詐欺|新たな仕事でそれまでに培われてきたスキル・キャリア生かすことができれ・・

転職した会社で今までに身に付けた資格やキャリアをフル活用できれ・・

新しい職場で、これまでに培ってきた資格やキャリアを活かせられれば、即戦力として周囲から認められ、早々に職場で存在感を得られるでしょう。人を募集している雇用先もスキルを持つ人材は常に必要なので、タイミングさえあえば、難なく事が運ぶでしょう。更にこれまでの仕事内容と同じような仕事内容なら転職自体はすんなりいくはずです。しかし、それなりに実力があるといっても大手の事務職、公務員(国家・地方ともに)の募集などは、いつの世でも中々の難関となるのは間違いないでしょう。

退職と転職を繰り返さないための対策は、シンプルです。

転職を繰り返さないための対策は、シンプルです。スキルアップもそうですが、メンタル部分のスキルを磨くと、そう簡単に転職を繰り返さなくなります。今現在は、インターネットがあるので精神面を強くする自己啓発系の情報はカンタンに知ることができます。さらに、転職とは全く異なる行動でも、メンタルを鍛えられます。その最たる例はズバリ「海外旅行」ですね。海外旅行に行くと、言葉も文化も違うので、刺激が山ほどあります。なので、人間的に成長させてくれる修行とも言えます。日本に帰ってくると、「自分の視野の狭さ」に気づき、こんなにも世間は狭かったのだということをしみじみと実感することができます。その気持ちを携え、(転職のための)面接に向かうと、これまでとは違って自信満々に自己アピールができるはず。ただし、退職後は精神的に弱っていることが多いので、その後のために適度に休みましょう。

転職の際に外せない面接でやめておいたほうがよいのは採用をされたいあまり度を超え…

転職のための採用面接では、勘違いしている人が多いのですが良い印象を与えたいと露骨なまでの猫かぶりは、残念なことに採用を勝ち取れないこともあり得ます。ですから、その場を繕うのではなく面接時は、「産休」といったような、多数の人がかなり質問しづらい内容を勇気を持って尋ねておくと、自身のためにもなります。実際には「そんな無遠慮なずけずけとそういった質問をすると最終選考に不利になるのではないか」と懸念する人もいるかもしれません。ですが、意外なことに、相手からの印象もいいことは少なくないようです。こういった「お金」や「労働環境」に関連する内容は、仕事をするとなれば、多くの人が知りたい内容なはずです。とはいえ、面接の場では不採用を恐れて質問できないのが普通です。けれども、一歩踏み込む勇気があれば「勇気のある人だな」ということで格好の自己アピールとなるのです。

スムーズに転職したい時は、企業そのものよりも、人事や採用担当の面接係員・・

転職は、最初の第一歩は企業そのものよりも、具体的には「担当面接官」との勝負ともいえます。希望する職種に採用してもらえるように、ゼッタイに緊張せずに平常心で対応しましょう。たとえばお見合いをする気持ちで向かうと面接への余計な緊張が解けるかもしれません。面接官は最も最初に自分の人間性をチェックされるので悪い印象を与える態度は気をつけてゼッタイに避けましょう。なおかつモラルある社会人らしい面接に適した服装で向かいましょう。あなたの個性を表現できるといいでしょう。面接官に健康的で魅力がある人物と認識されれば、かならず良い転職先に巡り会える可能性も高くなります。

これから先、転職活動をするという時は、気になる求人(業種)…

転職活動をするのなら、気になった求人(または業種)を見つけたら、絶対「〇〇業(気になる業界)、ブラック」でネット検索しておきましょう。求人票やあなたを担当してくれる転職エージェントから入ってくる言葉からは、その業界に関するマイナス面について知ることは不可能です。ネットで調べればインターネット検索によってカンタンにいとも簡単に本来の姿を理解できるでしょう。そういう面を知らずに入社してしまうと、後々に入ったことを後悔してしまうおそれがあります。そもそも求人が出ていた理由が「内容がキツイから人が定着してくれない」ということも多いので気に入った案件や業種については、しっかりチェックし疑問点を払拭した上で、応募しましょう。

