とある古物商の求人にて、書類審査に合格しました。すぐ…

ある古物商の人員募集に応募したところ、書類審査を通過しました。2、3日して…

  • ある古物商の人員募集に応募したところ、書類審査に受かりました。その後相手方から面接日時を告げられました。だが、当日、指定された場所へ行ってみると、どういうわけか相手の面接の用意が全くできていない状況だとがわかりました。しばらく待たされたのち、所長らしき人物が面接担当をしてくれたのですが、終始たいへんに面倒くさそうな態度を見せてひとまず面接を終えました。が、約束の日を過ぎても、採用結果は告げられず、ガマンできなくなり、私のほうから問い合わせると、「郵送で本日送付しました」と言われました。しばらく待っていましたが、私の手に届くことはありませんでした。そこで再度電話した結果、どういうことなのか、「結果は不採用でした」、と勝手に電話を切られてしまいました。私はしばらく言葉を失いましたが、不採用で良かったと思っています。
  • 再就職を考えている際に閲覧する求人情報については、参考程度に…

  • 再就職をする時にチェックする求人内容に関しては、参考程度に、アバウトに掲載されている事も少なくありません。そのため、そこに載っている内容は何もかもが正しいとは安易に信じないほうが良いでしょう。なかでも生活に大きくかかわってくる報酬の金額などにおいては、一般的な額なのか?それとも最低限の金額なのか?最高額なのか?といった評価ができない転職者も多く、適当な判断でとらえてしまうと、今後、悔いが残るかもしれないのです。そんな訳で、後悔しないようにするためにも、求人に載っている情報は基準だと思って、そのような肝心な内容は会社に直接連絡を取るのが良いです。
  • 詐欺|今、私は派遣会社に登録して働いています。

  • 派遣会社を通じて働いています。インターネットサイトでなにげなく気になる仕事を見つけ出し尋ねてみると「残念ながらその仕事は、他の方が採用されました」とお断りされ瞬間的にウェブサイト内から仕事の情報が消滅するのですが、なぜか次の日になると消えたはずの情報が掲載されています。これは結局私ではよくないのっていうことですよね。そうであれば最初からカドが立たないように正直に伝えてくれれあありがたいのですが、なかなかそうはいかないのでしょうか。あるいはまたもしかすると存在しない仕事を載せているのでしょうか?
  • 転職の際、正社員ではなく派遣社員という勤務形態を考えている方・・

  • これから転職する場合、正社員ではなく「派遣社員」を選択しようと考えている人にチェックしてもらいたいポイントが何点かあります。まずはじめに派遣社員に関しては、データの入力、お茶出しなどの雑務、雑用等をといった業務内容をなんとなく思い浮かべる人が少なくないでしょう。最初はかく言う私もそう勘違いしていました。「派遣社員」の求人に応募した際に、「お願いしたい業務は電話対応になります」と面接で説明を受けてもいたので安心しきっていました。ところが、いざ仕事に就くと、まさか辞めた正社員さんの穴埋め業務を頼まれました。とくに何をしていいのかもよくわからず、面接のときの説明と大きな食い違いがあるので日々非常に困っています。今はとにかく、ひたすら派遣の期間が過ぎるのを待つのみです・・・。
  • 詐欺|転職活動する際に特に注意すべき求人内容は、そんなにきつくなさそうな仕事なのにも関わらず給料が高めで・・

  • 転職するため職探しをするときに注意して欲しい募集内容は、そんなにきつそうな仕事ではないのに給料がよく、拘束される時間が長めであるというものです。このような募集の場合、給料に『みなし残業代』を含んで計算しているケースが多々見受けられるます。みなし残業代は、『みなし』ともいわれ、例えばですが、30時間、45時間といった感じで求人の記載内容に時間が書いてあります。これは、毎月これくらいの残業が発生するため、最初から給料形態に残業代を組み込む、といったことです。(なお、これは合法です)例えば求人に『みなし残業代30時間込』という表記は「記載時間分の残業代を含めると、これだけの給料がもらえます」という話になるわけです。しかし、悪質なブラック系の求人では『みなし』を意図的に表記してないこともザラですので要注意です。
  • 詐欺|転職を成功させるためには、計画的な情報収集をしておきましょう。

