未経験の業界などに転職したい時には、自分が前の職で身に付けたスキルや…

全くの未経験の業種などに転職したいと考えている場合に・・

未経験の分野などに転職したいと考えているときには、前の職場で、自分が培ってきた腕前や経験したことを発揮できるという内容の自己主張が必要です。そのジャンルの未経験者は経験のない分その分野を経験している人よりも事実、不利になりますけど、自分自身の持っている力がそのジャンルでも生きるということを相手に伝えることができれば、勝負になるケースは考えられます。そんな訳で、経験のない業界に挑戦する場合は、その業種と前の職場でやっていた職務との関連を必ず見付けましょう。

詐欺|この前転職先を見つけるために人材会社に登録に向かいました。

3日ほど前転職の準備をしようと人材バンクへ登録をしに行きました。そのとき登録するときのカウンセリングをするために現れた担当の方が見た感じ入社間もない新入社員で、私が説明した話の50%も彼は理解していないように思えました。そのくせ「キャリアデザインを考え直す必要があります」とか「きちんと強みと弱みを知っておくことが必要です」等、大上段から偉そうにのたまうので非常にイラつきました。カウンセリング担当者はいくらか仕事を経験している方にしてほしいものです。

詐欺|転職先を探している間は、自分の好きなことに時間を使ったり・・

転職期間では、趣味に打ち込むほか、体力を損なわない生活を習慣化しておくと良いでしょう。仕事復帰した時に、趣味に没頭していたことで、知らない間に集中力が高まります。また体力アップしているために、その場の社員と比べると体力が持続するということを自ずと認識することができます。ということで、退職してからの生活は、運動なども取り入れて体力を落とさないようにすることをするのが何より良い事なのです。転職が決まり、その職場であなたと同じ趣味の方と知り合えたのなら、会話も弾みます。ですから、興味のあることに積極的にトライしてみるのも転職期間の自由な時間の使い方です。

クールビズ(軽装)で再就職の面接に臨むときには、ジャケットに関して…

クールビズ(軽装)スタイルで転職の面接にチャレンジする場合、いくらなんでジャケットまでは着込まなくても大丈夫だとはっきりと言えますけど、ネクタイは面接ではつけている方が好印象です。ネクタイなしで良いと考えている企業も存在するケースもあります。ですが、ネクタイに関してはクールビズが推奨されていても着用して行く必要があると決めている会社がある程度あります。そんな訳で、クールビズ(軽装)でOKだと言われていてもネクタイをしてから面接に行った方が印象が良くなるということをわかっておいてください。

かつての私は、「転職サイト」ではなく、主に「ハローワーク」が中心でした。

これまで私は、新しい職場を探すときは私はハローワーク派でした。その理由は、有名どころの「転職サイト」は、システム上、都心の求人情報だけだからです。であったので、転職活動をする際は、「ハローワーク」に頼ってばかりでした。もちろん、掲載されているいくらか知名度は低くなりますが、昔から地域に根ざした情報が安心できます。「ハローワークってなんだか古臭いイメージがある」と感じている方もいるかと思いますが、理想的な求人を発見できるかもしれないので、転職したい場合は、お近くのハローワークに1度行って様子を見ておくのも良いと思います。人気の転職サイトみたいに多くのお知らせやメールの心配も無用です。

転職サイトは大規模なサイトであるほど掲載される数も多くなるので、…

転職サイトは、大手が運営しているものであるほど掲載される転職情報が多いため、興味のある2つか3つの会社を、とりあえずはサイトに登録して、年収などの条件にあらかじめを入れておき、加えて条件に適合する案件が掲載されたら自動的に通知されるように設定しておくと容易に転職情報を集めることが可能です。だとしても、初回は登録するのにそこそこ労力を要するので、サイト登録前に「履歴書」「職務経歴書」をしっかりと作成しておき、そのコピー&ペーストをする形で登録すると便利です。登録をする第一回目は多少時間がかかることから、案件の検索や、その後の応募も大変に感じるかもしれません。が、その後は新着の求人情報のみ確認すれば大丈夫なので、後のことを考えれば、最初にしっかり準備することを頭に入れておきましょう。

