今まで経験したことのない業界とかに職を変えようとするときには、…

詐欺|経験のない業種などに職を変えようとするときには、前職で、自分が…

  • 全くの未経験の分野などに転職したいと考えているときには、前の職場で、自分が養われた力や経験したことが生かせるといった内容の自己アピールが必要になります。初めての分野の場合、その分だけその分野で経験してきた人たちよりも正直、不足することはありますが、自らが保持しているスキルがそこでも生かすことができるということをしっかりと相手に話せれば、勝負になる場合も多々出てきます。ですから、経験のない分野に飛び込む場合は、その分野と自分が今までやってきた職務との関係性をできる限り探し出してみましょう。
  • 昨日人材紹介会社へ登録に足を運びました。

  • 数日前転職先の会社を探すために人材会社に登録に向かいました。カウンセリングを行うために現れた担当の人の雰囲気が見たところ新入社員じゃないかと思う人で、私が説明したことの5割もその社員は理解ができていない感じ。おまけに「キャリアデザインを作り直した方がいいですね」とか「もっと自分の強みをはっきりとさせる必要性があります」とか、大上段から偉そうに話すのでとっても不快でした。カウンセリングをする人は多少は社会人を経験している人にしてほしいです。
  • 詐欺|転職期間中には、自分の趣味に時間を使ったり、体力を損なわない生・・

  • 転職期間中には、自分の好きなことに打ち込んだり、体力を損なわない様にするとベストです。再就職先が決まり、いざ仕事を再開したときに、趣味に興じていたことで知らない間に集中力がアップしています。さらに体力アップしていることで一緒に働く人と比べるとスタミナがあると認識することができます。そのため、自分の趣味に時間を充てることと、体力を維持させるように努力をしておいて損することはありません。転職後、その会社で共通の趣味の方と知り合えたなら、直ぐに親しくなることができます。ですから、好きなことをとことんまで極めることも転職期間中の時間の有効活用となります。
  • クールビズをして転職の面接にチャレンジするときに・・

  • クールビズをして再就職の面接に行く場合、やっぱりジャケットは着用しなくても安心であると分かりますが、ネクタイは着用していったほうが印象が良いです。タイはなくても良いと思っている会社もあるケースもあるにはあります。ですが、ネクタイについてはクールビズでも身だしなみとしてつける必要があると思っている会社がいくつかは存在します。なので、例えクールビズ(軽装)と言われていたとしてもネクタイだけは必ず着用いく方がベストであるということをお知らせしておきます。
  • 前は「転職サイト」を活用するより、いつも「ハローワーク」に通っていました。

  • 今までは、転職サイトを利用するよりも、「ハローワーク」で仕事を探していました。なぜなら、大手の転職サイトはどうしても都心部にある企業の求人がほとんどだからです。であったので、転職をする際は、いつも「ハローワーク」を使っていました。もちろん、有名な転職サイトに掲載されている求人よりも多少知名度は低くなってしまいますが、地域密着型なため、自分に適した職が探しやすくなります。しかし、「ハローワークを利用したことがないから不安」と思われている人が少なくはないでしょう。思いもよらず、魅力的な求人情報もしっかり掲載されているので、近いうちに転職しようと考え中の方は、ハローワークへ行って相談するもの良いかもしれません。有名な転職サイトみたいにたくさんのニュースレターが来ることもありません。
  • 転職サイトは大規模なサイトの方が掲載される案件がたくさんあるため…

  • 転職サイトは知名度の高いサイトであるほど掲載される転職情報が豊富なため、気に入った2,3の会社を、まずはメンバー登録しておいて、希望する勤務地や収入に対してチェックを入れて、あとは条件に合った求人情報が出てきたら自動的にメールが送られるように設定しておくと転職についての情報収集が簡単になります。初めに限っては登録するのに幾分か手間がかかるので、登録前に履歴書と職務経歴書を忘れずに準備し、それらをテキストアプリに記録しておき、コピー・アンド・ペーストしながら、登録を進めると楽になります。登録初日は多少時間がかかることから、案件の検索や、その後の応募も大変な作業になりますが、その後は新着の求人情報のみ確認すれば大丈夫なので、後のことを考えれば、最初にきちんと準備することを心がけるのが無難です。
  • 求人関連の情報では、ほとんどの場合、多くの企業では月収が記載されているはずです。

