人の紹介をキッカケにして転職する先を見つけている最中の人もいるでしょう。

知人の紹介で転職する先を見つける人もいます。

  • 知っている人からの紹介を通じて転職の先を見つける人もいます。それはいいけれど転職先の労働環境、労働条件に関する情報について、知人の口コミを信じすぎてしまうのは、あとでキケンです。なぜなら、個人の口コミ情報というものは客観性に乏しいからです。要するに紹介した人にしたら良い職場環境だったとしても、自身の主観で見た場合、そうではない場合かもしれません。職場環境の良し悪しは、人それぞれです。口コミを過剰に信用しないように、自分の決断を信じるしかありません。
  • 今の時代の雇用事情の変移に当たって、働きざかりの世代の中・・

  • ここ最近の雇用事情が変化したことにおいて、若者の世代が特に気にかけているようです。それはたぶん、自身のキャリアアップと転職とを視野にいれているのでしょう。そんなわけで、就業者の労働市場の「流動化」が年々増えてきているので、より一層、今後、益々世代に関わらず転職の注目が強くなっていくでしょう。この様な情勢の中、転身することは身近なものとなるのは間違いありません。「終身雇用制度」機能していた頃は、「会社を辞めて転職」はそれだけで若干ネガティブなイメージがあり、転職が思い通りにいかないこともあったのです。ですが、時代も変わり現在の会社に固執する意味も必要性も薄れてきています。
  • 詐欺|転職をしようとする際に必ず準備する履歴書や職務経歴書などについてですが、…

  • 転職をしようとする場合、必ず用意する履歴書においては、原則、手書きではなく、パソコンを用いて作成するのが多いです。現代の日本においては履歴書や職務経歴書は手書きで準備するというのが一般常識だと思われることもよくありますが、それは新卒時の人たちの就職活動やアルバイトやパートの際に準備する履歴書であって、実は、転職をする時については100%手書きじゃないといけないと断言することはできないのです。自筆の履歴書の方を高く買うケースもあるようですが、違う会社がだんだん増えてきますから、パソコンを用いて作った履歴書でもOKな場合はけっこうあるのです。
  • 転職する際に、インターネットを介して就職斡旋してくれる業者(エージェント・・

  • 新しい職を探す際、インターネット上で就職斡旋してくれる「エージェント」のお世話になる場合もあるでしょうが、たとえその業者に登録し、幸運にも就労先が見つかったとしても、失業保険を受け取ることはできないので気を付けましょう。ハローワークを経ずに就業しても失業保険とは無関係なので覚えておきましょう。これと違って、ハローワークを経て斡旋してもらって就職したのなら、就職のための準備金として、一時金が受け取れることになります。ウェブ上で展開している就職斡旋業者(エージェント)は、公的の機関でありません。単に斡旋の報酬として企業から紹介料をもらうだけで、失業保険とは無関係です。この点について知らなければ、失業中にお金を受け取れなくなるので、就職エージェントの利用を考えている人は、充分に注意しましょう。
  • 詐欺|就職活動において、年収は極めて重要なポイントです。

  • 就職活動において、年収はとても重要なポイントです。面接において、大半の企業で現在の年収と転職後の希望年収について尋ねられます。ここで現実の年収を上回る額をもらっていると偽り、年収をUPさせようとしても、無駄でしょう。なぜかといえば、結局は源泉徴収を提出しなければいけないので、たとえ一時的に信じさせたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、最終的には後からバレてしまいます。ヘタをすると、トラブルに発展する事態にもなりかねないので、現職での年収を正直に伝え、それに見合った希望年収を設定することです。例をあげると、現在の年収が300万円の人が転職してすぐ500万円の条件を提示してもらえるかといえば極めて小さいです。もし、現在の年収が430万円であれば、希望年収額は400~450万円と相手に伝えておくべきでしょう。完全なウソは、転職活動でのトラブルだけでなく、入社後のトラブルとなり、一時的に採用されたとしても、退職せざるを得なくなるおそれもあるので、注意しましょう。
  • 仮にあなたが再就職を考えた場合、「Uターン」「Jターン」といった具合に…

