前は「転職サイト」よりも「ハローワーク」で探していました。

以前の私は、「転職サイト」よりも私はハローワーク派でした。

  • 今まで私は、職探しは「転職サイト」よりも「ハローワーク」で仕事を探していました。というのは、大抵の転職サイトは、やはり都心の求人情報しか掲載していないからです。であったため、転職活動をする時は、「ハローワーク」のみ使っていました。やっぱり、求人募集をする多少知名度は低くなりますが、古くから地域密着タイプなので安心して面接に進むことができます。ですが、「ハローワークはなんか地味だなぁ」とイメージしている人も多少いるかもしれません。思いのほか、大手の転職サイトにはない求人が見つかるかもしれないので、近いうちに転職予定の方は、ハローワークへ1度行ってみるのも手です。「転職サイト」のようなたくさんのお知らせやメールが送られてくることもありません。

  • 詐欺|「転職サイト」は、大手が運営しているもののほうが掲載量も多くなるため・・

  • 転職サイトは大きなサイトであるほど掲載される求人情報が豊富なため、興味のある2~3社を、とりあえずは転職サイトに登録した上で、希望する勤務地や年収に対して条件を設定しておき、あとは条件に合った案件が自動的に通知されるように設定しておくと情報収集がラクになります。でも、最初は登録するのに少々時間がかかるので、サイトに登録する前に、「履歴書」「職務経歴書」をきちんと準備しておき、それらをテキストファイル化し、コピー&ペーストしながら登録を進めていくと便利です。登録の初日は、少し時間がかかりますし、案件の検索や応募だけでも意外と苦労しますが、次回以降は、新着案件のみチェックするだけで大丈夫なので、後のことを考えれば、最初の段階できちんと準備することを、心がけましょう。

  • 求人情報にはとうぜん大部分の会社では月にもらえるお金が記載されているはずです。

  • 求人関連の広告には、大部分の場合は多くの企業では月収が記載されているはずです。ただしこの箇所を見る際は、注意して確認する事が欠かせないです。その額の多い少ないだけ見てわかってしまわないようにしましょう。そのわけはもしかすると、月収のなかに月20時間残業の場合が条件になっているかもしれません。残業代を含めて計算することで好条件であるかのように見せ、人材を募集しているケースも少なくないのです。また、「歩合給」を付けますよ、という案件にも注意が必要です。歩合をかなり盛って月収を多く見せている企業もあったります。そういったよく分かっていない人たちを扇動しながら人材募集を掛ける会社はスルーしておくのが無難といえます。

  • 詐欺|転職に先立ち今働いている会社を退社する時に失業保険に関する手続きを行う必要がありますが、…

  • 転職の際に今働いている会社を退社する時に失業保険に関する手続きを行う必要がありますが、もしもあなたの側から退職願を出して退社する、いわゆる自己都合退職においてはすぐさま失業保険が出るのではなく手続きにした後に失業が認定されてから3か月待たないと受け取れないのです。よく間違って退社した日の次の日からちょうど3ヶ月で受け取れる、と誤解しないようにしましょう。この規則を知らない人が、ハローワークの職員の方が間違っていると主張してハローワークの職員と過去に口論していたのを見たことがあります。加えて、労働者側の都合ではなくリストラみたいな「会社都合」での解雇に遭遇したケースでは、失業認定を受けてからすぐに失業保険が給付される。

  • 再就職する際に行われる面接につけていく腕時計について申し上げますが…

  • 再就職する時に行われる面接を受けるときにする腕時計の事についてですが、ビジネスの場らしからぬ派手なタイプの時計は避けたほうが最善といえます。目立つ腕時計を詳しく言えば見るからに高そうに見える腕時計とか、といったことだけではなくそれとは逆に安い腕時計に見えてしまうとか、そういった意味であって真逆で目を惹く、ということで覚えておきましょう。再就職の面接時の腕時計に関してもスーツやネクタイと同じようにとらえ面接にふさわしい堅実なものを着用して行った方がベストです。しかしながら、歳にあった腕時計というのもとても肝心であって、新卒で受けた面接のときにしていたものよりは多少なりとも値が張るものにした方が好印象だと断言できます。