  • 求人についての情報誌やサイトを見てみると、大部分の場合はまともな会社では月にもらえるお金が記載されているはずです。でもこの月収の欄を頭に入れる時には、しっかり確認する事が大切です。数値だけで納得しないようにしましょう。そのわけは企業によっては、月収の額の内訳で月15時間残業の場合を含んでいるかもしれません。つまり残業代の金額を入れることで金額が高く見えるようにしているケースも考えられます。さらに「歩合給」が基本給にプラスされる、というパターンにも要注意です。歩合の割合をかなり多めにした上で、月収を高く見せている可能性が考えられます。ですから、その手の可能性の少ないケースを誇張しながら、人を集めるような会社は注意が必要と言えるかも知れませんね。
  • 転職を予定しているのなら今務めている会社を退社する時…

  • 転職を行う際、今務めている会社を退社する時に「失業保険」給付手続きをしておく必要がありますが、仮にあなた自身が退職願を出して退職する、いわゆる自己都合退職のケースでは直ちに失業保険が給付されるわけではなく手続きが終わった後で失業したことが確認されてから3か月経たないともらえない。よく勘違いして退社した日の次の日から3か月経過すれば給付されると信じている人がいますがこの規則を間違って理解している人が、ハローワーク側にミスがあると思い込んでそれが原因となりハローワークの保険担当者と過去に口論していたのを見たことがあります。ですが、自己都合ではなくリストラなど会社都合で解雇されたケースでは、失業認定されてすぐさま失業保険が給付になります。
  • 詐欺|転職をする際の面接を受けるときにする腕時計ですが、どう見ても目立つようなタイプ…

  • 転職する時に行われる面接で着用する腕時計のことなのですが、目を惹く腕時計はつけないほうが良いと言えます。この場合の、目立つは見るからに高価なものだったり、といったことだけではないのです。真逆で安い腕時計の印象を持たれてしまうとか、そういった目立つということで真反対なことで目を惹く、ということで捉えておいてください。再就職の面接のときにつける腕時計においてもポジション的にはネクタイやスーツと同じようにとらえ堅実なものを着用して行った方が賢明だと言えます。しかし、年齢に適しているということも外せない条件で、新卒の時に面接で買った腕時計よりはほんのわずかであっても高級感のある腕時計にした方が良いと断言できます。
  • 転職活動の最後の壁として、今の仕事を辞めることがあります。

  • 転職活動をする際の最後に残る厄介な難問として、現在勤務している企業からの退職があります。転職がうまくいったとしても、今いる会社が、あなたを離したくないと慰留することも珍しくありません。そうなった場合、絶対に退職をあきらめない、という強い気持ちを保つことが大切です。もしも会社に残るように説得されて、一時的に残ったとしても、一時辞めたいと思った会社には、結局は長居はできないはずです。スムーズに退職するためには、会社の規定をチェックしておき、退職までに必要な日数を超過する年月以降の退職日設定と、退職届を用意します。そして、決定権を持つ上司と相談し、退職を考え直すことは絶対にありませんと、毅然とした態度でのぞみましょう。円満退社という形をとることも転職活動において大切な要素となってきます。
  • 転職サイトに一旦登録すれば、電話やメール連絡がしつこく入ります。

  • 「転職エージェント」で登録したあとに、執拗に電話やメールをしてきます。これについて「転職エージェント」の利用が初めての人は非常に驚くかもしれません。「転職エージェント」は、利用者に転職してもらうことが仕事なので、本当に積極的な姿勢を見せます。とりわけ大手エージェントは、転職を完了させることによって企業からお金が入る仕組みであることから、転職活動を行っている人の都合よりも企業側を優先させることが珍しくありません。さらに、「転職エージェント」は契約件数を増やすために内定が取れるとすかさず、「入社されてはどうでしょうか?」と説得してくることも多いです。自身の気持ちを明確にしておき、無理に転職しないように心がけましょう。
  • 詐欺|転職時、重要視されるのがまぎれもなく「面接」である。

