今までは、「転職サイト」を利用するより、「ハローワーク」を使っていました。

かつての私は、新しい職場を探すときは「ハローワーク」に通っていました。

今まで私は、「転職サイト」を使うより、「ハローワーク」で探していました。その理由は、CMで有名な大手の転職サイトは、システム上、都心部の求人募集ばかり掲載しているからです。これまでの転職する際は「ハローワーク」ばかり使用していました。やはり、求人募集をしている多少給料や労働条件で差がありますが、昔から地域に根ざした企業もあり、都会以外での転職には役立ちます。ですが、「ハローワークって地味な雰囲気がある」とイメージしている人が多いとは思います。でも、良い求人情報もしっかり掲載されていたりするので、そろそろ転職を希望しているのなら、ハローワークへ行って、相談するものいい案です。転職サイトのようにたくさんのニュースレターが来ることもありません。

詐欺|転職サイトは、大手企業が運営しているものであるほど掲載量も多いため、…

転職サイトはメジャーなサイトであるほど掲載される会社も多いため、興味のある2~3社を、とりあえずはウェブサイトに登録した上で、希望する勤務地や収入についてチェックを入れて、条件に適合する案件が自動的にメールで送られるように設定しておくと簡単に転職情報を集めることが可能です。だとしても、最初は登録するのに少々労力を要するので、サイト登録するよりも前に、「履歴書」「職務経歴書」を予め作成しておき、そのコピー&ペーストをする形で登録すると便利です。登録をする第一回目は多少時間がかかることから、案件の検索や、その後の応募も大変に感じるかもしれません。が、その後は、新着情報だけ確認すれば良いので、次回以降の応募を楽にするめにも、初回の準備を怠らないことを心がけてください。

求人についての広告には、ほとんどの場合、まともな会社…

求人関連の情報では、普通の職場では月の給料が記載されているはずです。しかしこのポイントを確認する際は、注意深く確認する事が欠かせないです。その数値だけで判断してはいけません。そのわけはひょっとすると、月収の内訳で月20時間残業の場合が含まれているおそれもあります。それは残業代を含めて金額を多く見せ、応募者を増やそうとすることも珍しくありません。さらに「歩合給」をつけると表記している案件にも注意が必要です。歩合をかなり多く見積もって月収として見せている会社もあります。そういうわけで、こうして「不誠実」とも取れる詭弁を弄する案件には近づかないほうが良いでしょう。

転職するにあたって、現在勤めている会社を辞める時に失業保険に関する手続きをしなければいけませんが、…

転職を行う際、今勤務している会社を退社する時に「失業保険」を受け取るための手続きをしておく必要がありますが、あなたの都合で退職願を提出して退職する、いわゆる依願退職の場合は、直ちに失業保険が出るのではなく手続きをしたのち、失業したことが認められてから3ヶ月経ないといけないのです。よく勘違いして会社を辞めた翌日から3か月経てばもらえると思い込んでいる人がいますが、この規則を理解していない人が、ハローワーク側にミスがあると思い込んでそれが原因でハローワークの担当スタッフと大声でやりあっているのを見たことがあります。ですが、自分側の都合ではなくリストラなど、「会社都合」での解雇の場合は、失業認定が下ったのちすぐに失業保険が給付されます。

転職時の面接で使う腕時計ですが、ビジネスの場らしからぬ目を惹く…

再就職の面接で着用する腕時計に関しては、目立つ腕時計はしていかないほうが好ましいです。この目立つという意味は高そうに見える腕時計とか、といったことだけではないのです。それとは真逆で安っぽいものに見えてしまうとか、そういう目立つということで両極端な意味で目を惹くのだと認識しておきましょう。再就職の面接の際にするべき腕時計においてはネクタイやスーツのようにとらえて、面接するにふさわしい適切なものをつけた方が悪い印象にはなりません。そうはいっても、自身の年齢にあったものというのもとても肝心であって、新卒の時に面接で着けていたものよりはわずかであっても高級感のある腕時計にした方が良いということは断言できます。

