詐欺|失業者が受け取れる失業保険は、失業中であることが給付のため必要ですが…

失業時に受け取れる「失業保険」は、失業していることがもらうための必要条件ですが、…

  • 失業時にもらえる「失業保険」は、失業しているあいだ、給付条件になりますが、延々と受け取れるワケではなく、「期間」があります。それまで勤務してきた期間によって変動し、90日とか120日とか設定されるのですが、これを知らない人が一定数います。失業を続ける限りもらえると勘違いして「失業保険が給付される間は遊んでいよう」という人をたまに見かけますが、後々あと1か月しかもらえないと分かってから慌てて就職先を見つけようとしてもロクなことにならない可能性が高いです。転職候補となる会社の面接官もバカではないので、「いつ頃失業したか」「失業から、どのくらい経つか」「その間、何をしていたか」といったことくらいはだいたい相手(面接担当者)にバレてしまいます。ときには、そういった質問を矢継ぎ早にされることもあります。返答に窮したり、すぐバレるような嘘をついてしまうと、まず受かりません。

  • 長年にわたり接客関係で働き続けてきましたが、加齢が原因…

  • 長きにわたって接客関係で務めていたのですが、歳をとるにつれ立ち続けるお仕事は体力的に難しくなったため、事務系のお仕事へ転職することを志して動き始めました。事務が未経験だとわりと厳しくて、だから接客の経験も活かせる受付兼医療事務を目指そうと考え資格も獲得し個人病院に転職することができました。周りは超ベテランである先輩パートさんばかりで人間関係においてもややこしい。夜間のシフトばかり押し付けられて、接客業で働いていた時よりも帰りも遅いのですが、まずはキャリア形成の時期と思って我慢します。

  • 詐欺|転職活動をする人のなかで、次の仕事をはじめるまでにある程度期間がある場合…

  • 年内中に転職活動をする人のなかで、次の仕事を始めるまでにある程度時間があるのなら、忘れずに「失業手当」をもらっておくことをお勧めします。この手当ては現在の所属する会社がきちんと「雇用保険」を払っているのなら、だれでももらえます。そして受け取り手続きについては、「ハローワーク」にて行います。自己都合で仕事を辞めた場合は、失業手当を受け取るまでに3ヶ月掛かりますが、状況によっては企業の都合での退職、あるいは残業時間次第では日数をおかずすぐに受け取れる可能性もあります。なお、「失業手当」の金額については、最後に働いた月の給料を基に失業手当の金額を算出されるので、「閑散期」「繁忙期」の波がある業種の人は、理想的なのは「繁忙期」後に辞めるのが無難です。

  • 『なるべく早く転職をしたい!』と思っている人のなかで・・

  • 『なるべく早く転職したい!』と思っている人で自分の意志が抑えられないくらい強いものであるなら、辞めたいということを速やかに自分の上司に伝えましょう。ですが、このときに相談といった形で話を持ちかけると、状況によって必ず言いくるめられます。また、実際にわたしが転職をすると話した時には退職するタイミングを伸ばされてしまい、結果的に、退職するまでに半年くらい掛かりました。辞職したいことをはじめに、直属の上司に相談したのが年度末で、なぜか退職届けを出せたのは同年の11月です。予定では、仕事が一段落した年度末を退職のタイミングと考えていたのに、スムーズに退職できませんでした。企業にも人事の采配が必要なのは分かりますが、スタッフの希望を聞かずに、上司をはじめ、組織としてこちらの希望を無視してきたのでかなりガッカリしました。

  • 全くの初挑戦の業界などに転職をしようとするときには、…

  • 未経験の業界などに転業をしようとするときには、前の仕事で、自分が身についた能力ややってきたことを生かすことができるといった内容のアピールがいるようになります。その業界で経験をしたことがないという人は経験のない分その業種の経験者よりも実際のところ、不利になりますけど、自分が保持しているスキルがその業界においても生きるということを相手に話すことができれば、戦うことができることも十分にあります。そのような訳で、経験したことがないジャンルに挑戦する際には、その業界とこれまで自分が働いてきた職務とのかかわりを可能な限り見つけ出してみましょう。

