就職活動において、年収は極めて重要なポイントです。

就職活動において、年収は大変重要な要素です。

  • 就職活動において、年収はかなり重要なポイントです。面接において、大部分の企業で現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。このとき現実の年収を多く偽って、転職先で多くの収入を得ようとしても、無駄でしょう。なぜかといえば、最終的には源泉徴収を提出することになるので、仮に一度は信じさせたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、必ずウソがバレてしまうのです。最悪の場合、トラブルを引き起こすこともあるので、現在の年収を正確に伝え、それに見合った希望年収額を設定するのが正解です。ちなみに、現在の年収が400万円の方が、転職後に500万円となる可能性はないものと考えておくべきです。仮に、今、430万円の年収であるのなら、希望額は400~450万円であると伝えておくのが間違いがありません。あからさまな嘘は、転職活動でのトラブルばかりでなく、入社後のトラブルとなって、一時的に転職先に合格をもらったとしても、その後、退職しなくてはいけなくなるかもしれません。
  • 詐欺|もしもあなたが再就職をする場合、「Uターン」「Jターン」「Iターン」のように・・

  • 仮にあなたが再就職しようと考えた場合に、「Uターン」「Iターン」において都市部から地方に移り住んで、再就職したいと考えている人が、近年増えています。今のネット社会では求人情報サイトの地域指定をするだけで、地方の求人もタッチできます。けれども、郊外や地方での求人の場合、大都会の場合よりも、数が少なく良い条件も少ないのが正直なところといえます。なので、求人サイトのみに執着するのも考えものです。転職サイトと併せて、「地方自治体・商工会議所」などの情報サイトも見逃さずに確認しておくと良いでしょう。「地方自治体・商工会議所」などの行政が主催している就業サポートの関連情報も見ておくと、良い出会いが期待できます。
  • 詐欺|派遣で就業しています。労働契約法の関連で否応なく、長期間働いた…

  • 派遣で会社で働いています。労働契約法のせいで長い期間働いた勤め先での仕事の契約が終了します。仲間の派遣社員の中には派遣先で正社員としての契約をつかんだ人もいるのですがそれははっきり言うと仕事の能力とは関係なく派遣先の上司へのあしらいが上手な方でそれが採用の決め手となったみたい。業務処理能力より上司に媚びる能力の方が必要なんじゃないのと抜擢されなかった他の派遣の仲間と勤務先で文句を言う日々です。
  • こうした話は従兄から聞いた話です。

  • こういう転職という話は友人から聞いた話です。就職活動を始めて新卒採用でぜひとも入りたかった目標であるA社で行われた最終面接で不採用になり、後にやむを得ず他の会社につきました。そのあと2年経過した頃に派遣の求人サイトをチェックする中で奇遇にもA社の紹介予定派遣の仕事を見つけ、気持ちを抑えることができずその時働いていた会社を即座に辞めて、A社で派遣の仕事を開始しました。勇気がありますね。死ぬ気で頑張ってその後憧れのA社で正社員になることができ、今はやりがいを持っていきいきと勤めています。
  • 詐欺|現在の仕事をしながら転職活動をする人は珍しくありません。

  • 今の仕事と転職活動を並行する人は多いです。しかし、仕事を行いつつ求人を調べながら、その応募手続きをしたり、面接に行くのは精神的だけでなく肉体的にも消耗が激しいといえます。さらに転職活動時は、現在の会社の同僚や上司にもバレないようにやり過ごす必要があります。とりあえず応募する、という人がいますが、もしも、書類選考が通ってしまい、面接に呼ばれた直後、「辞退」したとしたら、厄介な事態となるかもしれません。転職エージェントを利用して応募していた場合は、エージェントに悪い印象を与えてしまいますし、それとは異なり直接応募していたとしても、相手の会社から電話・メールで繰り返ししつこく連絡が入ってしまいます。いずれにせよ自分の貴重な時間をドブに捨てることになるので、行くつもりのない企業は、最初から応募しないのが正解です。転職活動は新卒の就活とは全く異なるものであると認識しなければいけません。
  • 勤めていた会社ですぐにきれる上司に悩み、最後には我慢することができなくなりその会社は辞め、…

