転職活動を現職と並行する人は少なくありません。

転職活動を現在の仕事と同時に行う人が多いです。

  • 転職活動を現職と並立して進行させる人は少なくありません。しかし、忙しく仕事を行いながら求人を調べながら応募したり、面接に行くのは精神的だけでなく肉体的にも消耗が激しいといえるでしょう。転職活動をしているあいだ、現在の会社の同僚や上司にその動きを悟られないようにしなければいけません。とりあえず応募する、という行動をとる人もいますが、書類選考をクリアし、面接に呼ばれたあとに「辞退」を選択したとしたら、面倒な事になるかもしれません。転職エージェントを使って応募していた場合は、そのエージェントからの信用を失いますし、それとは異なり直接応募していたとしても、応募した会社からの電話やメールでの勧誘がしつこくやってくることもあります。どちらにせよ自分の貴重な時間をドブに捨てることになりかねないので、行くつもりのない企業は、最初から応募しないのが正解です。転職活動は新卒の就活とは全く別物であると理解しておくべきです。
  • 勤めていた会社で性格が合わない上司に悩まされて、最後・・

  • 勤めていた会社で嫌な上司の存在に悩まされ、結局我慢の限界を超えてその会社を辞め、同じ畑の別の会社に転職をしました。転職先の会社では上司が温厚で本当に満足の日々でしたが、ちょっとずつ会社が収益を上げられなくなり、最後にはある会社に経営統合されることになったのです。ところがその経営統合先の会社がなんと前にいた会社で、しかも転職のきっかけとなった上司がもう一度私の上司となることに。ここまで縁があるとは。もちろん新規の転職活動を始めようと思っています。
  • 詐欺|職場を変えたいと思っているのなら、「年収」を高望みしないほうが無難です。

  • 転職の予定があるのなら、すぐに「年収」の高望みはしないほうが良いでしょう。とりわけ入社した初年度は、ほぼほぼ「試用期間」が入っている会社が多数で、私自身のときは、尽力して転職したというのに、なんと以前の会社での年収とあまりイコールでした。それに加えて、仕事はかなりキツく、とても責任を伴い1年目を越すのも本当に苦労しました。そういった実体験から1年目は、仕事を覚える期間と割り切り、十分に転職以前の段階でお金をためておいて、当面の生活を安定させるべきだと思います。
  • 楽しい気持ちを持ちながら再就職と付き合う事が出来れ…

  • 楽しんで再就職と付き合う事が出来れば、メンタルに負担を感じることもないので、転職活動の間に堕落はしないですみます。またメンタルが健全な状態であれば、あまり時間をかけることなく転職が出来るでしょう。そうするには、スムーズな隙間のない時間で新たな勤め先を見付けることが大事です。現在の仕事を辞めずに次を見付ける形がベストでしょう。おまけに、間をおかなければ仕事をやめても、すぐに働けます。そのように予定を組んでおくと、職歴の空白期間をなくせるため、履歴にもキズがつきません。すなわち、転職の時に不利になることがないということです。将来のことを考えながら、円滑に転職活動を進めていきましょう。
  • 失業者がもらえる失業保険は、給付されるためには失業中であることが必要ですが・・

  • 失業者に給付される失業保険は、失業している間もらえるが、永久にもらえるわけではありません。離職時までに働いていた期間に応じて異なり、3ヶ月だったり、1年だったりするのですが、世の中にはこういった現実を知らない人が一定数います。失業中である限りもらえると思い込んで失業保険が給付されるからと遊び続けている人もいますが、失業保険はあと1ヶ月のみ、という段階で気づいてから大急ぎで仕事探しを開始しても好条件のところを探すのは至難の業です。転職先の面接官もアホウではないので、「いつ失業したか?」「失業してからどのくらい時間が経過したのか?」「その間、何をしていたのか?」といったことくらいはだいたいバレると思っておくべきです。ヘタをすると、面接官から何をしていたか質問されることになり、返答に詰まったり、自身を良く見せようとバレバレの嘘をついてしまうと、受かりません。
  • 長いこと接客業で勤め続けてきましたが、加齢のせいか立ち続けなければいけない仕事…

