とある古物商の求人にて、書類選考に合格しました。その・・

ある古物商の社員募集に応募したところ、書類選考に合格しました。その・・

  • ある古物商の社員募集にて、書類審査に合格しました。すぐに先方から面接の日時を指定してもらいました。当日、時間通りに指定場所まで行ってみると、どうしたものか相手が、面接の用意を一切していないことがわかりました。待たされたのち、責任者らしき人が面接中も半ば聞きというか、始終たいへんにだらしのない態度で迎えられ、やっとのことで面接を終えました。予定日を過ぎても結果連絡がまったくなく、もう待ちきれなくなり、私のほうから問い合わせると、「郵送で本日送付してあります」とのこと。心待ちにしていたのですが、届くことはありませんでした。そんなわけで再度問い合わせたところどういったわけか、「残念ですが不採用になりました」、とそう言われてすぐ、電話を切られてしまいました。あまりの対応に呆れ果てて言葉を失いましたが、本当は、不採用で良かったとホッとしています。
  • 転職を考えている際に閲覧することになる仕事の情報というの…

  • 再就職を考えている時に閲覧することになる募集内容については目安として、アバウトに載せている確率も少なくはありません。なので、そこに載っている情報は全部正しい情報だとは思い込むのはやめておいたほうが好ましいと言えます。特に給料の額などにおいては、一般的なのか?最低限なのか?最高値なのか?というような判断ができない人はたくさんいて自分の判断でとらえてしまうと、後からそのことを悔いる確率もあり得ます。そんな訳で、後悔しないようにするためにも、募集内容の情報というのは、目安だと思って、そういった重要な内容は直に確認した方が好ましいです。
  • 詐欺|派遣会社で働いています。サイト内で気の向くままに気になる仕事…

  • 派遣の会社に登録をしています。インターネットサイトで何の気なしに興味を引かれる仕事を見つけ出して問い合わせてみると「そのお仕事はすでに他の人に決まりました」と断られ瞬間的にサイト内から仕事の情報が見えなくなるのですが、なぜか翌日にそのページを見ると元通りに掲載されています。これって要するに私ではよくないのだってことですよね。それなら最初から変に隠さないように正直に教えてくれればありがたいのですが、なかなかそういうわけにもいかないでしょうか。そうでなければ存在しない仕事を載せているのでしょうか?
  • 詐欺|転職で、「派遣社員」として、転職を考えている人にぜひ注意してほし・・

  • 転職の際、正社員ではなく派遣社員という勤務形態を考えている方にぜひ注意していただきたいポイントが数点あります。まずはじめに派遣社員というと、データの入力、その他雑用等をのような業務をなんとなくイメージする人がいるはずです。かく言う私自身もそう勘違いしていました。現在働いている職場に入社するまでは「派遣社員」の募集に応募したとき、「電話対応が主な業務」と採用の際に派遣会社からも説明も受けてました。しかし、いざ働き始めると、まさか「電話対応」に加え、辞めた正社員の穴埋め業務を指示されました。とくに知識もないので毎回てんてこまいですし、当初の説明とは異なる内容ばかりなので毎日非常に困っています。とにかく、ひたすら「はやく契約期間が終わってほしい」と願うばかりです。
  • 就職活動するときに気を付けたほうがよい求人内容は、そこまできつくなさそうな仕事なのに給料がよ・・

  • 就職するため仕事探しをする場合に注意すべき求人の募集内容は、そんなにきつそうな仕事内容ではないのに給料がよく、拘束される時間が長いものです。このような求人は、給料に『みなし残業代』を入れて告知しているケースが多々見受けられるます。みなし残業代というのは、『みなし』とも言い、30時間・45時間というように求人の記載内容に時間の併記があるはずです。月の中で残業が発生することが想定されるので最初から給料に残業代を入れておく、といった仕組みになります。(なお、これは合法です)仮に求人に『みなし残業代25時間込』というのは、「記載時間分の残業代も含めてこの給料がもらえます」という話になるわけです。けれども、悪質な求人は、記載しておくべき『みなし』という言葉がない場合もあるので、気をつけましょう。
  • 後悔しない転職するとを目指すのなら、計画的な情報を収集することを徹底してみましょう。

