将来的に、私たちの社会的環境において確実に単純労働は…

私たちの労働環境は、これからどんどん思考を必要としない仕事・・

この先、労働力という観点において徐々にシンプルな仕事は機械に切り替えられてその変化によって必要な人手は削減されます。どうしてかというと、短絡的な仕事は機械のほうが圧倒的な作業量をこなせるからです。例えば、数をカウントしたり、同一の動作を繰り返すのは機械にとってはへっちゃらです。もちろん人と違って不満を言わないし、疲れ知らず、ズルもしないし、正確にこなしてくれますし、均一化できる強みもあります。さらに、「人件費」が発生しないのもメリットといえます。こういったことから、人間を使う意味が無さすぎるため、機械に置き代わるのも自然の流れなのです。

仮に転職活動をしたとしても、何もかもが首尾よくいく保証はありません。

仮に転職しようとしても理想通りの成果があがるという保証はどこにもありません。もしも転職するのなら、そう遠くない将来、転職をしなくてはならないなら歳の若いうちにできるだけ早く変えたほうが良いでしょう。傾向としては、30代前半までは希望を見出しやすいですが、残念なことに、30代後半~40代となってからの転職というのはかなり厳しいものと考えておくべきです。もしも、管理職など、要職に就いているのなら、転職を意識していても思いとどまることも結論として選ぶ答えの中に残しておくべきです。要するに、会社を辞めてから転職活動するよりも、現在の会社に残りつつ、じっくり探すほうが良いでしょう。

昨今の転職事情は、政治による影響が出つつあります。

政治によって変化の兆しが出始めている転職事情ですが、現在の安倍政権によって、「アベノミクス」や三本の矢で新たな経済政策が複数、展開されています。経済政策が日銀の金融政策との相乗効果によって、財界・民間企業ともに今までとは違う明るい動向が著しく現れてきています。そのこともあり民間企業の側でも今度は若者世代の減少と、現役世代の大量退職による「人員不足」が社会問題として拡大しています。また最近では、「外国人の労働者」の比率を現状以上に高めていくつもりでいると安倍政権は語っています。外国人労働者が増えることによって、日本国内の雇用や転職問題についても大きく幅が広がりそうです。こういった政治の流れによって、国内の雇用や転職といった状況にも、大きな影響が出てくるのは確実です。

転職候補先で会社見学などがあるとたいへん参考になります。

転職候補に挙がっている会社の会社見学は、たいへん参考になります。そういった会社のなかでも、「職人」がいる会社は、職人技を近い距離で見られるので楽しくもなります。が、残念ながら「職人」がいる会社見学は、見学者にはほぼ、通常通りの仕事現場を見せてくれることは少ないです。典型的な例を挙げると、ずばり、ブルーワーカーといわれる肉体労働などの分野です。このジャンルでは、独自の感覚を持つ人が多いので実際に入社するまで、実際の姿はわかりません。そのため、「見学現場=仕事現場」と決めつけないことが無難です。それに加えて、会社見学の時に仕事体験できる会社は、問題があるので良い会社とは言えません。雇用契約を結んでいない段階では万が一トラブルが発生しても保障はありません。担当者から勧められても角が立たないように断るとこが大切です。

もしもあなたが転職を考えているなら、転職前に「資格」を取得しておくと有利になります。

将来、転職したいと考えているなら、前もって資格を取得しておくことをお勧めします。また、仕事を続けながら資格を取っておけば、転職の際にそれを有効活用できるので、新たな分野に挑戦することも可能になります。ですから、在職期間中での資格取得が一番良い時期なのです。もしもあなたが転職を目指しているなら、社会的に強みになるような資格を取得しておくと、今の会社を辞めたあとも前向きな姿勢で転職に挑むことができます。さらに、資格を手に入れることで面接のときには担当者に「即戦力」と判断され、これまでの職場より待遇も良くなる可能性が高いです。