世の中は変わっていてスマートフォンを使えばわかるけ・・

最近はパソコンを使えばわかるけどインターネットの世界では、「転職に役に立つサイト」に類するものがあちこちに存在しているのをご存知でしょうか?自身が求めている転職先と思えるのを探すためにも、まず、情報収集が必要です。サイトをうまく使うことで、効率的かつ満足度の高い転職先探しができます。更新頻度が高く、さらには転職希望者にとって役立つ情報満載の役に立つ「転職サイト」がある一方、それとは真逆なメリットが皆無なサイトもあるので、安易に信じるのは考えものです。まずは、信用できるサイトかどうかを見極めることが大事ですから同ジャンルのサイトと比較しながらしっかりチェックしてみましょう。

詐欺|違った職場につきたいと転職をする活動をしている中のとき、…

今と違った職場がいいと転職をする活動をするとき、「1日もはやく、内定を手にしたい」と考えてしまいがちです。でも、そういう気持ちで内定通知が得たいばかりに、自分の能力について、嘘の申告をしたり、あるいはその逆に過小評価するかのような行動はできるだけしないようにしましょう。そうではなくて、焦る感情にガマンして、冷静に客観視しつつ、あなた自身の能力にあった職場探しに専念しましょう。これまでの経歴が生きるように、そして、自分のキャリアアップが期待できる職場を賢く探していきましょう。

派遣社員であっても、1年経ったら自分自身の好きなタイミングで退職できるワケでなはな・・

派遣社員だからといっても、契約期間を迎えたら自分自身の好きなタイミングで辞められるワケでなはないと実際に転職活動を通じて実感しました。私は結婚した後、落ち着いたらできればすぐに子供がほしかったので、子供ができる日が来るまでのあいだ、約1年半~2年ほど今の部署でそのまま仕事したかったので就職しました。常勤ではなく派遣社員だったので、正社員よりも給料は少なかったのですが、ですが「時間に自由が効く」というメリットがあるので、そこはガマンしました。が、入社したあとに、一緒に働く人たちのほぼ全員派遣の仕事を10年、15年と続けていらっしゃったのです。たとえ派遣社員を選択したとしても、契約が過ぎたらすぐに辞められる雰囲気ではないと気付かされ、ちょっと困っています。

ある古物商の人員募集にて、書類審査を通過しました。すぐ…

とある古物商の求人に応募し、書類審査を通過し先方から面接の日時を教えてもらいました。しかしながら、当日、時間通りに行ってみると、どうしてか相手が、面接の用意を一切していないことがわかりました。待っていると、所長と思しき人が面接中も半ば聞きというか、たいへんに面倒くさそうな態度を見せてやっとのことで面接を終えました。けれども、2週間後と言われた結果の連絡がまったくもらえず、しびれを切らし、自ら問い合わせてみると、「郵送で本日送付しました」と言われました。しばらく待っていましたが、結局、届きませんでした。仕方がないので再度電話をしたところ、なんと、「残念ですが不採用になりました」、とこちらが話す隙もないまま電話を切られてしまったのです。私は呆れ返ってしまいましたが、正直なところ、不採用で良かったと感じています。

詐欺|仕事を変えようとしようとしている時に注意を向ける募集要項について…

再就職をする時に目を光らせることになる求人情報は、一般的なものとして書いてある、という確率があります。なので、掲載内容が100%正しい情報だとは迂闊に信頼すのはやめておいたほうが最善でしょう。中でも特に生活に大きくかかわってくる給料においては平均の値なのか?最低限なのか?一番高い給料なのか?というような評価ができる人は少なく、自分勝手に解釈してしまうと、後悔する可能性もあります。なので、そうならないためにも、募集事項の情報というのは、うのみにせずに、そのようなたいへん大事な事は会社に直接確かめるのが好ましいです。

このところ私は派遣会社に登録して仕事をしています。

派遣会社に入っています。インターネットサイトの中でなんとなく自分に合っていそうな仕事を発見して問い合わせをしてみると「その仕事はすでに他の人が採用されました」と言われて瞬間的にサイトから仕事の情報が消滅するのですが、どういうわけか翌日になると情報が閲覧可能になっています。それって要するに私ではよくないのっていう意味ですよね。そうであるならば初めからカドが立たない程で正直に言ってくれればありがたいのですが、なかなかそうはいかないでしょうか。あるいは客寄せのための存在しない仕事を掲載しているのでしょうか?

