転職活動を現在の仕事と並立して進行させる人は少なくありません。

詐欺|転職活動と現職の同時進行を行う人が多いです。

転職活動を今の仕事と同時に行っている人が多いです。ただ、仕事を続けつつ求人を探して、その応募手続きをしたり、面接に行くのは心身ともに負担がかかるといえるでしょう。転職活動をしているあいだ、今の仕事の同僚や上司にその動きを悟られないようにしなくてはなりません。応募するだけしてみよう、という人がいますが、もしも、書類選考が通ってしまい、面接の連絡が来た後で事態すれば面倒な事になるかもしれません。転職エージェントを介して応募していた場合は、エージェントに悪い印象を持たれてしまいますし、他方自身で直接、応募した場合も応募した会社から電話やメールでの連絡がひっきりなしに掛かってくるかもしれません。自分の大事な時間を浪費することになりかねないので、行く気のない案件は、最初から応募もしないのが無難です。転職活動は、新卒の就活とは大きく性質が異なる、と意識しておくと、賢い判断ができるはずです。

勤めていた会社で怒りっぽい上司に困ってしまい、ついに…

昔務めていた会社でつらく当たる上司に神経を削られ、結局耐えきれずに退職し、同業である他の会社に転職をしました。新しい会社では居心地よく働くことができとても充実した日々が続きましたが、だんだんと業績が悪くなり、最後にはある会社に経営統合されることとなったのです。その統合先の会社が驚くことに転職前に働いていた会社で、加えて大変嫌いだった上司がもう一度私の上司となることに。本当に縁があります。もちろんまた転職をしようと活動を開始する予定です。

新しい仕事についてすぐはすぐに「年間報酬」の高望みはしないほうが良いでしょう。

新しい職場(転職先)では、年間報酬に関して高望みはしないほうが無難です。入社1年目の段階では、おおむね「研修期間」を含んでいる企業も可能性が高いです。自らの場合、四苦八苦して新しい職を見つけることができたのに、期待に反して年間報酬が前職とあまりイコールということがありました。そればかりか、業務はとてもキツく、かなり責任も重大だったために、1年目は、ひどく骨が折れました。そういった経験から転職1年目は、勉強に充てる年と捉えておき、十分に転職以前の段階でお金をためて備えておくべき、と痛感します。

将来に目を向け、期待をもって転職と向き合えれば、精神的な重荷も少ないの…

楽しく転職ができれば、精神的な負担が減少するので、転職活動の間の堕落も避けられます。それに精神的な部分が問題がなければ、すぐに新たな転職先も見つかるはずです。そのためには、やはり、休職せずに新しい職場を見付けることが大切です。今の会社に勤務しながら、新たな職場を探すのが良いでしょう。また、隙間をなくせば仕事を辞めたあとすぐに、働けます。そうしておけば、職歴にも空白期間がなく、今後に響きません。要するに、転職の時にマイナスの要因がなくなるということです。先を見据えて、うまく転職活動を進めていきましょう。

失業したときに受け取ることができる失業保険は、失業している間もらえる…

失業したときに受け取ることができる失業保険は、失業していることが給付の必要条件ですが、期間に制限があります。失業時までに働いていた期間によって異なり、90日とか120日とかが決まるのですが、中には知らないで期間の制限がないと勘違いして永久に失業保険で生活しようと考える人がいますが、給付期間の最後1か月になった段階でようやく自分の勘違いに気づき焦って職を探しても条件のよいところを見つけるのは難しいです。転職候補となる会社の面接官も無能ではないので、失業中にきちんと求職活動をしていたかといった点はそこそこ察しがつくでしょう。状況によっては、面接の際に失業中何をしていたのかことごとく聞かれます。返答に窮したり、すぐバレるような嘘をついてしまうと、まず受かりません。

