転職しようと考えたとき、転職後の給料ばかりに気を取られる・・

転職というものをする場合、転職先となる職場における給料について気にしすぎる人が…

転職というものを考える際、そこでの年収について気にしすぎる人がどうも多いように思います。大半の人は、だから生活費を稼ぐべく働くでしょう。だから年収の額は自分がどれほど評価してもらえているか、という面もあるから大切なものであることは否定できません。しかしながら、ひどくもらっている年収額ばかりを執着しすぎる生き方というのも悲しい気がするでしょう。年収にあまり反映されない仕事であっても精神的な充実を得られることが大いにあるものだからです。

2,3ヶ月まえに、転職したというのに、何ヶ月もたっていない・・

ほんの2ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりであるにもかかわらず、あっという間に退職してしまうケースがとても多いものです。私見ですがリフレッシュな気持ちで自分自身に合った職場を手に入れたはずなのに「自分自身の考えていたものとだいぶギャップがあって幻滅した」「会社独自のルールになじめない」という原因で去っていくことが多いといいます。でもこういった、転職先選びで繰り返さないためには、第一に、前もっての情報集めは欠かせません。手を抜くことなく、徹底して行うべきなのです。職場内の環境、昇給システム、など多角的に調べておくことで転職における失敗は大きく減らせるはずです。

昔から日本には”石の上にも3年”という諺があります…

昔から”石の上にも3年”というコトワザがあるのですが、現在の社会では「終身雇用制度」が過去の物となっている現在、定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」を経験するのが当たり前になりつつあります。でも、「仕事を変えること」が当たり前になったからといっても、安易に職を変えようとするのはキケンです。実際に転職しようと考えるなら、大切なのは適した時期を見逃さないということです。まず第一に、今現在の職場、仕事について全般的に、不満点を少なくとも5、できれば10個ほど、リストアップしてみてください。こうすることによって、再就職の次の一手を考えやすくなります。そして、もし将来の進む道がなんとなく見えてきたのなら、尻込みすることなく、今より良い職を手に入れるべく進めることが大切です。

もしも転職することが、今働いている会社の人たちがあなたの転職を知…

転職することを、今働いている会社の人たちがあなたの転職を知ってしまうと、職場の空気が一変するかもしれません。周囲との付き合い方によっては、意地悪や、やっかまれたりも想定しておいたほうが賢明です。さらには、残業時間を意図的に増やされるキケンもあるので、転職を口に出すのはあまり良いとは言えません。そのようなトラブルを回避するため、仕事をしている現場では、いたって真面目に仕事に取り組んでいましょう。転職が決まる前と同じ態度でいることで、良い雰囲気のまま気持ちよく会社を辞めることが出来ます。そして、円満に退職できたなら、退職後であっても、何かあったときに相談できるチャンスにも恵まれるはずです。規模などに関係なく、どのような企業も人とのつながりがとても重視されるので、転職前のトラブルは、できるだけ控えましょう。

私たちの社会的環境において、近い将来どんどん考えなくてもできる仕事は…

私たちの社会的環境において、これから思考を必要としない労働は機械化が進行し、当然の結果として労働人口はどう考えても縮小していきます。なぜなら、単純労働に関しては人より機械を稼働させたほうが数段に能力が高いからです。数をカウントしたり、同一の動作を延々と繰り返すことは、機械にはへっちゃらです。人間とは違って不平不満を言わないし、ペースが変わらないし、ずるもしない、正確にこなしてくれますし、それを均一化できます。また、人と違って給料も発生しないのです。このように、生身の人間を使う意味が到底なさすぎます。ですから機械に置き代わるのも注目されているのです。

再就職するにも何もかもがうまく進行するという保証はありません。

再就職をしようと考えていても理想通りの成果があがるというわけではありません。できればどちらにしろ転職をしなくてはならないなら出来るだけ早い時期に考えておくほうが良いです。普通は、20代のうちはかなり有利に働きますが、30代後半~40代を迎えてからの転職はかなり厳しいものと理解しておくべきです。もしも、管理職など、要職を担当している場合、転職の気持ちが強くなっていても思いとどまることも結論として選ぶ答えの中から除外しないでおきましょう。つまり、退社してから転職活動するよりも、今の会社には残ったまま転職活動されるのが良いでしょう。

