転職活動をするときに気を付けたほうがよい求人情報は・・

転職のため仕事探しをするときに気を付けたほうがよい求人は・・

  • 就職活動に注意して欲しい求人は、そんなにきつそうな仕事内容ではないのに給料が高く、拘束時間が長めのものです。このような求人は、給料に『みなし残業代』を含んで算出している場合がとても多いです。みなし残業代というのは『みなし』とも呼ばれ例えばですが、30時間・45時間といった形で求人の記載内容に時間が併記されているものです。月の中で残業が発生することが想定されるので給料形態に残業代を組み込んで計算しておくというものです。(ちなみに、これは合法です)仮に求人に『みなし残業代45時間込』という表記は「書かれた時間分の残業代も含めてこれだけの給料になります」という話になるわけです。が、悪質な求人は、告知しておくべき『みなし』を意図的に表記してない場合もあるので、しっかり気を付けてください。

    詐欺|転職をスムーズなものにするには、事前に行動をしなくてはいけません。

  • 転職を成功させたいのなら、戦略を立てながら徹底した情報を収集することが不可欠です。そうしようと思うのなら今はどんな中小零細企業だって公式サイトで宣伝しているところが普通なので、インターネットを使って自分が知りたい情報を手に入れるとまたその会社についてわからない点をチェックしておくと良いでしょう。加えて公式サイト以外にも「転職サイト」の情報に目を通しておくと良いかもしれません。また、インターネット以外の手段として、転職候補にしている職場を自ら判断してみるのも良いと思います。

    詐欺|数年前は求人誌では、募集条件の中に「性別」まで、しっかりと記載されていました。

  • 数年前は求人情報に雇いたい人の「性別」まで明確に記載されていました。けれど現在では、「男女雇用機会均等法」の影響によって、雇用時、男女差別がないようにしないといけない事となり、応募条件のなかに「性別」の表記ができなくなりました。でも、募集情報を出す側は、男性・女性どちらでも等しく雇用するとは限らないのです。実際に、男手を必要としている業種に、女性が募集にやってきたり、女手が必要なのに男性が応募してきたり、といったようなトラブルが少なくありません。たとえば、「女性が活躍する職場です」と紹介されていたら、雇用側が「女性」を必要としている、と認識しておくできます。

    詐欺|再就職の時の面接などの際に担当者が名刺を差し出してきたら・・

  • 再就職の時の面接などの際に面接担当者に名刺を手渡されとしたら、同じようにあなたも名刺を差し出す方が良いのか?差し出さなくてよいのか?と対応の仕方に悩んだ際は、大方は渡さないもの、と知っておくと良いですね。面接に関して言えば仕事の延長ではなく、仕事を得るための就職活動の一環です。ですからほとんどの場合は名刺を交換する時間ではないのです。合わせて、あなたは立場上会社の者としてその場にいるのではなく、あなた個人の問題でこの場にいるわけです。という事で、もしも相手側から名刺を渡されても、あなたのほうはもらうだけでよくて、担当者に相手側にあげる責任はまったくないと言えます。

    求人情報をチェックする時、「デスクワークがしたい」という人…

  • 求人情報を見る際、例えば、「オフィス系の仕事をしたい」と考えている人ほどはなから製造業はチェックしない人がいますが、そうした人には「製造業は製造マンの求人だけだ」と勘違いしている場合もあります。現に、製造業の求人でも、製造マンだけでなく経理、総務などの人材募集をはじめ、購買、営業管理といった「事務系」に分類される仕事がかなり存在します。ただ、製造業の大半はオフィス街などのおしゃれな雰囲気とはかけ離れた場所にあることが多いですから仕事帰りに買い物を楽しめる環境で働きたいと考えている人には、そういった点が受け入れられないと感じる人もいるでしょう。そうだとしても、自身の執着をなくすことで仕事の選択肢が拡がるはずです。

