失業時に受け取れる「失業保険」は、失業していることがもらうための必要条件です…

失業者がもらえる失業保険は、もらうためには失業中であることが必要ですが…

  • 失業時の助けになる「失業保険」は、もらうためには失業中であることが必要ですが、延々と給付されるわけではありません。それまで働いていた期間で給付期限は変わり、3か月とか1年とかが決まるのだが、なんとこのような現実を全く知らない人が一定数いらっしゃいます。失業保険があるから働かなくてもいいと考えて仕事を探さない人もいますが、失業保険はあと1ヶ月のみ、という段階で気づいてから慌てて仕事を見つけようとしてもロクなことにならない可能性が高いです。転職先の面接官もアホウではないので、失業中にきちんと求職活動をしていたかといった点は大よその想像が付く。状況によっては、面接の際にそれらを根掘り葉掘り訊かれることもあります。きちんと返答できなかったり、すぐにバレる嘘をついてしまえば、まず受からないでしょう。
  • 長きにわたって接客業で勤務していたのですが、年をとったせい…

  • ずっと接客業で仕事をしていたのですが、年のせいか立ち続ける必要のある仕事は体力的にしんどくて、事務系のお仕事へ転職することを第一目標として動き始めました。事務未経験だとけっこう厳しく、それなら接客経験も活かせる受付兼医療事務をしようと思い資格を取得して個人病院に転職をしました。周囲はベテランである先輩パートさんだらけで人間関係が大変。夜のシフトばかりさせられ、接客業をしていた頃より帰る時間が遅くなってしまったのですが、とりあえずはキャリアを形成しておかなければいけないと思って仕事に励みます。
  • これから転職予定がある人で、次の仕事を始めるまでにまだ時間が掛かりそう…

  • 今から転職活動を考えている人で、次の仕事を始めるまでに期間がある場合は、「失業手当」をもらっておいた方がお得です。これは現在の企業側が「雇用保険」を払ってくれている場合は、必ずだれでももらえます。ハローワークで手続きをしてくれます。もしも自己都合で仕事を辞めた場合は、失業手当を受け取るまでに3ヶ月掛かりますが、場合よっては会社都合での退職や、残業時間によっては、日数をおかずすぐもらえる場合があります。さらに受け取れる失業手当の金額は最後となる月の直近の給料を基に失業手当の支給する額を計算されるので、「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の方は、なるべく「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当的にはお得です。
  • 詐欺|『今すぐ転職をしたい!』と思っている人のなかで、その意志が強いのであれば、…

  • 『転職をしたい!』と思っている人で自身の意志が本当に強いものであるなら、退職したいということをすぐに上司に言うべきです。ですが、そのときに曖昧な表現をしていると、もしかすると言いくるめられます。そして、実際に私も、上司へ転職についての相談をしたのですが、スンナリと受理されずに結果的に、退職までに半年ほど掛かってしまいました。退職する旨をはじめに、直属の上司へと相談したのが年度末で、いろいろあって数ヶ月延びて退職を受け入れられたのは同年11月です。予定としては、仕事が一段落した年度末を退職のタイミングと考えていたのに、希望通りには進みませんでした。やっぱり企業サイドとしても、人事の都合があるのかもしれませんが、スタッフの意見を聞かずに、会社ぐるみで私の都合を無視する形で引き伸ばされたのでさすがに前の職場に対して失望しました。
  • 詐欺|全くの未経験である業種などに転職するときには、自分が以前の職場…

  • 初挑戦となる分野などに転身を行う際は、自分が以前の職場で身に付けた腕前や経験を発揮することができるという内容の訴えがいるようになります。そのジャンルに勤務したことがない人は経験していない分そのジャンルを経験している人よりも正直、不利になりますけど、自らの持っている能力がその業界においても十分に生かせるということをうまく伝えることができれば、勝負になることも十分にあります。そういった訳で、経験したことがない業種に挑戦する際には、その業種とこれまで自分が働いてきた職務との関連を必ず見つけ出してみましょう。
  • 先日人材バンクへ登録を行いに行きました。