転職で、派遣社員」で考えている人にぜひ注意してもらい…

転職の際、正社員ではなく「派遣社員」を選択しようと考えている人に覚えてほしいことが何点かあります。まずはじめに派遣社員という言葉を聞くと、「電話対応」「データ入力」「お茶出し」「その他雑用」のようなものをぼんやりと連想する人が多いはずです。実は私自身もまさにそう思っていました。「派遣社員」の求人を見て応募したときには「メインの業務は電話対応になります」と面接で派遣会社からも説明も受けてました。ところが、入社したとたん、なんと「電話対応」に加え、退職した正社員の穴埋め業務を頼まれました。とくに特別な知識もなく、はじめに説明された内容とは全く違うので毎日かなりきついです。とりあえず、ひたすら「はやく契約期間が終わってほしい」と願うばかりです。

転職活動をする際に特に注意すべき求人の募集内容は、そこまできつくなさそうな仕事なのにも関わらず給料がよ…

就職活動時に気を付けるすべき求人内容は、そこまできつそうな仕事ではないのに給料が高めで、拘束時間が長いというものです。こういった募集の場合、給料に『みなし残業代』を含んでいるケースが多々見受けられるます。みなし残業代は、別名『みなし』とも言われ、30時間、45時間といった形で(時間は例えです)求人の内容に時間が併記されているものです。これは、毎月これくらいの残業が想定されるため、最初から給料に残業代を入れて計算しておく、といったものです。(なお、これは合法です)例えば求人に『みなし残業代45時間込』という表記は「書かれた時間分の残業代を含めると、この給料がもらえます」というワケです。ただし、悪質な求人情報では告知しておくべき『みなし』を記載していない可能性もあるので気をつけましょう。

転職することをスムーズなものにするには、あらかじ・・

転職することを成功させるためには、前に意味のある情報を集めることをしておきましょう。最近は取るに足らない中小クラスの意地でか公式ホームページで企業のことをわかる場合が多いので、ネット検索で自分が知りたい情報を調べておくとそれとその企業についてなんだろうと思う点などを解消しておくと相手の会社を知るのが容易です。それと公式ホームページ以外にも、「転職サイト」を利用するのも効率的ではありますが、しかし、インターネットだけで判断するのは早計です。何よりも転職候補にしている職場を自分自身で見てチェックしてみることも大切です。

今までの求人誌では、募集要項の中に「性別」につい…

以前は求人情報では、雇用主が必要とする「性別」について、明確に記載されていました。しかしながら現在では、男女雇用機会均等法の施行によって、雇用時、男女差別がしてはいけないルールが決まり、応募資格の詳細に「性別」が記載されなくなりました。そのような変化があったのですが、募集情報を出す側は、男女どちらでも良い、とは本音では思っていません。実際、実際は男性が欲しい案件に、女性が応募したり、その反対に女性が欲しいのに、男性が応募してきたり、といった感じの問題が起こりうる可能性があります。仮に、「女性が活躍する職場です」と記載のある求人募集の場合は、雇用側が「女性」を必要としている、と考えるとトラブルを回避できます。

再就職の面接などにおいて名刺を手渡されとしたら、あなたも名刺を相・・

再就職の時の面接などの際に名刺を差し出してきたら、あなたも同様に名刺を渡した方が良いのか?と対応の仕方に悩んだときは、おおむね差し出さなくても良いと覚えておきましょう。転職のための面接とは仕事の一部ではなく、仕事を得るための採用活動内のことなので、ほとんどは名刺をやりとりする時間とは違います。さらに、会社の者としてではなく、あなたの問題でそこにいるわけです。ですので、相手側から名刺を渡されたとしても、あなた自身は名刺を受け取るだけでよくて、相手にあげる必要性はまったくないと言えるのです。