とある古物商にて、書類選考に合格しました。その後面接の日時について先方から連絡をもら…

詐欺|とある古物商の求人に応募したところ、書類審査に受かったので…

  • とある古物商の求人にて、書類審査に受かりました。その後相手方から、面接日時を教えてもらいました。しかし、面接日当日、指定場所に向かうと、行き違いがあったのか相手が面接の準備を全くしていませんでした。しばらく待たされたのち、責任者らしき人が面接担当をしてくれたのですが、始めから終わりまで、だるそうな対応の状態のまま何とか面接を終えました。けれども、2週間後と言われた結果の連絡がまったくもらえず、しびれを切らし、私のほうから問い合わせると、「郵送で本日送付しました」と言われました。しばらく待っていましたが、ですが、これも来ず、そんなわけでふたたび、電話した結果、「残念ですが不採用になりました」、とこちらが話す隙もないまま電話を切ってしまいました。私は呆れて言葉を失いましたが、素直に、不採用で良かったと痛感しています。
  • 転職をする時に気にかける募集事項の情報というのは、通常のものとして…

  • 仕事を探しているときに目を光らせることになる募集要項については、おおまかなものとして記載されている可能性もあり得ます。そのため、そこに書かれていることは全部正確な情報だとは信じない方がよろしいでしょう。その中でも特に生活に大きくかかわってくる給与の額などに関しては、一般的な額なのか?最低保証の金額であるのか?最高額なのか?というような見極めができない人のほうが多く自分で勝手に決め込んでしまうと、今後、悔しい思いをする事いなるかもしれません。という訳で、そうならないためにも、求人情報は、おおまかなものだと思って、そういった肝心な内容は会社側に直に聞くのが適切です。
  • 詐欺|今、私は派遣で働いています。ウェブサイトで気の向くまま…

  • 派遣の会社に登録をしています。サイトで気の向くままに興味を引かれる仕事を見つけ応募したい旨を伝えると「その仕事はすでに他の人で話が進んでいます」という答えが返ってきて一瞬ウェブサイトから仕事の情報が消滅するのですが、なぜか次の日になればまた載っています。ということは結局私ではよくないのだっていう意味ですよね。それなら初めから変に隠さないようにはっきりと教えてほしいのですが、それを行うのは困難なのでしょう。それともまたもしかして架空の仕事を載せているのでしょうか?
  • 転職の際、「派遣社員」を選択予定の方にぜひ注意して欲・・

  • 転職で、派遣社員という勤務形態を考えている方にぜひチェックしていただきたいポイントが何点かあります。一般的に派遣社員に対して、データの入力、お茶出しなどの雑務、雑用等をなどの仕事内容をなんとなく想像する方がおそらくいるはずです。私自身もそのように思っていました。現在働いている企業に入社するまでは「派遣社員」の募集に応募したとき、「主な業務は電話対応になります」と入社前に説明を受けてもいたので安心しきっていました。ところが、いざ働き始めると、なんと「電話対応」とともに、退職した正社員の業務の穴埋め役となるよう、指示されました。知識もないので毎回てんてこまいですし、はじめに説明された内容とは全く違うので日々非常に参っています。今はとにかく、「はやく契約期間が終わってほしい」と願うばかりです。
  • 転職するため仕事探しをするときに気を付けて欲しい求人情報は、…

  • 就職するため職探しをする場合に気を付けたほうがよい求人の募集内容は、そこまできつくなさそうな仕事内容なのにも関わらず給料が高く、拘束される時間が長めであるというものです。このような案件の場合、給料に『みなし残業代』を含んでいることがたいへん多いのです。みなし残業代とは、『みなし』とも言い、30時間や45時間という風に求人の内容に時間が併記されているものです。これは、毎月この程度の残業が想定されるので、最初から給料に残業代を組み込んで計算しておく、といったものになります。(注意・違法ではありません)例えば『みなし残業代35時間込』と書いてあれば「記載時間分の残業代を含めると、これだけの給料です」ということになるわけです。しかし、悪質な求人には『みなし』をわざと記載していないことも少なくないので注意をしておきましょう。
  • 満足できる転職するを希望しているのなら、あらかじめ・・