  • 長期間接客関係で仕事を続けてきましたが、加齢のせいか立った仕事は体力的に難しくなり、座り仕事である事務の仕事への転職を目指して活動をしました。事務の経験がないと少々厳しく、そこで接客業の経験も活かせる受付兼医療事務をしたいと資格も合格して個人病院に転職することができました。周囲は超ベテランである先輩パートさんばかりで人間関係もややこしい。夜間のシフトばっかりさせられて、接客業をしていた時より帰宅時間も遅いのですが、初めはキャリアの形成時期と諦め頑張ります。
  • これから転職予定がある人で、次の仕事を始めるまでにまだ期間がある場合・・

  • 今年中に転職活動をする人のなかで、次の仕事を始めるまでにある程度時間があるのなら、可能ならば「失業手当」をもらっておきましょう。これは働いている会社がしっかり「雇用保険」を支払っているのなら、必ず誰でも失業手当を受け取ることができます。詳細の手続きについては、「ハローワーク」で行います。もしも自己都合で会社を辞めたのなら、失業手当を受け取るまでに3ヶ月の待機期間があるのですが、場合よっては会社都合での退職や、残業時間によっては、すぐもらえる場合があります。ちなみに、もらえる「失業手当」の金額については、会社で最後に働いた月の給料を軸に失業手当の支給する額を計算されるので、現在の会社に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種であれば、繁忙期の後に辞めたほうがいいです。
  • 『なるべく早く転職をしたい!』と思っていて、自分の意志が本当に強いものであるなら…

  • 『転職したい!』という願望があって、その意志が強いのであれば、辞めたいという旨を即、上司に伝えておきましょう。ただし、そのときに曖昧な表現をしてしまうと、もしかすると言いくるめられる可能性が高いので要注意です。実際に私もそういった経験があり、退職するタイミングを伸ばされてしまい、結局、半年ほど予定が伸びてしまいました。辞めたいということをはじめに、直属の上司に相談したのが年度末だったのに、結果的には数ヶ月働くことになり、退職届けを出せたのは同年の11月です。本来なら、区切りの良い年度末いっぱいで辞めたかったのに、希望通りにはいきませんでした。やっぱり職場も、人事的な都合があるのかもしれませんが、スタッフの要望を聞かないまま、上司を含め組織として予定を引き伸ばしてきたので、心底職場に対してガッカリしました。
  • 全くの未経験の業種などに転業をしようとするときには・・

  • 未経験である分野などに職を移そうとするときには、自分が以前の会社で身に付けた腕前やこれまでの経験値が生かせるといった内容の自己アピールが必要になります。経験がない人は未経験の分だけその業種の経験者よりも正直、不利な状態になりますけど、自分が保持している能力がその分野でも十分に発揮することができるということをしっかりと相手に伝えれば、戦うことができることも考えられるのです。そのような訳で、経験が全然ないジャンルに挑むときには、その業種と今まで自分が経験してきた仕事内容とのつながりを可能な限り考えましょう。
  • 詐欺|数日前転職先を見つけるために人材紹介会社へ登録に足を運びました。

  • 数日前仕事を探すために人材バンクへ登録に向かいました。登録カウンセリングを行うために現れた担当の人の雰囲気がどうも会社に入って間もない社員のようで、私が伝えたいことの半分ほども彼は理解していないように思えました。さらに「キャリアデザインを作り直した方がいいですね」とか「もっと自分の強みと弱みを理解しておくことが重要です」等、一人前のことを横柄にのたまうので非常に不愉快でした。カウンセリングを担当する人はいくらか能力のある社員に、してほしいものです。
  • 詐欺|転職期間のあいだは、自分の好きなことに没頭したり、体力を損なわない生活を習慣化しておく…

  • 転職期間中には、自分の好きなことに没頭することに加え、体力の向上を意識した生活習慣を取り入れると良いでしょう。転職先が決まり、いざ仕事を再始動したときに、趣味に没頭してたことによって無意識の間に集中力が高められます。加えて、体力を補っている事で、他の社員たちと比べると疲れにくい身体になっているということを認識します。そんなわけで、退職して転社先が決まるまでは自分が興味のあるなことに力を入れることと、体力を低下させないようにしておいて損することはありません。今後、その職場にてあなたと同様の趣味を持つ人と知り合えたのなら、仲良くなるキッカケになります。ですから、趣味を極めることが転職期間の自由な時間の使い方です。
  • 詐欺|クールビズ(軽装)スタイルで再就職の面接会場に行こうとする場…