長く接客業で勤務していたのですが、年をとったせいか立ったままのお仕事…

長く接客業で勤務を続けてきましたが、加齢のせいか立って行う仕事は体力的にきつく、座り仕事であるオフィスワークへお仕事を変えることを頭に入れて行動しました。事務未経験となるとなかなか厳しくて、接客の経験も活かせる受付兼医療事務を目指そうと思い資格も獲得し個人医院に転職をしました。周囲はベテランの先輩パートさんばかりで人間関係もややこしい。いつも夜のシフトを押し付けられて、接客業をしていた頃よりも帰宅時間も遅いのですが、初めはキャリア形成の時と考えて仕事に励みます。

今から転職活動を始める際に次までの仕事にまだ期間がある・・

これから転職活動をしていく人で、次の仕事をはじめるまでにまだ期間がある場合は、可能ならば「失業手当」を受け取っておきましょう。これはあなたが働いている会社でしっかり「雇用保険」を支払っているのなら、申請をすればだれでももらえます。詳細の手続きに関しては、「ハローワーク」で行います。しかし自身の都合によって仕事を辞めた場合は、「自己都合」として処理されるので、失業手当までの待機期間が「3ヶ月」ありますが、勤めている企業の都合での退職や、残業時間によっては、日数をおかずすぐに受け取れる可能性もあります。ちなみに、受け取れる失業手当の金額は会社で最後に受け取った月の給料がもとになって手当の額を算出されるので、会社に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種であれば、理想なのは「繁忙期」後に辞めるのがお勧めです。

詐欺|『今すぐ転職したい!』と思っている人でその意志が本当に強いものであるなら…

『なるべく早く転職をしたい!』と思っていて、自身の意志が固いならば辞めたいという旨をすぐに上司に言うべきです。なぜならばこのときに相談という形を取ると、言いくるめられる確率が高くなるので気をつけましょう。実際、私も上司へ転職相談をしたのですが、退職するタイミングを伸ばされてしまい、結果的に、半年以上にわたり辞められませんでした。辞めたいということをはじめて直属の上司に相談したのが年度末だったのに、結果的には数ヶ月働いて退職届けを出せたのは同年の11月です。予定では、年度末いっぱいで辞めたかったのに、思うようにはいきませんでした。やはり会社にも人事の采配が必要なのは分かりますが、スタッフの意見を聞かないまま、上司を含め、会社ぐるみでズルズルと伸ばされたので、非常に前の会社に対しての信頼はなくなりました。

詐欺|経験したことがない業種などに転業するときには、前の職場で…

全く経験したことのない分野とかに転職をしようとするときには、以前の業界で身に付けた能力や今までやってきたことを生かすことができるという訴えがいるようになります。経験がない人は経験のない分だけその業界で勤務したことがある方よりも実際のところ、不利になりますけど、自分自身の持っているスキルがその分野でも生きるということをうまく伝えることができれば、戦える場合も十分に考えられるのです。という訳で、経験が全然ない業種にチャレンジする際には、その分野と前の職場でやっていた仕事との関連を必ず見つけ出してみましょう。

先週転職先の会社を探すために人材バンクへ登録に向かいました。

数日前転職先の会社を探すために人材紹介会社へ登録に足を運びました。登録カウンセリングの時に出てきた担当者が見たところ会社に入って間もない社員のようで、こちらが説明している話の2分の1も彼は理解できてない感じでした。それにもかかわらず「キャリアデザインがよくないですね」とか「もっと自分の強みをはっきりとさせるべきです」等、ベテランのように横柄にのたまうのでとても不愉快でした。カウンセリングをする人はそこそこ仕事を経験している社員にしてほしいと感じます。

転職期間中は、自分の好きなことに時間を使うほか、体力を損なわない様にすると…

転職期間のあいだは、趣味に時間を費やすことに加え、体力の向上を意識した生活習慣を取り入れると良いと思います。勤め口が見つかり、いざ仕事を再始動したときに、趣味に集中していたおかげで気付かない間に集中する力が養われています。加えて、体力アップが図れていることで、その場の社員と比較するとスタミナがあるということを自ずと認識することができます。というわけで、退職したら自分の好きなこと趣味に時間を充てることと、体力を維持させるように努力をしておくのがベストです。転職が決まり、職場のなかで同じ趣味を持った人と出会えれば、仲良くなるキッカケになるので、これまでやってみたかった物事に挑戦してみるのも転職期間中の時間の有効活用となります。

