これから転職活動をするのなら、気になる求人(もしくは職種…

これから転職活動をするという時は、良いと思う求人(もしくは業界・・

  • 転職活動の際に、良いと思える求人(業種)を見るたびにマメに「〇〇業(気になる職業)、ブラック」とインターネットで検索しておきましょう。求人票や転職サイトの担当者の情報では、業界に関するマイナス要素について、知ることができないのが普通です。仮にブラック案件が蔓延している業界であれば、インターネット検索を通じて一発でおおまかな実態を理解できます。そういったチェックを怠りながら入社した場合、後々に痛い目にあいます。だいたい求人が出されていた理由が「内容がきつく、人の出入りが激しい」というケースがかなり多くあります。気になった案件について、きちんと調べたうえで応募しましょう。
  • 世の中は変化していてPCを使えばわかるけどネット上には…

  • 最近スマホで調べればインターネット上には、要するに「転職サイト」に類するものが数多く存在しているのをご存知でしょうか?その無数のサイトから自分にピッタリの転職先というのを探すためにも、まずは情報が大事ですから収集をする必要があります。このような転職サイトをきっちり使うことで、スムーズな転職先を探せます。更新頻度が高く、さらには客観的なデータもしっかり掲載される「転職サイト」もありますが、そうではないと思われるサイトが存在しているのも事実ですから充分に注意しておきましょう。使い慣れないうちは、実際に信用していいサイトであるかを見極めることが大事ですから同ジャンルのサイトと比較しながら厳しくチェックしてみましょう。
  • いい職場の社員になりたいと転職で活動しているとき、「できるだけはやく…

  • もっと良い企業がいいと転職希望者のときの場合には「ちょっとでもはやく、採用通知が欲しい」といった気持ちが強くなってきます。でも、そのために通知を欲しいあまり、自身をより大きく見せたり、あるいは逆に自分を能力を安く見積もった行動をするのは出来るだけしないでください。そうではなくて、焦る気持ちはブレーキを掛けて、冷静に客観視しつつ、自分にピッタリな職場を探すことに専念することが重要なのです。これまでの経験が活かせるように、さらには、今後のキャリアアップが実現できる職場を賢く探していきましょう。
  • 時間に融通が効くはずの派遣社員になっても1年ごとに自分自身の好きなタイミングで辞められるワケでなはな…

  • 派遣社員になっても1年経ったら任意のタイミングで辞められるわけではないと、転職したことで思い知らされました。私は結婚した後、生活が落ちついたら、できればすぐに子供が欲しかったので、妊娠する時が訪れるまでのあいだ、約1年半~2年ほど現在の部署で仕事をしておきたいと思い、就職しました。常勤ではなく派遣社員ということもあり、正社員より年収は少なかったですが、「時間にが融通が効く」というメリットがあるので、そこはガマンしました。ですが、いざ入社したあとで、一緒に働く人たちはほとんどが派遣の仕事を10年以上も続けて勤務していらっしゃったのです。なので派遣社員だからといって、すぐに辞められるワケではないと、これが今の悩みになっています。
  • ある古物商の社員募集にて、書類選考に受かりました。すぐ・・

  • ある古物商の会社で書類審査に合格したので、先方から面接の日時を指定してもらいました。ところが、当日、行ってみると、なぜか相手が、面接準備を一切していないと知りました。しばらく待つと、所長らしき人物が面接担当をしてくれましたが、最初から最後まで、呆れるほどだるそうな対応の状態のままグダグダな状態で面接を終えました。予定日を過ぎているのに、まったく採用結果すらなく、いてもたってもいられず、自ら問い合わせてみたところ、「郵送で今日、送付しました」と告げられました。しばらく待ちましたが、結局、届きませんでした。そんなわけでふたたび、電話した結果、意味が分からなかったのですが、「結果は不採用でした」、と有無を言わせずに電話を切られてしまったのです。あまりの対応に呆れて何も言えませんでしたが、内心、採用されなくて良かったと感謝しています。
  • 転職を考えている時に目を光らせることになる募集要項は、…

