就職活動において、年収は非常に大事なポイントです。

就職活動において、必ず話題になるのが年収です。

就職活動において、年収はとても重要な要素です。面接の時、ほとんどの場合現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。ここで本当の年収を多く偽って、高額な年収を獲得しようと試みても、無駄な努力でしょう。なぜかといえば、「源泉徴収票」が必要となり、仮に一時的に信じ込ませたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、結局は虚偽の申告をしたことがバレていまいます。最悪、転職先とのトラブルにもなりかねないので、現在の年収を水増しせずに伝え、それに見合った希望年収額を設定するのが賢い選択となります。例をあげると、今の年収が300万円の方が転職後にいきなり500万円になる可能性はほぼあり得ません。今の年収が430万円だとすると、400~450万と伝え、希望は450万で設定する程度を考えておくことをおすすめします。明白なウソは、転職活動の妨げになるばかりでなく、一時的に採用されたとしても、退職を余儀なくされるおそれもあるため、誠実な態度を心がけておきましょう。

仮にあなたが再就職をするとき、「Uターン」「Jターン」のように…

仮にあなたが転職を視野に入れたとき、「Uターン」「Jターン」において都市部から郊外・地方に移住したうえで転職したい、と検討している人、実践している人が増えています。今のネット社会では求人情報サイトを活用すれば、地方や郊外の求人も簡単に得られますが、地方や郊外での求人については、どうしても選択肢が限られてくるので、それがマイナスといえます。なので、求人情報サイトだけを頼りにし過ぎてしまうのは考え物です。転職サイトにプラスして、「地方自治体・商工会議所」といった情報サイトも見逃さずに確認しておきましょう。「地方自治体・商工会議所」といった機関が主催する就業サポートの情報も確認しておくとよいでしょう。

詐欺|派遣で就業しています。労働契約法により残念ながら長く働いた…

派遣で勤務しています。派遣法とかのからみで残念ながら長期間勤務していた就業先での就業を終わらせなければなりません。仲間の派遣社員の中には派遣で働いている会社で直接雇用のポストをつかんだ人もいるのですが選ばれた理由としてはぶっちゃけた話仕事がどうというのではなく派遣先の上司へのご機嫌取りがうまい人でそれで採用された様子。業務上の能力より上司正社員を転がす能力の方がいるんだねーと選考に漏れた別の派遣のメンバーと派遣先の会社で文句を言ってます。

こういう転職というのは知人の話です。

これは知り合いからの話です。就職活動を始めて新卒でぜひとも入社したかった目標であるA社で行われた最終面接までで行ったけど不採用になって、ですから不本意ながら別の会社に入りました。それから2年経過したぐらいに派遣の求人サイトの中で偶然A社の紹介予定派遣の仕事を発見することができ、じっとしていられなくなって当時の会社を直ちに辞めて、A社で派遣の勤務を開始、勇気がありますね。真面目に頑張ってその後なんとかA社で正社員として採用されて、現在では仕事のやりがいを感じつつ楽しく勤務しています。

転職活動と今の仕事の同時進行を行う人が多いです。

転職活動を現職と並行している人は少なくありません。ただ、忙しく仕事を続けながら求人案件をチェックしながら応募したり、面接に行くのは精神的にも肉体的にも大変だといえます。転職活動中は、今の職場の同僚や上司に気づかれないように気を遣う必要があります。応募するだけしてみよう、という人がいますが、書類選考をクリアし、面接が決まったあとに「辞退」したとしたら、厄介な事態となるかもしれません。転職エージェントを介して応募していた場合は、エージェントに悪い印象を与えてしまいますし、そうではなく自分で直接応募した場合も相手企業から電話やメールでの連絡がひっきりなしに掛かってくるかもしれません。どちらにせよ自分自身の貴重な時間を空費するおそれもあるので、行く気のないとりあえずの応募は避けましょう。転職活動は、新卒の就活と同じように考えないことを意識しておきましょう。

