失業したときにもらえる失業保険は、給付されるためには失業中であることが必要です…

詐欺|失業したときにもらえる失業保険は、失業していることが給付の必要条件ですが・・

  • 失業時にもらえる「失業保険」は、失業のあいだが給付条件ですが、給付期間が無限に続くわけではありません。それまで勤務してきた期間に応じて変わり、90日だったり120日だったりするのですが、驚くことにこのような現実を全く知らない人が一定数いらっしゃいます。失業中である限り給付されると勘違いして働けば失業保険がもらえなくなると考えて仕事を探さない人もいますが、給付期間の終わり際にやっと自分の誤りに気付き大急ぎで就業先を探し始めても好条件の仕事を探すのは至難の業です。面接に応じる担当者も無能ではないので、失業中にきちんと求職活動をしていたかといったことくらいは大半は相手(面接官)に見透かされると思っておいた方が良いでしょう。もしかすると、面接の時にそのような質問を食らう可能性もあります。返答に窮したり、すぐバレるような嘘をついてしまうと、まず受からないでしょう。
  • ずっと接客関係で勤めてきましたが、歳をとるにつれ立ったままで行なわなければいけない仕事…

  • ずっと接客関係で務めていたのですが、年齢を重ねると共に立ったまま行う仕事は体力的にハードなため、事務の仕事へ転職することを志して行動しました。事務の経験がなければなかなか厳しくて、接客の経験も活かすことができる受付兼医療事務になろうと資格を取得して個人医院に転職することができました。ベテランの先輩ばかりに囲まれて人間関係においても難しい。夜のシフトばっかり押し付けられ、接客業で働いていた頃よりも帰宅も遅いのですが、最初の頃はキャリア形成の時だと思って仕事に励みます。
  • 今年中に転職される人で次の仕事を始めるまでにある程度時間が掛かりそうなら…

  • 転職活動をする人のなかで、次の仕事をはじめるまでにまだ期間がある場合は、忘れずに「失業手当」をもらっておきましょう。これは勤めている会社側がきちんと雇用保険を払っているところであれば、誰でも失業手当を手にできます。そして手続きについては、「ハローワーク」で行う必要があります。しかし自己都合で仕事を辞めた方は失業手当を受け取るまでの待機期間が3ヶ月となりますが、働いている会社都合や残業時間によっては日数をおかずすぐに受け取れる可能性もあります。このとき、もらえる「失業手当」の額は、会社で最後となる勤務月の直近の給料を基に失業手当の金額を算出されるため、もし、「閑散期」「繁忙期」の波がある業種の人は、繁忙期の後に辞めたほうがいいです。
  • 詐欺|『今すぐ転職をしたい!』と思っている人のなかで、自身の意志が強いのであれば…

  • 『なるべく早く転職したい!』と思っていて、自身の意志が本当に強いものであるなら、辞職したいということを速やかに上司に伝えましょう。このときに相談といった形で話を持ちかけると、上司に必ず言いくるめられます。そして、実際に私も上司へ転職の相談をしたのですが、退職を引き伸ばされてしまい、結果的に、退職までに半年ほど掛かってしまいました。辞めたい旨をはじめに、直属の上司に相談をしたのが年度末でしたが、実際では数ヶ月働くことになり、退職が認められたのは同年の11月です。本来、ちょうど年度末を区切りにしたかったのに、うまくいきませんでした。やはり職場側としても、人事上の都合があるのかもしれませんが、さすがに上司を含め組織として予定を引き伸ばしてきたので、ほとほと職場に対してガッカリしました。
  • 経験のない業種などに転業する際には、自分の前の仕事…

  • 全く経験したことのない分野とかに転職する際には、前の職場で、自分が培ってきた腕前やこれまでやってきたことを生かすことができるといった内容の訴えが必要です。働いたことのない業界の場合、経験のない分その業界で働いたことがある人よりも足りない部分はありますが、自分自身の持っている能力がその分野でも発揮することができるということをうまく話すことができれば、戦うことができることもあります。という訳で、未経験のジャンルに挑む場合は、その分野と自分が今までやってきた職務内容とのつながりを見つけ出しましょう。
  • 先日転職のために人材紹介会社に登録に行きました。