最近の転職については、政治によって状況が変わりつつあるようです。

政治による影響がでつつある転職事情ですが、内閣総理大臣である安倍総理が舵取りを行う現政権下では、アベノミクスや「三本の矢」といった経済政策が続々打ち出されています。日銀による「金融政策」と相まって、財界・民間企業ともに新時代となる変化が現れ始めています。その余波を受け、民間企業の側でも今度は若い世代の減少と現役世代の大量退職による「人材不足」が社会問題として拡大しています。ちなみに、「外国人労働者」の割合を現状以上に高めていくと安倍政権は方針として掲げています。外国人労働者が増えることによって、国内の雇用や転職問題も大きく幅が広がりそうです。こういった変化のなかで日本国内の雇用・転職状況も変化していくのは間違いありません。

転職したい会社で会社見学などがあるとたいへん勉強になります。

転職候補に挙がっている会社での見学に参加するとたいへん勉強になります。会社見学できる会社の中でも、職人さんのいる会社では腕を見るのが楽しくもなります。ですが、残念ながら「職人」がいる会社見学では見学者にはほぼ例外なく、通常通りの仕事風景とは違っているものです。もっとも顕著なのは、ブルーワーカー(肉体労働)などのジャンルです。個人のプライドも高い業種なので、実際に入社するまで、実際の姿は伺えません。なので、会社見学で見たものを仕事内容だと解釈しないことがとても重要なのです。加えて、会社見学時に実際に仕事を体験させる会社は、問題があるので選択肢に入れるのはおすすめしません。入社すらしてない人には万が一問題が発生したとしても、保証がないため、仕事体験を勧められてもやんわりと断っておくようにしましょう。

もし転職される場合は、事前に資格を取得することで有利に事が運びます。

もしも転職を予定しているのなら、転職する前に「資格」を取っておくと選択肢が増えます。とくに、仕事を続けながら資格を取るのがおすすめです。転職活動時に有利に働くので次の仕事も見つけやすくなります。そのため、資格取得は、在職中であり、なおかつ転職活動前の段階がベストな時期といえます。もしもあなたが将来のために、実際に役に立つ資格を取得しておくと、現在の会社を退職後も躊躇なく次に進められるはずです。さらに、資格を取ってからの転職活動では資格が味方をしてくれるので面接の際戦力になると判断してもらえ、これまでの職場より待遇アップも期待できます。

自らが仕事を探していた時期にかなりいくつかの人材紹介会社に登録していました。

自らが勤め口を探していたころずいぶん多くの人材紹介会社に登録していのだが、その際に特に思ったのは転職アドバイザーの質が様々でそのほとんどはいまいちだと感じる担当者でした。こちら側は人生の大事な事なのにもっと一生懸命に向かい合ってほしいという落胆した気持ちが募りました。それがきっかけとなってキャリアカウンセラーを目標にすることになりました。キャリアカウンセラーとして働くための資格を取得するのは出費も増えたし勉強に関してもきつかったのですが、就活中の人に信頼される人間になるために頑張っています。

近時は、「ブラック企業」が社会問題としてしっかり扱われるようになり…

近時は、「ブラック企業」に厳しい目が向けられるようになり、労働条件違反の取り締まりがきびしくなったり、社名が公表されるなど不利益を被る流れができてきましたが、まだまだ完璧ではないのが現状です。だから、面接で見破る必要が出てきます。ともかく、求人票に書かれている労働条件に目を通し、それらの項目を一点ずつ質問をぶつけてみることです。「ブラック企業」の場合、求人票の記載が嘘の場合、明確な返答ができなかったり、「その場では答えられない」みたいな逃げ腰になります。「給与」「残業」「休日」の3つについては、質問責めすると、後ろめたさを感じる表情を見せる可能性が高いです。それでもしつこく聞くとブラック企業によくある威圧的な態度や、ふてくされたような態度を見せ始めるため、化けの皮が剥がれるようになります。このような会社は入社してからもこのような態度であることが多いので、変だと思ったら、他の面接を受けたほうが良いと思います。