  • 転職することを成功させたいのなら、戦略を立てながら意味のある情報を集めることをしておきましょう。今は名前を聞いたことのない小さな会社にもかかわらず公式サイトを常設しているというのがたいていなので、ネットの機能を使って色々と必要事項をチェックしておくとまたその会社のよくわからない点等を整理しておくと転職の助けになってくれます。さらに公式サイト以外にも「転職サイト」を利用してみるのもお勧めです。ただし、インターネットだけに頼るだけでは不十分です。転職の候補している職場を自分の目で確かめてみるのも意味があります。
  • 詐欺|昔の求人情報では、雇用側が求める人材の「性別」が明確に記載されていました。

  • 一昔前の求人誌では、性別が明記されていました。しかしながら現在では、1986年に施行された男女雇用機会均等法の影響によって、男女差別が採用時にしてはならない事が決まり、求人情報に「性別」を明記できなくなりました。でも、求人情報を出す会社は、本当はどちらが希望と言う想いがあるはずです。現実に、実は男性が欲しい業種に女性が応募してきたり、逆に女性を希望している案件なのに男性が来てしまったり、といったような問題が起こりうる可能性があります。仮に、「女性が活躍している職場です」といった内容の案件は、女性の働き手を希望しているのだと読み取ることが良いでしょう。
  • 詐欺|転職での面接などの時に担当者が名刺を差し出してきた…

  • 再就職における面接などに関して担当者に名刺を手渡されたら、こちらとしても名刺を相手側に差し出す方が良いのかどうかと迷ったときは、ほとんどの場合は差し出さなくても良いと覚えておきましょう。転職のための面接というのは仕事の延長上のことではなくて、就職活動の一部であるわけですから、普通に考えれば名刺をやりとりする時ではありません。また、会社の人として出向いているのではなく、個人的な問題でこの場にいるわけです。ですので、もし相手から名刺を差し出されても、こちらの方は受け取るだけで問題なくて、面接担当者に相手にあげる責任はないと思われます。
  • 求人に関係する情報をチェックする折、例えば、「デスクワークがしたい」と思っている人・・

  • 求人に関する情報をチェックする際、「オフィス系の仕事をしたい」という人ほどはなから製造業をチェックしていなかったりします。そんな人の多くは「製造業は現場で製造する仕事しかない」と勘違いしていることが少なくありません。現に、製造業であっても、経理、総務などのスタッフ募集をはじめ、購買、営業管理といった「オフィス系」に準ずる部門も結構多くあります。しかし、製造業の多数はビジネス街などのおしゃれな雰囲気とはかけ離れた場所にあることが多いですからそこがマイナスに感じられるかもしれません。でも、自分のこだわりを捨てることによって素晴らしい人との出会いによって、将来をより良いものにしてくれる可能性もあるのです。
  • 新卒採用で入った会社にさよならをして勇気を出して転職しました。

  • 新卒採用で入社した会社を辞め、思い切って転職すると決めました。最初は1人で悩んだりもしました。でも、数年で会社を辞めて、中途採用で働いている人ばかりであることを自身の転職活動のなかで理解したことで、自然と漠然とした不安が無くなりました。転職をしたことでなんというか、肩の荷が下りたような感じがして、「自分のやりたいこと」を優先できて喜びになっていきました。なかには「仕事をコロコロ変えるなんてとんでもない」といったような考えの方も、もちろんいますが、必ずしも正しいのかなと思いました。私の転職活動は転職を経験して良かったと思います。
  • 詐欺|今やっている転職する活動で「自分は今まで、こういう仕事を長く続けてきまし・・

  • 今がんばっている転職活動をしているときに、「振り返るとこのような価値のあるの仕事をしました」「これまでにこういったスキルを手に入れました」とそれまでの成功体験などを強くアピールする人はよく見かけます。ですが、転職先となる新たな場所で「こういった仕事をしたい」「私が話したような内容なら貢献できるに違いない」と将来のプランで自己をアピールを狙ったほうがはるかに効果的だったりします。この点を覚えておくと、転職活動が楽になります。
  • 詐欺|転職活動では、履歴書と職務経歴書を準備することが必須といえます。