    新卒で入社した会社を辞めて、転職を決意しました。

  • 新卒で入社した会社を離れ、悩んだ結果、転職すると決意しました。実際に行動する前は、しばらく転職できるか不安になりました。でも、新卒で入った会社を数年で退職し、中途採用として働いている人が大半であると私自身が転職したことで知り、無意識のうちに漠然とした不安が消え、ほっとしました。また転職を経験したことによりなんというか、肩の荷が下りたような感じがして、「自分のやりたいこと」を探すのが前向きに過ごせるようになりました。なかには「辞めることが悪」といったような考えの方も、もちろんいますが、それが必ず正しいのかなと感じました。私は転職を決断して後悔はありません。

    詐欺|今やっている転職活動中に、「これまでこういった種・・

  • がんばっている転職する活動の際、「私はかつて、こういう職場の仕事に尽力してきました」「仕事の中でこういった経験を得られました」と過去の自身の成功体験やセールスポイントをがっしりアピールしなくちゃと考える人は頻繁に見かけます。しかし、希望する再スタートを狙う企業で「近いうちにこういうような仕事をしたい」「私が言ったような内容の仕事ならできれば貢献したい」と将来的なビジョンで自身をアピールを狙ったほうが過去をメインにしながら語るより採用チャンスに恵まれます。この点を意識して、転職活動をがんばってみてください。

    詐欺|転職活動では、履歴書と職務経歴書を必ず用意しなければいけません。

  • 転職活動時には、履歴書と職務経歴書が必須だとされています。多数の企業は履歴書や職務経歴書に書かれている内容を考慮した上で面接するかどうかを判断するため、これらの書類が大切なアイテムです。ただ文字を書くだけでなく、内容を魅力的なものにすることが必要です。職務経歴書は、過去の職務の詳細と、自己アピールとなる内容をできる限り書き出します。さらに、過去以外にも、現職で挙げた実績も価値があります。たとえば売上〇%UPした等、わかりやすく書くのが得策です。作成が難しいと思ったときは、「転職エージェント」に職務経歴書の添削をしてもらい、上手な言い回しのヒントを聞いたりしましょう。自己ブランディングのためにうまく活用することも有益な方法です。

    転職というものをする場合、転職したあとの自分の給与について気にする…

  • 転職する場合、そこでの年収ばかりに気を取られる人がけっこういるようです。もちろん大多数は仕事というのは収入を得るため、行うものです。だから生活費を給与として手に入れるために仕事を選択するのはずです。ですから年収は自分がどのくらい評価してもらえるか、という面もあるから当然大切なことは否定できません。でも、必要以上に年収額にとらわれすぎてしまう生き方というのも虚しい気がしませんか?よく見れば年収が期待できない業種でったも精神的に満たされる可能性が多々あるからです。

    少し前に転職をやっとしたばかりだというのに、早期に退職してしまう人というの・・

  • この前、転職をやっとしたばかりであるにも関わらず、何ヶ月もたっていないのに辞めてしまう人というのも意外にも多かったりします。何故かと考えてみるとたぶん新たな気持で素晴らしい職場を手に入れたものの、「自分の思っていた仕事と堪えられほど違っていた」「ルールに慣れなかった」ということが理由で退職してしまうのだとか。でもこういった、転職先選びでしないためには、初歩として、転職先の情報収集を欠かせません。手を抜くことなく、徹底して行うべきなのです。職場内の環境、具体的な業務内容、職場独自のルール、など多角的に事前に調べておくことで転職後に後悔するリスクは大きく減らせるはずです。

    日本には古来より「石の上にも三年」というコトワザがあります・・

  • 昔から日本には”石の上にも3年”という生きていくうえで格言となるべき言葉があります。大正末期から昭和初期にかけて原型がつくられた、「終身雇用制度」は衰退してきています。転職というのはとても身近なものになってきました。しかし、誰もが簡単に転職できる安易に仕事を選択し転職を繰り返して良いワケはありません。実際に仕事を変えたいと考えているなら、時期を捉える必要があります。まず第一に、今現在の職場、自分の置かれている立場などに関して、不満点を箇条書きにして最低でも5項目、多くて10項目は書き出してみてください。そうすることで、再就職に役立ちます。そして、もし将来の進路が自身で見いだせたら、できるだけ素早く、今より良い仕事ができるように頑張っていきましょう。