詐欺|求人関連の情報を見てみると、とうぜん多くの職場では月にもらえるお金の記載に目が行きますよね。

求人関連の情報誌やサイトを見てみると、とうぜん月の収入が記載されているはずです。ただしこの月収の部分を見る時には、注意深く確認する事が大切です。その額の多い少ないだけ見て納得しないほうが良いです。何故かというと会社によっては、月収の金額の中身が「毎月30時間の残業」が含まれているかもしれません。それは残業代の金額を入れることで金額が高く見えるようにしていることも珍しくありません。また「歩合給」を基本給以外に考える、という案件も要注意です。歩合をかなり多く見積もって月収として見せている所もあります。そういうわけで、このような「不誠実」極まりない案件は、はじめから相手にしないほうが無難です。

転職を行うにあたり、現在勤めている会社を退社する時・・

転職に先立って今務めている会社を退社する時に失業保険の給付を受けるための手続きが必要ですが、もしも自らが希望して退職願を提出して会社を辞める、いわゆる「依願退職」であった場合は直ちに失業保険が出るのではなく手続きにした後に失業が認定されてから3か月経つこことが必要なのです。なので、会社を辞めた翌日から3か月経過すれば給付されると思い込んでいる人がいますが、この規則を勘違いして3か月経ったのにもらえないのはおかしいと主張してハローワークのスタッフと口論になっているのを見たことがあります。念のために付け加えておくと、自己都合ではなくリストラなど会社側の都合による退職のときには、失業認定を受けてから即座に失業保険を受けとることができます。

再就職をする際の面接につけていく腕時計の事についてです・・

再就職する際に行われる面接のときにつける腕時計の事についてですが、ビジネスの場らしからぬ目立つようなタイプの時計は着用しないほうが安心です。この場合の腕時計で目立つものというのは高級ブランドの腕時計とか、といったことだけではありません。それとは反対に安物の腕時計に見られてしまうとか、そのような目を惹くという意味であって真逆で目を惹く、と認識しておきましょう。面接時の腕時計についてもポジションとしてはネクタイやスーツと同じで、堅実なものを選ぶのが良い印象を与えてくれます。そうはいっても、歳に見合ったものであるということもとても大切なことで、新卒の時にしていた腕時計よりはほんの少しでも高級感のある腕時計にした方が年齢に見合っているとはっきりと断言できます。

転職活動をする上での最後の問題として、現在勤めている企業からの退職があげられます。

転職活動をする上での最後に残る厄介な難問として、「今勤めている会社をいかにして辞めるか」という問題があります。転職先の会社が採用の内定を出したとしても、現在勤務中の企業があなたを慰留することも少なくありません。そうなってしまった場合、「何が何でも退職する」という強い意志を貫くことが大事といえます。たとえ会社に残るように説得されて、一時的に残ったとしても、一度辞めたいと思った会社には、やがて愛着もなくなってきます。退職をスムーズに進めるためには、最初に会社の規定に目を通し、退職までに必要となる日数を超過する年月以降で退職日を決め、退職届をつくります。そして、決定権のある上司と直接話し、退職を考え直す可能性はありませんと、はっきり伝えます。円満退職をすること、これも転職活動のひとつです。

転職サイトに一旦登録すると、電話やメールでしつこいくらい連絡が入ってきます。

転職サイトに一旦登録すると、電話・メールで執拗に連絡が入ります。これに関して「転職エージェント」の初心者の方は、かなり驚く場合がよくあります。「転職エージェント」は、利用者に転職してもらうことが業務なので、非常に積極的な姿勢を見せます。その中でも大手エージェントは、転職を成功させると企業からお金をもらえるシステムであるといえるので、転職したい人の都合よりも企業側を優先的に考えることが多々あります。さらに、彼らは、成約数を増加させたいがために、内定が出た瞬間に、入社するよう後押ししてくることが少なくありません。対抗策として自身の気持ちを明確にしておき、転職に妥協しないように注意することが大事です。

