新しい仕事で、あなたの過去の能力を存分に発揮できれ…

詐欺|新しい職場で、これまでに身に付けたスキル・キャリア生かすことができた・・

  • 転職先であなたの過去の資格やキャリアを発揮できれば、即戦力として仕事をすることができ早々に仕事場での信頼を勝ち得ることができるはずです。それはつまり会社サイドも、即戦力となる人材は常に必要なので、タイミングさえ良ければ、そんなに難しいことではありません。加えてこれまでの業務内容と同じような仕事なら転職自体、難なく叶えられるでしょう。かと言って、即戦力となる能力があったとしても大手企業の事務職系や公務員系(国家・地方ともに)は時代や景気に左右されることなく中々の競争率ですから、覚悟を決めておきましょう。

  • 退職と転職を繰り返さないためには、少しコツがいります。

  • 転社を度々しないための打開策が一つだけあります。スキルアップもそうですが、精神面を鍛えると、そう簡単に転職を繰り返しません。今ではインターネットを用いて精神面を鍛えるのには良い情報はとてもたくさんあります。また不思議に思われるかもしれませんが、転職とは関係なさそうなことでも、メンタル面は強化できます。オススメは、「外国に行くこと」です。海外に旅行に行くと日本とは異なった様々な文化があり、どの瞬間も勉強になります。なので、精神的な成長は、想像以上に得らるはずです。帰国すると、自分が小さな世界しか見えていないことに気づかされ、世間はこんなにも狭かったのだということを実感することができます。その気持ちのまま、(転職のための)面接に向かうと、これまでの面接とは違って胸を張った面接になるので良い方法です。しかし、退職後は精神面がダメージを受けやすいので今後のために休暇も必要です。

  • 転職のための会社での面接での多数のひとが思い違いをしているのです…

  • 転職活動中の企業の面接に関して、してはいけないのは採用をされたいあまり度を超えた猫かぶりすることは、残念ながら逆効果です。ですから、思い切って面接時は、「報酬」など、通常ならかなり聞きづらいことも思い切って率直に訊いておいた方が、最終的に絶対に自身のためにもなります。信じがたいかもしれませんが、「そんな無神経なそういった質問をすると結果が採用されないのではないか」と気になるかもしれません。ところが、かえってプラスに作用することは結果的にはいい場合が多いようです。この手の労働環境やお金に関連する疑問点は、実際には、多くの人が知りたい内容なはずです。ついつい不採用を恐れるあまり、大半の人が質問を躊躇しています。それをあえて尋ねておくことで「ほかの人とは違うな」と面接官の記憶に残る可能性が高くなります。

  • 転職活動では、希望する企業相手というよりも正確には「担当面接官」との…

  • 転職活動で重要なことは希望先転職先の会社企業というより、採用担当の面接官とのやり取りが重要といってもいいでしょう。希望する企業の面接で良い印象を与えるために、はじめに面接だからといって平常心で対応しましょう。例を挙げると素敵な女性とのお見合いのようなつもりでいる向かうと問題はありません。また面接に進むと最初にあなたの内面的な部分を判断されるのでマイナスな印象につながる言動は気をつけて避けましょう。また社会人らしい面接に適した服装を意識しましょう。ある意味のオーラを感じさせることが大事になります。魅力ある人として面接官に認めてもらえれば、自ずと良い結果を出せるはずです。

  • 詐欺|転職活動中に、良いと思える求人(業種)を見つけた際に…

  • これから転職活動をするという時は、気になる求人(職種)を見るたびにきちんと「〇〇業(気になる職業)、ブラック」でネット検索を掛けてみましょう。求人票・転職エージェントからはまずその業界に関するマイナス面について知ることができる確率は低いです。仮にブラック案件が蔓延している業種であれば、ネット検索でいとも簡単に実態を知ることができます。そのような現実を知らずに入社すると、直後に入ったことを後悔してしまうおそれがあります。そもそも求人募集が出ている理由が「仕事の内容がキツイから人がなかなか定着してくれない」といった場合も多くあります。気に入った案件や業種については、疑問点を払拭した上で、応募することを心がけましょう。

