転職活動中には、「年収」の話題が必ず出てきます。

就職活動において、年収はかなり大事な要素です。

就職活動において、年収は大変大切なポイントです。面接では、必ず現在の年収と転職後の希望年収について尋ねられます。現実にもらっている年収よりも多めに申告し多額の年収を確保しようと試みても、無駄でしょう。「源泉徴収票」が必要となり、たとえ一時的に信じてもらえたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、最終的にはウソがバレてしまいます。トラブルに発展する可能性もあるので、現在の会社での年収を正確に申告し、それに釣り合った希望年収額を設定するのが賢い選択となります。例をあげれば、現在の年収が400万円の人が、転職後にいきなり500万円になる可能性はまず無理です。もし、今の年収が430万円だとすると、希望額は400~450万円と伝えておくことをおすすめします。ウソの申告は転職活動後のトラブルだけでは済まないこともあり、入社後のトラブルとなり、一時的に入社できたとしても、退職に追いやられる事態になるおそれもあるため、誠実な態度を心がけておきましょう。

あなたが再就職を考えた場合、「Uターン」「Iターン」に…

再就職を視野に入れたとき、「Uターン」「Jターン」といった形で、都市部から地方に移住した上で転職したい、と考える人も多いです。一昔前とは違い求人情報サイトの地域指定をするだけで、郊外・地方の求人も簡単にアクセスできます。ただし、地方での求人は大都市では当たり前に見るような条件や待遇のある会社が少ないのが事実、痛いところでもあります。ですから、求人サイトだけに頼りすぎるのも考えものです。求人サイトだけでなく、「地方自治体・商工会議所」のサイトなどもよく確認しておきましょう。「地方自治体・商工会議所」といった機関が主催する転職サポートに関する情報もチェックすると良いでしょう。

詐欺|派遣として働いています。労働契約法のからみで残念な・・

派遣社員として働いています。派遣法と労働契約法により残念なことに長くお世話になった勤め先での仕事があと数週間で終わります。派遣仲間の中には、派遣で就業している会社で正規社員のポストを手に入れた方もいるのですが採用された理由としては正直に言うと仕事ぶりというよりは派遣先上司の扱いがうまくてそれで採用された模様。業務処理能力よりも上司のおじさんを転がす能力の方が大切なんだねーと抜擢されなかった派遣仲間の友人と勤務先でいつも文句を言っています。

詐欺|この話は友人の話です。始めに新卒採用でどうしても就職したかっ・・

このような話は従兄から聞いた話です。始めに新卒時になにがなんでも入社したかった最終目標であるA社の最終面接を受けながら内定を得ることができず、後にやむを得ず別の会社に就業しました。そのあと1年経た頃に派遣求人サイトを見ていて奇遇にもA社の紹介予定派遣の求人を発見して、いてもたってもいられなくなりその時働いていた会社をすぐさま辞めて、A社での派遣の勤務を開始、必死に頑張ってそれから学生時代に憧れていたA社で正社員登用されて、現在においてはやりがいを持ちながら楽しそうに働いています。

詐欺|転職活動と今の仕事の同時進行を行っている人が多いです。

転職活動を現在の仕事と並行している人が多いです。しかしながら、仕事を行いながら求人案件を求めて奔走したり、面接を受けるのは精神面だけでなく肉体面も消耗が激しいといえるでしょう。今の職場の同僚や上司に隠さなければいけません。このようなとき、「とりあえず応募しておこう」という人がいるのですが、仮に、書類選考をクリアし、面接が決まったあとに「辞退」したとしたら、面倒な事になるかもしれません。エージェントを介していた場合は、そのエージェントからの評価が落ちますし、それとは異なり直接応募していた場合も相手企業からの電話・メールがしつこくやってくることもあります。いずれにしても自分の大切な時間をドブに捨てることになりかねないので、行く気のないとりあえずの応募は避けましょう。転職活動は、新卒の就活とは全く違う、と徹底しましょう。

