この先、みるみるうちにシンプルな仕事は機械化に置き換わっ…

近い将来、段々と短絡的な作業は機械に入れ替わりその結…

  • 将来、みるみるうちに考えなくてもできる仕事は機械に差し替えられていき当然の結果としてそういう仕事をする稼働人口はどうしても減少していきます。短絡的な仕事は人間が作業するよりも機械で作業するほうが数段に作業量をこなせるからです。数量をカウントしたり、同一の動きをずっとリピートしたりすることは機械にとっては何の苦もありません。もちろん人と違って愚痴も言わず、疲れることもないし、不正行為をすることもないし、正確だしそれを均一化できます。加えて、人と違って「人件費」が発生しないのもメリットといえます。このような理由から、労働力として人を使う理由が無いため、機械化されるのは必然ともいえますね。
  • 仮に転職を考えたとしても、万事首尾よく運ぶ確証はどこにもありません。

  • 転職をしようと考えていてもあらゆることが首尾よくいく確証はありません。できればどのみち転職をしなくてはならないならあなた自身が若いうちになるべく早く行動したほうが良いです。普通は、30代前半までは良い希望を見出しやすいですが、30代後半~40代になってしまうと転職結果は、とても厳しいといえます。もしもあなたが、管理職などに就いているのなら、転職を考えていても現在の会社に留まることも選択項目から外さないほうが良いです。つまり、退職してから転職活動するよりも、今の仕事は続けながら慎重に行動したほうが後悔がないはずです。
  • 転職を取り囲む状況ですが、政治による変化が出始めています。

  • 転職を取り囲む状況は、政治により状況が変わりつつあります。現在の安倍内閣では「アベノミクス」「三本の矢」など、新たな経済政策が矢継ぎ早に展開されています。内閣が打ち出した経済政策に連れ立って金融政策とも、たがいに作用しあって財界・民間企業側からも今までとは異なった変化が増加しつつあります。それもあって企業サイドでも今度は若者世代の減少と、現役世代の大量退職による「人員不足」が深刻化しています。なお、「外国人の労働者」の比率を現状よりも増加させていく、であると現内閣は宣言しています。外国人労働者が増えることによって、転職問題についても大きく幅が広がりそうです。このような社会情勢の変化によって国内の雇用や転職といった事情にも、大きな影響が出てくるのは仕方のないことだといえます。
  • 転職しようと考えている会社で見学などがあれば、たいへん勉強になります。

  • 転職したいと考えている会社の見学は、たいへん参考になります。そういった会社のなかでも、職人さんのいる会社では職人技を近い距離で見られるので楽しくなります。ですが、残念なことに「職人」がいる会社見学ではほとんど見学者には、いつもの仕事現場を見せてくれることはありません。もっとも顕著なのは、ブルーワーカー(肉体労働)などのジャンルです。この分野では、個人のプライドが強いので入社後でなければ、実際の姿はみえません。なので、見学内容イコール仕事現場、と考えないことが大切です。また、会社見学の時に仕事体験させてくれる会社はかなり問題がありますから選択肢に入れるのはやめておきましょう。入社していない人にはもしケガなどのトラブルに見舞われたとしても、保障は一切ありません。万が一、勧められても丁重に断るようにしましょう。
  • もしもあなたが転職を視野に入れているなら、先に「資格」を取っておくと選択肢が増えます。

  • もしも転職を視野に入れているなら、転職する前に資格を取得しておくことをお勧めします。とくに、在職中に資格取得しておくのがお勧めです。転職活動にそれを生かせるので、仕事を探しやすくなります。そのため、在職中であり、かつ転職活動前の段階で資格取得をするのが一番最適です。もしもあなたが転職を目指しているなら、このあとに役立つであろう資格を取得しておけば、現在の会社を退職後も後悔することなく前に進めるはずです。さらに、資格によって転職先の面接で面接官に「即戦力」な人材として認められ、これまでの職場より待遇アップも期待できます。
  • 私が仕事を探していた時期にたいへん多くの人材紹介会社に登録していたのです…