転職活動を行う上での最後に残る厄介な難問として、「現在勤めている企業をいかにして辞めるか」という問題があります。

転職活動の最後の壁として、「現在勤めている企業をいかにして辞めるか」という問題があります。転職先から採用の内定をもらえても、今いる企業が、あなたを離したくないと慰留しようとするかもしれません。そうなってしまった場合、何があっても退職する、という強い意志を貫くことが求められます。引き留められて、一時的に収まったとしても、一度辞めたいと思った会社には、最終的には愛着もなくなってきます。退職を成功させるには、まずは会社の規定に目を通し、退職までに必要な日数を超過する年月以降に退職日を定め、退職届を用意します。その後、決定権を持つ上司と直接話し、「退職に関する交渉は、一切拒否します」と正直に伝えましょう。円満退社という形をとることも転職活動において大事な要素となってきます。

転職エージェントに一旦登録すれば、電話・メールで何回も連絡が入ります。

転職サイトでは、登録後、電話やメールでの連絡が嫌になるぐらい来ます。そのため何も知らずに利用しはじめた人はかなりビックリするはずです。転職エージェントは転職を推進することが役割だとされるので、かなり積極的です。中でも特に大手エージェントは、転職を成功へと導くことで企業からお金をもらえるシステムであるといえるので、転職希望者の都合うんぬんよりも企業の都合を優先させることがよくあります。彼らは、契約数を増加させたいがために、内定を得た瞬間に、「入社はどうでしょうか?」と説得の連絡をしてきます。自身の希望や意思を明確にしておき、妥協した形の転職とならないように注意を払うことが大切です。

詐欺|再就職では、かなり重要となるのがまぎれもなく「面接」である。

再就職では、比較的重要なのがまぎれもなく「面接」になります。一般的な面接の際は、応募してきた人に対し、転職の動機など将来の展望など、さまざまな点を尋ねると思います。そして、面接が終盤を迎えるあたりで今度は、転職希望者から面接担当の人に不安や疑問に思うことを質問できるチャンスがあります。面接官から、「弊社に関して何か疑問に思うことはありませんか?」と言ってくれるわけです。そういった質問が来たときは、面接者本人が対応できず、慌ててしまうと思います。後で後悔しないためにも、事前に面接官からの問いに対し、(あなたからの質問を)考えておくのがベストです。実際に仕事を始める前の段階であっても、しっかり考えておけばいくつも疑問点は見つかるはずです。ぜひ、試してみてください。

今の自らの勤め先や仕事内容に対して、大半の人は、少なからず何かしらの不満を感じているでしょう。

現在の勤め先・仕事内容についてほとんどの人は、少なからず何かしらの不満点を感じているでしょう。「自分の持っているスキルや、仕事上での能力をきちんと評価してくれない」あるいは、「給与は上がらず、将来的な昇進もまったく期待できない」と言う不服を漏らす人もいます。しかし、そんな不満を持つ人の中には、自分自身の本来の技量を実際よりも「過大評価」してはいないか、再確認しておく必要があります。そういった人が転職活動をした場合、「自分が活躍できるチャンスがこの求人にはない」と再就職先がまったく見つからないことになりかねません。という事態を招く可能性も少なくありません。そういうわけで再就職で良い成果を出すためにも、実際の自分のキャパシティを客観的に見つめることが大切です。

自分自身の大好きなジャンルの仕事に就きたいと思っている方は注意が必要です。

自分自身の好きなことを仕事にしたいと考えている方は注意した方が良いです。これは、私が実際に体験したことなるのですが、私自身、食べることが大好きでそれが高じて、過去には、飲食の世界(レストラン)で勤務していた時期がありました。そのレストランでの仕事内容は、その飲食店で任されていた業務内容は、盛り付け作業やホール業務です。この業務内容については、不満もありませんでしたし楽しんで働いていました。ですが、人間関係でとても嫌になってしまいました。ということが理由で、仕事をやめることになったのですが、それと同時に、食べることやそのレストランで提供していた食べ物も嫌いになってしまい、類似の飲食店は今も行けていません。当時の匂いを思い出すだけで辛くなります。仕事に就いたばかりの頃は、大好きだったものをキライになるなんて今でも信じられません。自分の大好きな分野の仕事に就きたいと願い、実現させることは素敵なことです。ですが、あなたの「好き」の度合いはどの程度のものか、真面目に自分自身に問いただした上で行動するべきです。