  • 転職することを成功させるためには、最初に意味のある情報を収集することをしておきましょう。それには近年はどんなに小規模な会社にもかかわらずホームページで宣伝している企業が普通だから、ネットを利用して知りたい情報を調べておくとそれとその企業の疑問点などを整理しておくと良いでしょう。また、公式サイトのほかに、「転職サイト」の情報に目を通しておくと対策としては有効です。また、インターネット以外の手段として、何より転職の候補にしている企業を自分自身で見て判断してみるのも良いと思います。
  • 数年前の求人情報には、必要とする人材の「性別」まで書かれているのが一般的でした。

  • 以前の求人誌に募集要項の中に「性別」まで、もれなく明記されていました。ところが現在では、「男女雇用機会均等法」ができたことによって、男女差別が採用時にあってはならないルールが決まり、募集要項の概要に「性別」が記載されないまま、現在に至ってます。とはいえ、求人する会社側には実際はどちらが希望と言う想いがあるはずです。現実問題として、実際は男手を希望の案件に募集に女性がやってきたり、女性希望の企業に男性が来てしまったり、というような問題に遭遇する可能性があります。例として、「女性が活躍する職場です」と紹介されている求人募集の場合は、会社側が「女性」を必要としている、と解釈しておいたほうが確実でしょう。
  • 再就職における面接などに関してもし面接担当者に名刺を手渡されとしたら…

  • 再就職の面接などにおいてもし面接担当者に名刺を手渡されたら、こちらも名刺を相手に渡すべきであるのかどうかと対応の仕方に悩んだ際は、たいていの場合は渡すことはないと理解しておくと良いですね。転職のための面接においては仕事内のことではなくて、仕事を得るための就職活動の一部です。ですからほとんどは名刺を交換する時間ではありません。また、あなたは会社の者としてその場にいるのではなく、あなた個人の問題でそこにいるわけです。という訳で、もし相手の方から名刺を渡された時でも、あなた自身は、ただもらうだけで大丈夫で、相手に渡す責任は少しもないと推測できるのです。
  • 求人サイトをチェックする際、事務系の仕事がしたいからと、…

  • 求人に係る情報を見る際、「デスクワークがしたい」と考えている人ほどはなから製造業をチェックしていなかったりしますが、そうした人の多くは「製造業での募集は、現場の製造マンだけ募集している」と勝手な思い込みで認識しているケースもあります。実際に、製造業の求人でも、現場作業者だけでなく、経理、人事、総務などの従業員募集から、購買、営業管理といった「オフィス系」の仕事もとても多いです。でも、製造業は往々にしてオフィス街からやや離れたエリアにかまえていることが多いです。そのため、嫌だと感じる人もいるかもしれませんが、けれど、自分のエゴをなくすことで素晴らしい人との出会いによって、将来をより良いものにしてくれる可能性もあるのです。
  • 詐欺|新卒採用で入社しましたが、悩みましたが、転職すると決めました。

  • 新卒として入った会社を辞めて、勇気を出して転職しました。退職した後はとても悩んだりもしました。新卒で入った会社を数年で退職し、沢山の人が転職を経験していることを転職活動をしていく中で知り、いつの間にか不安な気持ちは解消されていきました。転職をするとなんだか気持ちが前向きになって、「自分の好きなこと」を探すのことが毎日が充実したものになりました。なかには「続けてこそ意味がある」というような転職に否定的な考えがあるのは理解していますが、必ずしも正しいのかなと感じました。私自身、転職をやって良かったと思っています。
  • 転職する活動時、「自分はこれまでずっとこういった内容の…

