もしも転職したいと考えているなら、あらかじめ資格を取るのがおすすめです。

もし転職を考えているなら、「資格」を取得しておくと有利になります。

  • 近い将来、転職するのなら、事前に「資格」取得は考えておいて損はありません。また、転職活動を始める前の段階で、資格を取得すると、転職活動時には有効活用することができますから、仕事を見つけやすくなります。ですから、在職中の時間がもっともよい時期といえます。将来を見据え、このあとに役立つであろう資格を取得しておけば、今の会社を退職後も後悔なく次に進めます。そのうえ、資格を取得した後では、転職活動の幅は資格が味方をしてくれるので、面接時に面接官に即戦力になる人材だと判断され、活躍しやすいのも特徴です。

    私が求職中のころかなりたくさんの人材紹介会社に登録していました。

  • 私が求職中のころいくつかの人材紹介会社に登録していました。その時に特に感じたのは転職アドバイザーのレベルに関しても様々あってほぼ物足りなく感じる人ばかり。こちら側は人生の大事な事なのにもっと誠意を込めて向かい合ってほしいという落胆した気持ちがいっぱいになりました。それが発端となり私はキャリアカウンセラーの道に進むことになりました。キャリアカウンセラーとして働くには資格が必要です。資格取得のためにはお金もいりましたし勉強に関してもハードではありますが、求職中の方から信頼してもらえるキャリアカウンセラーになるべく頑張っています。

    現在、「ブラック企業」が社会問題としてしっかり扱われるようにな・・

  • 現代では、「ブラック企業」が社会問題として扱われるようになり、労働条件についての取り締まりが強化されたり、悪質な企業の場合は公開されるなど、不利益を被る流れができてきましたが、完全とは言い難いというのが現状です。なので、事前に面接で「ブラック企業」かどうかを見破れる方法があるので覚えておきましょう。とりあえず、求人票等に書かれている労働条件を確認し、それらを使って細かく質問してみましょう。相手が「ブラック企業」な場合、質問したことが嘘であった場合、答え方が不自然になったり、「その場では答えられない」みたいな逃げの姿勢に入ります。特に給与や残業や休日に対しては、質問を重ねていくと渋い顔をする場合が多くあります。それでも迫ると、ブラック企業によくある威圧的な態度や、ふてくされた態度を見せるので、そこで相手がウソをついていると確信できます。このような会社は入社してからもこのような態度であることが多いので、少しでもおかしいと感じたら、それ以上関係を持たないことが無難だと思います。

    転職をする際は、事前にハローワークの求人票や求人雑誌、あるいはウェブ上の求人情報を見たりし・・

  • 転職活動の際は、前もって、ハローワークやネット上の求人情報を閲覧したりして転職希望先の会社をチェックすると思います。ところが、当該会社が情報を公表する際には、専属の「コンサルタント」が指南していることが多いものです。コンサルタントは、会社に不利益な情報を隠す達人です。たとえ公表する場合でも曖昧な表現を使ってうまくごまかそうとします。そのような類の社員の声や社長のインタビューについては、額面通りではなく、参考程度に聞いておいた方がいいでしょう。仮に額面通りに受け止めて入社してしまった場合、予想とは全く違うとあとになってから後悔しかねません。たちの悪い会社は、素直な人間を取り込み、その後は、色々と理由をつけて会社を辞めれないように仕向けてきます。要するに「ブラック企業」の求人には注意、ということです。

    再就職の際の採用面接では、中堅企業クラスの場合、その社内の「人事」担当が面接官ですが・・

  • 再就職の際の採用面接では、小規模業者だったら概ね「人事」が面接官となりますが、その他にも具体的には、今後共に仕事をする部署の責任者、一言でいえば部長や課長などの管理職クラスが面接担当になる可能性もあります。特に、事務職や営業職といった部署に転職する場合は、資格などという人の良し悪しを判断しづらいのでやはり自分を売り込んでいくことで好印象を与えられます。面接官から「この人は、きちんと自己主張できるし、それに良い結果を出してくれそう」と思わせ、記憶に残すことがとても大切です。