  • 詐欺|この前転職のために人材バンクに登録に出向きました。

  • 先週新しい仕事先を探すために人材バンクへ登録に向かいました。そのとき登録カウンセリングをするために出てきた担当者の雰囲気が見たところ学生と見間違うほどの若い社員で、こちら側が説明をしていることの3割もその社員は理解ができていない感じ。しかも「キャリアデザインに問題があります」とか「もっと強みと弱みを明確化しておく必要性があります」等、私のことをすべて理解しているかのように横柄に言い散らかすのでとっても不快でした。カウンセリングを担当させるのはある程度社会人経験がある方にするべきだと思います。

  • 転職先を探している間は、「趣味」に没頭することに加…

  • 転職先を探している期間は、趣味に打ち込んだり、体力を損なわない生活を習慣化しておくと良いでしょう。会社が決まり、いざ仕事を始めた時に、趣味に夢中になっていたことで無意識の間に集中する力がアップしています。そしてまた、体力を補っている事で、ほかの社員たち以上に疲れない身体になっている、と自覚します。そんなわけで、好きなことに没頭することと、体力をアップさせる努力をしておいて損することはありません。そして、同じ会社内であなたと同様の趣味の人とめぐりあうことができれば、直ぐに親しくなることができます。ですから、今まで手を出してなかった事にチャレンジするのも転職期間中の時間の有効活用となります。

  • クールビズ(軽装)スタイルで再就職の面接会場に行こうとするときに…

  • クールビズ(軽装)のスタイルで転職の面接に行く際には、ジャケットにおいてはやはり着ていかなくても安心であると間違いなく断言できます。ですが、ネクタイはして面接を受けた方が間違いありません。タイもジャケット同様になしで良いとする企業も存在する可能性はあるにはあります。ですが、ネクタイだけはクールビズでも必ず着用する必要があるとしている企業が存在します。という事で、クールビズが指定されていてもネクタイは着用していった方が悪い印象を与えないということは伝えておきます。

  • 今までの私は、「転職サイト」ではなく、私はハローワーク派でした。

  • 今まで私は、職探しをする場合は「転職サイト」より、「ハローワーク」を優先していました。なぜなら、大手の転職サイトはいつも都心の求人情報だけだからです。そのため、転職するときには「ハローワーク」しか利用していません。やはり、有名な転職サイトに掲載されている求人よりも多少企業数や、給料などの条件は若干見劣りするのですが、地域に寄り添った企業が多く、探しやすい魅力があります。ですが、「ハローワークはなんとなく地味なイメージがある」という先入観がある方も多くいるかもしれません。以外にも、良い求人情報も載ってたりもするので、これから転職するべきか悩んでいる場合は、ハローワークに1度行ってみることをお勧めします。有名な転職サイトみたいに大量のニュースレターが来ることもありません。

  • 詐欺|「転職サイト」は、大手のほうがたくさんの会社が掲載されているため…

  • 転職サイトは大手のサイトであるほど多くの会社が掲載されているため、約2~3社ほどとりあえずウェブ登録して、年収などの条件にあらかじめを入れておき、条件に合う求人情報が掲載されたら自動的にメールが送られるように設定しておくと簡単に転職についての情報収集を行うことができるようになります。ですが、初回だけは登録するのにかなり時間がかかるので、サイト登録する前に「履歴書」「職務経歴書」を準備して、そのコピー&ペーストをする形で登録すると手間がかかりません。登録をする第一回目は時間が少し掛かりますし、案件の検索や応募だけでも意外と苦労しますが、次回以降は、新規案件をチェックするだけでOKなので、最初の準備を怠らないことを心がけましょう。

  • 求人情報にはほとんどの場合、普通の株式会社では月収が記載されているはずです。

  • 求人広告には、ほとんどの場合、大部分の企業では月の給料の記載に目が行きますよね。でもこの月収を確認する時には、深く確認する事が大事です。数字だけ見て納得しないほうが良いです。何故かというと会社によっては、月収の額の内訳に月30時間残業の場合が含まれているかもしれません。要するに残業代を含めて金額が高く見えるようにしている所があるからです。そのほか、「歩合給」を付けますよ、という案件にも注意が必要です。歩合を過剰に多い前提で月収を多く見せている企業もあります。ですから、その手の表記された数字どおりとなる見込みがない会社には興味を持たないほうが賢明です。

