就職活動において、年収は非常に重要な要素です。

就職活動において、年収はとても大切な要素です。

  • 就職活動において、年収は極めて大事な要素です。面接において、大半の会社で現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。現実の年収より多く言って、転職先で高額の年収を得ようと試みても、無駄な努力でしょう。なぜかといえば、「源泉徴収票」が必要なため、一時的に信じさせたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、結果的にウソがバレてしまうのです。ヘタをすると、トラブルに発展しかねないので、現職での年収を正直に伝え、それに釣り合った希望年収額を設定しておくのが無難です。年収300万の人が急に年収500万になるようなことはほとんど無い、と見ておくべきです。現在の年収が430万円であれば、希望は400~450万円であると転職先に伝えておくのが良いでしょう。露骨な嘘は、転職活動時のトラブルだけでなく、入社後のトラブルとなって、入社できたのを退職しなければならないという事態になることを招きかねません。

  • 詐欺|もしもあなたが転職をするとき、「Uターン」「Jターン」といった形…

  • もしあなたが再就職を考える場合に「Uターン」「Iターン」において都市部から地方に引っ越したうえで再就職したいと検討している人、実践している人が増えています。この頃は求人情報サイトを使えば、郊外や地方の求人もいつでもアクセスできます。しかし、地方での求人の場合、どうしても都市部よりも少ないというのが大きく違うところで、そういった点でマイナスといえます。ですので、求人サイトだけに頼りすぎると機会損失が大きくなるので注意が必要です。求人情報サイトに加え、「地方自治体・商工会議所」といったサイトもマメにチェックしておくことをお勧めします。そうした機関の就業サポートの関連情報も見ておくと、良い出会いが期待できます。

  • 詐欺|派遣として働いています。労働契約法の関係で残念なこ…

  • 派遣社員として勤務しています。労働契約法の関連で不本意ですが長く務めてきた派遣先の会社での勤務を終わらせなければなりません。仲間の派遣社員の中には派遣先の会社で正規社員のポジションを得た方もいるのですがそれははっきり言って仕事がどうというのではなく派遣先上司の扱いが上手な方で引き立てがあった様子。業務処理能力よりおじさんを転がす能力の方がいるんだねーと抜擢されなかった別の派遣のメンバーと派遣先の会社でいつも不満をたれています。

  • こういう転職という話は知人の話です。

  • こういう転職というのは兄の友達の話です。新卒でぜひとも入社したかった目標であるA社の入社試験で、最後の役員面接までいきながら内定を得ることができず、その先仕方なく別の会社に就職しました。それから2年経過した頃に派遣の求人のサイトの中でA社の紹介予定派遣の求人を見つけて、我慢できなくなって当時の会社をすぐに辞め、A社で派遣での勤務を開始、思い切った行動ですね。死ぬ気で頑張ってのちになんとかA社で正社員として採用され、現在においては仕事のやりがいを持ちつつ明るく仕事をしています。

  • 転職活動と今の仕事の同時進行を行っている人が多いです。

  • 転職活動と今の仕事の同時進行を行っている人が多いです。とはいっても、忙しく仕事をしつつ求人を求めて奔走したり、面接を受けるのは精神面も肉体面もかなり骨の折れる作業といえます。加えて、転職活動中は、今の職場の同僚や上司に気づかれないように気を遣う必要があります。先のことを考えずに応募するという行動をとる人もいますが、仮に、そのまま書類選考が通り、いざ面接というときに辞退すれば厄介な事態となるかもしれません。エージェントを利用していた場合は、エージェントに対して印象が悪くなりますし、そうではなく自身で直接、応募した場合も応募した企業からの電話・メールがしつこくやってくることもあります。貴重な時間を失う結果になるおそれもあるので、行くつもりのない会社は、はじめから応募しないのが賢明です。転職活動は、新卒の就活とは全く違う、と認識しておくべきです。