詐欺|以前はかなり複数の人材紹介会社に登録していたことがあります。

私が求職中のころ何社かの人材紹介会社に登録していたのですが、その時に感じたこと、それは転職アドバイザーの質が色々でそのほとんどは物足りなく感じる方ばっかりでした。こちら側は人生かかっているのにもっと心して向き合ってほしいという想いが高まってきてしまいました。それが契機となり私はキャリアカウンセラーの資格を取得することにしました。その資格を取るためにはお金もかかりましたし資格取得のための勉強の面もとても大変でしたが、お仕事を探している人から頼みにされるように努力しています。

現在、「ブラック企業」に厳しい世間の目が向けられるようになり…

今日では、ブラック企業がニュースで取り上げられたりして、労働条件に対する取り締まりが強くなったり、社名の公表がなされるなど、厳罰化の方向に動いていますが、完全には至っていない状況です。そこで、面接で見破る必要が出てきます。とりあえず、求人票などで労働条件をチェックし、それらをもとに色々質問してみることからやってみましょう。相手がブラック企業であれば、質問したことが嘘であれば、不自然な返答になったり、「その場でははっきり答えられない」と逃げようとすることが多いです。中でも「給与」「休日」「残業」の箇所については、質問を続けていく中で、渋い顔をするケースが多くあります。それでも食い下がると、ふてくされたかのような態度を見せるので、そこで相手のウソを確信できます。このような会社は、嘘をつく体質であると考えられるので、少しでもおかしいと感じたら、別の会社を面接しておいた方が良いでしょう。

転職をするとき、前もって、ハローワークの求人票を閲覧したり…

転職するのなら、まず、ウェブ上の求人サイトを閲覧したりして興味のある会社を調査すると思います。当該会社が情報を公開するにあたっては、コンサルタントが主導していることが少なくありません。コンサルタントは、会社の利益にならない情報を隠すプロでもあります。たとえ公開するとしても差しさわりのない表現をします。そういった類の会社紹介や社長の意見や社員のインタビュー情報などは、額面通りではなく、疑いながら読んだ方がいいでしょう。美辞麗句を鵜呑みにしてしまった場合、「こんな話じゃなかったのに・・・」と後々、後悔するおそれがあります。悪徳会社は、素直な人間を効率的に集めて、その後は、いろいろと難癖をつけていかにして辞めさせないようにするか考えています。ブラック企業では、このようなことが多いです。

転職時の面接では、小規模業者クラスの場合その社内の「人事」担当者が面接官になりますが・・

転職希望者が受ける面接では、小企業だったら概ね「人事」が面接担当になりますが、どこでもそうとは限りません。例を挙げるとしたら、これから職場でかかわりの深くなる管理職、要は課長・部長などの中間管理職が担当することもあります。とりわけ、事務系や営業系といったジャンルでは、資格による人の評価が難しいですから、なんといっても自身を売り込んでいくことが求められます。面接担当の人たちに「この男はしっかり自己主張できるし、それに良い戦力になりそうだ」と思わせ、記憶に残すことが大事です。

職を変えた際には、高い確率で前職の大方の出来事は美化されます。

職を変えた場合には、大体の場合、それまでの会社の仕事での記憶は美化されます。実を言えば今の仕事に合っていないと思ったから、それをクリアするためにどうにか再就職を決意したはずなのに、昔を思い返すとどうしてかわからないけれど転職後の会社よりも「前職のほうが良かったかも」と感じ始めるのです。それというのは極めて当たり前のことで、前職では業務に慣れていて、今よりもすんなりと日常の業務をあっさりとこなせていたからというのが根底にあるはずです。実際は「辞めるべきではなかった」と真剣に悔やむほど、前の会社の方が環境や自分に向いていた事も考えられます。

仕事の面接で着るビジネススーツの色合いに関しては、新卒の学生が就職活動の際・・

転職時の面接でいるビジネススーツのカラーにおいては、新卒の就職活動に準じている色が安心です。言い換えるならば、黒や紺色のダークな感じのカラーになります。再就職の面接においても、着ていくビジネススーツの色に関してはこういったような暗い感じの落ち着いたカラーが大多数を占めていて、他の色を着用している方はほとんど見ることはありません。強いて言えば、まれにグレーのビジネススーツを着ている人がいるくらいです。割合からしても紺色や黒色のスーツ派がほとんどを占めているのです。ですから、人事部から見てもそういった色が普通のように感じてしまいますから、身だしなみ、という観点においてはそういった色を着用する方が良いわけです。

