求人をチェックする際、例えば、「デスクワークがしたい」と思う人ほど…

求人情報をチェックする折、例えば、「オフィス系の仕事をしたい」と思っている人・・

  • 求人に関する情報を見るとき、例えば、オフィス系の仕事がしたいからと、はなから製造業に目を通さない人がいますが、そういった人は、「製造業は製造マンの求人だけだ」と誤解しているケースもあります。事実、製造業の求人でも、製造マンだけでなく人事、経理、総務といったスタッフ募集をはじめ、資材、購買、営業管理などの「事務系」に分類される部署も結構多くあります。けれども、製造業の多数はビジネス街にはないのでアフターファイブを楽しみたいと考えている人にはその箇所がマイナスと感じるかもしれません。だとしても、自分のこだわりを捨てることによって意外な発見があったり、スキルアップのチャンスがあるかもしれません。
  • 新卒として入った会社を辞めて、悩んだ結果、転職すると決意しました。

  • 新卒として入った会社を辞めて、一歩踏み出して転職することにしました。実際にやめる前後は、毎日悩み、辛い気持ちでした。でも、会社を辞めて、多くの人が転職を経験していることを私自身が転職することで理解し、無意識のうちに漠然とした不安が無くなりました。また1度、転職をするとなんだか肩の荷が下りたかのような気分になり、「自分のやりたいこと」を優先できて前向きに過ごせるようになりました。いまだに「仕事を変えるのは良いことじゃない」というような転職を好ましく思わない意見もありますが、それが必ず正しいのかなと感じました。私の場合は転職を決断して良かったです。
  • 今励んでいる転職活動中に、「自分は経験としてこういう価値のあ…

  • 今がんばっている転職活動時、「私は振り返るとこういった職場の仕事を長く続けました」「過去の仕事では、手にした技術は、、、です」と過去の自分の成功体験やセールスポイントを強くアピールする人は多くいます。ただし、応募し再スタートを図る組織で「させてもらえるのならばこういった仕事をしたい」「私が触れたような内容なら参加したい」と将来的なビジョンでアピールする方が過去を語るよりも聞き手からの反応は良いものになります。この点を意識して、転職活動をがんばってみてください。
  • 転職活動をするにあたっては、履歴書と職務経歴書を準備することが必要不可欠といえます。

  • 転職活動をする際は、履歴書と職務経歴書が必要不可欠だとされています。ほとんどの会社が履歴書及び職務経歴書に記載されている内容によって面接するかどうかを判断するため、この2枚の書類の作成が大事なポイントといえます。ただ文字を書くことにとどまらず、内容が充実していることも重要です。「職務経歴書」では、これまでの職務の詳細や、可能な限り自己アピールとなる内容を記入しましょう。さらに、過去以外にも、現職で挙げた実績も価値があります。売上を過去○年の平均を△パーセントアップさせた、など明瞭に記してみましょう。作成の仕方がもうひとつわからない場合は、「転職エージェント」に職務経歴書をチェックしてもらって、うまい言い回しのヒントを得てみましょう。ブランディングのために活用をはかることも転職を成功させるための選択肢として考えておきましょう。
  • 詐欺|転職する場合、その職場の年収ばかりに気を取られる…

  • 転職を考えるとき、転職したあとの給料について気にしすぎる人がわりと多く見受けられます。もちろん大多数は仕事というのは自分の生活を成り立たせるために行うものです。ですから生活費を給料として得るために励んでいるのでしょう。したがって年収がいくらかは自身の社会的な価値を知る値としての側面もありますから当然大切なものとして扱うのは当然ともいえます。とはいえ、必要である以上に年収額ばかりを気にかけすぎるのも人生を損してしまう気がしませんか?それより年収がさほど期待できない仕事であったとしても精神的な充実を得られることが多々あるからです。
  • 2ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりであるにも関わら・・

  • ついこの間、転職したというのに、少ししか仕事もしてないのに退職届を提出する人が結構多いものです。何故そうかと考えてみると自分に合った仕事環境を見つけたというのに、「想像していた職場環境とけっこう違っていた」「職場が受け入れられなかった」という原因で去っていくのだとか。可能ならばこういった、転職先選びで未然に防ぐためには、とにかく転職先の情報収集を欠かせません。手を抜くことなく、徹底して行うべきなのです。職場環境、通勤にかかる時間、など事前に調べておくことで分からない点はしっかり自己解決を図っておきましょう。そうすることで失敗を防げます。
  • 詐欺|昔から日本には”石の上にも3年”というコトワザがあるのですが…

