退職・転職の囲み退職

もし転職を予定しているのなら、あらかじめ「資格」を取っておくと選択肢が増えます。

もしも転職を視野に入れているなら、資格を取得することで有利に事が運びます。また、仕事を続けながら資格を取っておくのがベストです。転職活動でそれを生かせるので、新たな分野に挑戦することも可能になります。ですので、在職期間中が資格取得においてのもっともよいタイミングです。
退職・転職の囲み退職

転職するため仕事探しをする際に特に注意すべき募集内容は・・

就職活動に注意すべき求人の募集内容は、そんなにきつそうな仕事ではないのに給料が高く、拘束時間が長めのものです。このような募集の場合、給料に『みなし残業代』を入れて告知している場合がたいへん多いのです。みなし残業代は、別名『みなし』とも言われ、例えばですが、30時間、45時間という風に求人の記載内容に時間が併記してあります。
退職・転職の囲み退職

詐欺|転職のための採用面接に訪ねました。

転職の面接を受けに転職希望の会社へ赴いたときのことですたまたま社内の面接に使える部屋が空きがないということで外部のある場所で人事部の人と待ち合わせて面接が行われて、その場所で解散し、面接を行った方もそのまま直接自宅に向かうとのことでしたが、奇遇にも自宅からの最寄駅が一緒。
退職・転職の囲み退職

今現在の自らの職場・業務内容についてほとんどの人は、少なからず何かしらの不満点を感じているでしょう。

今現在の職場や業務内容について大半の人は不満を感じていると思います。「自分のスキルや仕事での能力を適正に評価してもらえない」さらに、「報酬は上がらないし、将来的なレベルアップも期待できない」といった点が多くを占めるでしょう。とはいえ、気持ちは分かりますが、そういった不満を持った人のなかには自分の持っている技量を実際よりも過剰評価していることが多かったりします。
退職・転職の囲み退職

詐欺|失業時、給付してもらえる「失業保険」は、もらうためには失業中であることが必要ですが、…

失業した人が受け取れる失業保険は、失業中でなければもらえませんが、給付される期間について規定があります。それまで働いていた期間で給付期限は変わり、3か月とか1年とかが決まるのだが、なんとこれを知らずに失業中である限り給付されると勘違いして失業保険があるから働かなくてもいいと考えて求職活動をしない人もいますが、給付期間があと1か月しか残ってないと気づいてから急いで仕事を探しても良い結果にならないのは言うまでもありません。
退職・転職の囲み退職

転職なら、もちろんやりがいのある仕事か考えることも大切だ・・

転職先を決める際、当然やりがいのある仕事をすることも大切だけどそれにとどまらず手取りのアップも重要なことなので「年収比較サイト」というところに登録していろいろと調べています。一緒の会社で一緒の職種、経歴であるにも関わらず人によってとても違いがあることも数多くあって、ぶっちゃけて言うと面接で質問をしたことがあります。
退職・転職の囲み退職

再就職のための採用面接では、中堅企業であればおおよそは、そこの会社の「人事」担当者が面接官ですが…

転職時の面接では、規模の小さい企業クラスの場合おおよそは、その社内の「人事」担当が面接官ですが、別のケースもあります。例を挙げるとしたら、今後共に仕事をする担当者、という具合に中間管理職である課長や部長が担当することもあります。また営業や事務といった部署に転職する場合は、資格を介した具体的なイメージはありませんので、やはり自分をアピールしていくことが必要なのです。
退職・転職の囲み退職

詐欺|求人をチェックする場合、「事務系の仕事をしたい」という人は・・

求人誌をチェックする際、「オフィス系の仕事をしたい」と思っている人ほど製造業を見ようとしないものです。そのような人の多くは「製造業は製造マンの求人募集だけだ」と勘違いしていることが少なくありません。製造業であっても、現場に出る製造の仕事だけでなく、総務・経理と言った従業員や購買、営業管理などの「オフィス系」に分類される仕事も結構な数あります。
退職・転職の囲み退職

新しく就いた仕事でこれまでに培ってきた実力を活かせられれ…

新しい環境下でこれまでに培ってきたスキルを生かすことができれば、即戦力として周囲から認識され、割と早く仕事場で存在感を得られるでしょう。同時に雇用先もそういった人材は常に欲しがるものですから、採用側が判断しても即戦力となる転職は難なく事が運びやすいといえます。
退職・転職の囲み退職

詐欺|転職活動をスタートするときに、まずは今の会社を辞職した後…

転職をするのに、とにかく勤務先の会社に退社の意向を伝えてから転職しようと考える方もいますが、そういったときにはボーナスの支給日を気にかけておきましょう。ボーナス支給がある企業は星の数ほどありますが、ボーナスもらえる場合は、ボーナスが振り込まれる時期まで数か月しかないなら、それから辞めるという手も賢いやり方です。