  • 転職時、かなり重要視されるのが「面接」です。通常の面接では、面接担当者が応募者に対して転職事由などいろんな質問が飛んできますが、そしてほぼ100%、面接終了の直前に次は、転職希望者から、面接担当の人へ不安や疑問に思うことを質問できるチャンスがやってきます。面接担当のスタッフから「弊社について何か聞いておきたいことはありませんか?」と。そういった質問が来たときは、気持ちの準備ができず、急なことなので戸惑う事もありまよすね。こんな時の為に、面接を受ける前に不安に思っていることなどの答えを整理しておくのもいいかもしれません。すべてを把握していない職場ですし、いくつも疑問点は浮かぶはずです。ぜひ、試してみてください。
  • 詐欺|今の自らの職場や業務についてほとんどの人は、少なからず何かしらの不満点を感じているでしょう。

  • 現在の仕事や職場に関して、大半の人は不満を感じていると思います。「自分の資格やスキルをきちんと評価してもらえない」そのため、「月給は上がらず、出世の見込みもない」といった不満が多くを占めると思います。けれど、上記のような悩みを持っている人のなかには自分自身の本当の才能を過剰評価し過ぎていないか、再確認することが肝心です。自分を過大評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「自分を生かせる企業や職種がない」と仕事をしない期間が長くなると言う事に陥りがちです。という事態を招く可能性があります。ですから転職活動で成果を上げるためには、実際の自身のスキルや能力を客観的に見つめることから始めてみましょう。
  • 詐欺|得意なことや大好きなことを仕事にしたいと考えている方は要注意です。

  • 自分の趣味に通じることや好きなことを仕事にしたいという風に思っている人は注意した方が良いです。これは、私の実体験になるのですが、私は、もともと食べることが本当に大好きで前に、飲食業界で仕事をしていた時期がありました。そのレストランでの業務は、そのレストランで私が任されていた仕事内容は、シンプルな盛り付け作業やホール業務です。この業務内容に関しては、嫌なこともありませんでしたし楽しんで働いていました。ですが、人間関係にすごく悩まされました。そのことが引き金となって仕事をやめる羽目になりましたが、そのせいで、好きだった食べることやその店でメニューとして提供していた食べ物さえも嫌になってしまい、類似の飲食店には今も行けていません。当時の店の匂いを思い出すのも苦手です。この仕事に就いた当初、好きだったことをキライになるなんて自分でもビックリです。自分の得意なことや好きなジャンルの仕事に就きたいと願い、実現させることは本当に素敵なことです。しかし、あなたの「好き」はどのレベルのものなのか、冷静に自分自身と向き合う必要があります。
  • 「シフト制」の仕事に関する話なのですが、毎週、特定の・・

  • これはシフトの仕事についてです。特定の曜日に勤務できる人を募集している求人をけっこう見るのですが、もしも応募しようと考えているならシフトの提出方法や休む手順については、あらかじめ尋ねておいたほうが良いです。それはどうしてかというと、私は以前産休で休む人の助っ人として、正社員として就職したのですが、そこでは、「土曜、日曜」固定のシフトだったのですが、新しく入った私以外、他の社員はだれも出てくれませんでした。産休に入った前任の方が土曜、日曜に必ず出勤できる人だったので、私も同じタイプと思われていたようです。実際「土日」に外せない用事が入った場合、シフトを変わってもらうときは、職場の先輩方に「結婚式で休むので代わりに出ていただけませんか?」とお願いをしに行かなければいけませんでした。立場も給料もほぼ同じなのに土日を私ひとりだけに任せるだなんて・・・。振り返るとよく我慢してやってこれたと思います。
  • その昔は看護婦と呼ばれていた看護師というのは資格とし・・

  • その昔は看護婦と言った看護師は務めとしてどうしてか女性比率がすごく高い職種です。それだけでなく、気力や体力への大きく消耗が激しい傾向にあります。なので、職場での人間関係の問題や、自分の結婚や出産の後にそれまでとは同等の勤務が継続できなかったりして、仕事と家族との折り合いをつけるのが取りづらい仕事です。実際に、上記のような点に行き詰まり、職場を変える人が多い現実があります。流動性が高い仕事であるため、看護師は、慢性的な人材不足になっています。常にそれぞれの医療機関は看護師を必要とする「売り手市場」となっていて、転職の増加を後押しする状態に拍車を掛けています。