  • クールビズ(軽装)の服装で転職の面接に行く場合、いくらなんでジャケットまでは着ていかなくて良いとはっきりとしています。ですが、ネクタイだけはしておいた方が好印象です。タイもジャケットと一緒でなくても大丈夫だと考える会社もある可能性はあるにはありますが、ことネクタイに関してだけはクールビズが推奨されていても必ず着用する必要があると決めている企業がある程度あります。そのため、クールビズが許可されていてもネクタイを着用してから面接に行った方がベストであるということを知っておいてほしいです。
  • 詐欺|以前の私は、求人情報は「転職サイト」よりも、「ハローワーク」で探していました。

  • これまでの私は、職探しは「転職サイト」ではなく、「ハローワーク」に通っていました。というのもCMで有名な大手の転職サイトは、構造上、都心の求人しかないからです。そのため、求人情報をチェックする時は、「ハローワーク」のみ使っていました。もちろん、掲載されるいくらか企業数や給料などで若干の見劣りがあるものの、地域密着なので、安心して面接に進むことができます。ですが、ハローワークというと、なんだか地味な感じがするという先入観がある人もいるかもしれません。思いのほか、思いがけず理想の企業もあるかもしれないので近いうちに転職を考えている人はハローワークに1度行ってみることをお勧めします。人気の転職サイトみたいに多くの電話・メールに悩まされる心配もありません。
  • 「転職サイト」は、大手が運営しているものほど掲載される案件の量も多いので・・

  • 転職サイトは大きなサイトの方が多くの会社が掲載されているため、気に入った2,3の会社を、転職サイト登録しておき、希望する勤務地や年収について条件を設定しておき、さらに条件に合った求人情報が掲載されたら自動的に通知されるように設定しておくと転職活動がラクになります。だとしても、最初は登録するのがなかなか大変なので、サイトに登録する前に、「履歴書」「職務経歴書」を忘れずに準備しておき、それらをテキストアプリに記録しておき、コピー・アンド・ペーストしながら、登録を進めると楽になります。登録をする第一回目は時間がやや必要ですし、案件の検索や応募だけでも意外と苦労しますが、その後は、新着情報だけチェックすれば良いので、後の応募を考えれば、初めの準備をしっかり行うことを推奨します。
  • 求人についての情報誌やサイトを見てみると、まともな職場・・

  • 求人関連の情報では、たいていの企業では月にもらえるお金がしっかりと記載されていますよね。この月収の箇所をチェックする時には、しっかり確認する事が大事です。その多い少ないだけで判断しないほうが無難です。何故かというと場合によっては、月収の額の中に「毎月10時間分の残業」を前提に計算されている可能性もあります。そういうことは残業代の金額を入れることで良い案件に見せて、人材を募集しているケースも考えられるのです。また「歩合給」をプラスする、といった案件も要注意です。歩合をかなり盛って月収を多く見せている企業もあったります。そうやってよく分かっていない人たちを扇動しながら人材募集を掛ける会社は興味を持たないほうが賢明です。
  • 詐欺|転職するにあたって、今勤務している会社を退社する時…

  • 転職を行う際、今勤務している会社を退社する時に「失業保険」を受けるための手続きをしなくてはなりませんが、もしもあなたのほうから退職届を書いて退社する、いわゆる自己都合退職であった場合はすぐさま失業保険を受け取れるわけではなく手続きをした後で失業が認定されてから3か月経つこことが必要なのです。よく間違って会社を辞めた翌日から3か月経てば給付されると誤解している人がいますが、実際に誤解してしまった人が、ハローワーク側にミスがあると思い込んでその結果ハローワークの職員と口論していたのを以前見たことがあります。ちなみに、社員側の都合ではなくリストラなど会社の都合で退職するケースでは、失業認定されてからすぐさま失業保険が給付されます。