詐欺|以前の私は、「転職サイト」を活用するより、いつも「ハローワーク」に通っていました。

今までの私は、求人情報は「転職サイト」を使うより、主に「ハローワーク」が中心でした。

  • 以前の私は、「転職サイト」よりもいつも「ハローワーク」で探していました。その理由は、規模の大きな「転職サイト」は、構造上、都心の企業の求人がほとんどだからです。そのため、転職をする際は、「ハローワーク」ばかり使用していました。もちろん、有名な転職サイトに掲載されている求人よりもいくらか知名度は低くなってしまいますが、昔から地域ある企業が多く、とても信頼性が高いです。しかし、「ハローワークを利用したことがないから不安」という先入観がある人もいるはずです。理想的な求人を発見できるかもしれないので、近いうちに転職を本気で検討しているのなら、お近くのハローワークに1度行ってみるのも手です。人気の転職サイトのような多くの電話・メールが執拗に送られてくる心配もありません。
  • 転職サイトは有名なサイトであるほど掲載数も豊富なので…

  • 「転職サイト」は、大手企業が運営しているもののほうが、掲載案件も多いので、2社か3社くらい転職サイトに登録しておいて、勤務地と年収条件程度の条件一致でさらに自動で案件についての連絡が入るようにしておくと簡単に情報を集めることができます。とはいっても、初回に限っては登録するのにけっこう時間がかかるので、サイト登録前に「履歴書」「職務経歴書」をきちんと作成しておき、そのコピー&ペーストをする形で登録すると便利です。初めの登録のときは多少時間がかかりますし、案件の検索・応募をするだけでも苦労しますが、その後は新規案件のみ確認するだけでよいので、後々のためにも、初めにきちんと準備しておくことを心がけてください。
  • 求人についての情報では、たいていの株式会社では月の給料が明記されています。

  • 求人についての情報を見てみると、大部分の場合は月にもらえるお金がしっかりと記載されていますよね。でもこの部分をチェックする際は、注意して確認する事が大切です。数値だけで納得しないほうが無難です。会社によっては、月収の内訳に「毎月20時間の残業」が含まれているかもしれません。残業代の金額を入れることで魅力的な案件のように見せかけ、募集している所があるからです。また、「歩合給」をつけると表記している案件にも注意が必要です。歩合をかなり多く見積もって月収として見せている所もあったります。だから、その手の表記された数字どおりとなる見込みがない会社にははじめから相手にしないほうが無難です。
  • 転職を行う際、現在勤めている会社を退社する時に失業保険の給付を受ける手続きをしなければいけないが、…

  • 転職の際に現在勤務している会社を辞める時に「失業保険」をもらうための手続きをしておく必要があるのですが、自分から退職願を提出して退職する、いわゆる「依願退職」の際には失業保険を即、受け取ることができません。手続きにした後に失業が認定されてから3ヶ月間を経ないと受け取ることが出来ないのです。よく間違って退社の1日後からちょうど3ヶ月で受け取れる、と誤解しないようにしましょう。この規則を知らない人が、ハローワークの職員の方が間違っていると言い張ってそれが原因となりハローワークの担当スタッフとトラブルになっているのを見たことがあります。ちなみに、労働者側の都合ではなくリストラのように、「会社都合」での解雇のケースでは、、失業が認定されればすぐに失業保険をもらえます。
  • 再就職時の面接のときにつける腕時計は、明らかに目を惹くよう…

  • 転職する時に行われる面接を受けるときにする腕時計については、どう見ても目を惹くような時計はつけないほうが良いと言えます。目立つ腕時計と言うのは見るからに高そうに見える腕時計とか、といったことだけではありません。反対にチープなものの印象を持たれてしまうとか、そういった真逆の意味で目を惹くのだと考えておきましょう。再就職の面接の際に着用するべき腕時計についてもポジション的にはスーツやネクタイと同じようにとらえふさわしいものをしたほうが悪い印象にはなりません。とはいっても、年齢に適しているということも不可欠なことで、新卒の時にしていた腕時計よりはわずかであっても値段が高いものにした方が間違いないということははっきりといえます。
  • 転職活動を行う上での最後に残る難関として、現在勤めている企業からの退職があげられます。

