求人誌を見るとき、「事務系の仕事をしたい」と考えている人…

求人情報をチェックする折、「デスクワークがしたい」と思う人ほど、…

求人を見るとき、例えば、「デスクワークがしたい」という人は、製造業をスルーしてしまっています。そんな人の多くは「製造業は製造マンの求人だけだ」と勝手な思い込みで認識している場合もあります。事実、製造業での求人でも、製造マンだけでなく経理、人事、総務などのスタッフ募集をはじめ、資材、購買、営業管理などの「オフィス系」に分類される部門も多数あるのです。けれども、製造業の勤め先はオフィス街から遠いので仕事帰りに買い物を楽しめる環境で働きたいと考えている人には、そこがデメリットに感じられるかもしれません。そうした事には自らのこだわりを捨てることで良い仕事や出会いが得られる可能性もあるので、ぜひ視野に入れてみてください。

新卒採用で入社した会社を退職し転職を決意しました。

新卒で入社した会社を辞めて、転職を決意しました。はじめはかなり大丈夫だろうか、と悩みました。ですが、社会に出て数年経てば転職をして中途採用で働いている人ばかりであると転職活動中に学び、無意識のうちに気が楽になりました。なにより1回転職をすれば、なんだか前向きに物事を考えるようになって、「自分のやりたいこと」を優先できて日々が明るくなりました。いまだ「辞めずに続けることが普通」といったような意見も根強くありますが、それが必ず正しいとは限らないと思いました。私の場合、転職を決断して良かったと思います。

いい転職をしようと転職する活動の際に「今までにこういう価値のあ…

がんばっている転職する活動で「自分は今まで、こういう職場の仕事を長く続けてきました」「過去の仕事によって、こういった経験を得られました」と過去の自身の実績・セールスポイントをがっしりアピールする人は少なくありません。でも、応募し再スタートを図る会社で「こういうような仕事をしたい」「斯くの如き内容の事なら積極的に貢献したい」と未来の話をしてアピールする方が過去をメインにしながら語るより採用チャンスに恵まれます。この点を覚えておくと、転職活動が楽になります。

詐欺|転職活動をするにあたっては、履歴書と職務経歴書が大切です。

転職活動する場合、履歴書と職務経歴書が必須だと考えられています。企業のほぼすべては履歴書や職務経歴書に記載されていることを考慮して面接するかどうかを決めるため、ともかくこれらの書類の作成が重要なポイントになってきます。単に穴を埋めるだけでなく、内容の充実を図ることも大事です。職務経歴書は、今までの職務の詳細と、自己アピールとなる内容を可能な限り書きます。また、過去以外に、現職で挙げた実績でアピールをするのも忘れずに。売上〇%UPした等、分かるように書いておきましょう。作成が難しいと思ったときは、転職エージェントを活用したり、よりよい内容にしてみましょう。自分の価値が高まるように、うまく活用することも転職を成功させるための良い結果を導きやすくなります。

転職を考える際、そこでの給料を気にしすぎる人がわ…

転職する場合、転職先となる職場における自身の給料を過剰に気にする人が案外多くいます。とうぜん大多数は仕事というのは収入を得るため、行うものです。ですから生活費をもらうために励んでいるはずです。とうぜん年収がどれだけかは自分の仕事に対する評価という側面もありますから、とうぜん大切なものとして扱うのは至極当然です。ですが、必要以上に年収に気にかけすぎるのもさみしい気がしませんか?それより収入に直結しない仕事であっても精神的な充足感を得られることはゼロではないからです。

ついこの間、転職をやっとしたばかりであるにもかかわら…

ほんの2ヶ月まえに、転職をやっとしたというのに、入ってすぐに辞めてしまうケースが意外にも少なくないのです。何故かと考えてみると気持ちも新たに、素晴らしい仕事環境を見つけたものの、「自分の思っていた職場とけっこうギャップがあって幻滅した」「納得行かない慣習があってウンザリしている」という原因で別の仕事を探すみたいです。でもこのような、転職に関しての失敗を繰り返さないためには、初歩として、情報収集を欠かせません。手を抜くことなく、徹底して行うべきなのです。職場内の環境、通勤に掛かる時間、給与システム、などいろいろチェックしておくことで転職後に後悔するリスクは大きく減らせるはずです。

