転職活動と現職の同時進行を行う人は少なくありません。

転職活動と今の仕事の同時進行を行う人が多いです。

転職活動を現職と同時に行っている人は少なくありません。ただ、忙しく仕事を行いつつ求人を探し応募したり、面接に行く、というのは大変です。今の会社の同僚や上司に気づかれないように気を遣う必要があります。そんな状況下で、「とりあえず応募しておこう」という人がいますが、仮に、そうした場合に書類選考が通り面接前にキャンセルすれば面倒な事になるかもしれません。エージェントを介していた場合は、そのエージェントからの評価が落ちますし、そうではなく直接応募していたとしても、相手企業からの電話・メールがしつこくやってくることもあります。どちらにせよ自分の大事な時間を浪費することになりかねないので、行くつもりのない企業は、最初から応募もしないのが無難です。転職活動は、新卒の就活とは大きく性質が異なる、と意識しておくと、賢い判断ができるはずです。

昔務めていた会社でパワハラを行う上司に嫌な気分にさせられ…

昔働いていた会社でのことですが感じの悪い上司に悩み、最後には我慢ができなくなりその会社は辞め、同業者の他の企業へ職を変えました。そこでは居心地よく仕事ができ非常に充実した日々でしたが、だんだんと会社が収益を上げられなくなり、ついにはある会社に経営統合されることとなったのです。その統合した会社がなんと以前勤務していた会社で、しかも大嫌いだった上司がまた私の上司となることになりました。まったく困ったことになりましたが、どれだけご縁があるのでしょうか。当たり前のことですが新たな転職先を探す活動を開始しています。

詐欺|新しい仕事に就きたいと考えているのなら、いきなり年収に関して高望みはしないほうが無難です。

転職を考えているのなら「年間報酬」を高望みしないほうが無難です。中でも、初年度は大体「研修期間」を含んでいる企業も多かったりもします。私の転職では、やっと新しい職を見つけることができたのに、前職の年間報酬とほぼ同額だったことがあります。それに加えて、業務はきついうえに、かなり責任のある立場で1年目をクリアするのに非常に苦労しました。そういった経験から、転職1年目は、仕事を覚える年と割り切り、もっというと転職以前にお金をためて備えておくべき、と痛感します。

たのしい気持ちでいながら転職活動と向き合うことで、メンタル面での負担が減るので・・

楽しみつつ、転職活動と向き合うことで、精神的な負担も少ないので、転職活動の間に堕落はしないですみます。そのうえメンタルにも良好な状態のままであれば、あまり時間をかけることなく転職先も見つかるはずです。そうする為には、やはり、ブランクを設けないで新たな勤め先を見付けることです。今の仕事を続けながら、次の仕事を見付ける形がもっとも良いです。また、隙間をつくらなければ仕事を辞めたあとすぐに、働けます。このようにしておくと、仕事をしていない期間はできませんから、履歴も傷がつきません。つまり、再就職の際にマイナスの要因がなくなるということです。先を見据えて、スムーズに転職活動を進めてみましょう。

詐欺|失業した人が受け取れる失業保険は、失業しているあいだ、給付条件になります・・

失業した際にもらえる失業保険は、失業していることが給付の必要条件ですが、給付期間が失業している限り延々と続くわけではありません。失業時までに勤務していた期間によって異なり、3か月とか1年とかが決まるのだが、なんとこれを知らない人が一定数います。失業中である限り給付されると勘違いして仕事をすれば失業保険をもらえなくなるから損だと考えて仕事を探さない人もいますが、保険はあと1ヶ月だけ、という段階で気づいてから大急ぎで仕事探しを開始しても条件のよい仕事を見つけるのは難しいです。面接に応じる担当者も無能ではないので、「いつ失業したか?」「失業してからどのくらい時間が経過したのか?」「その間、何をしていたのか?」に関してはおおよその部分は相手(面接官)にバレてしまいます。相手によっては、面接時に何をしていたか質問されることになり、返答に詰まったり、自身を良く見せようとバレバレの嘘をついてしまうと、受かるのは難しいでしょう。