  • 転職活動をする上での最後にクリアしなければいけない問題として・・

  • 転職活動における最後に残る壁として、「今勤めている企業をいかにして辞めるか」ということがあげられます。転職先の会社から採用の内定をゲットしたとしても、現在勤務している会社があなたを引き留めしてくる可能性があります。そういったケースでは、「何が何でも退職する」という強固な気持ちを保つことが大切です。引き留められて、残ったとしても一度辞めたい、と思った会社は、結局は長続きしないでしょう。退職をスムーズに行うためには、まず会社の規定をチェックしておき、退職までに必要な日数を超過する年月以降の退職日設定と、退職届をつくっておきましょう。そうして、決定権を持つ上司と相談し、退職を撤回する考えはありませんと、毅然とした態度で伝えましょう。「円満退社」をすることも転職活動において大切なポイントになってきます。

  • 転職エージェントに登録した場合、電話やメールでの連絡が執拗に来ます。

  • 転職サイトで登録したあとに、電話やメールでの連絡が呆れるくらい来ます。これに対して初めて利用する人はかなり驚くケースが少なくありません。転職エージェントは転職をサポートすることが業務なので、大変積極的な姿勢を見せます。その中でも大手エージェントは、転職を成功させることによって企業から報酬が支払われる仕組みであるといえるので、転職希望者の都合うんぬんよりも企業側を優先的に考えることが珍しくありません。さらに、「転職エージェント」は契約を欲するあまり内定が出るとすかさず、入社を強引にすすめてくることが多いです。防御策として自分の気持ちや意思を明確にし、無理に転職しないように注意を払うことが必要です。

  • 詐欺|再就職する際、比較的要となるのがまぎれもなく「面接」です。

  • 再就職をするときに重要視されるのが「面接」である。多くの場合面接では、応募者に転職の経緯などいくつかのことを尋ねられるとは思います。そしてほぼ100%、面接の終盤になると、今度は、面接希望者側からの逆質問に切り替わります。面接担当の人から「何か疑問に感じる点はありませんかね?」と言ってくれるわけです。と尋ねられた際に答えを用意しておらず、アタフタしてしまう可能性があるかもしれません。そうならないためにも、面接を受ける前に面接担当者からの問いに対する、質問の内容を用意しておきましょう。すべてを把握していない職場ですし、いくつかの疑問点は見つかると思います。ぜひ、試してみてください。

  • 現在の自分の勤め先や仕事内容に対して、多くの人は不満を感じていると思います。

  • 今の自身の職場・業務内容について多くの人は不満を感じていると思います。「自分の能力(スキル)を真面目に評価してもらえない」あるいは、「報酬は平行線だし、昇進の見込みもない」といった点を挙げる人が少なくありません。でも、そのような不満が強すぎる人の場合、自分の持っている器量を実際よりも過剰評価していないか、改めて確認する必要があります。仮に、過大評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「自分が活躍できる企業や職種なんてない」と転職の空白期間が長くなる可能性が高くなってしまいます。ので生活自体に支障をきたすおそれがあります。再就職で良い結果を出すためにも、自身のスキルや能力を厳しい目で客観的に評価してみてください。

  • 好きなジャンルの仕事に就きたいと思っている方は注意した方が良いです。

  • 自分の得意なことや好きなジャンルの仕事に就きたいと考えている人は注意した方が良いです。これは、私が実際に経験したことなのですが、私の場合、もともと食べることが本当に好きでそれが理由で、かつては、飲食の世界(レストラン)で勤務していた期間があります。そのお店での仕事内容は、その飲食店で私が任されていた仕事内容は、盛り付けやホール業務でした。この仕事内容に関しては、不満もなく楽しんで働いていました。けれども、人間関係のいざこざですごく嫌になりました。そのことが原因で、仕事をやめたのですが、そのせいで、あんなに好きだった食べることやその飲食店でメニューとして提供されていた食べ物も嫌になってしまい、よく似た店にはしばらく経った現在も行けません。店のにおいを思い出すのも嫌です・・・。この仕事に就いたばかりの頃は、大好きだったことをキライになるなんて自分でもビックリです。自分の得意なことや好きなことを仕事にしたいと願い、実現させることは本当に素敵なことですが、しかし、あなたの「好き」のレベルはどの程度のものなのか、改めて判断する必要があります。

