とある古物商の求人に応募したところ、書類選考に受かりました。2、3日…

とある古物商の求人にて、書類審査を通過しました。すぐに…

とある古物商の求人に応募し、書類選考をクリアしました。すぐに担当者から面接の日時を指定してもらいました。しかし、面接日当日、指定場所に向かうと、どうしたものか相手が、面接の用意を一切していないと知りました。ようやく、所長らしき人物が面接に応じてくれたものの、非常にだらしのない態度で迎えられ、グダグダな状態で面接を終えました。けれど、予定日になっても合否連絡が一切来ず、自ら問い合わせてみると、「郵送で本日送付しました」と返答されました。しばらく待っていましたが、結局届かず、仕方がないのでふたたび、連絡をしたところ、「残念ですが不採用とさせてもらいました」、とそう言われてすぐ、電話が切られてしまいました。あまりのことに呆れて何も言えませんでしたが、内心、採用されなくてよかったです。

転職をする時に閲覧することになる仕事の情報というのは、…

再就職をする時に目を光らせる募集事項については、目安として載っている、という可能性があります。なので、載っている情報は何もかもが正しいことだとは迂闊に信じるのはやめておいたほうが好ましいでしょう。とりわけ給与の額などにおいては、平均的な額なのか?それとも最低限の金額なのか?最高の給料であるのか?というジャッジができない人も多く、自分の判断で決め込んでしまうと、後悔する事いなるかもしれません。したがって、そうならないためにも、募集要項に関しては、おおまかなものだと思って、そういったようなたいへん大切な事は会社に直に連絡を取るのが好ましいです。

今、私は派遣会社に登録して仕事をしています。

今、私は派遣会社に登録して仕事をしています。インターネットサイトで気の向くままに自分に向いていそうな仕事を発見して応募したい旨を伝えたところ「そのお仕事はもうすでに他の人に決まりました」と言われてしまい瞬間的にサイト上から仕事の情報が見えなくなるのですが、どういうわけか翌日にチェックするとまた情報が掲載されています。これは結局私だとダメだっていう意味ですよね。それなら初めからカドが立たないくらいにはっきりと教えてくれるといいのですが、なかなかそういうわけにいかないでしょうか。そうでなければひょっとして偽りの仕事なのでしょうか?

転職で、正社員ではなく派遣社員という勤務形態を考えている方・・

転職を、正社員ではなく「派遣社員」を選択しようと考えている人に覚えていてほしい箇所があります。まず派遣というと、データの入力、お茶出しなどの雑務、雑用等をなどの仕事をなんとなく想像してしまう方がいるはずです。最初は私もそう思ってました。今の職場に入社するまでは「派遣社員」の募集に応募した際にも、「主な業務は電話対応になります」と面接で派遣会社の担当者からも聞いていました。が、働き始めると、「電話対応」に加え、欠員した正社員の穴埋め業務をやってくれと言われました。とくに特別な知識もなく、はじめに説明された内容とは全く違うので非常に困っています。とりあえず、ひたすら「はやく契約終了日とならないかな」と願うばかりです。

詐欺|就職活動時に注意が必要な募集内容は、そこまできつくなさそうな仕事なのにも関わらず給料が高く・・

転職活動する際に注意したほうがよい求人は、そこまできつくなさそうな仕事内容なのに給料が高く、拘束時間が長めであるというものです。このような募集では、給料に『みなし残業代』を入れて告知している場合がとても多いです。みなし残業代というのは、別名『みなし』とも言われ、例えばですが、30時間、45時間というように求人の記載内容に時間が併記されているものです。これは、毎月これくらいの残業が発生するため、はじめから給料に残業代を含んでおく、といったものです。例えば求人に『みなし残業代45時間込』と書いてあれば「記載時間分の残業代を含めると、これだけの給料になります」という求人になります。けれども、悪質な求人は、この『みなし』という言葉がことも少なくないのでしっかり気を付けてください。

