全くの初挑戦となる分野などに転業したい場合には、以前の業界…

詐欺|これまで経験したことがない業種などに転業するときに…

  • 全くの未経験の業界などに転身をしようとするときには、前の業界で育んできた能力やこれまでの経験が生きるといった内容の自己アピールが必要になります。そのジャンルに勤務したことがない人は経験していない分だけその分野で今まで働いてきた人たちよりも事実、足りない部分はありますが、自らの持っている能力がそこでも発揮することができるということをしっかりと相手に話すことができれば、戦えることも考えられるのです。それゆえ、経験したことがない業種にチャレンジする場合は、その業種とこれまで自分が働いてきた職務との関係を発見しましょう。

  • 新しい仕事先を探すために人材紹介会社へ登録に行きました。

  • 一昨日転職活動の一環として人材紹介会社に登録に足を運びました。そこで登録カウンセリングのために現れた担当の方がどうも入社間もない新入社員のようで、こちらが説明している話の半分もその社員はわかっていない模様。しかも「キャリアデザインがよくないですね」とか「もっと強みと弱みを知っておくことが大事でしょう」とか、上から目線で偉そうに言うのでとっても不愉快でした。カウンセラーはそれなりには社会人経験がある人にするべきです。

  • 転職先を探している間は、自分の好きなことに時間を費やしたり…

  • 転職先を探している期間中は、自分の好きなことに時間を使ったり、体力の向上を意識した生活習慣を取り入れるとベストです。採用が決まり、仕事を再開した際に、趣味に打ち込んでいたことによって知らない間に集中する力が養われています。さらに体力アップが図れていることで、一緒に働く人たち以上に体力が持続するということを自覚します。そのため、退職後は自分が興味のあるなことに集中することと、体力を維持させるように努力をしておくのがおすすめです。そして、その職場で同様の趣味を持つ人と知り合えたのなら、会話も弾むので、好きなことをとことんまで極めることも転職期間の自由な時間の使い方です。

  • クールビズ(軽装)スタイルで再就職の面接にチャレンジするときには、…

  • クールビズ(軽装)の格好で再就職の面接会場に行こうとする際には、ジャケットは着なくても良いと間違いなく断言できます。ですが、ネクタイはつけている方が好印象を与えてくれます。ネクタイもしないで良いと考える会社も存在する確率もあります。ですが、ネクタイについては例えクールビズであっても身だしなみとしてつける必要があると考えているところがある程度存在するわけです。ですので、例えクールビズ(軽装)で大丈夫だと言われていてもネクタイを着用してから面接に行った方がベストであるということを分かっておいてほしいです。

  • 以前の私は、新しい職場を探すときは「ハローワーク」に通っていました。

  • これまでの私は、職探しは「転職サイト」ではなく、「ハローワーク」を使っていました。なぜなら、有名どころの「転職サイト」は、どうしても都心部を中心にした求人しか見当たらないからです。そのために、転職する際はいつも「ハローワーク」を使っていました。もちろん、大手転職サイトに掲載されている求人より多少知名度は低くなってしまいますが、地域に密着した企業も多くあり、自分に適した職が探しやすくなります。また、ハローワークというと、なんだか地味な感じがするという先入観がある人が多いとは思います。ですが、理想的な求人を発見できるかもしれないので、転職するべきか検討中の方は、ハローワークへ足を運んでみてください。人気の転職サイトみたいに多くの電話・メールが頻繁に送られてくる心配もありません。

  • 転職サイトは有名なサイトであるほど掲載される会社の数も多くなるので、…

  • 「転職サイト」は、大手企業が運営しているもののほうが、掲載される会社も豊富なため、2社か3社くらい転職サイトに登録した上で、勤務地や年収にチェックマークをいれておき、条件に合う案件が自動的にメールで送られるように設定しておくと情報収集が容易になります。最初だけは登録するのが少々大変なので、サイトに登録する前に、「履歴書」「職務経歴書」を忘れずに準備しておき、さらにそれらをテキストファイル化して、コピー&ペーストする形で登録しておくと手間が減って便利です。登録の初日は、けっこう時間がかかることから、案件の検索と応募も大変に感じるかもしれません。しかし、次回以降は、新着の求人情報だけ確認すればいいので、最初の準備をしっかり行うことをお勧めします。

