退職・転職の囲み退職

これから転職活動をするのなら、気になる求人(もしくは職種…

これから転職活動をするのなら、気になった求人(OR 職種)があったら、必ず「〇〇業(気になる業界)、ブラック」でネットで調べておきましょう。求人票や転職サイトの担当者からはまずその業界のマイナス面などはアドバイスはないものと思っていてください。もしも、ブラック案件が蔓延している業種なら、インターネット検索を通じてカンタンに多くの事例に触れられるはずです。
退職・転職の囲み退職

再就職をする際で絶対といっていいほど尋ねられること・・

再就職の面接でだいたい質問されるのが会社を退職した理由なわけですが、この質問に答える際には話の内容を辞めた会社のことにしない方が好ましいです。辞めるに至った経緯にスポットを当てると必ず良くない面を伴った内容になってしまいます。どのように面接を進めていけば良いかと言うと、なぜ前の会社を辞めたかという点をこの職場になにがなんでも入りたい理由があったからといった話題にできたらベストという感じで、今面接に来ている会社に話を向けるべきです。
退職・転職の囲み退職

詐欺|以前の私は、「転職サイト」を活用するより、いつも「ハローワーク」に通っていました。

以前の私は、「転職サイト」を活用するより、主に「ハローワーク」を利用していました。なぜなら、大手の転職サイトは構造上、都心部にある企業の求人がほとんどだからです。そのために、求人情報を探す時は、「ハローワーク」に頼ってばかりでした。人気の転職サイトに掲載されている求人よりいくらか知名度は低くなってしまいますが、昔から地域密着という点ではとても信頼性が高いです。
退職・転職の囲み退職

就職活動において、年収は大変大切な要素です。

就職活動において、年収はとても重要なポイントです。面接において、大半の企業で現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。このとき現実にもらっている年収よりも多めに申告し転職先で高額の年収を得ようとしても、無駄な努力でしょう。なぜなら、最終的には源泉徴収を提出することになるので、仮に一時的に信じてもらえたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、結局はウソがバレてしまうためです。
退職・転職の囲み退職

詐欺|最近はネット上では、「就職斡旋エージェント」だけでな・・

最近はインターネット上では、「就職斡旋エージェント」だけでなく、ヘッドハンティングの専門会社もたくさんあります。特許権を取得した経歴のある人は、ヘッドハンティングの対象になりやすくなります。彼らは、特許出願を行った人以外にも、研究開発で論文を提出した経歴のある人や、「雑誌・テレビ」などで話題になった人など何らかの業績を残したと思われる人に狙いを定めて、電話・メールで接触し、ヘッドハンティングのための理由にしています。
退職・転職の囲み退職

将来的に、私たちの社会的環境において確実に単純労働は…

これから、私たちの労働環境においてますます考えなくてもできる仕事は機械化が進行し、結果として、人員はどう考えてもカットされていきます。というのは、簡単な労働は人より機械で進めたほうが比べられないほど分があるからです。数をカウントしたり、同一の作業をリピートしたりすることは機械なら何も不自由もありません。
退職・転職の囲み退職

とある古物商の求人に応募したところ、書類選考に受かりました。2、3日…

ある古物商の社員募集にて、書類審査に受かったので、面接の日時について先方から連絡をもらい、けれども、面接日当日、行ってみると、なぜか相手が面接の用意を全くしていませんでした。しばらく待って、所長と思しき人が面接中も半ば聞きというか、非常にだるそうな対応の状態のまま淡々と面接は終わりました。
退職・転職の囲み退職

看護師でありながらそれ以外の職業に転職を決断する理由…

看護師という職業の人の他の職業に転職に至る原因は、人それぞれです。ちょっとみると看護師でありながらの転職には「職場に自分と相性の悪い上司・同僚がいる」「結婚することでライフスタイルの変化によって出産そして子育ておまけに親の介護など、仕事環境のさまざまな変化など、今までのようには働けなくなってしまった」「現在の稼ぎに不満がある」など多種多様の理由が解消したいために転職されるのかもしれません。
退職・転職の囲み退職

転職時の面接のときにつける腕時計については、ビジネスの場らしからぬ派手なタイプ…

転職する時に行われる面接で着用する腕時計は、明らかに目を惹くようなものはつけて行かない方が安心といえます。この場合の目立つ腕時計を詳しく言えば高価なものとか、反対に、明らかに完全に安物である腕時計に見えるとか、そういった正反対で目立つ、ということで認識しておきましょう。
退職・転職の囲み退職

転職活動と現職の同時進行を行う人は少なくありません。

転職活動を現在の仕事と同時に行う人が多いです。働きつつ求人情報をチェックして応募したり、面接に行くのはスケジュール調整も含めて消耗が激しいといえます。今の職場の同僚や上司に気づかれないように気を遣わなければいけません。「とりあえず応募しておこう」という選択肢もありますが、仮に、そうした場合に書類選考が通り面接が決定した後で辞退すれば今後の転職がうまくいかなくなるおそれがあります。