シフトの仕事に関する話です。毎週、特定の曜日に仕事できる人を募集している求人を…

シフトのある仕事についてです。毎週、一定の曜日に働ける人を募集している求人をよく見ますが、もし、応募しようと思っているならシフトの出し方、休み方については面接時に確認しておくべきです。私は過去、産休で休む人の代理として正社員の仕事をはじめたのですが、私のシフトが土日が固定シフトで新人の私以外、他の社員はいない状態という職場でした。産休に入った前任の女性が土曜、日曜は必ず出勤できる人だったので、私もそう思われていたみたいです。ですから「土日」に休まざるを得なくなった場合、、シフトを変えてもらう必要があり、職場の先輩たちに「土曜日に休まなければならないので代わりに出ていただけませんか?」と自分でお願いをしに行かなければいけませんでした。立場は同じなのに、土日を1人の人に任せるって・・・思い出す度、「よく耐えたな」と。

以前は看護婦と呼ばれていた看護師は資格としてどうして…

看護婦と言った看護師は働く者として歴史的背景から女性比率が高い職種です。ご存知のように気力だけでなく体力をかなり消耗する職場ともいえます。なので、職場での対人関係が上手くいかなかったり、自分の結婚や出産によって仕事と私生活との両立が難しい職業です。実際に、上記のような問題に行き詰まり、転職希望者が多い現実があります。看護師という職種の労働市場は看護師は、国内のあらゆる場所で人材不足になっているのです。というワケで、それぞれの医療機関は看護師を募集する「売り手市場」であるため、転職の増加を後押しする原因の一つなのかもしれません。

転職活動をスタートするときに、とにかく現在働いている会社を完全に辞めてか…

職を変える際に、今の会社を辞職してからという考えを持っている人もいるようですが、そのような場合にはボーナスが入る時期を事前に確認しておくのが無難です。ボーナスがもらえる企業はいくらでも存在しますが、ボーナスが出る会社の場合には、ボーナスが支給される時期が近いときには、支給日を過ぎてから辞める意向を伝えるという考えもおすすめしたいです。ボーナスと言うものは随分大きな額なので、もらっておかないと損をすると言えますから、退職をする際にはボーナスの支給時期について最初に調べておいた方がスマートな方法です。

詐欺|たいてい大きな会社は、「定期採用」で人材確保することが多くを占めるた・・

多くの場合大手企業は、「定期採用」で人材確保することが多くを占めるため、転職で入る事は中々難しいものです。おまけに、地方では転職の見込みが容易ではないでしょう。しかしながら製造業に関連する企業においては、都市部でない地方の工業団地近辺に運営していることが多々あります。また、そういう地方の工場の場合、事業分野の拡大をする際に中途採用する事がよくあります。そういった機会に転職を考えるのが良いでしょう。地方の工場に転職したい場合、希望する企業の情報をあらかじめ得ておきましょう。その会社のホームページをチェックし、求人予定がないか暇があれば確認してみましょう。

会社で何かあって精神的なダメージが蓄積されてしまい…

職場環境のせいで回復が難しいほど精神的にまいってしまい転職しなくてはいけない状況となったなら、そんな時は、職場の人と相談する以上に家族などの近しい存在の人と話し合い、退職するか判断した方が良いです。なぜなら、働くことは当事者であるあなたです。が、しかし同時に、身内の問題ともいえるのです。毎月、どんなに高い給料を手にしたとしても、精神面がボロボロになるまで仕事を続けることは好ましいとは言えません。現在の社会では、金銭的な豊かさよりも、働きやすさが優先で前提にする生き方が尊重される時代です。ですから気に病むことなく、あなたの家族、あなた自らの心身の健康を考えていきましょう。

詐欺|転職時の面接は、正直に答えれば良いというものではありません。

転職時の面接の際に人事担当から「転職理由をお聞かせください」と100%の確率で聞かれます。その際、どんなに正論だと思っても、以前の職場の人間関係や働く環境が悪かったという内容などは、なるべく口にしないようにしましょう。というのも、そのような内容をうかつに喋ってしまうと、採用のチャンスをダメにしてしまいかねません。そのため面接時には前向きな発言が必要があるため、実際の理由とは違っていても、「新しい職場においては、自分の能力をより発揮し、御社に貢献していきたいと考えています。」といったようなアピールの仕方が担当者には受けます。