  • 自らが転職を考えていた時期に何個かの人材紹介会社に登録していのだが、その時に感じたこと、それは転職のアドバイザーのレベルも驚くほど様々あってそのほとんどが物足らないと感じる人ばっかり。こちらは人生の大事な事なのにもっと気持ちを込めて向き合ってほしいという欲がいっぱいになってしまいました。そのことが契機となって自分がキャリアカウンセラーの道に進むことになりました。キャリアカウンセラーとして働くための資格を取得するのに費用も掛かりました。それに加えて資格取得のための勉強の面もかなり大変ではありますが、就職活動中の人たちに頼られる人間になるために努力しています。
  • 詐欺|近年では、「ブラック企業」が社会問題としてしっかり扱われるようにな…

  • 近時は、ブラック企業がメディアで取り上げられたりして、労働条件についての取り締まりが強化されたり、悪質な会社が公開されるなど、厳罰を処するようになってきましたが、完璧ではありません。実は、面接で見破ることができます。求人票などに記載された労働条件に目を通して、それらを使って聞いてみることです。「ブラック企業」と対峙している場合には、記載内容がウソだったときには、返答が曖昧なものとなります。その場での回答を避けるなど逃げ腰になることが多いです。特に「休日」「残業」「給与」に関しては、質問してみると、渋い顔をする場合が多くあります。それでもめげずに尋ねていくと、ブラック企業によくある高圧的な態度や、ふてくされた態度を見せるので、ブラック企業だということに気づきます。このような会社は、嘘をつく体質であると考えられるので、変だと思ったら、別の会社を面接しておいた方が良いでしょう。
  • 転職を行うにあたっては、前もって、求人雑誌を見たりし・・

  • 転職活動を行うとき、始める前に、求人雑誌やウェブ上の求人情報を見たりして興味のある会社を調べるでしょう。ですが、当該会社が情報を公表するにあたっては、専属の「コンサルタント」が指南していることが多いものです。コンサルタントは、会社に不利益な情報を隠すプロでもあります。たとえ公開したとしても遠回しな表現に徹します。そのような会社の「社長インタビュー」または「社員情報」などの話は、半信半疑で受け止めておいた方が良いでしょう。もしも額面通りに受け止めて入社してしまった場合、「聞いていた話と違うじゃないか」とあとで後悔するかもしれません。たちの悪い会社は、バカ正直な人間を取り込み、そのあとは、あれこれと理由をつけて会社を辞めれないように画策します。その手の、いわゆる「ブラック企業」の求人にはよくよく注意しておきましょう。
  • 転職のための面接では、規模の小さい企業クラスの場合概ねその社内の「人事」担当が面接官ですが、…

  • 再就職の際に行われる面接というのは、小企業であれば、おおよそ「人事」が面接官ですが、それ以外の場合もあるようです。例を挙げるとしたら、今後一緒に仕事をする作業部署の責任者、平たく言えば部長や課長などの管理職が面接を担当する可能性もあります。特に、営業や事務に再就職する場合は資格による判断がしづらいですから、自信を持ち自分自身を売り込んでいくことが必要です。担当者から「この人は、きちんと自己主張できるし、それに良い戦力になりそうだ」と思わせ、自分という人間を記憶に残すことがとても大切です。
  • 詐欺|職を変えた場合には、高確率で以前の仕事での大方は美化された記憶となります。

  • 転職後は、高確率で以前の仕事でのは美化されるはずです。実際には現在の仕事内容に不満があるから、前向きな思いでやっと退職を決め、再就職したはずなのに、しばらくして過去を振り返ると、なぜかわからないけれど転職後の会社よりも「前職のほうが良かった」と感じる機会が増えてきます。極めて当たり前のことで、前職では日々の仕事に慣れ切っていて今よりも楽に日常の業務をこなせていたからというのが一番の根底にあるでしょう。ところが、「転職などするべきでなかった」というほど、以前の職場の方が仕事に対してのやりがいや職場の雰囲気が良いケースも考えられます。
  • 転職の時の面接で着るビジネススーツの色においては、新卒の学生が就職活動の…