長年接客業で働いてきましたが、年をとったせいか立ち仕事は…

長い間接客関係で働き続けてきましたが、年齢的に立ったままの仕事は体力的に耐えられないため、座り仕事である事務系のお仕事へ転職することを目標にして活動をしました。事務が未経験となるとわりと難しく、そうであれば接客経験も活かせる受付兼医療事務をしようと資格を取得して個人の医院に転職をしました。周りはベテランの先輩パートさんだらけで人間関係を築くのに手間がかかる。夜のシフトばっかりさせられ、接客業で働いていた時よりも帰る時間も遅いのですが、まずキャリア形成をするんだと観念して頑張ります。

転職活動をする人のなかで、次の仕事を始めるまでに時間があるのな・・

今から転職活動を考えている人で、次までの仕事にある程度期間がある方はぜひ失業手当をもらうことをおススメします。失業手当は働いている会社側が「雇用保険」を支払っていた場合は、必ずだれでももらえます。手続きについては、「ハローワーク」で行います。しかし自己都合で仕事を辞めた方は失業手当が受給されるまでの待機期間(3ヶ月)ありますが、勤めている会社都合での退職や、残業時間によっては、ただちに貰える可能性もあります。「失業手当」の金額については、最後に受け取った月の給料を軸に支給する額を算出されるため、企業に繁忙期や閑散期がある方はなるべく「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当的にはお得です。

『転職をしたい!』と思っていて、自身の意志が本当に強いものであるなら、…

『今すぐ転職したい!』と思っている人のなかで、自身の意志が強いのであれば、辞職したいという旨をすぐに上司にそのことを伝えるべきです。ただし、ここでは曖昧な表現をすると場合によって高確率で言いくるめられるので要注意です。また、実際にわたしが転職をすると話した時には話がこじれて結局、およそ半年、予定が伸びてしまいました。辞めたい旨を当初、直属の上司に相談をしたのが年度末でしたが、退職出来たのはこの年の11月です。本音は仕事が一段落した年度末を区切りにしたかったのに、スムーズにはいきませんでした。やっぱり人事の采配等もありますでしょうが、社員の意見を聞かずに、上司を含め、会社全体でずるずると引き伸ばされてしまったので、さすがに前の職場に対して失望しました。

全くの未経験である業界などに転身したいと考えているときに・・

全く経験のない分野などに転職したいと思っている場合には、前の仕事で、自分が育んできた腕前やこれまでやってきたことを生かすことができるという内容の自己アピールが必要です。その業界の未経験者は未経験の分だけその業界の経験者よりも事実、足りない部分はありますが、自分自身の持っているスキルがその場でも十分に発揮できるということをうまく相手に話せれば、戦える場合も十分にあります。という事で、経験が全然ない業種に挑む場合は、その業種と自分がこれまでやってきた仕事とのつながりをできる限り発見しましょう。

先週転職先の会社を探すために人材紹介会社へと登録に出向きました。

先週転職活動の一環として人材バンクに登録に出向きました。登録するときのカウンセリングを行いに現れた担当者がどうも20歳そこそこの社員のようで、こちら側が説明していることの50%も理解できていない模様。しかも「キャリアデザインを考え直す必要があります」とか「もっと自分の強みをはっきりとさせることが大切でしょう」とか、わかったふうに横柄にのたまうのでとても嫌な気分になりました。カウンセリングをする人はそれなりに仕事の経験がある社員にしてほしいです。

転職先を探している間は、自身の趣味に打ち込んだり、体力の向上を意識した生活習慣を取り入れ・・

転職先を探している期間中は、自分の好きなことに没頭することに加え、体力を損なわない生活をしておくとベストです。仕事が決まり、仕事を再始動したとき、趣味に夢中になっていたことによって無意識の間に集中しやすい体質になっています。さらに体力アップしていることで一緒に働く人たち以上に疲れない身体になっている、と認識します。そのため、退職して転社先が決まるまでは自分の趣味に力を入れることと、体力アップをしておくことをしておいて損することはありません。仕事が決まり、働き出した会社で共通の趣味の方と知り合えたなら、仲良くなるキッカケになります。ですから、気になったことにとことん時間を費やすのも転職期間中の自由な時間の利用方法としてはおすすめです。