    職を変えた場合には、高確率で前職での記憶は美化されます。

  • 職を変えた際には、高確率でそれまでの会社の仕事での大方は美化された記憶となります。そもそも現在の職務にダメな点があるから、それをクリアするために思い切って再就職したはずにもかかわらず、昔を思い返すとなぜかわからないけれど新しい会社よりも「前職のほうが良かったかも」と感じることが増えてきます。というのは普通で、前職では日々の仕事の勝手がわかっているので苦労なく与えられた仕事が淡々とできていたのも一番の理由にあるでしょう。だが実際は「やっぱり退職なんてしないほうが良かった」と心底悔やむほど、前の会社のほうが仕事に対してのやりがいや労働環境が良い可能性もあるはずです。

    詐欺|転職の面接で着用するビジネススーツのカラーは、新卒の就活…

  • 転職の時の面接で着るビジネススーツの色は、新卒の方が就活の時に身に付けている色が一般的となっています。ということは、黒や紺といったようなダークな色合いになるわけです。再就職であっても、スーツの色というのは新卒の就活の時のような落ち着いたカラーが圧倒的な数を占めていて、黒色や紺色以外の色の人は少ないです。その他の色で言えば、まれにグレー系のビジネススーツを着用している方が若干いるくらいです。割合からしても黒や紺色のビジネススーツを着用している方が大多数を占めているので、面接を行う採用担当の人もそのような色であるほうが普通に見えてしまいますから、第一印象という点ではそういった色を着用する方が良いわけです。

    詐欺|生涯初の失業保険を受けるときに、何もしなくても給付されると考えている・・

  • 生まれて初めて失業保険をもらう場合、ただ給付されるのを待っていればいいと思っている人が大多数なんですが、それは誤解です。本当は、希望通りにもらうためには、仕事を探していることが必要で、毎月一回はハローワークに通う必要がある。1ヶ月周期でスタッフに就職活動の状況をきちんと説明して本気で就職活動をしていることを理解してもらえれば翌月の給付が振り込まれるというシステムです。一方、本気で就職活動をしていないと判断されたり、毎月のスタッフとの面談に顔を出さない場合は、強制的に給付してもらえなかったり、ケースによっては以降の給付資格自体を失うおそれもあるので、それを防ぐために注意が必要です。

    再就職して仕事先を新しく替えるということは、自身に見合・・

  • 転職で仕事先を一新するということは、自分に見合った自分の希望に近い転職先を見つけ出したほうが好ましいということです。勤め先を変えれば、天職に就くことができるかもしれません。とはいえ、現実に行動する際は、相応の努力やスキルがないと、転職自体が難しいです。別の言い方をすると、あなた自身が価値ある人材であれば、「天職」に巡り会えるチャンスがある、ということです。最近では職業選択の自由が権利として認められていて、転職しても偏見を持たれてしまうリスクもありません。終身雇用制度がなくなりつつある今は、「とにかく良い人材が欲しい」と願う企業もどんどん増加していますので、このチャンスに転職を考えてみるのもアリだと思います。

    そのうちでも転職することを考えているのなら、直近の業…

  • 今からでも転職することを予定しているのなら、直近の仕事の何に対して不満を感じているのかをリストアップしてみましょう。当然と思われますが、意外とできてないです。そもそも不満な点にガマンできないから転職しようと思っているはずです。でも「よく考えていまの職場の不満な点を挙げる」ことを多くの人はやっていません。不満点解消なら、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自分の問題をしっかり見える化しておくと、転職における後悔を減らせます。その次に仮に転職した場合、「今より何が不便になるか」を想像してみましょう。転職をしたらすべてが今よりも良くなるとは限らないからです。しかし、メリット・デメリットの両方をあらかじめ理解しておけば、転職したあとのモチベーションの急激な低下は高確率で防げますから、失敗しないのは可能です。

    転職のための活動を成功させるには、なにはともあれゼッタイ・・

  • 転職の活動をしているときは、最初に常に自分自身の心が慌てないことをとても大事にしたいものです。今の会社で働きながら転職活動を行う場合はあまりそうでもありませんが、退職をした後にする際には、やはり焦りが出てしまいます。なので、気持ちを落ち着けながら転職活動を続けるのを忘れてはなりません。自分がやってみたい仕事や、思い描く理想の職場などを明瞭化しておきましょう。そのイメージを候補の職場と比較してみて、それらが合致しているかどうか、しっかり、冷静に見極めていきましょう。しっかり考えることで転職で良い結果を出しやすくなります。