  • 転職をスムーズなものにするには、戦略を立てながら情報を収集することを徹底してみましょう。そうしようと思うのなら現在は会社の名前を聞いたことのない小さな企業であろうともホームページで企業のことをわかるケースが普通だから、インターネットの機能を利用して自分の知りたい情報をチェックしておくとそれとその会社について疑問点等を整理しておくと転職時に助かります。また、公式サイト以外にも「転職サイト」にログインするのも効率的ではありますが、さらに、インターネット以外の方法として、何よりもその職場を自身の目でチェックしてみることも大切です。
  • 一昔前の求人情報では、募集要項の中に「性別」について、…

  • 何年か前までは求人情報では、「性別」が当たり前のように書かれていました。ですが最近では、「男女雇用機会均等法」が成立したことによって、男女の求人や、採用での差別をないようにしないといけないルールとなり、募集要項の中身に男女の性別を記載しないようになりました。けれども、募集する側には性別関係なく採用するかといえば、そんなことはないはずです。ですから、実際は男手を必要とするジャンルに、女性の採用希望者がやってきたり、逆に女性を希望している案件なのに男性がエントリーしてきたり、といった問題もひとごとではないのです。例えば、「女性が活躍する職場です」と紹介されていたら、女性の働き手を希望しているのだと読むのが確実でしょう。
  • 転職の時の面接などの際に名刺を手渡されたら、自分も相手の方に名・・

  • 再就職における面接などに関して面接担当者が名刺を差し出してきたら、こちらも名刺を相手に渡す必要があるのか?と迷った場合は、大体の場合は差し出さないもの、と覚えておいてください。転職のための面接とは仕事ではなく、就職活動内のことになるので、ほとんどは名刺を交換する時間ではありません。合わせて、あなたは立場上会社の人間としてその場にいるのではなく、個人的な問題でこの場にいるわけです。そういった訳で、もし相手側から名刺を渡されても、こちらにおいては、ただ受け取るだけでよくて、担当者に相手の方に渡す必要はまったくないと推測できます。
  • 詐欺|求人誌を見る際、「オフィス系の仕事をしたい」という人は、…

  • 求人に係る情報をチェックする折、「事務系の仕事をしたい」という人ほどはなから製造業に目を通さない人がいます。そのような人の多くは「製造業は現場で製造する求人しかやっていないだろう」と誤解しているケースもあります。製造業の求人募集でも、製造マンだけでなく経理、総務などのスタッフ募集から、資材、購買、営業管理のような「オフィス系」に類する職も結構多くあります。製造業にはありがちですが、ビジネス街から外れたエリアにあります。ですから、アフターファイブを楽しみたいと考えている人にはその点がマイナスに映る人もいるかもしれません。だとしても、自らのこだわりを捨ててみることで仕事の幅を広げることができ、よりスキルアップにつながることも考えられます。
  • 新卒採用で入社した会社を退職し思い切って転職しました。

  • 新卒採用で入った会社を辞めて、決意を新たに転職しました。会社を辞めたときは、非常に不安で悩みこんだりもしました。しかし、新卒採用で入社した会社を辞めて、中途採用で働いている人ばかりであることを転職活動を通して学び、いつの間にか気持ちは楽になりました。1回転職をすれば、なんだか体が軽くなり、「自分の好きなこと」を見つけ出すのが毎日が充実したものになりました。いまだに「辞めずに続けることが普通」といった考えの方も、もちろんいますが、それが必ず正しいとは限らないと感じました。私の場合は転職してみるも大事だと思いました。
  • 転職する活動中に、「かつて、こういう価値のあるの仕事に尽力してきました」…

  • 転職する活動時、「かつて、このような仕事に尽力してきました」「過去の仕事では、こういった技術を身につけることができました」とそれまでの自分の成功体験などを強調する人は頻繁に見かけます。ところが、転職先の再スタートを図る場所で「そのうちこういったことをしたい」「私が申したような内容の業務をするのなら貢献できるはず」と未来の姿を話してアピールを狙ったほうがはるかに効果的だったりします。この点を踏まえて転職活動をがんばってみましょう。
  • 転職活動をするのなら、履歴書と職務経歴書が必要不可欠になってきます。