  • 転職活動を行うときには履歴書と職務経歴書が必要になってきます。会社の大多数は履歴書と職務経歴書に書かれている内容を見た上で面接するかどうかを判断するため、とにかくこの2枚の書類の作成が大事です。単に穴を埋めることにとどまらず、内容を魅力的なものにすることが必要です。「職務経歴書」は、これまで経験してきた職務の詳細に加え、可能な限り、アピールできる内容を書き出しましょう。さらに、過去以外に、現職で挙げた実績でアピールをするのも忘れずに。部門の残業時間を何%減らしました、などわかりやすく書くのが得策です。作成が難しいと思ったときは、「転職エージェント」に職務経歴書の添削をしてもらい、上手な言い回しのヒントを聞いたりしましょう。自己ブランディングのために転職エージェントを活用してみるのもよい転職をするための有益な方法です。
  • 詐欺|転職する場合、その職場の自分の給料ばかりを気にする人・・

  • 転職について考えた場合、転職先となる職場における給与を気にしすぎる人がけっこう少数派でもないでしょう。もちろんほとんどの人は、仕事というのは収入を得るため、自分の生活を成り立たせるために行うものです。だから生活費を給料としてもらうために仕事しているはず。自分の価値を測る指標という面もありますから当然大切なものであることは至極当然です。しかしながら、あまりに年収の額に執着しすぎる生き方というのも寂しいものです。収入に直結しない仕事であってもやりがいを感じられることが少なくないからです。
  • 少し前に転職をやっとしたばかりなのに、すぐに退職を決断する人が…

  • ほんの2,3ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりだというのに、わずかしかたっていないのに退職を決意してしまう人がとてもよく見受けられます。たぶん新たな気持で素晴らしい職場を手に入れたものの、「自分自身の想像していた仕事とおかしいと思うほどかけ離れていた」「会社のルールにどうしても慣れなかった」といった感じで退職を決意するのじゃあないかと思います。できればこういった転職における失敗を未然に防ぐためには、第一に、事前の情報集めを徹底するほかありません。徹底して行うべきなのです。具体的な業務内容、通勤時間、などいろいろ事前にチェックしておくことで分からない点はしっかり自己解決を図っておきましょう。そうすることで失敗を防げます。
  • 日本には”石の上にも3年”という生きていくうえで格言となるべき言葉があります。

  • 日本には古来より「石の上にも三年」という人生において役に立つ教えがあります。終身雇用制は死語になりつつあります。定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」が当たり前になりつつあります。とはいうものの、「仕事を変えること」が珍しくなくなってきたとはいえ、やたらとそれを選択するのは考えものです。実際に転職を検討する際は、タイミングを捉える必要があります。まず、現在の職場・や自分の置かれている立場などについて、納得できていないと感じることを箇条書きにして多くて10項目、最低でも5項目は探しておきましょう。其れによって転職に役立ちます。そして決断したら決断を遅らせることなく、よりも良い仕事ができるよう、トライしてみましょう。
  • 再就職の前に、現在の職場の同僚たちがあなたが会社を去ろうとしているのを知ると、…

  • 再就職の前に、今の会社にいる人たちがあなたが会社を去ろうとしているのを知ると、、職場の状況が悪くなる可能性があります。働く環境によって意地悪されるかもしれないと想定しておいたほうが賢明です。加えて、残業時間を意図的に増やされることもあるので、軽々しく転職のことを周囲に伝えるのは注意が必要です。なので、上記のような状態を避けるために、現在の仕事場では、いたって真面目に仕事をしておきましょう。充分に警戒しておけば、良い空気を最後まで保ちつつ、気持ちよく会社を辞められます。そして、何の問題もなく円満退職できれば、退職後であっても、あなたが何かあったとき、アドバイスをもらえるような良好な関係性を持っておくことができます。会社の大きさに関係なく、どんな企業でも、人とのつながりはとても大切なので、仕事を辞める前のトラブルは控えましょう。