今までは、求人情報は「転職サイト」よりも、主に「ハローワーク」が中心でした。

以前の私は、「転職サイト」を使うより、いつも「ハローワーク」に通っていました。

  • 以前の私は、「転職サイト」を活用するより、主に「ハローワーク」が中心でした。というのも大手「転職サイト」は、構造上、都心部の求人募集ばかり掲載しているからです。これまでの求人情報を探す際は、「ハローワーク」のみ使っていました。やはり、求人募集をする企業も、給料などの労働条件も若干見劣りはしますが、地域に根ざした情報が自分に適した職が探しやすくなります。ですが、「ハローワークはなんか地味だなぁ」と先入観を持っている人もいるはずです。思いのほか、大手の転職サイトにはない求人が見つかるかもしれないので、この先今の会社を辞めて転職したいのならば、ハローワークへ1度行ってみると意外な発見があるかもしれません。人気の転職サイトみたいに大量のお知らせやメールの心配も無用です。
  • 詐欺|「転職サイト」は、大手が運営しているものほど掲載される会社も豊富なため、…

  • 転職サイトは大規模なサイトであるほど掲載される会社も豊富なため、入社したい2,3の会社を、サイトに登録して、希望する勤務地や収入について条件を設定しておき、あとは自動で案件に関する紹介がくるようにしておくと情報収集が楽になります。しかしながら、初めに限っては登録するのになかなか労力を要するので、サイト登録する前に「履歴書」「職務経歴書」を作成しておき、それらをテキストファイル化し、コピー&ペーストしながら登録を進めていくと便利です。登録をする第一回目はけっこう時間がかかることから、案件の検索や、その後の応募も大変に感じるかもしれません。が、次回以降は、新着の求人情報だけ確認すればいいので、初回の準備を怠らないことをお勧めします。
  • 求人についての情報では、ほとんどの場合、大部分の職場・・

  • 求人広告には、普通の企業では月の収入が明記されています。しかしこの部分をチェックする際は、しっかり確認する事が欠かせないです。値だけで納得しないほうが良いです。何故かというと案件によっては、月収の中に「毎月30時間の残業」が含まれているおそれもあります。残業代を含めて良い案件に見せて、人材を募集しているケースも少なくないのです。そのほか、「歩合給」をつけると表記している案件にも注意が必要です。歩合箇所を相当に盛って、月収を多めに見せている企業もあります。ですから、そうやって応募者を増やそうとする会社にははじめから相手にしないほうが無難です。
  • 詐欺|転職する際、今働いている会社を辞める時に失業保険をもらうための手続きをしなければいけません・・

  • 転職の際に現在勤務している会社を退社する時に「失業保険」を受け取るための手続きをしておく必要がありますが、自己都合で退職届を出して会社を去る、いわゆる自己都合退職のときは即座に失業保険を受け取れるわけではなく手続して失業したことが認められてから3か月待たないともらえないのです。よく間違って退社した日の次の日から3ヶ月でもらえる、と誤解しないようにしましょう。この規則をわかっていない人が、ハローワークのスタッフの方が間違っていると言い張ってその結果ハローワークの保険担当者と過去に口論していたのを見たことがあります。因みに自己都合ではなくリストラなどをはじめとした「会社都合」での解雇のときは、失業認定されてからすぐに失業保険が給付されます。
  • 詐欺|転職をする際の面接でつける腕時計に関しては、明らかに目立・・

  • 再就職する時に行われる面接でつける腕時計については、ビジネスの場らしからぬ目立つタイプの時計は着用をやめた方が良いです。この場合の目立つ腕時計を詳しく言えば見るからに高価なものだったり、といったことだけではなく反対に、明らかに完全に安物である腕時計に見られてしまうとか、そのような目立つということで真反対で目立つのだととらえておきましょう。面接のときにつけていく腕時計はスーツやネクタイと一緒の考え方で、面接にふさわしい適切なものを選択した方が確実です。しかし、自分の歳にあっている腕時計ということとても重要で、新卒の面接で用意した腕時計よりは少しでも値が張るものにした方が好ましいということははっきりといえます。
  • 転職活動を行う際の最後にクリアしなければいけない問題として・・