詐欺|昔から日本には”石の上にも3年”という教えがあります。

古来より日本には”石の上にも3年”という教えがあります。現在、「終身雇用制度」といわれる現代では転職というのはとても身近なものになってきました。ただ、「転職」が珍しくなくなってきたとはいえ、安易にそれを選択するのは考えものです。再就職しようと考えるなら、適したを図る必要があります。はじめに、現在の職場・仕事、自分の置かれている立場などに対して納得できていないと思うことを箇条書きにして最低でも5項目、多くて10項目は紙に書き出してみましょうそうすることで、将来の再就職に役立ちます。そして、もしおおまかな進路が見いだせたら、できるだけ素早く、よりキャリアアップできるように、取り組むことが大切です。

もしも再就職の前に、今の会社の人たちがあなたの退職を知…

再就職の前に、今勤めている会社の同僚たちがあなたの転職を知ってしまうと、職場の雰囲気が一変することがあります。働く環境によってやっかみや意地悪される可能性もあります。さらには、意図的に残業を押し付けられたりすることもあるので、うっかり「転職します」と口にするのはあまり良いとは言えません。上記のトラブルを避けるために、仕事をしている現場では、真面目を装いましょう。そうすることで、良い状態のまま心置きなく仕事を辞められるはずです。さらには、円満退職できれば、転職後に、あなたが困った際には相談できるチャンスにも恵まれるはずです。規模などに関係なく、どこの企業も人との縁は重要なので、仕事を辞める前のトラブルだけは、可能な限り起こさないようにしたいものです。

私たちの労働環境は、今後ぐんぐんと考えなくてもできる作業…

将来的に、私たちの社会的環境において着実にシンプルな作業は機械で処理されるようになっていき、当然の結果として必要な人員は削減されます。その理由は、考えなくてもできる作業という観点では人間より機械のほうが比べられないほど利便性にすぐれているからです。数をカウントしたり、同じ動きをリピートしたりすることは機械には問題ありません。当たり前のことながら人と違って泣き言を言わず、肉体的な疲れもないし、横着をすることもないし、正確に作業してくれますし、均一だし、ヒトとは違い、給料が発生しないのも違いですね。ですので、人を使う理由が到底なさすぎます。機械化されるのは自然の流れなのです。

再就職するにも全部がスムーズに進行するという確証はありません。

仮に転職活動をしたとしても、全てが順調にいくワケではありません。遅かれ早かれ転職をしなくてはならないならいずれにしろ転職をしなくてはならないなら年齢が若いうちにできるだけ早く考えておくほうが良いです。傾向としては、20代の若いうちは成果があがりやすいですが、残念なことに、30代後半~40代に達すると転職結果は、とても厳しいといえます。要職を担当している場合、転職する意思が芽生えたとしても、会社に残ることも選択項目に残しておくべきです。要するに、退職届を出してから転職活動するよりも、今の会社に残った状態で、じっくり探すほうが堅実です。

政治により変化の出始めている転職を取り囲む状況につい…

転職を取り囲む状況は、政治による変化の兆しが出始めています。今の安倍政権によって、「アベノミクス」「三本の矢」といった形で経済に関係する政策が次々と打ち出されています。内閣が打ち出した経済政策に連れ立って金融政策とも、たがいに作用しあって財界・企業といった民間側からもあたらしい変化が具現化されてきています。そのこともあり民間企業では、今度は労働人口減による「人員不足」がかなり深刻な社会問題となっています。将来、「外国人の労働者」の総数を現状よりも増加させていく、前提と安倍政権は宣言しています。外国人労働者の増加に伴い、雇用や転職問題もかなり幅が広がりそうです。こうした変化のなかで日本国内の雇用や転職をとりまく事情も大きな影響を及ぼす事になるでしょう。