  • 先日転職先の会社を探すために人材バンクに登録をしに足を運びました。そこでカウンセリングの時に出てきた担当者がどうも新入社員らしくて、、私が伝えたいことの50%ほども彼は理解していないように見えました。しかも「キャリアデザインが甘すぎますね」とか「自分の強みは何なのか考えるべきです」等、上から目線で偉そうにのたまうから大変嫌な気分になりました。カウンセリング担当者は多少は社会人の経験がある人にしてほしいと思います。
  • 詐欺|転職期間のあいだは、自分の趣味に時間を使ったり、体力づくりを意識しておくと…

  • 転職期間のあいだは、自分の好きなことに打ち込むほか、体力を損なわない生活を習慣化しておくとベストです。採用が決まり、新たなスタートを切ったとき趣味に集中していたことで無意識のうちに集中力が養われています。加えて、体力アップが図れていることで、その場の社員さんよりも体力が持続するということを自覚します。というワケで、自分が興味のあるなこと趣味に時間を充てることと、体力をアップさせる努力をしておくのがベストです。仕事が決まり、その職場にてあなたと同様の趣味の方とめぐりあうことができれば、直ぐに親しくなることができます。ですから、趣味を極めることが転職期間の自由な時間の使い方です。
  • クールビズの服装で再就職の面接を受けに行くときには・・

  • クールビズ(軽装)の格好をして転職の面接会場に行こうとするときには、ジャケットはさすがに着ていかなくても安心であるとはっきりと言えるのです。ですが、ネクタイはして面接を受けた方が好印象を与えてくれます。ネクタイの着用はなくても良いとしている会社も存在する確率もあるにはありますが、ネクタイについてはクールビズだろうと身だしなみとしてつけて行く必要があるとするところがいくらか存在するわけです。なので、クールビズ(軽装)で大丈夫だと言われていてもネクタイに関しては必ず着用いく方がベストであるということを認識しておいてください。
  • 前は「転職サイト」を利用するより、私はハローワーク派でした。

  • これまでは「転職サイト」を利用するより、「ハローワーク」に通っていました。その理由は、CMで有名な大手の転職サイトは、特性上、都心部を中心にした求人しか見当たらないからです。なので、求人情報を調べる時は、「ハローワーク」ばかり使用していました。やっぱり、有名な転職サイトに掲載されている求人よりもどうしても知名度は低くなりますが、昔から地域密着といった点では都心部以外での転職をするときには重宝します。しかし、ハローワークというと、なんだか地味な感じがするという先入観がある人も多いとは思います。以外にも、転職サイトとは違った求人もあるので、この先退職後の就職活動が不安な方は、参考までにハローワークへ1度行ってみることをお勧めします。有名な転職サイトみたいに執拗なニュースレターが来ることもありません。
  • 「転職サイト」は、大手が運営していたほうが多数の求人情報がが掲載されているた・・

  • 「転職サイト」は、大手企業が運営しているもののほうが、掲載される会社も豊富なため、2~3社ほどとりあえずメンバー登録して、希望する勤務地や年収について条件を設定しておき、さらに条件に適合する求人情報が出てきたら自動的にメールが送られるように設定しておくと楽に情報を集めることができます。とはいっても、初回だけは登録するのにけっこう労力を要するので、サイトに登録する前に、「履歴書」「職務経歴書」を忘れずに準備しておき、さらにそれらをテキストファイル化して、コピー&ペーストする形で登録しておくと手間が減って便利です。登録の初日は、けっこう時間がかかることから、案件の検索・応募をするだけでも苦労しますが、その後は、新着情報だけ確認すれば良いので、次回以降の応募を楽にするめにも、初回の準備を怠らないことを心がけるのが無難です。
  • 求人広告には、多くの職場では月収がしっかりと記載されていますよね。

  • 求人についての情報誌やサイトを見てみると、とうぜん多くの株式会社では月収が記載されているはずです。ただしこの月収の箇所を頭に入れる時には、しっかり確認する事が大切です。多い少ないだけでわかってしまわないようにしましょう。案件によっては、月収の内訳に「毎月15時間の残業」が含まれているおそれもあります。それは残業代の金額を含めて魅力ある案件に見せて、人材を確保しようとしていることも珍しくありません。そのほか、「歩合給」が基本給にプラスされる、というパターンにも要注意です。歩合をかなり多く見積もって月収として見せている企業もあったります。このような可能性の少ないケースを誇張しながら、人を集めるような会社は興味を持たないほうが賢明です。
  • 詐欺|転職を予定しているのなら現在働いている会社を退社する・・