    転職活動にあたって然るべき準備は必要です。

  • 転職活動を進めるには、相応の準備は不可欠です。その中でも「服装」を気になるところだと思います。…が、最近の企業面接については私服がOKな会社があるので、スーツで決めて赴く必要はありません。とくに創業したての新規の会社などは、柔軟な考えをしていることが多く、私服で面接したほうが、相手に良い印象を与えられます。さらに、堅いイメージを与えないのでフランクに話をしやすいのもメリットといえます。そうして、私服ですと面接中に、服装の話題に発展しやすいです。ですから、うまくいけば面接担当者と打ち解けあえるチャンスがつくれます。ですので、転職活動は企業の「創業年数」で選択し、(ベンチャー系企業相手の)面接の際はスーツは着ずに私服で勝負してみる、というのもアリかもしれません。

    詐欺|今日はネット上では、「就職斡旋エージェント」や、ヘッドハンティングの請負ををビジネスとする会社もたくさんあります。

  • 今日、インターネット上では、「就職斡旋エージェント」をはじめ、ヘッドハンティングも請け負う会社が増えているが、あなたに特許を出した経歴があるなら、ヘッドハンティングの対象になりやすくなります。ヘッドハンティングを行う会社は、特許申請を行った人だけでなく、研究開発で論文を出した経験がある人や、マスコミで紹介されている人など、何かしらの「功績」を残したと思しき人に狙いを定めて、電話・メールでコンタクトを取り、ヘッドハンティングのためのネタとしています。もしもあなたが、ヘッドハンティングの匂いがする連絡をもらったならそうなったきっかけを考えてみてください。ここ最近は、ヘッドハンディングと言いながら、登録料を請求する業者もありますが、そのような業者は明らかにイカサマですから騙されないようにしましょう。ヘッドハンティングは、企業が仲介業者に報酬を支払うので転職希望者がお金を出すことはまずありません。

    新たなことにチャレンジしたいと考え、転職サイトで自ら…

  • あなたが今、「転職サイト」で自らの能力を思う存分発揮できるような働いてみたいと思えるような仕事情報を調べているのなら、ぜったいに「転職エージェント」を利用しておきましょう。なぜなら登録は簡単です。エージェントサービスの登録を済まて、そこで紹介してもらえる仕事は、一般的に公開されていないからです。誰しもが見られる公開求人とは異なります。なにせ、どう比べても、比べ物にならないくらいとても質が高いといえます。かつ、あなたの希望にフィットしたものを調査した上で紹介してくれます。そういうわけで、かなりの精度で職種の求人にめぐり逢えることが多々あります。仮に、同一の求人に出くわすとしても、ひとりの力で最初から探す手間を考えれば、とても効率がいいし、試してみる価値はあります。

    女性の再就職は、一昔前とここ最近とでは若干、変化が見受けられます。

  • 女性の転職については、一昔前と現在とでは多少、状況が変わりつつあります。一昔前は会社側から「結婚観」や「出産後の仕事」など、質問されることがほとんどでした。ですが、現在の流れとしては、その手のデリケートな内容は、セクハラに該当するかもしれないので聞くのを避ける会社が増えています。名の知れた大きな会社の場合は、神経を尖らせているようです。でも、企業側としては、〇か×ではなく、その女性の人生観、結婚した後も働きたい、「出産後はすぐに復帰するのか」などを把握しておきたいとは思うはずです。自分の価値観をわかっておいてもらうためにも、自己ピーアールや志望の動機と併せて表現することで、企業側にも考えが伝わり、安心してもらえると思うのです。というワケで、たとえ、聞かれていない部分も、こちら側から積極的に答えてみることを考えてみてください。

    詐欺|実際に失業保険の給付を振り込んでもらうためには、仕事を探していることの証明が必要になります…

  • きちんと失業保険の給付を振り込んでもらうためには、客観的な意味で、仕事を探している姿勢を見せる必要があります。だとしても、「会社に行かなくて良いし、少しの間でも仕事をせずにゆっくりと過ごしたい」のが本音だと思います。そこで、しっかり次の仕事を探しているように思わせる方法があるので紹介します。月に一回ハローワークに行って担当職員と面談するのは必要ですが、求人票のチェックは必ず行わなければいけません。本気になって探す気力がないときは、求人票を真剣に見ている芝居をして、ハローワーク職員との面談にて、「労働条件のいい仕事や自分がやっていけそうな仕事が意に反して今回はありませんでした」と、相手に告げて、次の機会を探すという方法もあります。