  • 転職するにあたって、「失業保険」を受け取るための手続きをしておく必要がありますが、…

  • 転職を行うにあたって、現在勤務している会社を辞める時に失業保険についての手続きをしなければいけませんが、もしあなたの側から退職願を書いて会社を去る、いわゆる自己都合退職のときは失業保険は即座に給付されるのではなく手続きをした後で失業が確認されてから3か月経ってやっと給付があるのです。よく間違って退社した日の次の日から3か月経過すればもらえると思っている人がいますが、この規則について誤解している人が、ハローワークの職員の方が間違っていると思い込んでそれが原因となりハローワークのスタッフと口喧嘩をしているのを見たことがあります。因みに退職者の都合ではなくリストラなど会社都合で解雇された場合は、失業認定を受けてからすぐに失業保険が給付されます。

  • 再就職時の面接につけていく腕時計ですが、どう見ても目立つタイプの…

  • 転職時の面接のときに着用していく腕時計の事についてですが、目を惹くタイプのものは着用しないほうが好ましいです。目立つというのはブランドの腕時計とか、といったことだけではありません。真逆でチープな腕時計の印象を持たれてしまうとか、そういう目を惹くということで正反対の意味で目立つのだととらえておきましょう。再就職の面接のときに着用するべき腕時計についてはポジションとしてはスーツやネクタイと同じように考えて、面接にふさわしい安全なものを選んだ方が好印象です。ただ、自身の年齢にあった腕時計というのも肝心であって、新卒で受けた面接のときに準備した腕時計よりはほんのちょっとでも高価なも腕時計にした方が間違いないと言えます。

  • 転職活動において最後にクリアしなければいけない難問として・・

  • 転職活動をする上での最後の壁として、「今勤めている企業をいかにして辞めるか」という問題があります。転職先から採用の内定を得たとしても、今いる会社があなたを手放したくないとして引き留めるというのも起こりがちなことです。仮にそうなったとしても、何があっても退職をあきらめない、という強固な気持ちでいることを大事でしょう。会社に残るように説得されて、一時は思いとどまったとしても、一度辞めたいと思った会社は、近い内に辞めることになるでしょう。スムーズに退職するためには、会社の規定をチェックしておき、退職までに必要な日数を超過する年月以降の退職日設定と、退職届を作成しておきましょう。そのあとで、決定権のある上司と相談し、「退職についての交渉は、すべてお断りします」とハッキリと伝えましょう。「円満退社」で去ることも就職活動において必要でしょう。

  • 転職エージェントは一度登録すると、電話やメール連絡が呆れるくらい入ります。

  • 転職エージェントに登録した場合、電話やメールで呆れるくらい連絡が入ってきます。このことに対して初めて利用された人は大変びっくりするケースが多いです。「転職エージェント」は、転職を成功に導くことが役割だといえるので、かなり積極的な姿勢でいます。大手のエージェントは、転職を成功させると企業からお金がもらえる仕組みであるといえるので、転職活動をしている人の都合よりも企業の都合を優先的に考えることが多いものです。さらに、転職エージェントは、成約数を増加させたいがために、内定が取れるとすかさず、入社を強くすすめてくることが珍しくありません。防御策として自身の気持ちをハッキリしておき、無理に転職することがないように要注意です。

  • 再就職をするときにとても重要視されるのが間違いなく「面接」です。

  • 転職活動では、かなり重要視されるのが「面接」なのは間違いありません。普通一般的な面接では、面接担当者が応募者に転職事由などまずは、こちらが質問される側となります。そしてほぼ100%、面接官の質問攻めが終わったら転職希望者から、面接担当の人へ逆質問に切り替わります。面接担当の方から「何か弊社について聞いておきたいことはありませんか?」と尋ねてくれるわけです。と聞かれた際に緊張して何も聞けずじまいになるかもしれません。後々後悔しないように予め面接担当者からの質問に際し、(あなたからの質問を)いくつか考えておきましょう。実際に仕事を始める前の段階であっても、いくつも疑問点は浮かぶはずです。ぜひ、試してみてください。