退職・転職の囲み退職

退職・転職の囲み退職

全く経験したことがない業界などに転身したい場合には、…

経験したことがない業界などに転身をしようとするときには、以前の職場で、自分が身に付けた力や今まで経験したことを発揮できるという訴えが必要です。経験をしたことのない業界の場合、それだけその業界で経験してきた人たちよりも事実、不利になりますけど、自らが保持している力がその業種でも十分に発揮することができるということをうまく相手に言えば、戦うことができるケースもあり得ます。
退職・転職の囲み退職

知人による紹介で転職先を探す人もいるでしょう。

友人・知人からの紹介によって転職する先を探すこともあるでしょう。それはいいけれど転職の先の労働環境やまた労働時間などの大切な部分を友人からの口コミだけをあまり信用しすぎるとあまり問題です。どうしてもそういう口コミは客観的な要素が排除されやすく、誤解・齟齬が多くなってしまいます。
退職・転職の囲み退職

再就職によって仕事先を新しく替えるということは、自身に見合った…

転職で勤め先を一新するということは、自分自身に見合う職場を見つけたほうが良いということです。職場を変えればあなたに適した仕事に有りつけるかもしれません。しかし、苦しいことも少なからずあって、それ相応の労力やスキルがないと、転職自体がままなりません。違う言い方をすると、自分の価値をあげることで、天職に恵まれる、というだけの話です。
退職・転職の囲み退職

転職というものを考えるとき、その職場の自身の給与を過剰に気にする…

転職というものを考えるとき、転職したあとの自分の給料について気にする人がどうも多いものです。とうぜん大半の人は、仕事というのは収入を得るため、自分の生活を成り立たせるために行うものです。ですから生活費を給料としてもらうために仕事するのだとは思います。ですから年収は自分の社会的な価値を知る値という側面もありますから、大切なのは当然ではあります。
退職・転職の囲み退職

あなたが転職活動中に、良いと思う求人(もしくは業界)…

今から転職活動をするという時は、気になった求人(あるいは業界)を見るたびにきちんと「〇〇業(気になる業界)、ブラック」とインターネットで調べておきましょう。求人票や転職サイトの担当者では、まずその業界のマイナス要素について、知ることはできません。もしも、ブラック企業体質な業種であれば、ネット検索によってカンタンにすぐに実態を知ることができます。
退職・転職の囲み退職

詐欺|転職をする時に面接でおいてほとんどの人が追求されるこ・・

再就職をする時に面接でかなり高い確率で聞かれるのは会社を退職したことについてです。このような質問に回答する場合には話題を前職のことにしない方が無難です。そのことが中心となり話が進むとどうしてもマイナス面を伴った面接に進んでしまいますから。どういう風に進めればいいかというとどうして前の会社を辞めたかという点をこちらの会社に必ず入社したいという考えがあったからという感じの話にしたら良いということで、自己アピールもかねて今、自分が面接している会社の方に内容を傾けていきましょう。
退職・転職の囲み退職

これまで私は、求人情報は「転職サイト」ではなく、「ハローワーク」で探していました。

今まで私は、「転職サイト」よりも主に「ハローワーク」が中心でした。理由は、ほとんどの転職サイトはどうしても都心部の求人情報ばかり掲載されているからです。そのために、求人を探す時は、「ハローワーク」ばかり使用していました。やっぱり、掲載されている多少企業も、給料などの労働条件も若干見劣りはしますが、古くから地域密着タイプなので安心して面接に進むことができます。
退職・転職の囲み退職

詐欺|就職活動において、年収はとても大事な要素です。

就職活動において、ポイントになるのが年収です。面接の際、現職の年収と希望年収は必ず聞かれます。このとき本当の年収より多く言って、高額な年収を確保しようとしても、無駄でしょう。なぜなら、源泉徴収票が必要となるため、一度は信じ込ませたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、必ずウソがバレてしまうためです。
退職・転職の囲み退職

近年、インターネット上では、「就職斡旋エージェント」のほかに・・

近頃はウェブ上では、「就職斡旋エージェント」をはじめ、「ヘッドハンティング」を専門に取り仕切る会社も増えています。特許などを出すと連絡を受ける可能性が高くなります。彼らは、特許権を獲得した人に限らず、研究開発で論文を書いたことのある人や、マスコミで紹介されている人など、「功績」ある人をターゲットに、電話・メールでコンタクトを取り、ヘッドハンティング用のネタにしています。
退職・転職の囲み退職

これから、私たちの労働環境において考えなくてもできる仕事は…

この先、私たちの社会的環境において確実にシンプルな仕事は機械に置き換わってその切り替えによってそういう仕事をする労働人口はカットされていきます。というのも、思考を必要としない作業は人間よりも機械のほうが比べられないほど利便性にすぐれているからです。例えば、数をカウントしたり、同じ動きをリピートしたりすることは機械には何も不自由もありません。