  • 先日転職先を見つけるために人材紹介会社へ登録に行きました。そのとき登録するときのカウンセリングの時に出てきた担当の人が見たところ入社してから間もない新入社員で、私が話したことの50%ほどもわかっていない感じでした。おまけに「キャリアデザインが緩いですね」とか「もっと自分の強みを明確にしていくべきです」等、一丁前の話を偉そうに言い散らかすから非常に嫌な気分になりました。カウンセリング担当者はそれなりに仕事を経験している人にするべきだと思います。
  • 転職先を探している期間は、趣味に時間を費やすほか、体力を損なわない生活を習慣化しておくと…

  • 転職期間中には、自分の趣味に時間を使ったり、体力の向上を意識した生活習慣を取り入れるとベストです。採用が決まり、仕事復帰した時に、趣味に没頭してたことによって気付かない間に集中力が高まります。加えて、体力を補っている事で、その場の社員たちと比較すると疲れない体になっているということを自ずと認識することができます。というわけで、退職してからの生活は、体力を低下させないようにしておくのがベストです。その後、同じ会社内であなたと同様の趣味の方と知り合えたのなら、話題に花が咲きます。ですから、これまでしてこなかったことに挑戦してみるのも転職期間中の自由な時間の利用方法としてはおすすめです。
  • クールビズ(軽装)のスタイルで再就職の面接にチャレンジするときに…

  • クールビズ(軽装)をして転職の面接会場に行こうとするときには、ジャケットは着用していくことはないと間違いなく分かるわけですが、ネクタイは着用したほうが好印象を与えてくれます。タイもしないで良いとする会社もある確率もなくはないです。ですが、ことネクタイに関してはクールビズであっても着用して行く必要があるとしている企業がいくつかあります。そのため、例えクールビズ(軽装)が良いと言われていたとしてもネクタイだけは着用いく方がベストであるということを知っておいてそんはありません。
  • 詐欺|今までは、「転職サイト」に頼るより「ハローワーク」に通っていました。

  • 前は「転職サイト」を利用するより、「ハローワーク」を使っていました。というのもほとんどの転職サイトはシステム上、都心部での求人情報がメインになっているためです。なので、求人情報をチェックする時は、「ハローワーク」のみ使っていました。掲載される多少企業の知名度や給料は劣りますが、古くから地域に寄り添った企業が多く、安心して面接に進むことができます。「聞いたことのない企業ばかりで不安」と先入観を持っている人も多少いるかもしれません。思いのほか、求めていた労働環境の求人があるかもしれないので、これから転職したい場合は、ハローワークへ1度行ってみると意外な発見があるかもしれません。転職サイトのようにたくさんの電話・メールに悩まされる心配もありません。
  • 転職サイトは、大手が運営しているものであるほど掲載数も豊富なので、…

  • 転職サイトはメジャーなサイトの方が多数の案件が掲載されているため、約2~3社ほどとりあえずウェブサイトに登録して、希望する勤務地や収入について条件を設定しておき、さらに条件に適合する求人情報が掲載されたら自動的にメールが送られるように設定しておくと楽に情報収集を行うことが可能になります。とはいっても、最初に限っては登録するのに非常に労力を要するので、サイトに登録する前に、「履歴書」「職務経歴書」をしっかり準備しておき、さらにそれらをテキストファイル化しておき、コピー&ペーストしつつ登録していくと手間が省けて便利です。初めの登録のときは少々時間がかかることから、案件の検索や応募だけでも意外と苦労しますが、その後は、新規案件を確認するだけでOKなので、次回以降の応募を楽にするめにも、初めの準備をしっかり行うことを推奨します。
  • 求人広告には、ほとんどの場合、多くの株式会社では月の給料が記載されているはずです。

  • 求人関連の情報を見てみると、まともな企業では月の収入が記載されているはずです。でもこの箇所をチェックする際は、深く確認する事が必要です。その数値だけで判断しないほうが無難です。実はひょっとすると、月収の金額のなかに「毎月20時間分の残業」を前提に計算されている可能性もあります。要するに残業代を入れることで好条件であるかのように見せ、人材を募集している所があるからです。また「歩合給」をプラスする、といった案件も要注意です。歩合をかなり多く見積もって月収として見せている会社もあります。そういうわけで、そういった可能性の少ないケースを誇張しながら、人を集めるような会社は興味を持たないほうが賢明です。
  • 詐欺|転職に先立ち今働いている会社を退社する時に失業保険の給付を受けるための手続きが必要ですが、…