  • 求人関連の情報を見てみると、大部分の場合はたいていの会社では…

  • 求人関連の情報誌やサイトを見てみると、大部分の場合はたいていの株式会社では月収が記載されているはずです。しかしこの月収の箇所を調べれる時には、しっかり確認する事が大事です。数字だけ見て判断しないようにしましょう。そのわけは案件によっては、月収の内訳に「毎月15時間分の残業」が含まれているおそれもあります。つまり残業代をトータルすることで魅力的な案件のように見せかけ、募集しているケースも考えられるのです。そのほか、「歩合給」を基本給以外に考える、という案件も要注意です。歩合をかなり盛って月収を多く見せている可能性も考えられます。そうやって「不誠実」極まりない案件は、「ブラック企業」な可能性も高いので、警戒しておきましょう。

  • 詐欺|転職のために現在勤務している会社を辞める時に失業保険の給付を受けるために手続きをしなければいけませんが・・

  • 転職のために現在勤めている会社を辞める時に「失業保険」をもらうための手続きをしておく必要があるのですが、もし自分の都合により退職届を書いて会社を去る、いわゆる自己都合退職のときは失業保険はすぐには給付されず手続きをした後で失業が確認されてから3ヶ月経ないともらえないのです。なので、会社を辞めた翌日から3か月経てばもらえると思っている人が居るが、実際に誤解してしまった人が、ハローワーク側に落ち度があると主張してハローワークの保険担当者とトラブルを起こしているのを見たことがあります。念のために付け加えておくと、自分側の都合ではなくリストラのように、「会社都合」での解雇の場合は、失業認定を受けたのち即座に失業保険をもらえます。

  • 転職する時に行われる面接のときに着用していく腕時計についてです…

  • 転職をする際の面接を受ける時につけていく腕時計の事についてですが、ビジネスの場らしからぬ目立つ腕時計はしていかないほうが良いと言えます。目立つ腕時計を詳しく言えば見るからに高価そうに見えたり、それとは逆にチープな腕時計の印象を与えるとか、そういう目を惹くということで真反対なことで目立つ、ということでとらえておきましょう。再就職の面接のときにつける腕時計においてはスーツやネクタイと一緒の考え方で、ビジネスの場にふさわしい堅実なものを身に付けるほうが確実です。しかしながら、自分の年齢にあっているということもとても大切なことで、新卒の就活の頃に着けていたものよりは多少なりとも高級感のある腕時計にした方が好印象だと言えるでしょう。

  • 転職活動における最後に残る厄介な難問として、今の会社の退職があります。

  • 転職活動を行う上での最後に残る厄介な問題として、「現在勤務している企業をいかにして辞めるか」という問題があります。転職先の会社が決定しても、今いる企業が、あなたを離したくないと引き留めることもよくあります。そのようなケースでは、どうあっても退職する、という強い信念を持つことが必要といえます。引き留められて、一時は思いとどまったとしても、一時辞めたいと思った会社は、遅かれ早かれ関係が終わることになります。退職をスムーズに行うためには、まず会社の規定をチェックしておき、退職に必要な日数を超過する年月以降の退職日設定と、退職届を書いておきます。そのあとに、決定権のある上司と直接話し、退職を考え直すことは絶対にありませんと、(毅然とした態度で)伝えましょう。「円満退社」でこれまでのキャリアに別れを告げるのも一つの転職活動です。

  • 転職サイトに一旦登録すれば、嫌になるぐらい電話やメールをしてきます。

  • 転職サイトに登録すれば必ず、しつこく電話やメールをしてきます。これに関して「転職エージェント」の初心者の方は、大変驚くことが多いです。転職エージェントは転職をサポートすることが業務だと考えられるので、かなり積極的な姿勢でいます。その中でも大手エージェントは、転職を成就へと導くことで企業からお金を受け取る仕組みであるといえるので、転職する側の都合より企業の都合を優先的に考えることが多かったりします。加えて、転職できそうな会社に入れようとする傾向にあるため、内定が出たすぐ後に、入社を積極的にすすめてくることが多いです。防御策として自身の気持ちや意思を明確にしておき、妥協した形の転職とならないように充分に注意しておきましょう。

