詐欺|現在のあなたの仕事や業務に関して、不服に思っていることの中に・・

詐欺|今の職場や業務内容に対して、多くの人は、何かしらの不満を感じているでしょう。

  • 今現在の自分の勤め先や仕事の中身について何かしらの不満点があるはずです。「自身の持っているスキル・能力が正しく評価してくれない」そのため、「賃金アップも、レベルアップの見込みもない」といった点を挙げる人がほとんどだと思います。ですが、気持ちは理解できます。しかし、上記のような不満を持っている人のなかには自身の力量を実際よりも「過大評価」してはいないか、改めて確認することが不可欠です。万が一、自分を過大評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「この企業や職種では、自分を活かせない」と転職活動がうまくいかないおそれがあります。可能性があるので、注意しなくてはいけません。そういうわけで転職を円滑に行うためには、自分のスキルや能力を客観的に分析することからはじめて見てください。
  • 詐欺|好きなジャンルの仕事に就きたいと考えている方は注意が必要です。

  • 好きなことを仕事にしたいという風に思っている方は気をつけた方が良いです。これは、私が実際に体験したことなのですが、私自身、もともと食べることが好きでそれが理由で、かつては、飲食店(レストラン)に勤めていた時期があります。そのレストランでの業務内容は、そのレストランで私が担当していた仕事内容は、盛り付けやホール業務でした。この業務内容に関しては、不満もなく楽しみながら仕事ができていたのですが、職場の人間関係でとても嫌になってしまいました。そのことが理由で、仕事をやめたのですが、そのせいで、大好きだった食べることやその飲食店で扱われていた食べ物すら嫌いになり、よく似た飲食店は現在も行くことができません。当時の店の匂いを思い出すのも苦手です。この仕事に就いた当初、好きだったものをキライになるなんて今でも信じられません。趣味に通じることや大好きな分野の仕事に就きたいと願い、それを実現させることは本当に素敵なことだとは思います。しかし、「好き」のレベルはどの程度のものなのか、改めて見直す必要があります。
  • これはシフトの仕事についての話なのですが、一定の…

  • これはシフトのある仕事についてです。特定の曜日に勤務できる人を募集する求人を頻繁に見るのですが、もしも応募しようと思っているなら休む手順やシフトの提出方法についてはチェックしておいたほうが良いです。それはなぜかというと、私は過去、出産のため休む人の代わりに正社員として入ったのですが、私のシフトがそこでは、「土曜、日曜」固定のシフトだったのですが、新人の私以外、他の社員は現場にいませんでした。前任の方が「土日」に必ず出ることができたので、私自身もそのような人と思われていたようです。ですから「土日」に休まざるを得なくなると、シフト変更を出す必要があり、職場の先輩方に私の代わりに出勤してもらえるように、と私から交渉しないといけませんでした。立場も給料も同等なのに土日を1人の人に任せるって・・・思い返してみると本当によく我慢したなと思います。
  • 看護婦と呼ばれていた看護師というのは資格として女性の割合がすごく大き・・

  • 昔は看護婦と呼ばれていた看護師は働く者として歴史的にも女性比率が大きい職です。しかも、気力や体力への大きく消耗しやすい過酷な現場が少なくありません。そのため、職場での対人関係にトラブルを抱えやすく、自身の結婚・出産といったそれまでとは同等の勤務が継続できなかったりして、仕事とプライベートのバランスをかなり難しい仕事といえます。実際、上記のような問題に行き詰まり、転職希望者が多いというのも事実です。人が固定化しづらい環境であるために、看護師は、どのエリアでも慢性的な人材不足に悩まされています。最近は特に、各医療機関は、看護師を求めている「売り手市場」な状態で、それが転職希望が後を絶たない原因になっているのでしょう。
  • 職を変える際に、まずは今勤務している会社を辞職した後で…

  • 新しい仕事を探すのに、まずはまず勤務先の会社の退社手続きをしてから転職しようと考える人もいますが、その場合にはボーナスの支給日を事前に確認しておきましょう。ボーナスの支給がある会社はいくらでもありますが、社員にボーナスを出す会社の場合には、ボーナスが手に入る日が近づいているのであれば、ボーナスをもらった後で会社を去るという考えも悪くないです。ボーナスは少々大きな額なので、頂いておいた方が良いと明らかなわけですから、退職をする際にはボーナスの時期を最初に調べておいた方がボーナスをもらうのを忘れないと思います。
  • 大半は一流企業は「定期採用」で人材を確保します。ですか・・

