これから転職活動をするのなら、気になった求人(または業種・・

詐欺|今後転職活動をするという時は、気になった求人(あるいは職種・・

  • 将来的に転職活動をするのなら、気になる求人(OR 業界)を見付けるたびに絶対「〇〇業(気になる業界)、ブラック」とインターネットで調べておくべきです。求人票・転職エージェントの言葉からはまずその業界のマイナス部分について教えてもらうことは不可能です。ネットで調べればインターネット検索によってカンタンに瞬時に多くの事例に触れられるはずです。そのような現実を知らずに入社した場合、あとからガッカリしてしまうおそれがあります。その求人が出ていた理由が「業務内容がキツく、人がなかなか定着してくれない」というケースがかなり多いため、気になった案件について、注意したほうがいいです。

  • 今ではパソコンを使えばネット上では、要するに「転職に役に立つサイト」に類するもの…

  • 今ではスマートフォンを使えばわかるけどネットで見られる世界では要するに転職情報を掲載している「転職サイト」が数多くあります。その相当な数のサイトから自分の目的にあった転職先というのを見つけたいなら、まず、情報を収集することが欠かせません。このような転職サイトをうまく使いこなすことで、効率的かつ満足度の高い転職が叶えられるはずです。最新情報が満載で、転職希望者にとって役立つ情報満載の「転職サイト」もありますが、それとは対称的なサイトもあるので、充分に注意しておきましょう。使い慣れないうちは、信用できるサイトかどうかを見極めることがポイントとなりますから同ジャンルのサイトと比較しながら厳しくチェックしてみましょう。

  • 違った企業に入りたいと転職を希望するときの場合には「1秒でもはやく…

  • 新しい企業に入りたいと転職活動中の場合には「1日もはやく、内定(採用通知)を手にしたい」と思ってしまうものです。とはいえ吉報ほしさのばかり、自分自身をより大きく見せたり、対称的に自分を安売りしてしまうことは、ゼッタイに避けましょう。そうではなくて、焦燥感をこらえて、冷静かつ客観的にあなたに適した職場を探すことに専念しましょう。これまでのキャリアを活かせるように、さらに、今後のキャリアアップが期待できる職場を見極めましょう。

  • 詐欺|時間に融通が効くはずの派遣社員というものは、契約期間を過ぎたら…

  • 派遣社員になっても契約期間を迎えたら好きな時にすぐ辞められるというわけではないことを転職活動したことで気付かされました。私は結婚した後、生活が落ちついたら、すぐに子供を持ちたかったので、子供ができるまでの期間のためにだいたい1年半~2年くらい現在の仕事したかったので就職しました。フルタイムでなく派遣社員だったので、給料は安かったですが「時間に自由が効く」というメリットがあるので、そこはガマンしました。が、いざ入社したあとに、一緒に働く人たちの大多数が派遣社員として10年、15年と続けていらっしゃったのです。意外にも派遣社員であったとしても、期間が過ぎたらすぐに辞められる雰囲気もないと知り、ちょっと困っています。

  • とある古物商の会社で、書類審査に合格しました。その・・

  • ある古物商の人員募集に応募したところ、書類選考をクリアしたため、相手方から、面接日時を教えてもらいました。それなのに、面接日当日、指定場所へ行ってみると、行き違いがあったのか相手が面接準備を一切していないことに気づきました。待っていると、所長らしき人物が面接担当をしてくれたのですが、呆れるほどやる気のなさそうな態度を見せて、面接が終了しました。だが、予定日を過ぎても結果連絡がまったくなく、しびれを切らし、自ら問い合わせると、「結果は郵送で本日送付しました」と告げられました。しばらく待ちましたが、届くことはありませんでした。そんなわけでもう一度質問したところ、どういうことなのか、「結果は不採用でした」、と有無を言わせずに電話を切られてしまったのです。私はしばらく言葉も見つかりませんでしたが、素直に、採用されなくて良かったと思っています。