  • 再就職を考えた場合、「Uターン」「Jターン」「Iターン」において大都会から地方へと移り住んだうえで再就職してみたいと考える方も少なくありません。最近は転職サイトの地域指定をするだけで、国内全エリアの求人募集もいつでもアクセスできます。しかし、地方での求人情報は、どうしても選択肢が限られてくるので、それがマイナスといえます。ですから、求人情報サイトを利用するのは当然ですが、求人サイトにプラスして、「地方自治体・商工会議所」といった情報サイトもきちんと確認してみてください。「地方自治体・商工会議所」といった役所が主催する就業サポートの関連情報も注意してみておきましょう。
  • 派遣で勤務しています。派遣法とか労働契約法の関連で長くお世話にな・・

  • 派遣で会社で働いています。労働契約法のからみでやむを得ず、長く務めてきた企業でのお仕事を終わらせなければなりません。いっしょに働いている派遣の仲間の中には派遣で働いている会社で正社員としての契約を獲得した方もいるのですが抜擢された理由としてはぶっちゃけ仕事ができるわけではなく派遣先の上司へのごますりが上手な方でお引き立てがあったよう。テクニカルスキルよりもおじさん転がしスキルの方が肝心なんだねーと別の派遣の仲間と派遣先の職場で不満をたれる毎日です。
  • こういう転職ができたという話は知人の話です。

  • このような話は知人の話です。新卒の時にどうしても働きたかった目標であるA社で行われた入社試験で、最後の役員面接までいきながら採用されず、後に泣く泣く別の会社につきました。数年経過した頃に派遣の求人サイトを閲覧していた時A社の紹介予定派遣の求人が目に入り、気持ちを抑えることができなくなってその時働いていた会社を直ちに辞めて、A社での派遣就業を開始、死ぬ気で頑張ってその後無事にA社で正社員登用されて、今はやりがいを感じつつ明るく勤めています。
  • 転職活動を現職と並行している人は少なくありません。

  • 今の仕事と転職活動を並行する人は多いです。しかしながら、忙しく仕事を行いつつ求人案件を調べて応募したり、そして面接に行く、というのは時間的にも体力的にも結構きついと思います。加えて、転職活動中は、それを同僚や上司に隠さなければいけません。とりあえず応募する、という行動をとる人もいますが、そのまま書類選考が通り、面接の段になって辞退すれば面倒な事になるかもしれません。エージェントを使っていた場合は、そのエージェントからの信用を失いますし、他方直接応募していたとしても、応募した企業からしつこく電話やメールがあることもあります。いずれにしても自分の大切な時間をドブに捨てることになりかねないので、行くつもりがない会社は、最初から応募しないことをオススメします。転職活動は、新卒の就活と同じように考えないことを意識しておきましょう。
  • 初めて働いた会社で性格のきつい上司に悩まされて、最後に・・

  • 昔働いていた会社でのことですが嫌な感じの上司の存在に神経を削られ、ついには耐えることができなくなって退職し、ある別の同業者の企業に移りました。その会社では上との関係も良好で勤務することができてきわめて満足した毎日でしたが、少しずつ会社の業績が悪くなり、最後には経営統合されることになりました。ところがその経営統合した先の会社が驚くなかれ前働いていた会社で、しかもものすごく嫌いだった上司がもう一度私の上司になることになりました。どれだけご縁があるのでしょうか。当然新たな転職活動を始めるつもりです。
  • 新しい仕事に就きたいと考えているのなら、いきなり年収に関して高望みはしないほうが無難です。

  • 新しい職場(転職先)では、すぐに「年収」の高望みはしないほうが良いでしょう。中でも、入社した年度は、「試用期間」が含まれていることもほとんどで、私自身の場合はどうにかして転職したのに、予想と異なり前いた会社での稼ぎと大方同額だったことがあります。加えて、業務はきついうえに、責任のある立場で、初年度を越すのもひどく厳しかったです。そうした体験から初年度は、勉強する年と割り切ってしまい、状況が許す限りやれるだけ転職前から貯蓄しておき、仕事に没頭した方が良いと思います。
  • 将来に目を向け、楽しみを見出しながら転職と向き合えば・・