  • 転職活動を行う際の最後に残る厄介な問題として、今勤務している企業からの退職があげられます。転職先を見つけたとしても、現在勤務中の企業があなたを手放したくないとして引き留めに掛かるかもしれません。そのようなケースでは、「ゼッタイに退職する」という強い意志を貫くことが必要といえます。もしも引き留められて、一時的にとどまったとしても、一時辞めたいと思った会社は、結局は関係が終わることになります。会社の規定をチェックし、退職までに必要な日数を超過する年月以降に退職日を定め、退職届を書いておきましょう。その後、決定権を持つ上司と談判し、退職を考え直す可能性はありませんと、遠慮せずに伝えましょう。「円満退社」で現職を終えることも転職活動において大切なポイントになってきます。
  • 転職エージェントは一度登録すると、電話・メールで何回も連絡が入ります。

  • 転職エージェントに登録すれば必ず、電話やメール連絡が何度も入ります。これについて初めて利用された人はかなりびっくりすることが多々あります。「転職エージェント」は、利用者の転職をサポートすることが役割だとされるので、本当に積極的にアプローチしてきます。中でも特に大手エージェントは、転職を成就へと導くことで企業からお金を受け取るシステムのため、転職活動を行っている人の都合よりも企業側を優先させることが珍しくありません。さらに、彼らは、成約数を増加させたいがために、内定が出るとすかさず、入社を積極的にすすめてくることが多いです。対抗策として自身の気持ちや意思を明確にしておき、転職にしくじらないように注意を払っておきましょう。
  • 転職時、かなり重視されるのが間違いなく「面接」というものです。

  • 転職する際、とても重要視されるのが「面接」である。よくある面接の際は当人に対して転職を決めた経緯や仕事の意気込みなどまずは、こちらが質問される側となります。そして、面接官の質問攻めが終わったら次は、転職希望をする人からの逆質問に切り替わるのが普通です。面接官から、「弊社について何か疑問に感じる点はありませんかね?」と聞いてくれるわけです。と聞かれたときに気持ちの準備もできていないし、慌ててしまう可能性もあると思います。そうならないためにも、予め面接担当者からの問いに対する、答えを準備しておきましょう。具体的に知っているわけではありませんから、いくつも疑問点は見つかるはずです。ぜひ、試してみてください。
  • 今現在の自らの仕事や職場に関して、少なからず何かしらの不満点があるはずです。

  • 現在の自分の職場・業務内容について大半の人は少なからず不満を感じていると思います。「自分のスキル・能力が適正に評価してもらえない」あるいは、「月給のアップも、昇進の見込みもない」と言う不満を漏らす人もいます。けれど、気持ちは分かりますが、そういった不満を持った人のなかには本人が自分自身の持っている力量を実際よりも「過大評価」しているケースが多いものです。過大評価していることに気が付いていない人が転職しようとすると、「自分が活躍できるチャンスがこの企業や職種にはない」と中々転職先が決まらないことになりかねません。という事態に陥りがちです。そういうわけで転職で良い結果を出すためにも、自分の能力を今一度、厳しく評価してみることから始めてみましょう。
  • 自分自身の大好きなことを仕事にしたいという風に思っている方は注意です。

  • 自分の好き、を仕事にしたいという風に思っている人は要注意です。これは、私の体験に基づいたことなるのですが、私の場合、もともと食べることが本当に大好きでそれが高じて、過去には、飲食店に勤めていた期間があります。そのお店での業務内容は、その飲食店で私が担当していた仕事内容は、料理の盛り付けや(簡単なもの)ホール業務でした。この仕事内容に関しては、嫌なこともありませんでしたし楽しんで働いていました。けれども、人間関係で嫌になりました。そのことが引き金となって仕事をやめる羽目になりましたが、そのせいで、好きだった食べることやその飲食店で提供していた食べ物すら嫌になり、同ジャンルの飲食店には今も行けません。当時の店の匂いを思い出すだけで辛くなります。仕事に就いた頃は、大好きだったものを嫌いになるなんて、自分でも驚いています。自分自身の趣味に通じることや好きなことを仕事にしたいと夢見て、実現させることは本当に素敵だとは思います。ですが、あなたの「好き」は、どのくらいすごいのか、真面目に見直す必要があります。
  • これはシフトのある仕事についての話なのですが、一定の…