詐欺|就業していた会社で嫌な感じの上司の存在に悩みを抱え…

昔働いていた会社でのことですが感じの悪い上司に悩み、結局我慢することができなくなってその会社は辞め、同業他社に職を変えました。転職先の会社では居心地よく働くことができ本当に満足した日々でしたが、だんだんと会社の収益が少なくなり、最後にはとある会社に経営統合されることとなりました。ところが経営統合したのはなんと以前いた会社で、加えて反りが合わない上司が再度私の上司になるそうです。こういう悪いめぐり合わせとは、どれほど縁があるのでしょうか。当たり前ですが新たなる転職活動をスタートしています。

詐欺|転職の意思があるのなら、「年収」の高望みはしないほうが良いです。

転職した場所では、すぐに年間報酬に関して高望みはしないほうが無難です。一年目の段階ではおおむね「研修期間」を含んでいるというのが多いものです。私自身のケースでは、苦労して新しい職を見つけることができたのに、期待に反して前の会社での年間報酬と大方同じでした。おまけに、業務内容はかなりキツく、とても責任を伴いはじめの1年は、ひどい状態でした。そのような経緯から1年目は、仕事を覚える期間として捉え、できれば転職前の段階で貯蓄しておき、仕事に没頭した方が良いと思います。

楽しみながら転職をすることができれば、メンタル面での重荷も少ないの…

楽しく再就職に向けての転職活動をすることができたら、精神的な重荷を抑えられるので、結果として転職期間中に堕落しないで済みます。そのうえメンタル面が問題がなければ、あまり時間をかけることなく新たな転職先も見つかるはずです。そうする為には、休職期間をつくることなく新しい職場に飛び込むことが大事です。現在の仕事と並行しながら、次の仕事を見付ける形が良いと思います。しかも、ブランクをつくらなければ退職後、直ぐに働けるので、経済的な心配もありません。こうすることで、職歴にも空白期間がなく、履歴にもキズがつきません。すなわち、再就職の際に不利になることがないということです。先のことを考えながら、円滑に転職活動を進めていきましょう。

失業によって得られる失業保険は、失業している間もらえるが…

失業時、給付してもらえる「失業保険」は、もらうためには失業中であることが必要ですが、永久に給付されるわけではありません。失業時までに勤務していた期間によって変わり、3ヶ月とか、1年と決定するのですが、驚くことにこの現実を理解していない人がいます。失業を続ける限りもらえると思い込んで働けば失業保険がもらえなくなると考えて求職活動をしない人もいますが、失業保険はあと1ヶ月のみ、という段階で気づいてから急いで職探しを始めてもろくな結果とならない可能性が高いです。会社の面接官もバカでは無いので、「いつに失業したか」「どのくらい失業期間があるか」「その間、何をしてたか?」といった内容はそこそこわかるはずです。場合によっては、そういった質問をされるキケンもあります。返答に詰まったり、自身を良く見せようとバレバレの嘘をついてしまうと、採用されることはまずありません。

長いこと接客業で仕事を続けてきましたが、年齢的に立ったままの仕事…

長年接客業で務めていたのですが、加齢とともに立って行う仕事は体力的にしんどく、オフィスワークへ転職することを目標にして行動にうつりました。事務の経験がない場合わりと難しくて、そうであれば接客業の経験も活かせる受付兼医療事務をやろうと考え資格も取り個人の医院に転職しました。周囲はベテランの先輩パートさんばかりで人間関係に関してもややこしい。夜間のシフトばっかりさせられて、接客の仕事をしていた頃よりも帰宅も遅いわけですが、とにかく今はキャリアを作る時期だと腹をくくって頑張ります。