  • 楽しみつつ、転職と付き合っていけば、メンタルへの負担を抑えられるので、転職先が見つかるまでの間に堕落はしないですみます。またメンタルが問題がなければ、転職先も早くに見つかるはずです。理想的なのは、やはり、休職期間を作らずに新しい職場に飛び込むことです。今の会社に勤務しながら、新たな仕事を探すのがベストです。それに、隙間をなくせば直ぐに働けるので、経済的な心配もありません。こうすることで、働いていない期間はできませんから、履歴にもキズがつきません。つまり、転職の際に不利になることがないということです。今後を踏まえて、転職活動をがんばってみましょう。
  • 失業した際に受け取れる失業保険は、失業状態でない人はもらえません・・

  • 失業者がもらえる失業保険は、失業中であることが給付のため必要ですが、ずっともらえるわけではありません。失業時までに勤務していた期間によって違い、3ヶ月だったり、1年だったりするのですが、驚くことにこれを知らずに失業を続ける限り給付されると思い込んで失業保険があるから働かなくてもいいと考えて求職活動をしない人もいますが、給付期間の最後1か月になった段階でようやく自分の勘違いに気づき焦って仕事探しを開始してもあまりいいところは見つかりません。会社の面接官も無能では無いので、「いつ失業したか?」「失業してからどのくらい時間が経過したのか?」「その間、何をしていたのか?」についてそこそこ察しがつくでしょう。運が悪ければ、面接官からそういった質問をされるキケンもあります。返答に詰まったり、自身を良く見せようとバレバレの嘘をついてしまうと、不合格となるおそれもあるので要注意です。
  • 詐欺|長年接客関係で勤務を続けてきましたが、歳をとると…

  • 長きにわたって接客関係で勤務していたのですが、年をとったせいか立ったまま行う仕事は体力的につらくて、オフィスワークへの転職を視野に入れて動き始めました。事務未経験だとわりと厳しく、それなら接客業での経験を役立てることができる受付兼医療事務をやろうと考え資格試験にも合格し個人医院に転職しました。周囲はベテランのパートさんばかりでよい人間関係を気づくのが難しい。夜の勤務ばかりさせられて、接客業で働いていた頃より帰宅時間が遅くなってしまったのですが、今はキャリアを形成する時期と諦め頑張ります。
  • 年内中に転職活動を考えている人で、次の仕事を始めるまでにある程度時間があるのな…

  • これから転職活動を考えている人で、次の仕事を始めるまでにまだ時間があるのなら、できれば「失業手当」を受け取っておいた方が良いです。この手当ては働いている所属する会社がきちんと雇用保険を払っているところであれば、申請をすれば必ず誰でも失業手当を受け取ることができます。そして手続きについては、「ハローワーク」で行う必要があります。自己都合で仕事を辞めた方は失業手当を受け取るまでの待機期間(3ヶ月)がありますが、働いている企業の都合の退職、または残業時間次第ですぐにもらえる場合もあります。このとき、支給される失業手当の金額は会社の辞めた月の直近の給料を基準にして失業手当の金額を計算されるため、現在の会社に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の方は、なるべく「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当的にはお得です。
  • 詐欺|『なるべく早く転職したい!』と思っている人で自分の意志が固いなら…

  • 『なるべく早く転職をしたい!』と考えていて、その意志が強いのであれば、辞職したいという旨を速やかに自分の上司に伝えましょう。ここでは曖昧な表現をすると場合によって言いくるめられるおそれがあるので要注意です。そして、実際に私も、上司へ転職についての相談をしたのですが、話がこじれて結果的に、およそ半年、予定が伸びてしまいました。退職することを最初に直属に上司に話した時は年度末、数ヶ月働いて退職が受理されたのが同年の11月です。本音は区切りの良い年度末いっぱいで辞めたかったのに、スムーズにはいきませんでした。やはり企業サイドとしても、人事の都合があるのかもしれませんが、社員の意見を聞かずに、上司を含め、会社ぐるみでズルズルと伸ばされたので、心底失望しました。