  • 勤務していた会社ですぐにきれる上司に悩み、ついには我慢することができなくなりその会社は辞…

  • 新卒で採用された会社でパワハラを行う上司に悩み、とうとう我慢できずに退職し、同じ畑の別の企業に移りました。転職先の会社では上との関係も良好で働くことができ満足していましたが、時が経つにつれて会社の売上が悪くなり、とある会社に経営統合されることになりました。奇遇にも経営統合したのはなんと前にいた会社で、すごく嫌いだった上司がもう一度私の上司になることになりました。いったいこれは本当に縁があります。当たり前のことですが新たな転職活動を開始するつもりです。

  • 転職の予定があるのなら、「年間報酬」の高望みはしないほうが良いです。

  • 転職する企業で、すぐに「年間報酬」の高望みはしないほうが良いです。ことさら、はじめの年度は大方「研修期間」を含んでいる企業もことが考えられます。自らのケースでは、せっかく転職したのに、予想とは裏腹に年収が前職と見たところイコールで変わりませんでした。そればかりか、業務内容は多忙を極め、立場上、責任重大で1年目を越すのもものすごく苦労しました。そのような経験から転職1年目は、仕事を覚える年と割り切り、もっというと転職する前からお金をためておいて、当面の生活を安定させるべきだと思います。

  • 楽しみを見出しながら再就職に向けての転職活動と向き合っていけば・・

  • 楽しんで転職ができれば、メンタル面での重荷が減るので、転職先が見つかるまでの間に堕落はしないですみます。それにメンタル部分が良好な状態のままであれば、割と早く転職先も見つけられるはずです。理想とするのは、やはり、休職期間をつくることなく新しい職場を見付けることが大事です。今の会社に勤めながら、新たな職場を探すのがベストです。しかも、間をおかなければ仕事を辞めたあとすぐに、働けます。そうしておけば、仕事をしていない期間はできませんから、今後に響きません。つまり、転職の際に不利になることがないということです。先のことを考えながら、上手に転職活動を進めてみましょう。

  • 詐欺|失業時の助けになる「失業保険」は、失業中でなければもらえません…

  • 失業時にもらえる「失業保険」は、失業中でなければもらえませんが、もらえる期間が決まっています。失業時までに働いていた期間によって異なり、3ヶ月とか、1年と設定されるのですが、世の中には知らないで失業中である限り給付されると思い込んで働けば失業保険がもらえなくなると考えて仕事を探さずにブラブラしている人もいますが、給付残りが1ヶ月、という段階で気づいてから焦りつつ転職活動を始めても条件のよい仕事を探すのは至難の業です。転職を希望する会社の面接担当もアホウではないので、失業中にきちんと求職活動をしていたかといった内容は大よその想像が付く。ときには、面接担当者から失業中の求職活動について根掘り葉掘り聞かれます。答えに詰まったり、不自然な嘘をついたりしていると、9割がた受かりません。

  • 長年にわたって接客業で勤め続けてきたのですが、歳をとるにつれて…

  • 長きにわたって接客関係で勤め続けてきましたが、歳をとるにつれ立ち続けるお仕事は体力的に難しくなったため、座って仕事ができるオフィスワークへ仕事を変えることを目指して動き始めました。事務の経験がなければなかなか難しくて、そこで接客業の経験も活かせる受付兼医療事務を目指そうと思い資格も合格し個人医院に転職することができました。周りはベテランである先輩パートさんだらけで人間関係においても難しい。夜の勤務ばかり押し付けられて、接客業をしていた時より家に帰る時間が遅くなってしまいましたが、初めはキャリアを形成する時だと観念し頑張ります。