転職を成功させたいのなら、行動する前に情報収集が必須です。

後悔しない転職を目指すのなら、計画的な徹底した情報収集が不可欠です。今を見ると会社の名前も知らないような小さな企業だとしてもホームページを常設しているケースが普通だから、インターネットで色々と必要事項を調べておくとまたその会社についてよくわからない点等を解消しておくと転職の助けになってくれます。加えて公式サイトに加え、転職サイトなどを上手く利用することも対策としては有効です。ただし、インターネットだけに頼るだけでは不十分です。何よりも希望している職場を自分自身で見て判断してみるのも良いと思います。

かつては求人情報では、雇用主が必要とする人材の「性別」ま・・

以前は求人誌では、性別が明記されていました。でも、1985年に男女雇用機会均等法が成立した影響もあり、採用時、男女の差別をないようにしないといけない事となり、求人情報のなかに「性別」の表記ができなくなりました。でも、働き手を募集する雇い主としては、性別に関係なく同等に雇用のチャンスを与えてくれるとは限らないのです。なので、本当は男性が必要とするジャンルに、女性が応募してきたり、女性が必要なのに男性がエントリーしてきたり、というような問題に遭遇する可能性があります。例として、「女性が活躍する職場です」と記載があれば、希望しているのは女性だと解釈しておいた方が良いでしょう。

再就職における面接などに関して名刺を渡してきた時、あなたも同様に名刺…

転職の面接などの場面でもし名刺を差し出されたとしたら、あなたも名刺を相手に渡した方が良いのかどうかと迷ったら、ほとんどの場合は差し出す必要はないと覚えておいてください。面接においては仕事の延長ではなく、仕事を得るための採用活動の一環なので、基本的には名刺を交換する時間とは違います。そのうえ、あなたは立場上会社の人間としてではなく、あなたの問題でそこにいるわけです。という事で、もしも相手の方から名刺を渡された場合であっても、こちらとしては、ただ受け取るだけで大丈夫で、相手の方にあげる必要は少しもないと判断できるのです。

求人を見る際、例えば、「事務系の仕事をしたい」という人…

求人情報をチェックする折、例えば、「オフィス系の仕事をしたい」という人は、はなから製造業をあまりチェックしていませんが、そのような人の多くは「製造業は、現場で製造する仕事だけしか募集してない」と勝手な思い込みで認識している場合もあります。実際に、製造業での求人募集でも、現場作業者だけでなく、経理、総務、人事などの人材募集をはじめ、資材・購買や営業管理等の事務系の仕事もたくさん存在します。しかし、製造業の多数はビジネス街から距離があります。そのため、仕事帰りに買い物を楽しめる環境で働きたいと考えている人には、その点がデメリットに感じる人もいるかもしれません。そうした事には自分のこだわりを捨ててみることで素敵な出会いや意外な発見があるかもしれないので、視野に入れてみてください。

新卒で入社した会社に別れを告げ、転職すると決めました。

新卒採用で入社した会社を退職し転職することについて実際に行動する前は、しばらく悩んだりもしました。ですが、社会に出て数年経てば転職をして沢山の人が転職を経験していることを私自身が会社を辞めたことで痛感し、自然と不安が消えて、安心しました。また1度、転職を経験したことによってなんというか、精神的にも余裕がでてきて、「自分の好きなこと」を考えることが前向きに過ごせるようになりました。やはり「仕事を変えるのは良いことじゃない」といったような転職に否定的な意見もありますが、それが必ず正しいとは限らないと感じました。私の場合は転職を決断して良かったです。

今やっている転職活動の際、「かつて、こういった仕事をしてきまし…

励んでいる転職活動をしているときに、「私はこれまでこのような価値のあるの仕事をしました」「今までにこういった技術を手に入れました」と過去の実績を強くアピールする人は頻繁に目にします。ただし、志願し新たな環境下で「可能ならこのようなことをしてみたい」「斯くの如き業務ならぜひ参加したい」と将来のプランで自身をアピールを狙ったほうが過去を語るよりも聞き手からの反応は良いものになります。この点をしっかり意識しておくと、転職活動が効率的なものとなります。

