就職活動において、年収は大変大切な要素です。

就職活動において、年収は大変大事なポイントです。

  • 就職活動において、年収は大変重要な要素です。大半の会社で現在の年収と転職後の希望年収について尋ねられます。このとき本当の年収を偽って、多く申告し、高額な年収を確保しようと試みても、無駄でしょう。なぜなら、結局は源泉徴収を提出することになるので、仮に一時的に信じさせたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、必ず虚偽の申告をしたことがバレていまいます。ヘタをすると、トラブルに発展する事態にもなりかねないので、現職での年収をハッキリと伝え、それに釣り合う希望年収額を設定するのが賢い選択となります。例をあげれば、年収400万の人が転職後に500万円となる可能性は通常あり得ません。たとえば、今の年収が430万円だとすると、希望額は400~450万円であると伝えておくべきです。悪質とも思えるウソの申告は、転職活動を苦境に追いやるどころか、入社後のトラブルとなり、せっかく入社したのに退職しなければならないという事態になるかもしれません。

  • あなたが再就職を希望したとき、「Uターン」「Iターン」において…

  • もしもあなたが転職を考えた場合、「Uターン」「Jターン」「Iターン」において都市部から地方へと移住したうえで再就職してみたいと考える人も多いです。近年は転職サイトを見れば、地方での求人情報も容易にアクセスできます。しかし、地方での求人については、募集してる企業や会社の数自体が少ないというのが大きく違うところで、そういった点でマイナスといえます。といった問題があるので、求人情報サイトのみに固執するとガッカリしてしまうかもしれません。求人情報サイトに加え、「地方自治体・商工会議所」といった情報サイトも定期的にチェックしておきましょう。「地方自治体・商工会議所」など、行政が主催する転職サポートに関する情報もアンテナを張っておきましょう。

  • 詐欺|派遣として勤務しています。労働契約法のおかげで否応なく…

  • 派遣社員として働いています。労働契約法の関係で不本意ですが長期間勤務していた派遣先の会社での仕事があと数か月で終わります。仲間の派遣社員の中には派遣の就業先で直接雇用の契約をつかみ取った人もいるのですがその理由としては正直に言うと仕事の実力というよりは派遣先の上司の扱い方がうまい人でそれで採用されたとしか思えません。職務を遂行するスキルよりもおじさん転がし能力の方が必要なのだろうと抜擢されなかった別の派遣仲間と毎日文句を言ってます。

  • こういう転職という話は知り合いの話です。

  • このような話は兄の友達から聞いた話です。大学生のときの就職活動でなにがなんでも就職したかった憧れていたA社で行われた最終の面接で不採用となってですから仕方なく違う会社に就労しました。2年経ったぐらいに派遣の求人サイトの中で偶然にもA社の紹介予定派遣の仕事を発見して、我慢できなくなって当時働いていた会社をすぐ辞め、A社で派遣の勤務を開始、思い切った行動ですね。必死のパッチで頑張ってその結果無事にA社で正社員として採用され、現在ではやりがいを持ちつつ明るく仕事しています。

  • 詐欺|転職活動と現在の仕事の同時進行を行っている人は少なくありません。

  • 現在の仕事と転職活動を並行される人は少なくありません。しかし、忙しく仕事を行いながら求人案件の応募に走ったり、面接を受けるのは心身ともに負担が大きいです。加えて、転職活動中は、現在の会社の同僚や上司にもバレないようにやり過ごす必要があります。軽い気持ちで応募する、という人がいますが、書類選考を通過し、面接に呼ばれたあとに「辞退」を選択したとしたら、厄介な事態となるかもしれません。転職エージェントを利用して応募していた場合は、エージェントに悪い印象を与えてしまいますし、そうではなく自身で直接、応募した場合も応募した企業からしつこく電話やメールがあることもあります。どちらにせよ自分の大事な時間を浪費することとなるため、行くつもりがない企業は、最初から応募しないことをオススメします。転職活動は新卒の就活とは全く異なるものであると覚えておきましょう。