  • 転職活動における最後の壁として、現在勤務している会社の退職があります。転職先の会社を見つけても、今いる会社があなたを手放したくないとして慰留するというのも起こりがちなケースです。そういったケースでは、負けることなく退職する、という強い信念を保つことが重要です。仮に引き留められ、一時的に残ったとしても、一度辞めたい、と思った会社は長続きしないでしょう。退職をスムーズに行うためには、まず会社の規定をチェックしておき、退職までに必要となる日数を超過する年月以降の退職日設定と退職届を手元に用意しましょう。それから、決定権を持っている上司と直接話をし、退職を考え直すことは絶対にありませんと、キッパリと伝えましょう。「円満退社」で今の職場とお別れすることも転職活動には必要です。
  • 転職サイトに一旦登録すると、電話・メールが頻繁に掛かってきます。

  • 転職エージェントは一度登録すると、電話・メールが執拗に掛かってきます。そのため何も知らずに利用しはじめた人は結構びっくりすることが多々あります。「転職エージェント」は、会員の転職を促すことが役割だとされるので、本当に積極的です。中でも大手エージェントは、転職を成功させることで企業から報酬を受け取るシステムのため、転職活動を行っている人の都合よりも企業の都合を優先的に考えるケースが目立ちます。また、転職できそうな会社に入れようとする傾向にあるため、内定が出た瞬間に、入社するよう後押ししてくることが多いです。自身の気持ちをハッキリしておき、転職に妥協しないように注意を払っておきましょう。
  • 再就職する際、要となるのが「面接」である。

  • 転職活動において、かなり要となるのがまぎれもなく「面接」だと言えます。多くの場合面接では、面接担当者が応募者に対して転職に至った動機や退職理由などさまざまな質問を投げかけるでしょう。そして、一通りの質問と説明が終わると、転職希望者から面接担当の人に逆質問というのがされるのが普通です。面接担当のスタッフから「何か弊社について疑問や質問などはありますか・・?」と尋ねてくれるわけです。と尋ねられた時に気持ちの準備もできていないし、何も聞けないこともあるかもしれません。そんなときのために、事前に会社や仕事に対しての疑問点などの質問の内容を考えておくことをお勧めします。すべてを把握していない職場ですし、いくつも疑問点は見つかるはずです。ぜひ、やってみてください。
  • 今現在の職場や業務に対する不満に思っていることの中…

  • 今の自らの仕事や勤め先に関して、ほとんどの人は何かしらの不満点を感じているでしょう。「自身の能力(スキル)を適正に評価されていない」そのため、「給与は上がらず、レベルアップする可能性も見いだせない」と言う不満を漏らす人もいます。ですが、そのような悩みが強すぎる人の場合、自らの持っている実力を実際よりも過剰評価している場合が多いものです。仮に、そのような人が転職活動をした場合、自分に合った企業や職種がないと、中々就職先が決まらないおそれがあるので、要注意です。という事態を招きかねません。なので転職で良い結果を出すためにも、自身のスキルや能力を多少厳しい目で自己分析してみてください。
  • 詐欺|自分の得意なことや好きな分野の仕事に就きたいと考えている方は要注意です。

  • 自分自身の大好き、を仕事にしたいという風に思っている方は注意が必要です。私が実際に体験したことなのですが、私は、食べることが好きでそれが高じて、前に、飲食店で働いていた時期があります。その飲食店での仕事内容は、その飲食店で担当していた仕事内容は、料理の盛り付けや(簡単なもの)ホール業務です。この業務内容については、嫌なこともありませんでしたし楽しんで仕事ができていました。しかし、人間関係にとても疲れてしまいました。ということが引き金になって、職場を離れることになったのですが、同時に、好きだった食べることやそのレストランでメニューとして提供していた食べ物すら嫌いになってしまい、類似の飲食店にはしばらく経った今も行けません。当時のにおいを思い出すだけで不快な記憶が蘇ります。仕事を始めた当初、大好きだったものが苦手になるとは思ってませんでした。自分の趣味に通じることや好きなことを仕事にしたいと思い、実現できるのは素敵なことです。しかし、「好き」のレベルはどの程度のものなのか、じっくり自分自身と向き合ってから行動するべきです。
  • 詐欺|シフトの業務についてです。毎週、特定の曜日に入れる人を募集している求・・