  • 再就職を考えている際に注視する求人内容に関しては、目安として、アバウトに載っている、という可能性があります。なので、記載されている内容は全部正確な情報だとは簡単に信じるのはやめておいたほうが好ましいと言えます。そのなかでも給与の額などにおいては、一般的なのか?それとも最低限の金額なのか?それとも最高値の金額であるのか?というような見極めができない人はたくさんいて勝手な判断で理解したつもりでいると、後々そのことを悔いる事いなるかもしれません。という事で、そんな風にならないためにも、求人情報に関しては、基準だと思って、そういったたいへん大切な事は会社側に直接確かめてみた方が妥当です。
  • 派遣会社に登録しています。サイト上で何の気なしに条件のよい仕事・・

  • 今、私は派遣会社に登録しています。ウェブサイトを見ていて何の気なしに興味を引かれる仕事を見つけ応募したい旨を伝えると「そのお仕事はすでに別の方でお話が進んでいます」と返答され瞬間的にサイトからお仕事の情報が消えるのですが、どういうわけか次の日になればもう一度情報が掲載されています。これは結局私ではダメだっていうことですよね。そういうことであるならばカドが立たない程度に正直に伝えてくれれば助かるのですが、なかなかそうもいかないのでしょうか。そうでなければもしかするとダミーのお仕事なのでしょうか?
  • 詐欺|転職で、正社員ではなく「派遣社員」で考えている人にぜひチェックしてもらいた…

  • これから転職する場合、正社員ではなく派遣社員という勤務形態を考えている方にチェックしてもらいたい箇所が何点かあります。なんとなく派遣社員という言葉を聞くと、「電話対応」「お茶出し」「その他雑用」といった仕事内容を思った方がおそらく多々ありますよね。本音を言うとかく言う私自身もそう勘違いしていました。現在働いている企業に入るまでは「派遣社員」の募集を見て応募したときには「電話対応がメインです」と派遣会社からも説明も受けてました。ですが、いざ入社したとたん、まさか「電話対応」とともに、退職した正社員の業務の穴埋め役となるよう、指示されました。いつも毎回振り回されますし、当初の説明とはかなり違っていたのでとても困惑しています。今はとにかく、「契約期間が早く終わらないかな・・・」と願うばかりです。
  • 転職活動をする際に注意して欲しい求人の募集内容は、そこまできつくなさそうな仕事内容なのに給料が高く・・

  • 転職活動時に特に注意すべき求人情報は、そこまできつくなさそうな仕事なのに給料が高めで、拘束時間が長いというものです。このような求人は、給料に『みなし残業代』が含まれていることが多いです。みなし残業代というのは『みなし』とも呼ばれ30時間や45時間といった感じで求人の内容に時間の併記があるはずです。これは、毎月これくらいの残業が発生するため、はじめから給料に残業代を組み込んでおく、といったシステムになります。(なお、これは違法ではありません)例えば求人に『みなし残業代20時間込』と表記される求人であれば、「書かれた時間分の残業代も含めてこの給料です」という求人になります。でも、悪質な求人では、記載しておくべき『みなし』という言葉がないこともあるのでよく気を付けてください。
  • 転職を成功させるためには、前に徹底した情報を集めることが不可欠です。

  • 後悔しない転職するとを目指すのなら、前に行動しなくてはいけません。ですから今は取るに足らない小規模な会社であろうとも公式ホームページに会社のことを書いている場合がとうぜんだから、ネットで知りたい情報をチェックしておくとそれとわからない点を整理しておくと転職時に助かります。加えて公式サイトのほかに、「転職サイト」をチェックしておくのも効率的ではありますが、ただし、インターネットだけに頼るだけでは不十分です。何よりも転職の候補している職場を自ら判断するのも大事です。
  • 一昔前の求人情報に雇用側が必要とする「性別」について…