昔働いていた会社でのことですがパワーハラスメントを行う上・・

勤めていた会社でつらく当たる上司に憂鬱な気分にさせられ、最後には我慢できずにその会社は辞め、他の同業の会社に変えました。新しい会社では気分よく勤務することができとても満足した日々でしたが、ゆっくりと会社の債務が増えて、とうとうある会社に経営統合されることとなったのです。偶然にもその統合した会社が驚くことに転職前に働いていた会社で、その上大嫌いだった上司が再度私の上司になるそうです。こういう悪いめぐり合わせとは、どれほど縁があるのでしょう。当然新しい転職活動を始めるつもりです。

新しい転職先で、すぐに「年収」の高望みはしないほうが良いでしょう。

新しい就業先では年間報酬に関して高望みはしないほうが無難です。特に、入社した初年度は、大概研修期間を入っている企業が多いです。自身の場合、せっかく転職したというのに、予想に反して年間報酬が前職とあんまりイコールということがありました。また、仕事内容もきつく、責任が伴うものだったので、初年度をクリアするのにひどく厳しかったです。そういった実体験を踏まえると、転職1年目は、仕事を学ぶ年と割り切り、可能なかぎり転職するよりも前からお金をためておいて、当面の生活を安定させるべきだと思います。

詐欺|期待をもって再就職と向き合えれば、メンタルに重荷を感じることもないので・・

将来に目を向け、たのしい気持ちでいながら転職活動と向き合えれば、精神的な重荷が減少するので、結果として転職先が見つかるまでの間に堕落しないで済みます。おまけに精神的な部分が良好な状態であれば、割と早く転職が出来るでしょう。ベストな形は、やはり、休職期間をつくらず新しい職場を見付けることが大切です。今の仕事を辞めずに次の仕事を見付ける活動も並行して行うのが良いでしょう。それに、間をおかなければ現在の仕事を辞めてから、すぐに働けます。このようにしておくと、職歴にも空白期間がなく、将来に響くこともありません。すなわち、転職の際にマイナスの要因がなくなるということです。今後のことを鑑みながら、スムーズに転職活動を進めてみましょう。

失業時、給付してもらえる「失業保険」は、失業中でなければ給付されません…

失業した際に受け取れる失業保険は、失業している間もらえるが、永久にもらえるわけではありません。それまで勤務してきた期間に応じて変動し、90日だったり120日だったりするのですが、中にはこれを知らない人が一定数います。失業中である限りもらえると勘違いして働けば失業保険がもらえなくなると考えて仕事を探さない人もいますが、給付期間が終わろうというところでようやく自分の間違いを知り急に仕事を探しても条件のよいところを見つけるのは至難の業です。転職先の面接官もバカではないので、失業中に遊び惚けていなかったのかといった箇所はそこそこわかるはずです。状況次第では、それらを根掘り葉掘り訊かれることもあります。返答に詰まったり、自身を良く見せようとバレバレの嘘をついてしまうと、まず受からないでしょう。

長いこと接客業で勤務してきましたが、加齢のせいか立ち仕・・

長期間接客業で仕事をしてきましたが、年齢を重ねるにつれて立ったままのお仕事は体力的に耐えられないため、座って仕事ができる事務の仕事への転職を頭に入れて活動しました。事務の経験がないとなかなか厳しくて、だから接客の経験が役に立つ受付兼医療事務をしようと思い資格も取り個人病院に転職をしました。周りは超ベテランである先輩パートさんだらけで人間関係に関してもややこしい。夜のシフトばっかり押し付けられ、接客業時代よりも帰宅時間も遅いわけですが、とにかく今はキャリア形成の時期だと諦めて頑張ります。