  • 転職をするために今務めている会社を辞める時に失業保険についての手続きをしなければいけませんが、もし自分からすすんで退職願を提出して退職する、いわゆる「依願退職」のときはすぐさま失業保険が出るわけではなく手続きにした後に失業が認定されてから3か月待たないと受け取れないのです。よく勘違いして退社の1日後からちょうど3ヶ月で受け取れるワケではありません。実際にそのような誤解をしてしまった人が、ハローワークの職員の方が間違っていると思い込んでそれが原因となりハローワークの保険担当者と揉めているのを見たことがある。例外として、労働者側の都合ではなくリストラなど会社都合で解雇された場合は、失業認定されてすぐに失業保険が給付される。
  • 詐欺|再就職をする際の面接を受ける時につけていく腕時計においては・・

  • 再就職をする際の面接のときにする腕時計においては、どう見ても目を惹くタイプの腕時計はつけて行かない方が好ましいと言えます。目立つというのは有名ブランドの腕時計であるとか、といったことだけではありません。それとは真逆でチープな腕時計に見られてしまうとか、そのような意味であって正反対の意味で目立つ、と理解しておいてください。面接のときにつける腕時計についてはポジションとしてはネクタイやスーツのようにとらえて、面接にふさわしいものを着用して行った方が好印象です。ただし、歳にあっているということもとても大切なことで、新卒の頃にしていた腕時計よりはほんの少しでも高価なも腕時計にした方が好印象であるということは言えます。
  • 転職活動を行う際の最後の難問として、今勤めている会社の退職があります。

  • 転職活動をする上での最後の問題として、「現職の退職」があげられるのではないでしょうか。転職先の会社が採用の内定を出したとしても、現在勤務中の企業があなたを引き留めるというのも起こりがちなことです。そのようなケースでは、絶対に退職する、という強い意志を貫くことが大切でしょう。もしも会社に残るように説得されて、残ったとしても一度辞めたいと思った会社には、最終的には愛着もなくなってきます。会社の規定をチェックし、退職までに必要となる日数を超過する年月以降で退職日を決め、退職届を記入しておきましょう。そのあとで、決定権を持っている上司と直接話をし、退職を撤回する考えはありませんと、遠慮せずに伝えましょう。「円満退社」でこれまでのキャリアに別れを告げるのも転職活動において必要不可欠といえるでしょう。
  • 転職エージェントに一旦登録すると、電話やメール連絡が頻繁に入ります。

  • 転職サイトに一旦登録すると、電話やメールでの連絡が何度も来ます。このことに対して転職初心者は非常に驚くことが少なくありません。転職エージェントは転職を助けることが仕事なため、非常に積極的です。特に大手エージェントは、転職を成功へと導くことで企業側からお金が支払われる仕組みであることから、転職する側の都合より企業の都合を優先的に考えることが多いものです。その上彼らは、契約数を増加させたいがために、内定がでた直後に、入社を強くすすめてくることが珍しくありません。自身の気持ちや意思を明確にしておき、無理に転職しないように気をつけておきましょう。
  • 転職活動では、かなり重要視されるのがまぎれもなく「面接」である。

  • 再就職する際、重要視されるのが「面接」になります。大半、面接の際は、面接担当者が応募者に転職事由や仕事の意気込みなどさまざまな質問を投げかけるでしょう。そして、一通りの質問と説明が終わると、今度は、面接希望者側からの疑問点などを質問できるわけです。担当者から、「何か我が社についての疑問に感じる点はありませんかね?」と尋ねてくれるわけです。こんなときは、気持ちの準備ができず、慌ててしまうこともあるかもしれません。こういった場面に備えて、予め面接担当者からの問いに対し、(あなたからの質問を)用意しておいた方が良いかもしれません。よく考えてみればよく考えておけばいくつも疑問点は見つかるはずです。ぜひ、試してみてください。