  • 詐欺|仕事を探しているときに注意を向ける募集事項の情報というのは・・

  • 仕事を変えようとしようとしている時に目を光らせることになる募集内容についてはだいたいのもので載せている可能性も少なくはありません。ですから、そこに書かれていることは正確な情報だとは迂闊に信じるのはやめておいたほうが賢明でしょう。特に報酬の金額などに関しては、社員を平均して出した値なのか?最低額なのか?それとも最高値の金額であるのか?というジャッジができる人は少なく、自らの勝手な判断で理解したつもりでいると、悔しい思いをする可能性もあり得ます。という事で、嫌な思いをしないために、求人情報は目安だと思って、そういった肝心な内容は直接連絡を取るのがベストです。

  • 詐欺|このところ私は派遣会社に登録しています。

  • このところ私は派遣会社に登録しています。インターネットサイトでなんとなくよさそうな仕事を見つけ出して問い合わせを行ってみると「そのお仕事はもう他の人で話が進んでいます」という答えられ瞬間的にウェブサイト上からお仕事情報が消えるのですが、どういうわけか次の日になるとまた載っています。これって要するに私ではよくないのっていう意味ですよね。そうであるならば変に隠さない程度ではっきりと言ってくれれば助かるのですが、なかなかそうはいかないでしょうか。はたまたもしかして偽の仕事なのでしょうか?

  • これから転職する場合、派遣社員という勤務形態を考えている方に…

  • 転職で、正社員ではなく「派遣社員」を選択予定の方にチェックしてもらいたいことが数点あります。まず派遣と聞くと「データ入力」「お茶出し」「電話対応」といった業務内容を連想する人がおそらくいるはずです。私もまさにそう思っていました。今の職場に入るまでは「派遣社員」の求人に応募した際にも、「電話対応が主な業務」と派遣会社から伝えてもらっていました。でも、実際に業務に掛かると、まさか「電話対応」だけでなく、欠員した正社員の穴埋め役をやってくれと言われました。毎回、あれこれ要求されますし、はじめの説明とは異なる内容ばかりなので日々非常に参っています。現在は、ひたすら「はやく契約期間が終わってほしい」と願うばかりです。

  • 詐欺|就職するため仕事探しをする場合に特に注意すべき求人・・

  • 就職活動する場合に特に注意が必要な求人の募集内容は、そこまできつくなさそうな仕事内容なのに給料が高く、拘束時間が長いものです。こういった募集内容では、給料に『みなし残業代』を含んでいることが非常に多いです。みなし残業代とは、『みなし』とも言い、30時間とか45時間という風に(時間は例えです)求人の内容に時間が書いてあります。毎月これくらいの残業が発生するため、最初から給料形態に残業代を組み込んでおく、といった仕組みになります。(この仕組みは合法です)例えば求人に『みなし残業代20時間込』という表記は「記載時間分の残業代を入れると、この給料がもらえます」というワケです。が、悪質な求人では、告知しておくべき『みなし』を記載していないこともあるのでしっかり気を付けてください。

  • 良い転職先を見つけるためには、戦略を立てながら意味のある情報を集めることをしておきましょう。

  • 転職をスムーズなものにするには、前もって徹底した情報収集が不可欠です。それには今では企業の名前を知られていない小規模な会社といえども公式サイトに企業の紹介を書いている企業がとうぜんだから、ネットを活用して自分が知りたい情報をチェックしておくとまたその企業の疑問などをチェックしておくと転職に役立つはずです。それと公式サイトに加え、「転職サイト」を利用してみるのも効率的ではありますが、また、インターネット以外の手段として、何よりも転職を考えている希望の職場を自分自身で見て判断してみるのも良いと思います。

  • 詐欺|一昔前の求人誌に「性別」がしっかりと記載されていました。

  • 今までの求人情報には、雇いたい人の「性別」まで書かれているのがほとんどでした。ところが今では、「男女雇用機会均等法」ができたことによって、雇用する際、男女差別がないようにしないといけないルールができて、応募資格の概要に男女の性別を記載しないようになりました。でも、求人募集をしている会社は、性別に関係なく雇用するかといえば、そんなことはありません。なので、実は男性希望の業種に募集に女性がやってきたり、その反対に女性が欲しいのに、男性がエントリーしてきたり、といったトラブルも他人事ではありません。例えば、「女性が活躍している仕事場です」の記載がある場合、雇用主が「女性」を必要としている、と読むのが良いといえます。