  • 昔務めていた会社で相性の悪い上司に悩みを抱え、とうとう仕事をする気力がなくなってその会社を辞め、同業者の他の企業へ移りました。会社の雰囲気がよく非常に満足していましたが、少しずつ会社の売上が悪化し、とうとうとある会社に経営統合されることとなりました。そしてその統合した先の会社が驚くなかれ前にいた会社で、その上とても嫌いだった上司が再び私の上司になることに。いったいこれはどれだけご縁があるのでしょう。言うまでもなくまた転職をしようと活動をやり始めています。
  • 詐欺|新しい仕事に就きたいと考えているのなら、年収に関して高望みはしないほうが無難です。

  • 新しい就業先ではすぐに「年収」の高望みはしないほうが良いでしょう。とりわけ入社した年度は、大方「試用期間」が含まれているというのが多かったりもします。自らの新たな仕事に就いたときは、やっとのことで手にした職なのに、予想に反して以前の会社での年収とほとんどイコールで変わりませんでした。加えて、仕事はキツく、たいへん責任も重大だったために、初年度を乗り切るのにやっとの状態でした。そのような経緯から転職1年目は、勉強に充てる年と捉えておき、出来る限り転職前から貯金しておき、仕事に没頭した方が良いと思います。
  • 将来に目を向け、楽しみつつ、再就職に向けての転職・・

  • 将来に目を向け、楽しみを見出しながら転職活動をすることができたら、精神的な重荷が減少するので、結果として転職期間中に堕落しないで済みます。しかも、メンタルが元気なままでいれば、直ぐに転職が出来るでしょう。もっとも良いのは、ブランクを設けないで新たな勤め先を見付けることが大事です。現在の仕事と並行しながら、次の勤め先を見つけるのが理想といえます。休職期間をなくすことで、退職後、直ぐに働けるので、経済的な心配もありません。そうしておけば、職歴にも空白期間がなく、今後に響きません。要するに、転職の時にマイナスの要因がなくなるということです。先のことを考えながら、スムーズに転職活動を進めてみましょう。
  • 失業した際に受け取れる失業保険は、失業しているあいだが給付条件となります…

  • 失業したときに受け取ることができる失業保険は、失業しているあいだは給付条件になりますが、給付期間が無限に続くわけではありません。失業時までに働いていた期間によって違い、90とか120日とか決定されるのですが、驚くことにこれを知らずに失業を続ける限り給付されると思い込んで失業保険で生活すればいいと考えて仕事を探さない人もいますが、後々あと1か月しかもらえないと分かってから焦りつつ仕事探しを開始してもあまりいいところは見つかりません。転職候補となる会社の面接官も無能ではないので、「いつに失業した?」「失業からどのくらい時間が経過したのか?」「その間、何をしていたか?」といったことくらいはだいたいバレると思っておくべきです。もしかすると、面接担当者からそういった質問を矢継ぎ早にされることもあります。きちんと返答できなかったり、すぐにバレる嘘をついてしまえば、採用は極めて困難になります。
  • ずっと接客関係で仕事を続けてきましたが、年齢的に立ったまま行う仕事…

  • 長期間接客業で仕事を行ってきましたが、年のせいか立ったままで行なわなければいけない仕事は体力的に耐えられないため、座って仕事を続けられるオフィスワークへ仕事を変えることを考えて行動にうつりました。事務の経験がないとなるとなかなか厳しくて、だから接客業での経験を役立てることができる受付兼医療事務になりたいと思い資格を取得して個人病院に転職することができました。周囲は超ベテランの先輩パートさんばかりで人間関係においても複雑。いつも夜の勤務を押し付けられて、接客業時代より帰りも遅いのですが、最初の頃はキャリア形成をするんだと観念して頑張ります。
  • 年内中に転職予定がある人で、次の仕事をはじめるまでにある程度期間がある場合は・・