クールビズ(軽装)スタイルで再就職の面接に臨む場…

クールビズをして転職の面接に臨む場合、いくらなんでジャケットまでは着て行かなくても安心であると言い切れます。ですが、ネクタイは着用していったほうが悪い印象を与えることがありません。タイもジャケット同様になしで良いと考えている企業も存在するケースもあるにはあります。ですが、ことネクタイだけは例えクールビズだろうと必ずつけなければならないと考える企業がいくつかあります。という事で、クールビズの恰好でもネクタイは絶対に着用していった方が印象が良くなるということを知っておいてほしいです。

今までの私は、職探しをするときは「転職サイト」ではなく…

以前は、職探しは「転職サイト」よりも「ハローワーク」で仕事を探していました。というのは、大抵の転職サイトは、なぜか都心の求人しかないからです。これまでの新しい職場を探す時は、いつも「ハローワーク」を使っていました。もちろん、掲載されるいくらか知名度は低くなってしまいますが、古くから地域密着タイプなので都心部以外での転職をするときには重宝します。ですが、「ハローワークはなんとなく地味なイメージがある」と思われている方も少なからずいるかもしれません。以外にも、転職サイトにはない求人があるかもしれないので、数年以内に転職予定の方は、参考までにハローワークへ1度行って、確認してみるのもアリだと思います。「転職サイト」みたく多くの電話・メールが執拗に送られてくる心配もありません。

詐欺|転職サイトは大きなサイトの方が掲載数も豊富なので、感じがよさそうな2つか3つの会社を…

転職サイトは知名度の高いサイトであるほど掲載される会社の数も多くなるため、興味のある2,3の会社を、とりあえず転職サイトに登録して、勤務地や年収などの条件を設定しておき、さらに条件に適合する求人情報が自動的に通知されるように設定しておくと簡単に転職に関する情報収集を行うことができるようになります。しかしながら、はじめは登録するのにけっこう時間がかかるので、サイト登録する前に「履歴書」「職務経歴書」を作成しておき、さらにそれらをテキストファイル化しておき、コピー&ペーストしつつ登録していくと手間が省けて便利です。登録をする初回時はけっこう時間がかかることから、案件の検索や、その後の応募も大変に感じるかもしれません。が、その後は新着の求人情報のみ確認すれば大丈夫なので、次回以降の応募を楽にするめにも、初めの準備に手を抜かないことを心がけるのが得策です。

求人関連の情報誌やサイトを見てみると、ほとんどの場合・・

求人についての情報誌やサイトを見てみると、大部分の場合は多くの企業では月収の記載に目が行きますよね。この月収の欄を調べれる時には、深く確認する事が大切です。その値だけで判断しないほうが良いです。というのは案件によっては、月収のなかに月15時間残業の場合が含まれているおそれもあります。要するに残業代の金額をトータルすることで好条件であるかのように見せ、人材を募集しているケースも考えられるのです。そのほか、基本給プラス歩合給で、歩合箇所を相当に盛って、月収を多めに見せている可能性が考えられます。そういうわけで、こういった「不誠実」とも取れる詭弁を弄する案件にはスルーしておくのが無難といえます。

転職のために今務めている会社を辞める時に失業保険についての手続きを行う必要がありますが…

転職を目前にしているなら、今働いている会社を辞める時に「失業保険」をもらうための手続きをしておく必要があるのですが、もしも自発的に退職届を書いて退職する、いわゆる依頼退職においては直ちに失業保険が給付されるわけではなく手続きをした後で失業が確認されてから3か月待たないと受け取れないのです。ですので、会社を辞めたその翌日から3か月経過すれば給付されると信じている人がいますが実際にこの間違いを犯した人が、ハローワークのスタッフの方が間違っていると主張してハローワークの職員とトラブルを起こしているのを見たことがあります。ちなみに、リストラのような、「会社都合」での解雇のときは、失業認定を受けてからすぐに失業保険が給付される。