  • 再就職における面接などに関して担当者が名刺を手渡してきたら…

  • 転職の面接などにおいて面接担当者が名刺を手渡してきた場合、あなたも同様に名刺を渡した方が良いのかどうかと対応の仕方に悩んだ際は、大方は差し出さないもの、と知っておいてください。転職のための面接というものは仕事の延長上のことではなくて、就職活動の一環なわけですから、ほとんどの場合は名刺をやりとりする時間とは違います。それに加えて、会社の人間としてではなく、個人の問題でこの場にいるわけです。要するに、相手の方から名刺を渡された場合であっても、こちら側は名刺をもらうだけで大丈夫で、担当者に相手に渡すことは少しもないと考えます。

  • 求人に係る情報をチェックする時、「事務系の仕事をしたい」という人は、…

  • 求人をチェックする場合、例えば、「デスクワークがしたい」と思う人ほど、製造業の項目を読み飛ばしていたりするものですが、そういった人の多くは「製造業は現場で製造する求人募集しかやっていないだろう」と誤解している場合もあります。製造業での求人であっても現場に出る製造の仕事だけでなく、経理、総務といった従業員募集をはじめ、資材、購買、営業管理などの「オフィス系」に分類される仕事が多数あるのです。でも、製造業の勤め先自体、オフィス街から離れているので仕事帰りに買い物を楽しめる環境で働きたいと考えている人には、そういった点が受け入れられないと感じる人もいるでしょう。そうした事には自らのこだわりを捨ててみることで仕事の幅を広げることができ、よりスキルアップにつながることも考えられます。

  • 新卒採用で入った会社にさよならをして一歩踏み出して転職をしました。

  • 新卒として入った会社を辞めて、勇気を出して転職しました。実際にやめる前後は、長い間悩み、辛い気持ちでした。でも、新卒で入った会社を数年で退職し、大半の人が転職を経験していることを転職活動をしていく中で理解し、無意識のうちに将来の不安がなくなりました。また1度、転職をすると不思議と体が軽くなったようで、自分に合った仕事見つけることが出来て毎日が楽しくなりました。いまだに「仕事を変えるのは良いことじゃない」という意見も多々ありますが、それが必ず正しいとは限らないと思いました。私の場合、転職してみるも大事だと思いました。

  • 今励んでいる転職する活動をしているときに、「自分は今まで…

  • 転職する活動で「自分はこれまでこういう職場の仕事に尽力してきました」「今までにこういった技術を得られました」と自分の成功体験やセールスポイントをしっかりアピールしようと考える人はしばしば見かけます。しかし、希望する1から始める組織で「将来、こういった仕事をしたい」「私が申したような内容の仕事ならぜひ貢献できるはず」と将来的なビジョンで自身をアピールを狙ったほうが過去をメインにしながら語るより採用チャンスに恵まれます。この点に注意しつつ、転職活動をがんばってみましょう。

  • 転職活動の際には履歴書と職務経歴書を必ず準備しなければいけません。

  • 転職活動をするのなら、履歴書と職務経歴書が大切です。企業のほとんどは履歴書だけでなく職務経歴書の記載内容を考慮した上で面接するかどうかを決めるため、これらの書類の作成が大事といえるでしょう。単に記入することにとどまらず、記載内容を魅力的にすることも考えてみましょう。「職務経歴書」では、過去の職務の詳細や、できる限り自己アピールとなる内容を書き出しましょう。また、過去の仕事以外にも、現職で果たした実績なども有効です。たとえば売上を過去○年の平均を△パーセントアップさせた、など明瞭に記してみましょう。初めてで難しい場合は転職エージェントを活用したり、上手な文章を引き出したりして自分にプラスになるように活用をはかることも転職を成就するための有効な方法です。