  • これはシフトの仕事に関する話なのですが、毎週、一定の曜日に働ける人を募集する求人を結構見ますが、もし、応募しようと思っているならシフトの提出方法や休み方について、面接の際にチェックしておいたほうが良いです。それはどうしてかというと、私は過去に、産休で抜けた人の代役として、正社員の仕事についたのですが、「土日」固定となるシフトだったのですが、新人の私以外、他の社員はいない状態という職場でした。産休に入った女性が「土日」に必ず出ることができたので、私自身もそういった形で扱われたしまいました。実際「土日」に休まざるを得なくなると、シフトを変わってもらうときは、上司に私の代わりに出勤してもらえるように、と私からお願いしなくてはいけませんでした。立場も給料もほぼ同じなのに土日は私だけなんて・・・。冷静に考えると、「本当におかしな職場だった」としか言いようがありません。
  • 昔は看護婦と言われていた看護師というのは務めとしてどうしてか…

  • その昔は看護婦と言われていた看護師という職業は、どうしてか女性のかなり多い職場です。加えて、気力だけでなく体力の大きく消耗する職場ともいえます。であるがゆえに、対人関係が上手くいかなかったり、自身の結婚や出産などのイベントでそれまでとは同等の勤務が続けられなかったりして、仕事と家族との折り合いをつけるのがかなり取りづらい仕事といえます。実際、上記のような問題に行き詰まり、転職する人が多いといいます。過酷な労働環環境であるために、看護師は、慢性的な人材不足になっています。つねにそれぞれの医療機関は看護師を欲する「売り手市場」であるという現実も、それが転職希望者が後を絶たない状態に拍車を掛けています。
  • 転職活動を始めるときに、まず現在働いている会社を完全に辞めてか・・

  • 転職において、まず会社を辞めた後で転職しようとする人もいますが、そのような場合にはボーナスがいつもらえるのかを考えておきましょう。ボーナスの支給がある会社は多く存在しますが、ボーナスが支給されるなら、ボーナスが出る日がもう少しのときには、その日を待ってから辞める意向を伝えるというやり方も賢いやり方です。ボーナスはってかなり大きい額になると思うので、手に入れておいた方がいいとも明白ですから、退職をする際にはいつ頃ボーナスが手に入るのかを一度確かめておくとスマートなやり方です。
  • 大半は大企業は、「定期採用」で人材確保することが多くを占めるた・・

  • たいていの場合は大きな会社は、「定期採用」で人材確保することが多くを占めます。ですから、転職で入りたい場合は、時期を考慮しなくてはいけません。おまけに、都心以外だとその見込みは多くはありません。とはいえ製造業の会社においては、都市部でない地方の工業団地等に工場を構えていることがよくあります。さらに、そういう工場なら、事業拡大時等に「人員募集」をしているので、このタイミングに転職を考えるのが良いでしょう。地方の工場での転職を考えているなら、希望する会社の情報を事前に得ておきましょう。その会社のホームページをチェックし、求人予定の予定はあるか、忘れずに確認すると良いでしょう。
  • 働く中で回復が難しいほど精神的なダメージが増え、転職を考えざるを得ない状況に至ったなら・・

  • 仕事のために心的にまいってしまい転職しなくてはいけない状況にまで悪化したなら、そんな時は、相談するのは会社の人にするより自身の家族に相談したうえで、会社を辞めるかどうか判断した方が良いです。というのは、働くのは当事者である自分ではありますが、身内の問題でもあります。毎月、どんなに報酬がいいとしても心的ダメージを負うほど、仕事をすることは健全とはいえません。今の時代は、経済的なことよりも、仕事のしやすさを重視する生き方も徐々に認められつつあります。身内や、あなた自らの心身の健康を考えていきましょう。
  • 転職時、必ず面接をすることになるでしょう。

  • 転職時の面接で面接官から「転職理由を聞かせて頂けますか?」と必ずと言っていいほど質問されます。この時に、いかなる訳があったにせよ、過去の職場の「働く環境」「人間関係」についての愚痴やトラブルを絡めた回答は、できる限り避けましょう。もしも、そのような不満を口にすると、採用されるチャンスを台無しにしてしまいます。面接時は、「前向き」な姿勢を見せつづけることがかなり重要で、実際の理由とは違っていても、「新しい職場においては、自身のキャリアをしっかり生かし、また、さらなるキャリアアップを図りたいと思っています。」此の様な言い回しが良い印象を持ってもらえるのです。