転職活動を行うにあたっては、履歴書と職務経歴書を必ず準備しなければいけません。

転職活動する場合、履歴書と職務経歴書が必要不可欠といえます。企業のほぼすべては履歴書に加えて職務経歴に書かれている内容を見て面接するかどうかを判断するため、とにかくこの2枚の書類の作成が大切といえます。ただ記入しさえすればいいというわけではなく、内容が魅力的であることも大事です。「職務経歴書」は、過去に経験してきた職務の詳細に加え、可能な限り、アピールできる内容を書き出しましょう。また、現在の会社で挙げた実績を、たとえば残業を何時間減らして売上は何%増やした、など分かるように書いておきましょう。初めてで難しい場合は「転職エージェント」に職務経歴書を見てもらい、上手な文章を引き出したりして自己ブランディングのために転職エージェントを活用してみるのも転職を成功させるための良い結果を導きやすくなります。

詐欺|転職を考えるとき、そこでの自分の年収について気にする人…

転職をする場合、転職先での給料を気にしすぎる人がかなりいるようです。とうぜんたいていの人はだから生活費を給料として稼ぐために仕事に打ち込んでいると思います。したがって年収は自身がどれほど評価してもらえているか、としての側面もあるから当然大切なものであることは当然なのですが、ですが、年収というものばかりを気にかけすぎるのも考え気がするでしょう。この世には年収に反映されない仕事であっても精神的な充実を得られることがゼロではないからです。

この前、転職したばかりというのに、何ヶ月もたっていない・・

この前、転職したばかりであるにも関わらず、わずかしかたっていないのに辞めてしまうケースがわりと多いものです。何故かと考えてみると私の考えをいうとリフレッシュな気持ちで良い仕事を見つけたものの、「期待していた職場とおかしいと思うほど違っていた」「独自のルールに慣れなかった」ということがワケで去っていくことが多いようです。可能ならこういった、転職先選びで後悔しないためには、はやり前もっての情報収集を徹底するほかありません。手を抜くことなく、徹底して行うべきなのです。職場内の環境、職場独自のルール、給与体系、など多角的に前もって調べておくことで分からない点はしっかり自己解決を図っておきましょう。そうすることで失敗を防げます。

”石の上にも3年”というコトワザがありますが、大正末期から昭和初期にかけて原型がつくられた・・

昔から日本には”石の上にも3年”という格言があります。「終身雇用制度」は崩壊に向かっています。定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」を経験するのが決して珍しいものでなくなっています。ですが、「転職」が誰にとっても身近な存在になったからといっても、軽率に転職をしようとするのは、今後のためになりません。転職したいなら、大切なのは適した時期といえます。基本として、現在の職場、全般的に、例えば仕事内容や待遇面について不満点を10個程度、紙とペンを使い、リストにしてみましょう。そうすることで、転職を決断することです、そして、おおまかな進路が見いだせたら、できるだけ早急により良い仕事ができるように取り組むことが大切です。

詐欺|もし転職前、現在の会社の人たちがあなたの転職を知る・・

もし再就職の前に、今の職場の同僚たちが、あなたが退職すると知ってしまうと職場の雰囲気がガラリと変わるかもしれません。今までの周囲との関係によっては、やっかみや意地悪される可能性もあります。酷い場合には、残業時間を増やされてしまう事があるので、むやみに転職のことを周囲に伝えるのはあまり良いとは言えません。上記トラブルを回避するために、いまの職場では、真面目に誠実に振る舞いましょう。転職が決まる前と同じ態度でいることで、良い空気を最後まで保ちつつ、最高の形で仕事を辞めることが出来ます。それに、何の問題もなく円満に退職できたなら、辞めた会社に困った際には相談できる機会にも恵まれるでしょう。業界に関係なく、どういった企業であっても、人との縁は大事なので、仕事を辞める前のトラブルは控えましょう。