クールビズ(軽装)のスタイルで転職の面接にチャレンジするときに・・

クールビズスタイルで再就職の面接に行くときには、ジャケットに関しては着ていかなくても大丈夫だと間違いなく分かりますが、ネクタイは着用しているほうがイメージが悪くなりません。ネクタイの着用はなくてもOKだとする会社もある確率もなくはないです。ですが、ネクタイについてはクールビズであっても身だしなみとしてすべきだと考えているところがある程度存在します。そのような訳で、例えクールビズ(軽装)と言われていたとしてもネクタイだけは着用いく方が安心であるということをわかっておいてください。

詐欺|今までの私は、新しい職場を探すときはいつも「ハローワーク」を利用していました。

以前は、「転職サイト」に頼るより「ハローワーク」を使っていました。というのも大手の転職サイトはやはり都会や大手の求人がほとんどだからです。このため、転職活動をする時は、「ハローワーク」のみ使っていました。やっぱり、有名な転職サイトに掲載されている求人よりもいくらか企業数や給料などで若干の見劣りがあるものの、昔から地域に密着した企業も多くあり、安心して面接に進むことができます。ですが、「ハローワークってなんだか古臭いイメージがある」と誤解している方も多いかもしれません。でも、良い求人もありますのでそろそろ転職を検討しているのなら、ハローワークへ1度行ってみると意外な発見があるかもしれません。人気の転職サイトみたいに多くの電話やメールが繰り返し来ることもありません。

「転職サイト」は、大手が運営しているもののほうが多くの求人情報が掲載されているため・・

転職サイトはメジャーなサイトの方が豊富な量の求人情報が掲載されているため、感じがよさそうな2つか3つの会社を、まずはサイトに登録しておいて、年収などの条件にあらかじめを入れておき、加えて条件に適合する案件が出てきたら自動的にメールが送られるように設定しておくと容易に情報収集を行うことが可能になります。ただ、最初だけは登録するのにけっこう時間がかかるので、サイト登録前に「履歴書」「職務経歴書」を作成しておき、それらをテキストファイルに記録しておき、コピー・アンド・ペーストしながら登録すると便利です。登録を行う初日は、時間が多少掛かりますし、案件の検索・応募をするだけでも苦労しますが、その後は新規案件のみチェックするだけでよいので、後の応募を考えれば、初めの準備をしっかり行うことを頭に入れておきましょう。

求人情報にはとうぜん大部分の株式会社では月の給与が記載されているはずです。

求人関連の情報では、ほとんどの場合、まともな職場では月の給与が明記されています。でもこの月収の部分を頭に入れる時には、深く確認する事が必要です。その数字だけを見て判断しないようにしましょう。実は会社によっては、月収の額の内訳で月10時間残業の場合が含まれているおそれもあります。そういうことは残業代の金額を入れて金額が高く見えるようにしているケースも考えられるのです。また、「歩合給」を付けますよ、という案件にも注意が必要です。歩合をかなり多く見積もって月収として見せている会社もあったります。このような「不誠実」極まりない案件は、「ブラック企業」な可能性も高いので、警戒しておきましょう。

転職を行うにあたり、現在勤務している会社を退社する…

転職のために今働いている会社を辞める時に失業保険の給付を受けるための手続きが必要ですが、もし自己都合で退職届を提出して会社を去る、いわゆる「依願退職」のケースでは即座に失業保険を受け取れるわけではなく手続きをしたのち、失業したことが認められてから3か月経たないともらえない。よって、会社を辞めた翌日から3か月経過すればもらえると思っている人がいますが、この規則について誤解している人が、ハローワークの職員の方が間違っていると主張してその結果としてハローワークの保険担当者と過去に口論していたのを見たことがあります。なお、社員側の都合ではなくリストラなど会社都合で解雇されたケースでは、失業認定を受けたのちすぐに失業保険が給付されます。