  • 仕事の面接で着用するビジネススーツの色味は、新卒の方が就活の際にに着用する色合いが良いとされています。つまり、紺系や黒系のような落ち着いた色になるわけです。転職のケースでも、着用するビジネススーツの色味はこういう暗めの落ち着いた色が圧倒的な数を占めていて、黒色や紺色以外の色の転職者はほとんど見ることはありません。それ以外だと、たまにグレーのスーツを着ている人がいるくらいで、一般的には紺色や黒色が圧倒的に多いのです。ですから、面接担当者も多数を占めるカラーを着用している人の方が違和感なく感じます。ですから、見た目の印象という面では推奨したいわけです。
  • 生涯初の失業保険を受けるケースでは、「何もしなくても自動的にもらえる」と考えている人…

  • 生涯初の失業保険をもらう場合、じっとしていれば給付されると思っている人がかなり多いですが、それは誤解です。実は、きちんと求職活動を行っている必要があり、さらには、月に一度はハローワークに行かなければいけません。一か月おきにスタッフに就職活動の状況をきちんと説明して真剣に仕事を探していると判断されれば次の月の給付が行われるという仕組みです。なお、本気で就職活動に取り組んでいないと判断されたり、月に一度の職員との面談を欠席した場合は、アッサリと給付してもらえなかったり、場合によっては以降の給付資格自体を失うおそれもあるので、それを防ぐために十分気を付けましょう。
  • 再就職で職場を新しく換えるということは、自身に見合・・

  • 転職によって職場を新しく換えるということは、自分自身に合う理想に近い場所に再就職したいものです。仕事を変えれば、自分にうってつけの仕事にありつくことができるかもしれません。とはいうものの、苦しいことも少なからずあって、相応の努力やスキルを持っていないと、願いを叶えられないでしょう。逆説的に表現すると、あなたの力量次第で、「天職」に巡り会えるチャンスがある、ということです。ここ最近は、「職業選択の自由」が社会的に受け入れられているので、勤め先を変えても偏見を持たれる不安もありません。終身雇用制度がなくなりつつある今現在、「とにかく良い人材が欲しい」と感じている企業もだんだん増加しているので、今の良い時期を有効活用してみてください。
  • 転職活動しようと思うのなら、直近の仕事の何に不満を感じているのかを…

  • 明日からでも転職活動しようと思うのなら、今現在の業務や仕事での納得いかない部分を明確にしておく必要があります。当然と思われますが、意外とそうでもないのです。もともと不満にガマンできないから転職したいと考えているのは分かります。しかし「よく考えていまの人間関係などの満足できないことを挙げる」ことをほとんどの人はやっていません。不満点が明確化できれば、その不満が解消されるなら、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自分の悩みをきちんと可視化しておくと、転職選びに失敗するリスクは減らせます。その次に仮に転職した場合、「今より何が不便になるか」を想像してみましょう。転職したとしても、現状の問題が全て解消されるとは限りません。ですが、メリット・デメリットをあらかじめ洗い出すことで転職してからのモチベーションの低下は未然に防ぐことが容易になるはずです。
  • 詐欺|転職をするための活動をしている最中は、まずとにかく自分自身の…

  • 転職のための活動を成功させるには、なにはともあれ必ず心のうちが急がないということを忘れないようにしましょう。まだ辞めないで転職の活動される場合は、それほどはそうでもありませんが、退職の後に行う際には、どうしても焦燥感が出るものです。その点を踏まえ、慎重に活動してみましょう。今後、自分でやってみたい業務、自分が働いてみたい職場のイメージを具体的にしてみてください。そのイメージを実際の職場とのそれらが合致しているか、徹底的に考えてみてください。そうすることで、満足いく転職が実現します。
  • 再就職をスムーズに行いたい場合、それなりの準備はしなければなりません。

  • 転職をスムーズに行いたい場合、相応の準備は不可欠です。準備といってもたくさんあるのですが、とくに、「服装」を気になっている人も多いと思います。けれど、現在の企業面接に関しては形式ばらない服装を許可しているところもあるので、スーツを着て行く必要がないケースもあります。とくに創業してすぐの会社などは、お堅いマニュアルもないことが多く、私服で面接したほうが、相手に良い印象を与えられます。そして、フランクに話をしやすい、というメリットもあります。そして私服なら、面接中、洋服の話題で盛り上がる可能性もありますから、面接担当者と仲良くなれる期待ができます。ということで、今後、転職活動をするつもりなら、企業の「創立した年」で選択し、(ベンチャー系企業相手の)面接時にはスーツは着ずに私服で勝負するのも良いかもしれません。