  • 転職活動を行うときには履歴書と職務経歴書が必要不可欠だと考えられています。企業の大部分は履歴書や職務経歴書に書かれている内容を判断材料にして面接するかどうかを判断するため、ともかくこの2枚の書類の作成が大切になってきます。ただ必要事項を埋めることにとどまらず、記載内容を充実させることも必要です。職務経歴書は、これまでの職務の詳細と、自己アピールとなる内容をできる限り書き綴りましょう。また、現在の職務で挙げた実績を、前年比の売上を○パーセントアップを達成した、などかなり具体的に書いていきます。作成に行き詰まったら、「転職エージェント」に職務経歴書をチェックしてもらって、良い文章を引き出してもらうなどしてみましょう。ブランディングのために利用することも転職を成就するための一つの手です。
  • 転職というものを考えるとき、転職後の給料を気にしすぎる人…

  • 転職というものをする場合、転職先での給料について気にしすぎる人が案外少なくありません。もちろんほとんどの人は、ですから生活費を得るべく励むはず。とうぜん年収がどれだけかは自身の仕事に対する評価としての側面もありますから当然大切なことは当然ではあります。しかし、あまりに年収額ばかりを固執しすぎる人生というのも虚しいものです。それより年収にあまり反映されない仕事であっても精神的な充足感を得られることはあるからです。
  • 2,3ヶ月まえに、転職したばかりであるにもかかわら…

  • 2ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりであるにもかかわらず、数ヶ月しかたっていないのに辞めてしまう決意してしまう人がわりと多いといいます。何故かと思うとたぶんリフレッシュな気持ちで良い環境を手に入れたはずなのに「理想としていた職場とおかしいと思うほど違っていた」「納得行かない慣習があってウンザリしている」ということが理由で別の仕事を探すことが珍しくないといいます。可能ならこういった、転職先選びで後悔しないためには、はやり転職先の情報収集を徹底する、に尽きます。手を抜くことなく、徹底して行うべきなのです。職場内の環境、具体的な業務内容、通勤にかかる時間、など多角的に事前にチェックしておくことで気になる点は職に就く前の段階でチェックしておきましょう。
  • 詐欺|昔から日本には「石の上にも三年」というコトワザがあるのですが…

  • 日本には昔から「石の上にも三年」というコトワザがあるのですが、大正末期から昭和初期にかけて原型がつくられた、「終身雇用制度」といわれる現代では「転職」は身近なものとして捉えている人も多いはずです。けれども、誰もが簡単に転職できるうかつに仕事を変えようとするのは後々のためにはなりません。転職するには時期を図る必要があります。まず第一に、現在の職場・仕事、自分の置かれている立場などに対して納得できていないと感じることを約10項目箇条書きにしてみましょう。こうすることによって、転職活動の次の一手を考えやすくなります。そして、将来の進路が自身で見いだせたら、決断を早めにし、よりキャリアアップできるように、自分なりに努力してみてください。
  • 詐欺|もしも転職前、今勤めている会社の人たちがあなたが会社を去ろうとしているのを知ると、…

  • もしも再就職の前に、現在の会社の人たちがあなたが会社を去ろうとしているのを知ると、、その状況が悪くなる可能性があります。あなたの置かれている環境によっては、意地悪、やっかみの対象になるおそれがあります。ひどいケースでは、残業時間を増やされることもあるので、転職を口に出すのは考えものです。そういったトラブルを回避するため、今所属している仕事場では、真面目な態度でいましょう。そうすれば、良い空気をギリギリまで維持したまま、最高の形で会社を退職できるはずです。それに、何の問題もなく円満退職になれば、辞めた会社にあなたが何かあったとき、アドバイスをもらえるチャンスも手に入るはずです。業種などに関係なく、どこの企業も、人との縁はとても大事なので、退職前のトラブルは、可能な限り警戒しておきたいものです。