  • 以前の求人誌に募集要項の中に「性別」について、明確に記載されていました。ところが、「男女雇用機会均等法」が成立した影響もあり、男女差別が雇用の際にあってはいけないという決まりになり、応募資格のなかに男女の文字を見ることはなくなりました。けれど、求人する会社側には男性・女性のどちらでも良い、とは本心では考えていません。そんなわけで、実際は男性を希望の業種に女性が応募したり、女性が必要な案件に男性が応募してくる、といったようなトラブルが少なくありません。もしも、「女性が活躍している職場です」と記載があれば、これは女性を望んでいると読み取ることがべきです。
  • 詐欺|転職の面接などにおいて名刺を差し出された場合、同じように自分も名刺・・

  • 転職での面接などの時に名刺を差し出されたとしたら、自分も同様に名刺を差し出す方が良いのか?差し出さなくてよいのか?と対応の仕方に悩んだら、基本的には渡さなくても良いと覚えておきましょう。面接というものは仕事の内ではなくて、職を得るための採用活動の一部なので、大方は名刺を交換する場ではないのです。加えて、会社の人間としてその場にいるのではなく、個人の問題でそこにいるわけです。という事で、もしも相手の方から名刺を渡された場合であっても、こちらとしては受け取るだけで大丈夫で、担当者に相手側に渡す責任は少しもないと考えられます。
  • 詐欺|求人に関する情報を見るとき、オフィス系の仕事が希望だからと、…

  • 求人サイトをチェックする折、事務系の仕事がしたいからと、製造業を見逃してしまっていますが、そういった人の多くは「製造業って、現場で製造する仕事しか求人募集しない」と間違って解釈しているケースもあります。事実、製造業の求人であったとしても、現場作業者だけでなく、経理、総務といった人材募集をはじめ、資材、購買、営業管理などの「オフィス系」に関する職もたくさんあります。でも、製造業の勤務場所自体、ビジネス街のような雰囲気はないのでアフターファイブを楽しみたいと考えている人にはそういった部分がイヤと感じる人もいるでしょう。とはいえ、自身のこだわりを捨てることによって良い仕事や出会いが得られる可能性もあるので、ぜひ視野に入れてみてください。
  • 詐欺|新卒採用で入社した会社に別れを告げ、転職すると決めました。

  • 新卒採用で入社した会社を退職し転職を決意しました。はじめはかなり大丈夫だろうか、と悩みました。しかし、会社を数年で辞めて、大半の人が転職を経験していることを転職活動を通して気付き、無意識のうちに不安な気持ちが無くなりました。また1度、転職をするとなんだか肩の荷が下りるような気分になり、「自分のやりたいこと」を探すのが毎日が充実したものになりました。なかには「仕事を変えるのは良いことじゃない」といった転職する行為を咎める意見もありますが、それが全て正しいとは思いません。私の場合、転職を決断して後悔はありません。
  • 詐欺|今やっている転職する活動の際に「今までにこういう種類・・

  • がんばっている転職活動の際、「自分は今までにこのような種類の仕事に尽力しました」「仕事の中でこういったスキルを得られました」とそれまでの実績・セールスポイントをよく伝わるようにアピールしなくちゃと考える人は多くいます。ただし、希望する新しい職場で「させてもらえるのならばこうありたい」「私が言ったような内容の業務なら積極的に参加したい」と将来のプランで自身をアピールしていくほうが過去を語るよりも聞き手からの反応は良いものになります。この点を覚えておくと、転職活動が楽になります。
  • 転職活動においては、履歴書と職務経歴書を準備することが必須といえるでしょう。

  • 転職活動では、履歴書と職務経歴書を準備することが必須といえるでしょう。大半の企業は、履歴書に加えて職務経歴の記載内容で面接するかどうかを決めるため、とにかくこれらの書類の作成が重要です。必要事項を埋めるだけでなく、記載内容を魅力的なものにすることも必要です。職務経歴書には、自分の職務の詳細な内容、できる限り自分のできること書き綴りましょう。さらに、過去だけでなく、現職で挙げた実績も良いアピールとなります。前年比の売上を○パーセントアップを達成した、など具体的に記します。もしも、作成が難しいと思うなら、「転職エージェント」に職務経歴書の添削をしてもらい、良い文章を引き出してもらうなどしてみましょう。自分にプラスになるように利用することもよい転職をするための一つの手です。