転職活動を始めるとき、始める前に、求人雑誌を閲覧したり・・

転職活動を行うとき、始める前に、インターネット上で求人サイトを見たりして興味のある会社を調査するでしょう。その会社が情報を載せる際には、コンサルタントに相談をしている場合が多いです。コンサルタントはいかに、会社にとって都合の悪い情報を隠せばいいか、仮に公開したとしても差しさわりのない表現をします。その類の社長の方針や社員の感想については、すべてを事実だと考えるのではなく、半信半疑で聞いていた方が間違いがありません。もしも情報を信じて入社してしまった場合、「話が全く違う」と後悔することになりかねません。悪意ある会社は、素直な人材を効率的に取り込んで、その後は、難癖をつけながら会社を辞めれないように策を練ってきます。この手のことは、いわゆるブラック企業に多いです。

再就職のための採用面接では、中小企業であれば、おおよそは人事担当者になりますが…

再就職の際の面接は、中小企業であれば、大体、そこの会社の「人事」担当者が面接官ですが、100%ではありません。例を挙げるとしたら、共に仕事をする管理職、という具合に課長や部長クラスが当たることになるでしょう。その中でも事務・営業に再就職する場合は資格などで判断がしづらいですから、堂々と自分自身を売り込んでいくことが重要になります。面接官から「この男はハッキリ主張できるし、それになかなかの戦力になりそう」と思わせ、覚えていてもらうことが大切です。

職を変えた場合には、だいたいの場合は以前の会社の仕事の…

職を変えた際には、高確率でそれまでの会社の仕事は記憶は大方、美化されます。実を言えば現在の職に自分に合っていないと感じたから、それを解決するためにやっとのことで退職を決め、転職することになったのに、気がつくと、不思議なことに「前職のほうがマシだった」と感じることは多いです。それというのも至って当然のことで、前の職では業務をこなすことに慣れきっていてすんなりと毎日仕事が淡々とできていたのが、もっとも大きい理由ですが、しかし、「退職なんてしないほうが良かった」と後悔するほど、前の会社のほうが環境や人間関係が良い可能性もあります。

転職の時の面接で着用するビジネススーツの色合いは、新卒の就活の時…

転職の面接で必要となるスーツの色に関しては、新卒の人たちが就職活動の際にに着用している色合いが基本です。言い換えると、黒系や紺系のような落ち着いた色味になるわけです。再就職の場面でも、ビジネススーツの色味は黒系や紺系の落ち着いたカラーが大多数を占めていて、それ以外の色の人はほぼ見ることはありません。それ以外だと、グレーのスーツを着用している方が若干いるくらいで、ほぼ黒系や紺系がほとんどを占めているので、人事から見てもそういった色であるほうが普通のように感じます。ですから、第一印象という観点では推奨したいわけです。

生まれて初めて失業保険をもらう場合、じっとしていれば給付されると思っている人…

生まれて初めて失業保険をもらう際に、何もしなくても受け取れると考えている人が大半ですが、それは誤解です。現実には、きちんと受け続けるためには、仕事を探していることが必要で、その上で、月に一度はハローワークに行かなければいけません。1ヶ月ごとにスタッフに求職活動の状況をきちんと説明して真摯に仕事を探していることを理解してもらえれば次の月の給付を受けとることができるという仕組みです。その反対に、きちんと仕事を探そうとしていないという心証を与えたり、月に一度の職員との面談に参加しないときは、問答無用で給付が見送られたり、場合によってはそれ以降の給付資格も消失するおそれがあるので、そうならないために十分注意しましょう。