    もし転職することが、今勤めている会社の人たちがあなたの転職を知る…

  • もし転職前、今の職場の同僚たちが、あなたの退職を知ると職場の状況が大きく変わるおそれがあります。今までの周囲との関係によっては、問題はないこともありますが、意地悪されるおそれもあります。ひどいケースでは、残業時間を意図的に増やされるキケンもあるので、安易に「転職します」と口にするのは注意が必要です。上記のようなトラブルを避けるためにも、今現在の職場では、真面目に仕事に取り組んでいましょう。そうすることで、良い関係をギリギリまで維持したまま、晴れやかに仕事を辞めることができます。また、円満退職となったなら、転職後にも、困った際には相談できるチャンスにも恵まれるはずです。業界に関係なく、どんな企業でも、人とのつながりが大事なので、転職前のトラブルは、可能な限り控えましょう。

    詐欺|この先、社会的には徐々に単純作業は機械化に置き換わって…

  • 将来的に、労働力という観点においてより一層簡単な仕事は機械に変更されていきその変化によってマンパワーはどうしても削減されます。なぜかというと思考を必要としない仕事という観点ではヒト以上に機械で進めたほうが数段に作業量をこなせるからです。例えば、数量をカウントしたり、同じ動きをずっとリピートしたりすることは機械なら何の苦もないのです。当たり前のことながら人間とは違って愚痴も言わない、疲れもしない、不正をすることもないし、早いし均一化できるメリットもあります。加えて、賃金が発生しないのも大きな違いといえます。というわけで、労働力として生身の人間を使う意味が到底無さすぎるため、機械に置き代わるのも当然の流れなのです。

    転職活動をしたとしても、何もかもがスムーズに進行…

  • 仮に転職を考えたとしても、万事順調にいくと言い切ることはできません。もしも転職するのなら、どっちにしても転職をしなくてはならないなら極力早い時期に考えておいたほうが良いです。平均として見た場合、20代のうちは良い成果があがりやすいですが、残念なことに、30代後半~40代に入ってしまうと転職の場合は、たいへん難しくなります。もしも、管理職などに就いているのなら、転職の気持ちが強くなっていても会社に残ることも結論として選ぶ答えの中に含めておくべきです。要するに、退職届を提出後に転職活動するよりも、現在の会社をやめないまま、じっくり探すほうが失敗することもありません。

    詐欺|転職を取り囲む状況は、政治によって左右されつつあります。

  • 政治による影響がでつつある転職事情ですが、現在の安倍内閣によって、アベノミクス「三本の矢」など、新たな経済政策を打ち出し、経済政策に連れ立って日銀による「金融政策」と相まって、財界・民間企業側からも新たな変化が巻き起こりつつあります。その作用もあって企業伸長とともに今度は若者世代の減少と、現役世代の大量退職による「人員不足」がかなり深刻化しています。また最近では、「外国人の労働者」の比率を増やして人材確保に務めていくと現政権は方針として掲げています。外国人労働者が増えることによって、こうした社会情勢の変化によって、国内の雇用や転職といった事情にも、大きな影響が出てくるはずです。

    転職しようと考えている会社の会社見学ができれば、かなり参考になります。

  • 転職しようと考えている会社で会社見学しておけば、たいへん参考になります。その中でも、「職人」がいる会社での見学は、スキルを近くで見られるので楽しいものです。しかしながら残念ながら「職人」がいる会社見学では見学者にはほぼ、本来の仕事現場を見せてくれることはまずありません。例を挙げるとずばり、ブルーワーカー(肉体労働)などの業種です。この分野では、独自の感覚を持つ人が多いので実際に入社してみないと、本来の姿がわかりません。なので、見学で知った内容がそのまま仕事現場と思わないことがとても賢明です。ましてや、見学の時に仕事体験させてくれる会社は、問題があるので正直言って、注意しておくべきです。雇用契約を結んでいない人には仮にケガなどのトラブルに見舞われたとしても、保障もないので、仮に、勧められても角が立たないように断るほうが良いでしょう。