  • 今やっている転職する活動で「自分はこれまでこういった職場の仕事をがんばってきました」「過去の仕事によって、手にした経験は、、、です」とそれまでの自分自身の実績などを強調しようとする人はしばしば目にします。ですが、転職先の再スタートを狙う会社で「そのうちこういうような仕事をしたい」「このような事なら貢献したい」と未来の姿を通して自分自身をアピールする方が効果的である場合は、意外と多いものなのです。この点を意識して、転職活動をがんばってみてください。
  • 転職活動を行う場合、履歴書と職務経歴書を用意することが必須といえるでしょう。

  • 転職活動では、履歴書と職務経歴書を準備することが必要不可欠だと考えられています。企業の大半は履歴書及び職務経歴書の記載内容を見て面接するかどうかを決めるため、どうあってもこの2枚の書類の作成が重要になってきます。単に記入しさえすればいいというわけではなく、内容が魅力的であることも重要です。職務経歴書には、自分の職務の詳細な内容、可能な限り自分のできることを書き出します。さらに、過去以外に、現職で挙げた実績でアピールをするのも忘れずに。例をあげれば売上を従来比○パーセントアップ達成させた、などわかりやすく記しましょう。もしも、作成に行き詰まったのなら、転職エージェントに職務経歴書のチェックをさせたり、上手な文章を引き出したりして自分にプラスになるように転職エージェントを利用してみるのもよい転職をするための有効な手段だといえます。
  • 転職を考える際、そこでの年収について気にしすぎる人が…

  • 転職について考えた場合、転職先での年収を気にしすぎる人がわりと少数派でもないでしょう。誰もがだから生活費を給料としてもらうべく仕事すると思います。とうぜん年収がどれだけかは自分自身の価値を測る指標でもあるので大切に思うのは否定できません。しかしながら、必要である以上に年収というものに執着しすぎる人生というのも考え気がします。この世には年収がさほど期待できない仕事であったとしても精神的な充実を得られることが多々あるからです。
  • ついこの間、転職したばかりなのに、慣れもしないあい…

  • ほんの2,3ヶ月まえに、転職したばかりであるにも関わらず、少ししか仕事もしてないのに辞めてしまう選択してしまう人がなんとなくよく見受けられます。それは私の思うところをいうと新たな気持で良い会社を手に入れたものの、「思っていた職場とけっこうかけ離れていた」「職場の雰囲気が受け入れられず・・」というワケで退職を決意することが多いといいます。でもこのような、転職先選びでの失敗を未然に防ぐためには、初歩として、事前の情報集めを徹底する、に尽きます。徹底して行うべきなのです。職場環境、昇給システム、などあれこれ前もってチェックしておくことで気になる点は職に就く前の段階でチェックしておきましょう。
  • 「石の上にも三年」という格言があります。

  • 古来より日本には「石の上にも三年」というコトワザがあるのですが、現在、「終身雇用制度」は死語になりつつあります。「転職」は当たり前になりつつあります。ただ、「転職」が当たり前になったからといっても、安易に職を変えようとするのはキケンです。実際に転職するには適した時期を捉える必要があります。ますはじめに、現在の職場・自分の置かれている立場などに関して、何が不満なのか、何が不適なのかを箇条書きにして最低でも5項目、多くて10項目は探しておきましょう。そうしておくと、再就職を決断することです、そして、もし将来の進路が自身で見いだせたら、決断を遅らせることなく、よりも良い仕事ができるよう、トライしてみましょう。
  • 詐欺|転職する前には、今働いている会社の人たちがあなたが会社を去ろうとしているのを知ると・・

  • もしも転職前、現在の会社の人たちがあなたの退職を知ると状況が大きく変わるおそれがあります。働く環境次第では、問題はないこともありますが、意地悪されたり、やっかみもあるはずです。加えて、残業時間を意図的に増やされることもあるので、軽率に「転職します」と口にするのは注意が必要です。上記トラブルを回避するために、仕事場では、真面目に誠実に振る舞いましょう。注意をしておくことで、良い雰囲気をギリギリまで維持したまま、最高の形で会社を去ることが出来ます。しかも、円満退職できれば、転職後も、困ったときに相談できるかもしれません。会社の大きさに関係なく、どのような企業も人とのつながりはとても大事なので、辞める時のトラブルは控えましょう。