  • この頃パソコンやスマホを使えばわかるけどインターネットで見られる世界に…

  • パソコンを見ればインターネットで見られる世界ではいわゆる「転職に役に立つサイト」と呼ばれるものが数限りなくあったりします。その多くのサイトから自分自身にピッタリの転職先を見いだすにはなんといっても情報を収集することをする必要があります。こんな転職サイトを上手く利用することで効率的に転職が実現します。更新頻度が高く、さらには転職希望者にとって役立つ情報満載の「転職サイト」がある一方、それとは対称的なサイトもあるので、注意が必要です。利用して間もない頃は、信用に足るサイトかどうかを見極めることが大事ですから他と比べつつ、厳しくチェックしてみてください。

  • いい企業がいいと転職を希望するときの場合は「1日も早く、…

  • もっと良い会社がいいと転職をする活動をしている中の大半は、「ちょっとでも早く内定を手に入れたい」と考えてしまうはずです。ですが、吉報が得たいあまり、自分自身の能力に関して嘘をついたり、逆に過小評価につながる売り込みをするのは出来るだけ避けるべきです。大事なのは焦る気持ちをガマンして、冷静になりつつ、自分にピッタリな職場を探すことに専念することが重要なのです。それまでの自分の経歴を生かしつつ、そして、今後のキャリアアップが図れる職場を賢く選択してみましょう。

  • 詐欺|時間に融通が効くはずの派遣社員であったとしても、契約期間を迎えたら…

  • 時間に融通が効くはずの派遣社員だからといって契約期間を迎えたら自分の好きなタイミングで辞められるものではないと実際に転職で気付かされました。私は結婚した後、落ち着いたら早く子供を持ちたかったので、子供ができる日が来るまでのあいだ、1年半~2年くらい現在の職場で継続で仕事したかったので就職しました。派遣社員としてだったので、年収は安かったですが仕方なく時間的な自由のために、この道を選択しました。ですが、いざ入社したあとで、一緒に働く人たちはほとんどのスタッフが10年、15年と続けていらっしゃったのです。なので派遣社員を選択したとしても、契約が過ぎたらすぐに辞められる雰囲気などなく、困ってしまいました。

  • 詐欺|とある古物商の会社で、書類選考に合格したので、担当者から面接の日時を教えてもらいました。

  • ある古物商の人員募集に応募したところ、書類審査に受かりました。2、3日して先方から面接の日時を教えてもらいました。面接日当日、指定された場所へ行ってみると、なぜなのか相手の面接の用意が全くできていない状況でした。しばらく待っていると、所長らしき人が面接に応じてくれましたが、たいへんにだらしのない態度で迎えられ、やっとのことで面接は終わりました。しかし、2週間後と言われた結果の連絡が一切もらえず、いてもたってもいられず、自ら問い合わせると、「郵送で本日送付しました」と告げられました。しばらく待ちましたが、しかし、これも未達なので再度連絡をしたところ、どういうことなのか、「残念ですが不採用です」、とすぐに電話を切られてしまったのです。あまりのことに呆れ果てて言葉も見つかりませんでしたが、内心、不採用で良かったと痛感しています。

  • 転職をする時にマークする求人情報というのは、基準的なものとして、アバウ…

  • 職を変えようとしようとしている時にマークする募集内容の情報というのは、参考程度に記載されている、という可能性も少なくはありません。なので、記載内容が必ずしも正確であるとは当てにしない方が好ましいでしょう。なかでも給与の額などにおいては、平均なのか?最低限保証されている給料であるのか?最高額の給料なのか?というような判断ができる人は少なく、自分の勝手な判断で判断してしまうと、後から後悔する事いなるかもしれません。ですから、悔いることのないように、求人情報というのは、おおまかなものだと思って、そのようなたいへん大切な事は会社に直に確認を取るのが好ましいでしょう。

  • このところ私は派遣の会社に入っています。

  • このところ私は派遣の会社に登録しています。サイトでなんとなく自分に向いていそうな仕事を見つけて問い合わせを行ってみると「その仕事はすでに他の人が採用されました」とお断りされて瞬間的にウェブサイトの中から仕事の情報が消滅するのですが、どういうわけか翌日にはもう一度情報が掲載されています。ということは結局は私だとダメだということですよね。それなら変に隠さない程度で正直に伝えてくれれば助かるのですが、なかなかそういうわけにもいかないでしょうか。それとも客寄せのための実際には存在しない仕事なのでしょうか?