  • 初めて働いた会社で嫌な感じの上司の存在に悩み、その結…

  • 昔務めていた会社で感じの悪い上司の存在に困惑してしまい、最後にはやる気がなくなってその会社を辞め、同業者の別の企業に職を移しました。その会社では気分よく仕事ができ充実した日々でしたが、じわじわと会社の業績が悪化し、結局は経営統合されることになりました。経営統合の相手はなんと以前勤務していた会社で、感じの悪かった上司がまた私の上司となることに。こういう悪いめぐり合わせとは、どれほどご縁があるのでしょう。当たり前のことですが新規の転職活動を始めようと思っています。

  • 転職を考えているのならすぐに「年収」の高望みはしないほうが良いです。

  • 新しい転職先で、「年間報酬」の理想を高くしないようにしましょう。一年目の段階では「試用期間」が入っている会社があります。私のケースでは、せっかく転職したというのに、予想と異なり年間報酬が前職とほとんど同じ額で変わりませんでした。しかも仕事はきついうえに、かなり責任重大な立場でもあったので、最初の1年は、本当に厳しかったです。そのような体験から転職1年目は、仕事を覚える期間と割り切り、可能なかぎり転職前の段階でお金をためておくべき、と思います。

  • 将来に目を向け、楽しく転職をすることができたら、メンタル面での重荷も少ないの・・

  • 楽しく過ごしつつ、再就職に向けての転職活動と向き合っていけば、メンタル面での重荷が減るので、転職先が見つかるまでの間の堕落も避けられるでしょう。またメンタルにも損なわれていない分、転職先も早くに見つかるはずです。おすすめは、休職期間を作らずに新しい勤め先を見付けることが重要です。今ある仕事をしながら、次の仕事を見付ける形がベストです。しかも、隙間のない探し方をすることで、今の仕事を辞めたあと、すぐに働けます。そのように予定を組んでおくと、職歴に空白期間ができないので、履歴への影響も回避できます。つまり、再就職の際に不利になることがないということです。先のことを考えながら、上手に転職活動を進めていきましょう。

  • 失業したときに受け取ることができる失業保険は、失業状態でなければもらえませんが・・

  • 失業した際に給付される失業保険は、給付されるためには失業中であることが必要ですが、この給付には、しっかり「期間」があります。失業時までに働いていた期間に応じて変わり、90日とか120日とか設定されるのですが、これを知らない人が一定数います。失業中である限り給付されると思い込んで失業保険で生活すればいいと考えて求職活動をしない人もいますが、給付期間が終わろうというところでようやく自分の間違いを知り焦りながら職探しを始めても良い結果にならないのは言うまでもありません。面接担当者が馬鹿である場合を除いて失業中にきちんと求職活動をしていたかといった点はおおよその部分は相手(面接官)にバレてしまいます。ヘタをすると、そういった質問をされるキケンもあります。しどろもどろになると受かりません。

  • 詐欺|長く接客業で勤めてきましたが、年齢的に座ることのできない仕事・・

  • 長年にわたり接客関係で仕事を続けてきたのですが、加齢とともに立ったままのお仕事は体力的に耐えられず、座り仕事であるオフィスワークへお仕事を変えることを頭に入れて動き始めました。事務が未経験だとわりと厳しく、接客業の経験も活かすことができる受付兼医療事務になりたいと思い資格試験にも合格し個人のクリニックに転職することができました。周りは超ベテランの先輩パートさんばかりで人間関係もややこしい。夜間のシフトばっかり押し付けられ、接客の仕事をしていた時よりも帰宅時間も遅いわけですが、まずキャリア形成の時だと考えて我慢します。