詐欺|これから転職活動をする人のなかで、次の仕事を始めるまでにまだ時間があるのな・・

年内中に転職活動を始める際、次の仕事をする前にある程度期間があるのなら、可能ならば「失業手当」を受け取っておきましょう。これは働いている会社が「雇用保険」を支払っていた場合は、申請をすれば必ず誰しも失業手当を受け取れます。受け取り手続きについては、「ハローワーク」にて行います。もしも自己都合で仕事を辞めた方は失業手当が受給されるまでの待機期間(3ヶ月)ありますが、勤めている会社都合や残業時間によっては日数をおかずすぐに受け取れることもあります。なお、受け取れる「失業手当」の金額は、最後に働いた月の直近の給料がもとになって失業手当の支給する額を計算されるので、繁忙期や閑散期がある方は「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当的にはお得です。

『転職したい!』と思っている人で将来の進路がハッキリしているのな…

『今すぐ転職をしたい!』と思っている人のなかで、自分の意志が固いならば辞職したいということを速やかに自分の上司に伝えましょう。しかし、ここでは曖昧な表現をすると状況によって言いくるめられるおそれがあるので要注意です。実際、私も上司へ転職相談をしたのですが、退職を引き伸ばされてしまい、退職までに半年ちかく掛かりました。退職することを当初、直属の上司へ相談をしたのが年度末だったのですが、いろいろあってなぜか退職出来たのはこの年の11月です。希望では区切りの良い年度末いっぱいで辞めるつもりでしたが、スムーズに退職できませんでした。やっぱり企業にも人事の采配が必要なのは分かりますが、さすがに上司を含め、会社全体でずるずると引き伸ばされてしまったので、かなり職場に対して失望しました。

初挑戦の業界などに転業をしようとするときには、以前の職場で、自・・

全く経験したことがない業種などに転業をしようとするときには、前職で身に付けた能力や今までの経験値が生かせるというアピールが必要になります。その業界で働いたことがない人は経験のない分その分野で勤務したことがある方よりも事実、足りない部分はありますが、自分が保持している能力がそのジャンルでも生きるということをうまく相手に伝えれば、戦えるケースもあります。それゆえに、経験が全然ないジャンルに挑戦するときには、その業界と自分が今までやってきた職務とのかかわりを可能な限り見つけ出しましょう。

詐欺|数日前転職のために人材紹介会社へと登録に足を運びました。

数日前新しい仕事を見つけるために人材紹介会社へ登録に出向きました。そこで登録するときのカウンセリングをするために出てきた担当者がどうも大学卒業後まもない社員のようで、私の説明の3割もその社員は理解ができていない様子です。しかも「キャリアデザインが緩いですね」とか「きちんと自分の強みを明確化することが大事でしょう」とか、一人前のことを横柄にのたまうのでとてもイラつきました。カウンセリング担当者はそれなりに社会人を経験している方にしてほしいと思います。

転職期間中は、自分の好きなことに時間を費やすことに加え、…

転職期間のあいだは、自分の好きなことに時間を使うほか、体力を損なわない様にするとベストです。勤務先が見つかり、復帰した時に、趣味に夢中になっていたことによって無意識のうちに集中力が養われているのです。また体力アップが図れていることで、その場の社員さんよりもスタミナがあると自覚します。というわけで、休職中は自分の趣味に没頭することと、体力を落とさないようにしておいて損はありません。その後、同じ会社内であなたと共通の趣味の人とめぐりあうことができれば、仲良くなるキッカケになるので、これまでしてこなかったことに挑戦してみるのも転職期間中の自由な時間の利用方法としてはおすすめです。

詐欺|クールビズの格好をして再就職の面接を受けに行く際には…

クールビズで転職の面接を受けに行く際には、さすがにジャケットは着込まなくても良いとはっきりと言い切ることができるわけです。ですが、ネクタイは着用したほうが印象が良くなるのでお勧めです。ネクタイもジャケットと一緒でなくても良いと認める会社も存在することはあるにはあると思います。ですが、ネクタイに関しては例えクールビズであろうと必ず着用するべきだとしているところがある程度存在します。ですから、例えクールビズでOKだと言われていてもネクタイに関しては必ず着用いく方が印象が良いというのは分かっておいてほしいです。