  • 大半は大きな会社は「定期採用」がメインなので、転職で入る事は簡単ではありません。そして、地方ではその見込みはずっと低くなるでしょう。ただ、製造業の会社の場合、地方の工業団地の近所に工場を構えていることがとても多いです。そういった地方の工場に的を絞れば、事業拡大にあわせて中途採用する事がよくあります。そういった機会に転職を検討してもいいかもしれません。そのためには、地方の工場に転職したい場合、転職を希望する企業についての下調べから収集しておきましょう。公式サイトを見て、スタッフの募集予定はないか、ちょこちょこ確認してみましょう。
  • 働くことによって精神的にまいってしまい転職せざる負えなくなってしまった時には…

  • 仕事をするにあたり、回復が難しいほど心的に自分が苦しくなって転職せざるを得ない状況に至ったなら、職場の人と相談していくより身内に相談したうえで、退職するかどうかの判断をした方が良いです。働くのは当事者であるあなた自身ではありますが、家族の問題でもあります。どんなに高い給料を得られたからといって、心的ダメージを負うほど、無理しながら働くのは健全とは思えません。昨今は、経済的に豊かなことよりも、働く本人が働きやすいことを重視する生き方も徐々に認知されつつあります。ですから気に病むことなく、あなたの身内、あなたの心と体を大切にしていきましょう。
  • 詐欺|転職時の面接の時に面接担当者から「転職理由をお聞かせください・・

  • 転職の際、面接は避けて通れませんが、面接の際に面接担当から「転職の理由は何ですか?」といった形で、必ずと言っていいほど訊かれます。このとき、いかなる訳があったにせよ、過去の職場の「人づきあい」「労働環境」についての不満やトラブルを絡めた回答は、できれば控えたほうがいいでしょう。というのも、こういった話をしてしまうと、採用の条件としては厳しく、転職のチャンスを無駄にしてしまうことになります。面接時は、「ポジティブ」な姿勢を見せつづけることが重要です。あくまで「新しい職場で、自身のキャリアをしっかり生かし、さらに会社の戦力になるように努力するように心がけるべきだと思います」、のような未来形での話ぶりが理想です。
  • 転職する場合の面接でほぼ100%投げかけられる質問…

  • 転職の面接で決まり文句のように問われるのは前職を辞めたのかということですが、この質問になった際には前職を話の中心にしないほうが最善です。退職した理由を的に絞り話が進むと必然的に悪い印象を与える要素を含んだ面接になってしまいます。どのように話せばいいかと言えば、どうして以前働いていた会社を辞めたかという点をこの会社になにがなんでも入りたいという考えがあったからといった話題に進めるべきであり、自己アピールもかねて今、自分が面接に来ている会社の方にスポットを当てるべきなのです。そのような内容ならば、悪い面ではなく良い印象を与えることができるものに変えることが可能です。
  • 詐欺|転職のための活動を行っていて面接で例外なく聞かれる質問は志望動機と転職理由の2つです。

  • 転職活動を行っていて例外なく質問されることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。志望動機に限っては、心で思っていることをそのまま伝えてもOKですが、これとは違い転職理由についてありのままに伝えるのは賢明ではありません。たとえば給与の不満、上司とそりが合わないことなど、面接官によいイメージを与えるものではありません。自分にとってマイナスになると予想されることをそのまま話す人は非常に少ないと思いますが、転職先となる企業は、往々にしてそういったマイナス点に関心を払う傾向があるため、かなり慎重に質問してきます。現職の不満を相手へ伝えないようにするには、現職の仕事の内容以外には、触れないように心がけることです。そしてさらに、この会社に入社してこんなことを実現したい、「3年後にはーしたい」「5年後にはーしているだろう」、その希望が叶うのは御社しかありません、と志望動機にすり替えてしまうのです。
  • 近年では、株・不動産投資の不労所得で生活費を稼いだり…

  • 現在では、株・不動産投資をはじめとした不労所得、もしくは個人経営 といった生き方も増えています。そのような移り変わりもあり、「会社の下で働く以外は怖い」といったこれまでの常識も変わりつつあるようです。高度経済成長の頃の際には、将来が不安定な自営業という生き方よりも組織の一員であるほうが安定性にすぐれていました。そのため人のあるべき形として、またそれが決まり切ったことであるかのように世の中に認識されていた。しかし、そういった社会全体が安定成長する時代は終わり、現在のような時代は「成熟期」といった名称で言い表されています。近い将来では、機械化、自動化が進んで多くの仕事で人の手を必要としなくなる社会になる、とも言われています。
  • 派遣会社に登録し、仕事をする人が近頃は増えてきていますが・・