転職したいと考えている会社の見学ができれば、非常に勉強になります。

転職候補に挙がっている会社の見学は、たいへん参考になります。とりわけ、技術を必要とされる業種なら、職人技を間近で見られてワクワクします。そのような「職人」がいる会社見学は、間違いなく見学者には、本来の現場を見せることが少ないです。例えると、ずばり、ブルーワーカーなどの職種です。この業種では、独自の感覚を持つ人が多いので入社後でなければ、本来の姿はみえないものです。ですから、仕事は見学で見たものだけだと決めつけないことが賢明です。さらに、会社見学時に仕事を体験させる会社は危険ですし、正直言って、良い会社とは言えません。雇用契約を結んでいない人間には、トラブルが発生しても保障が一切ないので、仮に、勧められたとしても丁寧に断るようにしましょう。

もしも近い将来、転職するのなら、前もって資格を取得することで有利に事が運びます。

もしも転職をするなら転職前に資格を取得することで有利に事が運びます。とくに、仕事をしているあいだに資格を取得しておけば、転職にそれを生かせるので、転職先を探すのが簡単になります。そういうわけで、資格取得は、在職期間中がもっとも最適です。未来を見据えて、社会的にニーズの高い資格を取得しておけば、今の会社を辞めたあとも後悔なく次に進めます。また、資格を取ることができれば、転職活動では資格が味方をしてくれるので転職先の面接で面接官に「即戦力」と好意的に捉えられ、今までより待遇アップも期待できるでしょう。

詐欺|仕事を探していた時期にかなり何個かの人材紹介会社に登録していました。

転職を考えていた時期にずいぶん多くの人材紹介会社に登録していたのですが、その際に特に思ったのは転職アドバイザーの質に関しても驚くほど多様で大体は十分だと感じる対応をしてくれない人ばかり。私とっては大切なことなのにもっと誠意を込めて臨んでほしいという落胆した気持ちが積もり積もってしまいました。そのことが発端となって私はキャリアカウンセラーを目標にすることになりました。資格を取得するのはお金もかかったし勉強の面においても大変ですが、お仕事を探している方からあなたがアドバイザーでよかったと言ってもらえる存在になるべく頑張っています。

近時は、ブラック企業がニュースで取り上げられたりし・・

現代では、「ブラック企業」が社会問題として扱われるようになり、労働条件についての取り締まりが強くなったり、悪質な会社が公開されたりするなど、厳罰を処するようになってきましたが、まだ完璧とは言い難い状況です。そのため、面接で見破る必要が出てきます。ともかく、求人票などに記載されている労働条件を見ておき、それらをもとに聞いてみることです。「ブラック企業」と対峙している場合には、質問したことが嘘であった場合、明確に返答できなかったり、結局は答えられなかったり逃げ腰になります。特に「給与」「残業」「休日」においては、質問してみると、困った表情を見せる可能性大です。それでも迫ると、ふてくされたような態度を見せ始めるため、そこで相手のウソを確信できます。この手の企業は、約束を守らない上に、入社してからもふてぶてしい態度であることが多いので、何か違和感を感じたら、他の会社をあたったほうが良いと思います。

詐欺|転職活動では、まず第一に求人票を見たり、ウェブ上の公式サイトを閲覧したりし…

転職を行うにあたっては、始める前に、求人票を見たり、ウェブ上の公式サイトを見たりしてその会社のことを調べるのですが、ところが、当該会社が情報を掲載する際には、専属「コンサルタント」の手が入っている、と理解しておくべきです。彼ら(コンサル)は、会社に不都合な情報を隠すプロでもあります。公表するにしてもいかに当たり障りのないような表現が出来るかを考えるのが仕事であるため、その種の社長の方針や社員の感想に関しては、それを鵜呑みにするのではなく、疑いながら読んだ方がいいでしょう。鵜呑みにして会社に入ってしまった場合、「聞いていた話と違うじゃないか」とあとになってから後悔しかねません。悪意ある会社は、素直な人間を取り込み、その後は、文句をつけながらいかにして辞めさせないようにするか考えています。そのような「ブラック企業」の求人には関わらないことが大切です。