  • 詐欺|これから転職する場合、「派遣社員」を選択しようと考えている人に…

  • 転職で、正社員ではなく「派遣社員」を選択しようと思っている人にぜひ注意してほしい点が数点あります。まずはじめに派遣社員というと、電話対応、データの入力などの雑務、雑用等をといった仕事内容をイメージされることが多々ありますよね。私もそう思ってました。今、勤めている職場に入るまでは「派遣社員」の募集に応募したとき、電話応対と聞いていました。入社前に説明を受けました。が、仕事に就くと、「電話対応」以外に、辞めた正社員の業務の穴埋めを頼まれました。毎回振り回されますし、面接のときの説明とは異なる内容ばかりなのでとても困惑しています。今はとにかく、ひたすら派遣の期間が過ぎるのを待つのみです・・・。

  • 就職活動をする際に特に注意すべき求人情報は、そこまできつそうな仕事ではないのに給料が高めで、…

  • 就職活動をする場合に特に注意すべき募集内容は、そこまできつくなさそうな仕事内容なのに給料がよく、拘束される時間が長いというものです。このような案件は、記載されている給料に『みなし残業代』を入れて告知していることがとても多いのです。みなし残業代というのは、『みなし』と呼ばれるもので30時間・45時間という感じで求人の内容に時間の併記があるはずです。これは、毎月この程度の残業が想定されるので、給料に残業代を入れて計算しておくという仕組みになります。(注・合法です)仮に『みなし残業代25時間込』という表記は「書かれた時間分の残業代を含めると、これだけの給料になります」という意味になるわけです。しかし、悪質な求人では、告知しておくべき『みなし』という言葉がない可能性もあるので気をつけておきましょう。

  • 良い転職先を見つけるためには、最初から情報を収集することをしておきましょう。

  • 良い転職する先を見つけるためには、最初から徹底した情報収集が不可欠です。そうするには今は名前も知らないような小さな企業にもかかわらずホームページを開設している場合が多いため、ネットであれこれをチェックしておくとまたその会社のよくわからないことを解消しておくと転職に役立ちます。公式サイトのほかに、「転職サイト」を利用するのも意外な発見があるはずです。ただし、インターネットだけに頼るだけでは不十分です。何よりも希望している職場を自分自身で見て判断するのも大事です。

  • 何年か前までは求人誌に雇いたい人の「性別」まで記載されていました。

  • 今までは求人情報には、雇用主が必要とする「性別」について、しっかりと記載されていました。ですが現在では、「男女雇用機会均等法」が成立したことによって、採用する際、男女の差別があってはならないルールが決まり、募集要項の概要に「性別」が記載されなくなりました。けれども、求人する側には性別に関係なく雇用するかといえば、そんなことはありません。実際に、実は男性必要なのに、女性が募集にやってきたり、逆に女性希望なのに、男性が応募してくる、といったようなトラブルが少なくありません。たとえば、「女性が活躍する職場です」といった内容なら、女性の働き手を希望しているのだと読むのが確実でしょう。

  • 再就職での面接などの時に担当者が名刺を差し出してきたら、…

  • 再就職での面接などの時に名刺を手渡してきた場合、あなたも名刺を相手に渡した方が良いのか?と悩んだときは、一般的には渡す必要はないと頭に入れておいてください。転職のための面接は仕事の延長上のことではなくて、職を得るための採用活動内のことです。ですから一般的に名刺を交換する場とは違います。それに加えて、会社の者としてその場にいるのではなく、個人的な問題でこの場にいるわけです。そういった訳で、もし相手側から名刺を渡されても、こちらにおいては、ただもらうだけで大丈夫で、担当者に相手の方に渡す責任はまったくないと思われます。