  • 転職をする場合、とても重要視されるのが「面接」です。

  • 転職する際、重要なのがまぎれもなく「面接」になります。通常の面接では、面接官が応募者に対して転職の動機や退職理由などいくつかのことを尋ねられるとは思います。そしてほぼ100%、一通りの質問と説明が終わると、転職希望をする人からの疑問点などを質問できるわけです。担当者から、「何か弊社について質問しておきたいことはありませんか?」と聞いてくれるわけです。と尋ねられた際に対応できず、戸惑う可能性もありまよすね。こういった場面に遭遇し、後で後悔しないためにも前もって面接官からの質問を想定し、答えを用意しておくのがベストです。実際に働く前の段階で、しっかり考えておけばいくつも疑問点は見つかるはずです。ぜひ、やってみてください。

  • 詐欺|今の自らの勤め先や仕事内容に対して、少なからず何かしらの不満があるはずです。

  • 現在の自らの仕事や勤め先に関して、少なからず何かしらの不満があるはずです。「自身のスキルや仕事での能力を正しく評価されていない」そのため、「給与は変わらないし、将来的な昇格も期待できない」といった点を挙げる人が少なくありません。しかしながら、気持ちは理解できます。しかし、そのような悩みが強すぎる人の場合、本人が自分自身の才能を過大評価している事が少なくないのです。もしも、そのような過大評価しがちな人が転職活動をすると、「この求人では、自分を活かせない」と転職活動がうまくいかない可能性が高くなってしまいます。可能性があるので、注意しなくてはいけません。なので転職で成果を上げるためには、あなた自身の能力を冷静に客観視することから始めてみましょう。

  • 詐欺|自分の好きなジャンルの仕事に就きたいと思っている方は注意です。

  • 自分の得意なことや大好きなジャンルの仕事に就きたいと思っている人は注意です。これは、私の実体験なのですが、私は、もともと食べることが趣味でそれが高じて、以前は、飲食の世界(レストラン)に勤めていた時期がありました。そのレストランでの業務は、そのお店で私が任されていた仕事内容は、簡単な盛り付けやホール業務でした。この業務内容に関しては、不満もなく楽しんで仕事ができていました。ですが、職場の人間関係に疲れてしまったのです。ということが引き金となって仕事をやめる羽目になりましたが、その影響で、食べることやその店で扱われていた食べ物も嫌いになり、似たような飲食店は今も行けません。当時の匂いを思い出すだけで気分が悪くなります。この仕事を始めた頃は、大好きだったことをキライになるなんて自分でもビックリです。大好きなジャンルの仕事に就きたいと思うのは本当にステキだと思います。しかし、「好き」のレベルはどの程度のものなのか、じっくり冷静に問いただした上で行動するべきです。

  • 詐欺|「シフト制」がある仕事についての話です。

  • 「シフト制」のある仕事についてです。一定の曜日に仕事できる人を募集している求人をよく見ますが、もし、応募しようと考えているなら休む手順やシフトの出し方については面接の際にチェックしておきましょう。以前わたしは産休で休む人の代わりにと正社員としての仕事をはじめたのですが、土曜、日曜が固定シフトで新人の私以外、誰も現場にいませんでした。前任者が「土曜、日曜」に必ず出られたので、私自身も出勤できる人と思われていたようです。なので「土日」に冠婚葬祭の予定が入った場合、シフトを変更してもらわなくてはならず、上の人たちに「代わりに出ていただけませんか?」と私自身が頭を下げなくてはいけませんでした。立場も給料も同じなのに土日を私だけに任せるのは納得できませんでした。冷静に考えると、本当によく我慢したな、と自分でも驚きです。

  • 詐欺|看護婦という名前だった看護師というのは職業として女性比率が・・

  • 昔は看護婦という名前だった看護師は資格として歴史的にも女性比率がたいへん大きい職です。厳しいことに気力だけでなく体力への消耗しやすい過酷な現場が少なくありません。そのために、職場の環境での対人関係の問題や、自分の結婚や出産の後にそれまでとは同等の勤務が継続できなかったりして、仕事と家族との折り合いをつけるのが取りづらい職業ともいえます。実際、上記のような点に行き詰まり、職場を変える人が多いのが現実です。看護師という職種の労働市場は看護師は、慢性的な人材不足になっています。常に医療業界は、看護師を必要とする「売り手市場」となっていて、それが転職増加の要因になっているのでしょう。