  • 「シフト制」の仕事についてです。

  • シフトの仕事についての話です。毎週、同じ曜日に仕事できる人を募集している求人をけっこう見るのですが、シフトの提出方法や、休む方法の詳細を前もって確認しておいたほうが良いです。それはどうしてかというと、私は以前出産のため抜けた人の代理として正社員として働き始めたのですが、私のシフトがそこでは「土日」固定のシフトだったのですが、新しく入った私以外、他の社員はだれも出てくれませんでした。産休に入った人が土曜、日曜は必ず出勤できる人だったので、私自身も出勤できると思われていたようです。なので「土日」に外せない用事が入った場合、シフト変更を前もって伝える必要があり、同じ部署の上司に「代わりに出ていただけませんか?」と私から交渉しないといけませんでした。立場も給料もほぼ同じなのに土日は私だけなんて・・・。振り返ると「おかしな職場だった」としか言いようがありません。

  • 以前は看護婦と呼ばれていた看護師は働く者として男性以上に女性が活躍してい・・

  • 看護婦と言われていた看護師というのは仕事としてどうしても女性の割合が大きい職場です。しかも、気力だけでなく体力へのひどく消耗する職場ともいえます。ピリピリした現場になりやすく、対人関係で行き詰まったり、自身の結婚や出産によってそれまでの勤務が続けられなかったりして、仕事と私生活のバランスがかなり取りづらい職業です。実際、上記のような点に行き詰まり、転職する人が多いといいます。人が固定化しづらい環境であるために、看護師は、国内のどのエリアでも人材不足になっています。常にそれぞれの医療機関は看護師を欲する「売り手市場」であるという現実も、さらに転職に拍車を掛ける状況となっています。

  • 転職活動をスタートする際、まず今勤務している会社を辞めた後・・

  • 転職活動をスタートするときに、まず今の会社を退社してからとする人たちもいますが、そういった場合ボーナスの支給時期を見積もっておきましょう。ボーナスがもらえる会社はいくらでも存在しますが、社員にボーナスを支給する会社の場合には、ボーナスが振り込まれる時期まで長くないのなら、それを待ってから会社を去るというのもおすすめしたいです。ボーナスはなかなか多くの額が入るはずなので、もらい損ねたら損ということも明らかなわけですから、退職の時にはボーナスが入る日を一度確かめておくと堅実です。

  • 多くの場合大手企業は定期採用中心で、転職で入りたい人にはたいへん厳しい条件といえます。

  • ほとんどの場合一流企業では、「定期採用」で人材募集することが普通です。ですから、転職で入りたい人にはたいへん厳しい条件といえます。そればかりでなく、地方ではその見込みは容易ではないでしょう。でも、「製造業」であれば、都市部でない地方の工業団地の近所に製造工場を置いている可能性が高いです。さらに、そういう工場なら、事業分野の拡大の際に「中途採用」をしていることがよくあるので、そういったチャンスを利用するのがベストです。そのためには、地方の工場に転職しようと思うなら、希望する企業についての予備知識をあらかじめ収集しておきましょう。その会社のHPをチェックし、求人の予定がないか、ときどきチェックしてみてください。

  • 働く中で回復が難しいほど心的につらくなり、職場を変えなくては、という気持ちになったな・・

  • 働いていることで心的なダメージが蓄積されてしまい、転職しなくてはいけない状況に至ったなら、そんな時は、会社(の関係者)と相談する以上に、自身の家族に相談したうえで、会社を辞めるかどうか判断した方が良いです。なぜそうしたほうが良いかというと、働くということは自身のためでもありますが、家族の問題が第一でもあるからです。どんなに高い給料を得たからといって、メンタル面がボロボロになるほど働くことは、良いはずがありません。今の社会では、経済的に豊かなことよりも、仕事のしやすさを優先する生き方が尊重される社会です。ですから、あなたの家族とともに、自身の心身を大切にしていきましょう。

  • 転職時の面接の時に面接担当から「転職理由をお聞かせくださ…

  • 転職のための面接では押さえておきたいポイントがあります。面接担当から「転職理由を聞かせて頂けますか?」という風に、質問されるのは間違いありません。このとき、いかなる事情があったにせよ、「人間関係」「労働環境」についての愚痴とも受け止められる内容は、できる限り口にしないことをお勧めします。というのも、そのような不満を口にすると、相手会社の採用条件としては厳しくなるようで、チャンスをダメにしてしまいます。そのため面接では「前向き」な人柄をアピールするのがかなり大事です。本当の理由でなくとも、「新しい職場においては、スキルを生かしながら、御社に貢献していきたいと考えています。」のような売り込みの形が重要です。