  • 近いうちに転職活動を考えている人で次の仕事を始めるまでに期間がある場合は、可能ならば失業手当をもらうことをおススメします。現在の所属する会社がしっかり「雇用保険」を支払っているのなら、申請をすれば必ず誰でも失業手当を手にできます。そして手続きについては、「ハローワーク」で行う必要があります。もしも自己都合で会社を辞める形になったなら、失業手当を受け取るまでの待機期間(3ヶ月)がありますが、現在の企業の都合の退職、残業時間の内容次第で即、受け取ることが出来たりもします。このとき、もらえる失業手当の金額は会社で最後となる勤務月の給料をもとに失業手当の支給する額を計算するので企業に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の方は、なるべく「繁忙期」のあとに辞めた方が良いでしょう。
  • 『転職をしたい!』と思っている人で自分の意志が固いな…

  • 『なるべく早く転職したい!』と考えていて、自身の意志が本当に強いものであるなら、即、上司にその旨を伝えておきましょう。しかし、相談という形で話せば状況によって言いくるめられる確率が高くなるので気をつけましょう。実際に私も、上司へ転職についての相談をしたのですが、手を変え人を変え、なんと半年以上にわたり辞められませんでした。辞職することを当初、直属の上司へと相談したのが年度末で、実際では数ヶ月延びて退職出来たのはこの年の11月です。予定としては、仕事の落ち着いた年度末を退職のタイミングと考えていたのに、大変驚きました。会社にも人事の采配が必要なのは分かりますが、スタッフの意見を聞かずに、上司をはじめ、組織としてこちらの希望を無視してきたので非常に前の職場に対して愛想が尽きました。
  • 経験のない分野などに転職したい時には、自分が以前の職場・・

  • 未経験である業種などに転身したいと考えているときには、前職で、自分が養われた腕前や経験したことを発揮できるといった内容の訴えが必要になります。勤務経験のないジャンルの場合、その分だけその業界で今まで働いてきた人たちよりも実際のところ、不足することはありますが、自らの持っている能力がその場でも十分に生かせるということをうまく話せれば、戦うことができる場合も十分にあります。ですから、経験が全くないジャンルにチャレンジする際には、その分野とこれまでに自分がしてきた職務との関係を見つけ出しましょう。
  • 転職の準備をしようと人材紹介会社へ登録に出向きました。

  • 昨日仕事を探すために人材紹介会社へ登録に足を運びました。カウンセリングを行いに出てきた担当の人が見たところ入社して間もない新入社員のようで、私が説明したことの5割ほども理解ができていない模様。そのくせ「キャリアデザインを考え直した方がいいですね」とか「自分の強みをはっきりと知る必要があります」とか、大上段から偉そうに話すのでとっても不快でした。カウンセリングを担当させるのはそこそこ社会人の経験がある人にしてほしいと感じます。
  • 詐欺|転職期間中には、自分の好きなことに時間を費やすほ…

  • 転職先を探している期間中は、自分の好きなことに時間を費やすことに加え、体力を損なわない生活をしておくとベストです。勤め口が見つかり、いざ仕事を再開した際に、趣味に没頭していた影響で、無意識のうちに集中力が養われているのです。加えて、体力を補っている事で、その場の社員さん以上にスタミナがあるということを認識します。というわけで、退職して転社先が決まるまでは趣味に力を入れることと、体力を落とさないようにすることをしておいて損はありません。もしも、その職場にてあなたと同じ趣味の人と巡り会えれば、会話も弾むので、趣味をとことんまで極めることも転職期間の自由な時間の使い方です。
  • クールビズ(軽装)の格好をして転職の面接場に出向く場合・・

  • クールビズスタイルで再就職の面接にチャレンジする場合、ジャケットに関しては着て行かなくても安心であると言い切れますが、ネクタイに関しては着用していったほうが印象が良くなるのでお勧めです。タイの着用はなくても良いと思っている会社もある確率もあるにはあります。ですが、ことネクタイにおいては例えクールビズであろうと必ず着用しなければならないと思っているところがある程度存在するわけです。そんな訳で、クールビズが良いと言われていたとしてもネクタイにおいてはしてから行った方が悪い印象を与えることがないということを認識しておいてください。