  • 詐欺|近いうちに転職活動をする人のなかで、次までの仕事にある程度期間がある…

  • 近いうちに転職活動をする人のなかで、次までの仕事にまだ期間がある方はぜひ「失業手当」をもらっておきましょう。これは現在の会社がきちんと「雇用保険」を払ってくれている場合は、申請をすれば必ずだれでももらえます。詳細の受け取り手続きについては、「ハローワーク」にて行います。もしも自己都合での退職なら、失業手当を受け取るまでの待機期間が3ヶ月となりますが、企業の都合や残業時間によってはすぐに貰える可能性もあります。なお、受け取れる「失業手当」の金額については、最後に受け取った月の近々の給料をもとに割り出されるので現在の会社に「閑散期」「繁忙期」の波がある業種の人は、理想的なのは「繁忙期」後に辞めるのがお勧めです。

  • 『転職したい!』と思っている人のなかで、自身の意志が本当に強いものであるなら、…

  • 『なるべく早く転職をしたい!』と思っていて、自身の意志が固いならば辞めたいということを速やかに上司に伝えましょう。ただし、ここでは曖昧な表現をすると場合によって言いくるめられる確率が高くなるので気をつけましょう。また、実際に私も上司へ転職の相談をしたのですが、ズルズルと長引き最終的に、退職までに半年ちかく掛かりました。辞職することをはじめて直属の上司へ相談をしたのが年度末だったのですが、いろいろあって数ヶ月延びて退職届けを出せたのは同年の11月です。予定では、年度末を区切りにしたかったのに、大変驚きました。会社も、人事的な都合があるのかもしれませんが、上司をはじめ、組織としてこちらの希望を無視してきたのでその会社に対しての前の会社に対してのガッカリしました。

  • これまで経験したことがない業種などに職を移そうとするときには…

  • 全く経験したことがない業種などに転職を考えるときには、以前の業界で養われた力や今までの経験を発揮することができるという自己主張が必要です。その業界で経験をしたことがないという人はその分その分野で経験してきた人たちよりも実際のところ、不利になりますけど、自らの持っている能力がその業種でも十分に生かすことができるということをしっかりと話せれば、勝負になる場合も十分に考えられるのです。それゆえ、経験したことがない業界にチャレンジする場合は、その業界と自分がこれまでやってきた職務との関係性を可能な限り考えましょう。

  • 詐欺|3日ほど前人材会社へ登録に向かいました。

  • 転職の準備をしておこうと人材紹介会社に登録に行きました。そのとき登録するときのカウンセリングを行うために現れた担当の方がどうも新入社員じゃないかと思う人で、私が説明していることの50%ほどもわかってはいない様子です。それでいて「そのキャリアデザインでは厳しいですね」とか「自分の強みについて知っておくべきです」とか、ベテランのように偉そうにのたまうのでとっても不愉快でした。カウンセラーはそれなりにカウンセリングのスキルがある人にするべきです。

  • 詐欺|転職期間中には、「趣味」に没頭することに加え、体力を損なわない生活を習慣化してお…

  • 転職期間のあいだは、自分の好きなことに時間を使ったり、体力の低下を招かないようにしておくとベストです。再就職先が決まり、いざ仕事を再開したときに、趣味に興じていたことで無意識の間に集中力が上がります。そしてまた、体力づくりも同時にできているため、その場の社員さんと比べると疲れにくいということを自ずと認識することができます。そんなわけで、退職後は興味のあるなことに打ち込むことと、体力を落とさないようにすることをしておいて損することはありません。将来、働き出した会社であなたと同様の趣味の方がいれば、仲良くなるキッカケになります。ですから、興味のあることに積極的にトライしてみるのも転職期間中の時間の有効活用となります。

  • クールビズのスタイルで転職の面接にチャレンジするときに・・

  • クールビズ(軽装)のスタイルで転職の面接に臨む際には、いくらなんでもジャケットは着込まなくても良いと言えるのです。ですが、ネクタイにおいては着用していったほうが無難です。タイはなくても良いと認める企業もあるとは思いますが、ネクタイに関してはクールビズであっても必ず着用する必要があるとしているところがまあまあ存在するわけです。それゆえに、クールビズの恰好ではネクタイは必ず着用していった方が悪い印象を与えることがないということを分かっておいてほしいです。