  • 転職に先立って現在勤めている会社を辞める時に「失業保険」給付手続きをしておく必要がありますが、あなたの意志で退職届を書いて会社を辞める、いわゆる「依願退職」のときは失業保険を即、受け取ることができません。手続きが終わった後で失業したことが認められてから3か月経ってやっともらえるのです。よく勘違いして会社を辞めた次の日から3か月経てば給付されると誤解している人がいますが、この規則を勘違いしてハローワークの職員の方が間違っていると言い張ってその結果ハローワークのスタッフともめ事を起こしているのを見たことがあります。念のために付け加えておくと、自己都合ではなくリストラのように、「会社都合」での解雇の場合は、失業認定が下ったのちすぐさま失業保険が給付になります。
  • 再就職時の面接で着用する腕時計の事についてですが、目立・・

  • 転職する際に行われる面接でする腕時計の事についてですが、ビジネスの場らしからぬ派手なものは避けたほうが良いです。目立つ腕時計を詳しく言えば明らかに高価なものだったり、といったことだけではないのです。それとは反対に安物の印象を持たれてしまうとか、そういった目立つということで真逆の目を惹くのだと頭に入れておきましょう。転職時の面接にしていく腕時計においてもポジションとしてはスーツやネクタイと同様にとらえ面接にふさわしい平凡なものをするほうが好印象です。そうはいっても、自分の歳にあっている腕時計ということ不可欠なことで、新卒の就活の頃に準備した腕時計よりは多少でも値が張るものにした方が好ましいと断言できます。
  • 転職活動を行う上での最後の問題として、今勤務している会社の退職があげられます。

  • 転職活動を行う上での最後に残る厄介な難問として、現在の仕事を辞めることがあります。転職先の会社がOKしても、現在勤務している会社が退職を引き留めようと説得してくる可能性もあります。仮にそうなったとしても、何があっても退職をあきらめない、という強い信念を保つことが重要といえます。もしも引き留められ、一時的に残ったとしても、一時辞めたいと思った会社は、結局は関係が終わることになります。スムーズに退職するためには、会社の規定をチェックしておき、退職までに必要な日数を超過する年月以降に退職日を定め、退職届をつくっておきましょう。そのあとで、決定権のある上司と直接話し、「退職に関しての交渉はご遠慮ください」と正直に伝えます。円満退社を目指すのも転職活動の大事なポイントです。
  • 転職エージェントに一旦登録すれば、電話やメールでの連絡がしつこく来ます。

  • 「転職エージェント」では、登録後、電話やメールでの連絡が頻繁に来ます。これに関して初めて利用した人はかなり驚く場合が多いです。転職エージェントは転職をサポートすることが業務なので、大変積極的にアプローチしてきます。中でも大手エージェントは、転職を成就させることで企業からお金をもらえるシステムであることから、転職希望者の都合よりも企業側を優先させることが多かったりします。「転職エージェント」は、契約を急ぎたいあまり、内定が取れるとすぐに、入社するよう後押ししてくることが珍しくありません。自分の気持ちや意思を自身で整理しておき、転職に妥協しないように気を付けましょう。
  • 再就職をするときに重要となるのが間違いなく「面接」になります。

  • 再就職において、かなり重要視されるのが「面接」になります。普通の面接では、応募してきた人に対し、転職をする理由や退職理由などいろいろと聞かれることになりますが、そしてほぼ100%、面接の終了間際に転職希望者から、面接担当の人へ疑問に感じていることを質問できるチャンスがあります。面接担当の人から「何か疑問や質問などはありますか・・?」と言ってくれるわけです。と尋ねられた際に面接者本人が対応できず、急なことなので戸惑う事もありまよすね。こんな場面に備えて、予め面接官からの質問を想定し、答えをいくつか考えておくのもいいかもしれません。実際に仕事を始める前の段階であっても、しっかり考えておけばいくつも疑問点は見つかるはずです。ぜひ、試してみてください。