  • 派遣社員として仕事をする人が近時多くなっていますが、もしも自分がが派遣社員として働く場合は、派遣先から支払われる1時間あたりの報酬がいくらで、その中で何割が自分に入るのかをなるべく面接のときに質問しておくべきです。派遣業は、労働力を欲する会社に人材を派遣し、その見返りにお金を会社に支払う仕組みで運営していますが、実際に派遣される労働者の取り分が不明確になっていることが多いです。50%以上の額を労働者に還元しているのであれば、まだいいのですが、中には開示すらしない派遣会社も少なくなく、気が付くと3割だけ労働者に還元して、残りは全部自分のものにするケースも決して少ないとはいえません。なお、面接のときに答えてもらえないような会社は、隠ぺい体質である場合が多いので、なるべく違う派遣会社を利用されることを推奨します。
  • 詐欺|看護師という職業の人の違う職業に転職を決断する原因は、…

  • 看護師という職業の人のそれと違う仕事に「転職しよう」と思う原因はその人によって違うはずです。看護師の転職には「職場環境に相性の悪い上司や同僚がいて困っている」「結婚することで自分勝手にできなくなって出産それと子育てさらに家族の介護など、環境の種々の変化など、今までのようには働き方ができなくなった」「今の稼ぎに不満がある」というような悩みが解消したいために転職されるのかもしれません。しかし、実際に転職される前に「どうして自分は転職をしたいと思っているのか?」と、今一度時間を掛けて現状を見つめ直すことも重要です。「本当に転職を叶えたら、状況が上向くのか?」ともう一度考えたうえで決断されることを強くお勧めします。
  • 詐欺|転職エージェント、そして転職サイトを利用して、転職活動することは今では常識といえるかもしれません。

  • 転職サイトおよび転職エージェントを通じて、転職活動をする人はますます増えています。でも、条件のよい転職先を確実に見つけたいなら、同時に転職フェアに行くのがよいでしょう。転職フェアでは、多くの企業が同時に参加するので、参加することで複数の企業に関する情報に触れることができ、同時に、フェアに参加している企業スタッフから、企業の雰囲気を肌で感じることができます。転職フェアに参加する場合には、面接に行くつもりで自身を売り込む気持ちで行きましょう。それによりフェアの中で、企業側から魅力的な人材、と思われれば、そのあとの実際の面接時にアドバンテージになるはずです。
  • 詐欺|安定的な人生を欲しがって正規の社員になりたいと考えている・・

  • 安定的な暮らしを欲しがり「正社員」になりたい人はかなり多いのが現実だと思います。けれど、即戦力として働けるように相当な努力をしていても、正社員としての転職が難しいこともあるでしょう。契約社員や派遣社員の求人は充実しているのに、正社員の求人募集に執着し、悶々とした日々を過ごしている人は意外と多いようです。しかし、中々正社員として希望する仕事に転職できない場合は、契約社員に応募することも選択肢に加えてみましょう。契約社員の募集を掛けている会社でも、成果によって2,3年で正規雇用への転換を狙えるところもあるからです。ですので採用面接を受けているあいだに、こういった可能性をヒアリングしておくと人生設計が立ちやすいはずです。
  • 転職活動を開始するにあたって、いろんな方法で情報を集める人が大半だと思いますが・・

  • 転職活動を行う場合、いろんな方法で情報を収集するのが通常だと思いますが、転職についての口コミサイトは利用しなければもったいないです。以前、悪い口コミをサイトに載せられたということで、運営サイトを相手に、損害賠償請求を起こしたケースもありました。会社の都合で退社させられた元社員の報復としてそのような口コミが投稿されていたと見るのが一般的ですが、別の見方をすると、ウソの書き込みであれば会社としては気にする必要はないはずです。あるいは、現実は『クロ』で「このままではマズイと考え、潰そう」と思っているのかもしれません。「口コミサイト」も炎上ネタが投下されることでアクセス数がアップするなどのメリットがあるので黙認していたりしますが、好ましくない内容の口コミが目立つのは、その分入社してからトラブルに遭遇するリスクが高くなると判断して良いでしょう。そもそも、本当に善良な会社であれば煙など立ちません。