  • シフトの仕事についての話なのですが、毎週、特定の曜日に勤務できる人を募集する求人を結構見ますが、もしも応募しようと思っているならシフトの出し方や、休む方法の詳細を面接の際に確認しておいたほうが良いです。それはなぜかというと、以前に私自身が、産休で休む人の代理として正社員として入ったのですが、「土曜、日曜」固定となるシフトで、新人の私以外、他の社員はいない状態という職場でした。前任者が「土日」に必ず出ることができたので、私もそう思われていたみたいです。ですから「土日」に外せない用事が入ると、シフトを変わってもらうときは、上司に「代わりに出ていただけませんか?」と自分で頭を下げなくてはいけませんでした。立場も給料もほとんど同じなのに土日を私ひとりだけに任せるだなんて・・・。冷静に考えると、「よく耐えたな」と。
  • 看護婦と呼ばれていた看護師は働く者としてやっぱり女性比率がかなり…

  • 看護婦と呼ばれていた看護師といえば、歴史的にも女性の割合がたいへん高い職種です。さらに、気力それに体力ともに大きく消耗する職場ともいえます。そのために、職場での人間関係にトラブルを抱えやすく、自分の結婚や出産といったそれまでの勤務が続けられなかったりして、仕事とプライベートとの両立がかなり難しい仕事といえます。実際、人付き合いや仕事と私生活との両立で悩み、職場を変える人が多いといいます。看護師という職種の労働市場は人手不足の状況に変わらず継続しています。ずっと、医療業界は、看護師を必要とする「売り手市場」であり、それが転職希望者が後を絶たないスパイラルになっています。
  • 詐欺|転職活動をスタートする際、まず今の会社を辞職して・・

  • 転職活動を行うときに、今勤務している会社を辞めた後でという考えを持っている人もいるようですが、そのような場合ボーナスの支給日について気にかけておきましょう。社員にボーナスを出す会社は星の数ほどありますが、ボーナスもらえる場合は、ボーナスが入る日まで長くないのであれば、ボーナスが支給された後で退職届を提出するというやり方もおすすめしたいです。ボーナスは結構大金なので、手に入れておいた方がいいとも言えるでしょうから、退職の時にはいつ頃ボーナスが手に入るのかを確認するのを忘れないようにするのがもったいない思いをしません。
  • 詐欺|一般的観点からすると大きな会社の採用は、「定期採用」であることがほとんどです。ですか…

  • ほとんどの場合大企業は、「定期採用」で人材確保することが多くを占めます。ですから、転職希望者には向いていません。そして、市外地でとなるとその可能性がとても低くなりそうです。しかし「製造業」の企業あれば、地方の工業団地で製造工場を置いている少なくありません。そういう地方の工場なら、事業分野の拡大をする時に「中途採用」を積極的に行うので、そういったタイミングに転職を考えるのも悪くありません。地方の工場に転職しようと思うなら、希望する企業についての下調べからあらかじめ知っておきましょう。その会社のHPをチェックし、求人予定の予定はあるか、ときどきチェックしておくと間違いがありません。
  • 働いていることで回復が難しいほど心的にまいってしまい…

  • 働くことによって回復が難しいほど心的なダメージが蓄積されてしまい、転職しなくてはいけない状況に至ったなら、そんな時は、会社(の関係者)と相談をするより身内に話を聞いてもらい退職するか決めるといいでしょう。なぜそのほうが良いのかというと、働くことは自分の事でもありますが、身内の問題でもあります。どんなに高い給料をもらっていたからといって、メンタル面が追い込まれるまで働くのは望ましくありません。現代は、働く本人が働きやすいことを優先で前提にする生き方も認められつつあります。ですから気に病むことなく、あなたの身内、あなた自らの心身を大切にしていきましょう。
  • 転職する際には面接が必須となります。

  • 転職時の面接では、正直さがマイナスに作用することがあります。人事から「転職の理由は何ですか?」という風に、100%の確率で聞かれます。その際、どれだけあなたが正しくとも、以前の職場の労働環境や人づきあいについての愚痴とも受け止められる返答は、極力口にするのは避けましょう。というのも、そのような不満を口にすると、採用されるチャンスを台無しにしてしまいかねません。ですから面接では「前向き」な返答に徹するのがとても重要で、あくまでも「新しい職場においては、これまでのキャリアをしっかり生かして、御社に貢献していきたいと考えています。」のような内容で自分を売り込むことが良い印象を持ってもらえるのです。