  • 古来より”石の上にも3年”という諺もありますが、大正末期から昭和初期にかけて原型がつくられた、「終身雇用制度」は死語になりつつあります。定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」を経験するのが身近なものとして捉えている人も多いはずです。ただ、「転職」する人が増えているとはいっても、安易に仕事を選択し転職を繰り返して良いワケはありません。転職を検討する際は、タイミングを捉える必要があります。ますはじめに、現在の職場、や自分の置かれている立場などについて、不服に思う点を10個、少なくても最低5個は紙とペンを使い、リストにしてみましょう。こうした作業をしておくことによって、転職活動がスムーズになるはずです。そして、将来の進むべき道が見えてきたら、先るだけ迅速に、良い職を手に入れられるように進めることも大事です。
  • 詐欺|転職前、今勤めている会社の人たちがあなたが退職すると知ってしまうと…

  • 転職する前には、現在の会社の人たちがあなたの退職を知ると職場の空気が一変することがあります。働いている会社の環境によっては、意地悪ややっかみのおそれもあります。そればかりでなく、残業を押し付けられたりすることもあるので、軽率に「転職します」と周囲に伝えるのはお勧めしません。なので、回避するために今の仕事場では、いたって真面目な態度でいましょう。そうしておけば、良い空気のまま晴れやかに仕事を辞められるはずです。さらに、円満退職となったなら、退職後も、あなたが困ったときに相談できるチャンスも手に入るはずです。業種などに関係なく、どういった企業であっても、人との縁はとても重要なので、会社を辞める前のトラブルは、可能な限り回避しておきましょう。
  • 私たちの労働環境は、この先、より一層単純な仕事は機械に交代させられてい・・

  • これから、私たちの社会的環境においてみるみるうちに考えなくてもできる仕事は機械に差し替えられていきその切り替えによってそういう仕事をする稼働人口は少なからず減らされてしまいます。なぜかというと、思考を必要としない作業は人間の手を借りるよりも機械でやったほうが圧倒的に利便性にすぐれているからです。例えば、数をカウントするとか、同一の動作を延々と繰り返すことは機械には何も不自由もありません。もちろん人と違って文句も言わず、疲れることもないし、ずるもしない、正確な作業ですし、均一化できる強みもあります。そして、人と違って給料を渡さなくてもいいのがメリットといえます。ですので、労働力として人を使う理由が無いことが明白で、機械化されるのは無理もありません。
  • 仮に転職を目指そうとしても、全てが順調にいくという確証はありません。

  • 転職するにも全てがうまくゆくとは限りません、可能であれば、どっちにしろ転職をしなくてはならないなら速やかに考えておくほうが良いです。ほとんどの場合、20代のうちは良い成果があがりやすいですが、残念なことに、30代後半~40代に突入すると転職そのものがたいへん厳しいといえます。もしも、管理職など、要職を担当している場合、転職に気持ちが傾いたとしても、今の仕事を続けるということを選択肢の一つには入れておくべきです。会社を辞めてから転職活動を行うよりも、今の仕事は続けながら時間をかけて注意深く行動したほうが堅実です。
  • 詐欺|政治により状況が変化しつつある転職を取り囲む状況につい・・

  • 最近の転職を取り囲む状況は、政治による影響が出始めています。現在の安倍政権によって、「アベノミクス」や「三本の矢」といった新たな経済政策が続々打ち出されています。内閣が打ち出した新たな経済政策に連れ立って日銀による「金融政策」と相まって、財界・企業ともに新たな社会的な変化が出つつあります。その作用もあって民間企業の側でも若者世代の減少と、現役世代の大量退職による「働き手が足りないこと」が深刻化しています。なお、「外国人労働者」の割合を現状以上に高めていくつもりでいると安倍政権は語っています。日本国内の転職問題についても幅が広がりそうです。こういった変化によって、国内の雇用・転職事情も変化していくのは確実です。
  • 転職したい会社での会社見学に参加するとすごく参考になります。