近いうちに転職活動を考えている人で次の仕事を始めるまでにまだ時間があるのな…

近いうちに転職される人で次の仕事をはじめるまでに期間がある場合は、忘れずに「失業手当」を受け取っておいた方が良いです。この手当ては会社側がきちんと雇用保険を払っているところであれば、申請をすれば必ず誰しも失業手当を受け取れます。詳細の手続きに関しては、「ハローワーク」で行います。もしも自己都合で仕事を辞めた方は失業手当までの待機期間が「3ヶ月」ありますが、会社都合や残業時間によっては日数をおかずすぐに受け取れる可能性もあります。ちなみに、支給される「失業手当」の金額は、仕事を辞めた月の近々の給料がもとになって計算するので勤めている会社に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種であれば、理想なのは繁忙期の後に辞めたほうがいいです。

『転職したい!』と思っている人で自身の意志が抑えられないくらい強いものであるなら…

『なるべく早く転職したい!』と思っている人のなかで、自分の意志が強いのであれば、退職したいということをすぐに上司に言うべきです。なぜならばここでは曖昧な表現をすると上司に言いくるめられる可能性が非常に高いので気をつけましょう。そして、実際に私自身も上司に転職の相談をしたところ、手を変え人を変え、結果的に、半年以上にわたり辞められませんでした。最初に直属に上司に話した時は年度末、実際ではなぜか退職を受け入れられたのは同年11月です。本音を言うと、ちょうど年度末いっぱいで辞めるつもりでしたが、あれこれと理由を付けられて、かなり伸びてしまいました。やっぱり会社としても人事的な都合もあるとは思いますが、スタッフの意見を聞かずに、上司をはじめ、組織としてこちらの希望を無視してきたのでさすがに前の会社に対しての愛想が尽きました。

全くの未経験である業界などに転業を考えるときには、前の職で、自分…

未経験である業界などに転身をしようとするときには、以前の職で、自分が身に付けた力やこれまでの経験が生きるといった内容のアピールが必要になります。その業種に勤務したことがない人は未経験の分だけその業界の経験者よりも実際のところ、不足することはありますが、自分が保持している力がその業界でも生かすことができるということをうまく伝えることができれば、戦うことができることも多くあります。ですから、未経験である業界に飛び込む場合は、その分野とこれまでに自分がしてきた職務との関連をできる限り見つけ出してみましょう。

昨日転職の準備をしようと人材バンクへ登録に向かいました。

この前人材紹介会社へと登録に足を運びました。そのときカウンセリングを行うために出てきた担当の人が見たところ新入社員らしくて、、こちらが説明していることの5割も彼はわかっていない模様。それに加えて「キャリアデザインを作り直した方がいいですね」とか「もっと自分の強みを明確にしていく必要があります」等、一丁前の話を偉そうにのたまうから大変不愉快でした。カウンセラーはそこそこ社会人の経験がある人にしてほしいと思います。

転職期間では、自分の好きなことに打ち込むことに加…

転職期間中には、自分の好きなことに打ち込むことに加え、体力の低下を招かないようにしておくとベストです。いざ仕事を再始動したときに、趣味に没頭していた影響で、知らない間に集中する力が高まります。また体力を補っている事で、その場の社員たちと比べると疲れない身体になっている、と認識します。というワケで、自分の趣味に力を入れることと、体力を落とさないようにすることをしておくのがベストです。仕事が決まり、職場であなたと同じ趣味の方とめぐりあうことができれば、直ぐに親しくなることができるので、好きなことをとことんまで極めることも転職期間中の自由な時間の利用方法としてはおすすめです。

クールビズをして転職の面接場に出向くときには、いくらなんでもジャケッ…

クールビズスタイルで再就職の面接会場に行こうとする際には、いくらなんでジャケットまでは着用しなくても大丈夫だと間違いなく言い切れますが、ネクタイは着用して面接を受けたほうが無難です。タイもする必要ないと思っている企業もある可能性はなくはないです。ですが、ネクタイにおいてはクールビズでも必ず着用して行く必要があると思っている会社がいくつか存在するわけです。そんな訳で、クールビズのスタイルであってもネクタイだけは着用いく方が安全であるということを認識しておいてください。