスキルや、仕事上での能力を正当に評価してもらえない」あるいは、「報酬はアップしないし、昇進の見込みもない」といった不満が多くを占めると思います。けれど、気持ちは理解できます。しかし、そんな不満を持つ人の中には自分の本来の才能を実際よりも「過大評価」していることもあるのです。
退職・転職の囲み退職

詐欺|失業者が受け取れる失業保険は、失業中であることが給付のため必要ですが…

失業した人が受け取れる失業保険は、給付されるためには失業中であることが必要ですが、延々と給付されるわけではありません。それまで勤務してきた期間によって違い、3ヶ月とか、1年と設定されるのですが、なんとこのような現実を全く知らない人が一定数いらっしゃいます。
退職・転職の囲み退職

転職先を選ぶのに、当然やりがいを考慮することも大切だけ・・

転職を行うなら、もちろんやりがいのある仕事をすることも大切だけどそれだけでなく給料アップも大きなポイントになるから「年収比較サイト」に登録していろいろと調査をしています。一緒の会社でその上全く同一の職種、経歴なのに人によって広く幅がある場合も少なくなく、ぶっちゃけ面接時に質問したことがあります。
退職・転職の囲み退職

詐欺|再就職時の採用面接では、小規模業者クラスの場合大抵は「人事」が面接担当です・・

再就職のための採用面接では、中堅企業クラスの場合、概ねそこの会社の「人事」担当者が面接官となりますが、場合によっては違うこともあるようです。直接、これから仕事を一緒にしていく一番偉い人、というような部長や課長などが当たることになるでしょう。中でも事務系・営業系に転職する際は、資格を通じた判断がしづらいですから、やはり自身をアピールしていくことが必要であり大事なことです。
退職・転職の囲み退職

詐欺|求人情報をチェックする場合、例えば、「事務系の仕事をしたい」という人は、…

求人誌を見る際、例えば、「オフィス系の仕事をしたい」と思う人ほど、はなから製造業はチェックしない人がいますが、そういったことをしている人の多くは「製造業は現場で製造する求人しかやっていないだろう」と勘違いしていることが少なくありません。製造業の求人募集でも、現場に出る製造の仕事だけでなく、人事、経理、総務といったスタッフ募集をはじめ、資材、購買、営業管理などの「事務系」に分類される職もたくさんあります。
退職・転職の囲み退職

新しい仕事で、あなたの過去の能力を存分に発揮できれ…

再就職先で過去のスキル・キャリア生かせたら、即戦力として高く評価されて、早々に仕事場での信頼を勝ち得ることができるはずです。人を雇おうとしている雇用先もそういった人材は常に欲しがるものですから、会社側が判断しても即戦力となる転職はわけなく採用されるでしょう。
退職・転職の囲み退職

詐欺|転職活動をスタートする際、まず今の会社を辞めてから転職しようと考える人もいますが、…

転職を考え始めたときに、とにかく会社を辞めてからという考え方もありますが、そうであるなら今度のボーナスの時期を事前に調べておくのが無難です。ボーナスが出る会社はいっぱいあるわけですが、ボーナスもらえる場合は、ボーナスが振り込まれる日まで長くないのであれば、その後で辞職するという考えも賢明といえます。
退職・転職の囲み退職

詐欺|経験したことがない業界などに転身したいときには、前の職で、自・・

これまで経験したことがない業種などに転身を考えるときには、自分が前職で培ってきた腕前や今まで経験したことを発揮できるという内容の訴えが必要です。その分野の未経験者は経験していない分その分野で経験してきた人たちよりも正直、不足することはありますが、自分の持っている力がその業種でも生きるということをしっかりと話せれば、勝負になることも多くあります。
退職・転職の囲み退職

友人の紹介をキッカケにして転職する先を見つけている最中の人もいるでしょう。

人からの紹介によって転職先を見つける人もいます。しかしながら、転職をした先の労働環境やそれから労働条件といった点に関して紹介者からの口コミ情報を判断するのは後々トラブルになるかもしれません。口コミの中でも主観が強調されてしまい、誤解・齟齬が多くなってしまいます。