  • 今年中に転職活動をする人のなかで、次の仕事をする前に期間があるのな・・

  • 年内中に転職予定がある人で、次の仕事をはじめるまでにまだ期間がある場合は、できれば失業手当をもらうことをおススメします。失業手当はあなたが勤めている企業側が社員に「雇用保険」を払ってくれている場合は、必ずだれでももらえます。受け取り手続きについては、「ハローワーク」にて行います。自己都合での退職なら、失業手当を受け取るまでに3ヶ月掛かりますが、勤めている会社都合の退職だったり、残業時間次第で日数をおかずすぐに受け取れることもあります。ちなみに、「失業手当」の額は、会社で最後に受け取った月の直近の給料を基に失業手当の支給する額を計算されるので、働いている会社に繁忙期や閑散期がある方はなるべく「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当的にはお得です。

  • 『今すぐ転職したい!』と思っている人で自分の意志が抑えられないくらい強いものであるなら・・

  • 『転職したい!』と考えていて、その意志が抑えられないくらい強いものであるなら、辞職したいということを速やかに上司に伝えましょう。ですが、このときに相談という形を取ると、もしかすると高確率で言いくるめられるので要注意です。そして、実際に私自身も上司に転職の相談をしたところ、スンナリと受理されずに退職するまでに半年くらい掛かりました。辞職したいことをはじめ、直属の上司に相談したのが年度末だったのに、実際では退職が認められたのは同年の11月です。本音は年度末を契機にやめようとおもったのに、スムーズに退職できませんでした。やっぱり会社側としても、人事上の都合があるのかもしれませんが、上司を含め組織として予定を引き伸ばしてきたので、ほとほと前の会社に対しての困ってしまいました。

  • 全くの未経験の分野などに転業したいと考えている場合に・・

  • 経験したことがない分野などに転業をしようとするときには、自分の前の仕事で育んできた腕前やこれまでの経験を発揮することができるといった内容の自己アピールが必要です。そのジャンルで働いたことがない人は経験していない分その業種で勤務したことがある方よりも実際のところ、不足することはありますが、自らの持っている力がその業種でも十分に発揮することができるということをしっかりと相手に言えば、戦える場合も十分にあります。そのため、経験が全くない分野に挑むときには、その分野と自分が今までやってきた仕事とのかかわりを必ず見つけ出しましょう。

  • 一昨日転職先を見つけるために人材紹介会社へ登録に行きました。

  • 転職のために人材会社へと登録に行きました。そこで登録カウンセリングの際に現れた担当の方が見た感じ入社して間もない新入社員で、こちら側が説明している話の3分の1も彼は理解ができていない様子です。それなのに「キャリアデザインを考え直した方がいいですね」とか「もっと自分の強みを明確化しいていく必要があります」等、一人前の話を偉そうに言い散らかすからとっても不快でした。カウンセリングをする人はある程度仕事を経験している方にするべきだと思います。

  • 転職期間中には、自分の好きなことに打ち込むことに加え…

  • 転職期間のあいだは、自身の趣味に打ち込んだり、体力を損なわない生活が良いと思います。仕事が決まり、いざ仕事を始めた際に、趣味に集中していたことによって気付かない間に集中力がアップします。加えて、体力を補っている事で、その場の社員さんよりも疲れない体になっているということを認識します。ということで、退職して次の仕事を始めるまでは好きなことに集中することと、体力をアップさせる努力をするのが何より良い事なのです。もしも、その職場で同様の趣味の方と知り合えたなら、親しくなれるきっかけになります。ですから、これまでやってみたかった物事に挑戦してみるのも転職期間中の時間の有効活用となります。

  • クールビズ(軽装)をして転職の面接に行くときには、ジャケットに関して…

  • クールビズ(軽装)の格好で転職の面接場に出向く場合、ジャケットまでは着ていかなくても大丈夫だと言えるのです。ですが、ネクタイは着用したほうが安心です。ネクタイもする必要ないと認める企業も存在する確率もありますが、ネクタイに関してだけはクールビズであっても着用する必要があると考えている企業がいくつかは存在します。なので、クールビズと言われていたとしてもネクタイはしていった方が良いということを知っておいてほしいです。