  • 転職候補先で見学などがあるととても参考になります。その中でも、職人さんのいる会社では職人技を近い距離で見られるので楽しくもなります。ですが、残念なことに「職人」がいる会社見学では高確率で見学者には、通常通りの現場を見せることが少ないです。その最たるものが、ずばり、ブルーワーカー(肉体労働)などの分野です。個人のプライドも高い業種なので、働きだしてからでないと、実際の姿はわからないものです。ですから、見学で触れた内容がそのまま仕事現場とは考えないことが賢明です。ましてや、見学時に実際に仕事を体験させてくれる会社は、問題があるので選択肢に入れるのはやめておきましょう。入社していない人には万が一万が一何かしらのトラブルが起こっても、保証がないため、スタッフから勧められても角が立たないように断るようにしましょう。
  • もしも転職したいと考えているなら、あらかじめ「資格」を取得しておくと有利になります。

  • もしも転職をするなら先に資格を取得することでステップアップできます。また、仕事をしているあいだに資格を取得するのがお勧めです。転職時でそれを生かせるので、選べる企業がぐっと増えます。というワケで、在職中であり、なおかつ転職活動前の段階が資格取得においてのもっともおすすめのタイミングです。あなたがキャリアアップを考えているなら、就きたいと考えている仕事に役立つ資格を取ると、今の職場を離れたあとも躊躇なく次に進められるはずです。しかも、資格を保有することで転職先の面接の時には「即戦力」と好意的に捉えられ、今までより待遇アップも期待できるでしょう。
  • 私が求職中のころ何社かの人材紹介会社に登録していました。

  • 自らが仕事を探していた時期に何社かの人材紹介会社に登録していました。その時に感じたこと、それは転職のアドバイザーの質も色々あってほとんどの場合、納得のいく対応をしてくれない人ばかりでした。私にとっては人生の大事な事なのにもっと誠意を込めて向かい合ってほしいという想いがこみ上げました。それが契機となり私はキャリアカウンセラーの資格を取ることにしました。キャリアカウンセラーとして働くには資格が必要です。資格取得には支出が増えました。それに加えて資格取得のための勉強に関してもきつかったのですが、就職活動の際に頼りにされる人になるべく努力しています。
  • 現代では、「ブラック企業」が社会問題として扱われるようになり…

  • 現在、ブラック企業などと騒がれるようになり、労働条件に関する取り締まりが強化されたり、悪質な会社が公開されるなど、損をする仕組みができてきましたが、まだまだパーフェクトとは言えないのが現状です。そこで、面接で見破る必要があります。とりあえず、求人票等に書かれている労働条件をチェックし、不安に思う項目について質問をぶつけていきましょう。相手が「ブラック企業」な場合、質問したことが嘘であれば、明確に返答できなかったり、「その場でははっきり答えられない」と逃げ腰になることが多いです。特に「給与」「残業」「休日」の3つについては、質問を重ねていくと困った表情を見せる可能性大です。それでも質問を止めずにいると、ブラック企業によくある高圧的な態度や、ふてくされた態度を見せるので、そこで「この会社は信用に値しない」と確信できます。このような会社は、嘘をつく体質であると考えられるので、何か違和感を感じたら、入社は止めるべきです。
  • 転職をする場合、前もって、求人雑誌やウェブ上の求人情報を閲覧したりして…

  • 転職活動を始めるにあたっては、始める前に、ネット上で求人サイトを閲覧したりしてその会社のことを調べるのですが、その会社が情報を公にする場合には、コンサルタントから指導を受けていることが多いです。コンサルタントは、会社に不利益な情報を隠す達人です。たとえ公表するとしても曖昧な表現を使ってうまくごまかそうとします。その種の「社長インタビュー」などに関しては、それをすべて事実だと捉えるのではなく、半信半疑で聞いている方がいいです。書かれていたことを信じて入社してしまった場合、「聞いていた話とまったく違う・・・」と後々、後悔したり、場合によってはトラブルに遭遇するおそれもあります。悪徳会社は、バカ正直な人間を取り込み、その後は、あれこれ言いがかりをつけて退社させないように画策しています。要するに「ブラック企業」の求人には注意、ということです。