失業保険の給付を受けたことがない人は、「何もしなくても自動的にもらえる」と考えている人が…

初めて失業保険を受ける際に、何もしなくても受け取れると思っている人がかなり多いですが、それは誤解です。実際は、失業保険の給付を希望通りに受け続けるためには、就職活動をしなければならず、さらには、毎月1回、ハローワークに通う必要もあるんです。一か月おきにハローワーク職員との面談を行い、真剣に仕事を探していることをわかってもらえれば次の月の給付を受けとることができるという仕組みです。なお、本気で就職活動をしていないとみなされたり、毎月の職員との面談を拒否している場合は、アッサリと給付を一時停止したり、ケースによっては以降の給付資格自体を失うおそれもあるので、そうならないよう充分に注意しましょう。

再就職することで仕事先を一新するということは、自分に見合っ…

再就職で職場を一新するということは、自分に見合った職場を選びたいものです。勤め先を変えれば、自分の向いている仕事に有りつけることも可能です。とはいえ、楽しいことばかりではなく、転職先にふさわしい能力が求められます。言い方をかえると、自分自身が価値ある人材になれば、「天職」に出会える可能性も高くなる、ということです。現代は、「職業選択の自由」が社会的にも認識されているので、仕事を変えても偏見を持たれる不安もありません。この様な情勢下では、今現在では「スキルのある人材が欲しい」と感じている企業も増えているので、今の良い時期を有効活用してみてください。

そのうち転職しようと考えるのなら、現状の仕事や業務の何が気に入らないの…

これから転職を予定しているのなら、今いる仕事や業務での納得いかない部分を洗い出しておく必要があります。当然できていると思うと、意外とできてないです。そもそも気に入らない点が大きいから転職したいと考えているのは分かります。が、「しっかりと仕事の問題なことを挙げる」ことが出来る人は意外なほど少ないのです。不満点を明確化し、解消されるならば、現状より悪化する事をあるでしょうがどこまで許せるかも考えましょう。自身の不満を客観的に見える状態にしておくと転職選びでのミスを防げます。それを終えたあと、仕事を変えることで「どういった事がマイナスになるだろうか」を明確化してみましょう。転職できたとしても、現状の問題が全て解消されるとは限りません。しかし、デメリットを受け入れる気持ちの整理があれば、転職後のモチベーションの低下を防ぐ事ができるでしょう。

転職をするための活動を効率的にやっていくには、なにはともあ・・

転職をするための活動を成功させるには、なにはともあれとにかく心のうちが静かであることを忘れないようにしましょう。まだ辞めないで転職の活動をする場合はそれほどは気にする必要はありませんが、退職してしまってから行う場合にはやはり焦りが出てしまいます。ですので、冷静に活動してみましょう。自分でやってみたい業務、理想とする職場の雰囲気を明確にしておき、そのイメージを候補に挙げている職場と比較してみて、合致しているかを徹底的に見極めてみてください。そうすることで、満足いく転職が実現します。

詐欺|転職活動をスムーズに行いたい場合、準備はやらなくてはいけません。

再就職にあたって然るべき準備はしなければなりません。一言で準備といってもたくさんありますが、そのなかでも、身だしなみ、に含まれる服装は気になっている人も多いと思います。とはいえ、今の採用面接では形式ばらない服装が良い企業もあるので、スーツ(正装)で臨まなくても良いでしょう。とくに創業してすぐの企業などは、柔軟性に富んだところが多く、私服で面接をしたほうが、相手に良い印象を与えられます。正装でないので、フランクに会話がしやすい、というメリットもあります。また、私服であれば面接中に、ファッションの事で話題が広がることがあるので、もしかしたら担当者へのアピールにもなります。というわけで、転職活動は企業の「設立した年」を事前確認し、(ベンチャー系企業の)面接時には正装はせずに私服で挑んで見るのも良いかもしれません。