転職活動において、重要視されるのが「面接」である。

再就職では、比較的重視されるのが「面接」になります。よくある面接では、面接担当者が応募者に転職理由や仕事の意気込みなど色々なことを質問されると思います。そしてほぼ100%、一通りの質問と説明が終わると、今度は、転職希望をする人からの疑問点などを質問できるわけです。担当者から、「何か我が社についての疑問に感じることはありませんか?」と尋ねてくれるわけです。そういった質問が来たときは、緊張のあまり、戸惑う可能性もありまよすね。こんな時の為に、面接の前には面接官からの問いに対する、質問の内容を準備しておくと良いかもしれません。実際に働く前の段階で、いくつか疑問点は出てくるはずです。ぜひ、やってみてください。

詐欺|今の職場や仕事内容に対して、何かしらの不満があるはずです。

現在の自分の仕事や職場に関して、何かしらの不満点があるはずです。「自分の能力(スキル)を正当に評価してくれない」または、「賃金のアップも、レベルアップする可能性も見いだせない」と言う愚痴を漏らす人もいます。でも、気持ちは理解できます。しかし、そういった不満を持っている人の中には自分の本来の技量を過剰評価しているケースが少なくありません。過大評価していることに気が付いていない人が転職しようとすると、自分に合った求人がないと、中々就職先が決まらないことになりかねません。可能性も少なくありません。そういうわけで再就職を円滑に行うためには、実際の自身の能力を客観的に分析することからはじめて見てください。

自分自身の大好きなことを仕事にしたいという風に考えている方は注意です。

趣味に通じることや大好きなことを仕事にしたいと考えている人は注意です。これは、私の経験に基づいたことなるのですが、私の場合、食べることが本当に大好きで前に、飲食店に勤めていた時期がありました。そのお店での業務は、そのレストランで私が任されていた業務内容は、料理の盛り付けや(簡単なもの)ホール業務です。この業務内容に関しては、不満もありませんでしたし楽しんで仕事ができていました。ですが、職場の人間関係にすごく悩まされました。ということが引き金となり、職場を去ることにしたのですが、それと同時に、あんなに好きだった食べること、またそのレストランでメニューとして扱われていた食べ物さえも苦手になってしまい、よく似た飲食店には今も行けません。当時の店の匂いを思い出すだけで辛くなります。この仕事を始めた頃は、好きだったものが苦手になるとは思ってませんでした。得意なことや大好きな分野の仕事に就きたいと思い、それを実現させることは素敵だとは思います。ですが、あなたの「好き」はどのくらい本気なものなのか、改めて自分と向き合う必要があります。

シフトの仕事についての話なのですが、毎週、決まった曜…

シフトの勤務形態がある仕事についての話です。毎週、同じ曜日に働ける人を募集している求人をよく見ますが、もしも応募しようと考えているならシフトの提出方法や休み方を前もってたずねておいた方が良いです。それはどうしてかというと、過去に私は産休で抜けた人の代役として、正社員の仕事についたのですが、「土日」固定のシフトだったのですが、新人の私以外、誰も現場にいませんでした。前任者が土曜、日曜は必ず出勤していたので、私自身も同じタイプと思われていたようです。実際「土日」に外せない用事が入った場合、シフトを変えてもらう必要があり、同じ部署の上司に「土曜日に休まなければならないので代わりに出ていただけませんか?」と私から頭を下げなくてはいけませんでした。立場も給料もほぼ同じなのに土日は一人だけなんて・・・。振り返ると「本当におかしな職場だった」としか言いようがありません。

その昔は看護婦と呼ばれていた看護師といえば、歴史的…

前なら看護婦ですが看護師というのは務めとしてやはり女性の割合がたいへん大きい職です。加えて、気力あるいは体力ともに大きく消耗する職場ともいえます。そのために、職場の環境での対人関係の問題や、結婚や出産といったそれまでとは同等の勤務が続けられなかったりして、仕事と私生活との両立がかなり難しい仕事ともいえます。実際、人付き合いや仕事と私生活との両立で悩み、転職する人が多いのが現状です。流動性が高い仕事であるため、看護師は、国内のどのエリアでも人材不足に困っています。というワケで、各病院は、看護師を必要とする「売り手市場」となっていて、それが転職増加のスパイラルになっています。