とある古物商の会社で、書類審査に受かりました。すぐ…

詐欺|ある古物商の社員募集に応募したところ、書類審査に受かりました。2、3日・・

とある古物商の会社で、書類選考に受かりました。その後担当者から面接の日時を指定してもらいました。ところが、面接日当日、指定場所まで行ってみると、どうしたものか相手が面接の用意を一切していないことがわかりました。ようやく、責任者らしき人が面接に応じてくれましたが、始終非常にだらしのない態度で迎えられ、やっとのことで面接を終えました。ですが、2週間後と言われた合否の連絡が一切もらえず、しびれを切らし、私から問い合わせると、「結果は郵送で本日送付しました」と言われました。しばらく待っていましたが、届くことはありませんでした。仕方なくもう一度電話した結果、どういうことなのか、「残念ですが不採用」ということで、一方的に電話を切られてしまったのです。あまりのことに呆れ返ってしまいましたが、不採用で良かったと思っています。

再就職をする時に注意を向ける募集内容については基準的なものとして、アバウト…

転職を考えている時に気にかける募集要項については、だいたいのもので記載されている、という可能性もあり得ますので、情報として載っていることをすべて正しい情報だとは信頼すのはやめておいたほうがよろしいかと思います。そのなかでも給与の金額などにおいては、全社員を平均した給料なのか?最低金額であるのか?最高額の給料なのか?という判断ができる人は少なく、自らの勝手な判断で読み取ってしまうと、今後、後悔する可能性もあり得ます。そのため、そんな風にならないためにも、求人情報については、一般的なものだと思って、そういったたいへん肝心な内容は会社に直に連絡を取るのが適切でしょう。

詐欺|このところ私は派遣会社に登録をしています。

このところ私は派遣会社に入っています。インターネットサイトの中でなんとなく条件のよい仕事を見つけ出して確認したところ「その仕事はもうすでに別の方でお話が進んでいます」という答えが返ってきて一瞬サイト上からも仕事の情報がなくなってしまうのですが、どういうわけか翌日にチェックすると元に戻っています。これは結局は私だとよくないのだっていう意味ですよね。それであるならば最初から変に隠さない程度に正直に伝えてくれれあありがたいのですが、なかなかそういうことにもいかないでしょうか。そうでなければもしかすると存在しない仕事を掲載しているのでしょうか?

転職で、正社員ではなく「派遣社員」を選択予定の方にぜひチェックしてもらいた・・

これから転職する場合、正社員ではなく派遣社員という勤務形態を考えている方にチェックしていただきたい箇所が何点かあります。一般的に派遣社員という言葉を聞くと、「データ入力」「お茶出し」「電話対応」のような業務内容をなんとなく考えてしまった人がおそらく多々ありますよね。本音を言うとかく言う私もそう勘違いしていました。今、働いている会社に入社するまでは「派遣社員」の求人を見て応募したときには「業務は電話対応になります」と入社前に説明を受けました。が、いざ仕事に就くと、なんと「電話対応」に加え、欠員した正社員の穴埋め業務を頼まれました。いつも毎回、あれこれ要求されますし、入社前の説明と大きな食い違いがあるので日々とても困惑しています。現在は、「はやく契約期間が終わってほしい」と願うばかりです。

就職するため職探しをする場合に特に注意したほうがよい求人の募集内容は…

就職活動をする場合に特に注意したほうがよい求人情報は、そんなにきつくなさそうな仕事内容なのにも関わらず給料がよく、拘束時間が長めであるというものです。こういった求人の場合、給料に『みなし残業代』を含んで計算していることが多いです。みなし残業代というのは『みなし』とも呼ばれ30時間や45時間という風に求人の記載内容に時間が併記してあります。これは、毎月この程度の残業が想定されるので、最初から給料に残業代を組み込んで計算しておくという仕組みになります。(この仕組みは違法ではありません)もし『みなし残業代50時間込』と表記されていれば、「書かれた時間分の残業代を入れた場合は、この給料です」という意味になります。ですが、悪質な求人は、この『みなし』を記載していないこともザラですのでよく気を付けてください。

詐欺|転職することを成功させるためには、前もって徹底した情報を集めることが不可欠です。

後悔しない転職を目指すのなら、事前に徹底した情報収集が不可欠です。それには今を見るといくら小規模な会社であっても公式サイトで会社を紹介しているケースがよくあるから、インターネットの機能を駆使して自分の気になる点を手に入れるとまたその企業のよくわからない点などを解消しておくと転職の助けになってくれます。公式ホームページの他に、「転職サイト」にログインするのも意外な発見があるはずです。しかし、インターネットだけで判断するのは早計です。何より希望している職場を自分自身で見てチェックしてみることも大切です。

数年前は求人情報では、募集要項の中に「性別」について…

数年前は求人誌に雇用主が求める人材の「性別」まで明確に記載されていました。ですが最近では、「男女雇用機会均等法」の影響によって、男女差別が雇用の際にないようにしないといけないルールができて、応募資格の概要に「性別」が記載されないまま、現在に至ってます。ですが、募集情報を出す側は、実際のところどちらが希望と言う想いがあるはずです。ですから、男性必要とする案件に募集に女性がやってきたり、女性希望の会社に男性が応募してきたり、でも不採用となる可能性が高くなります。たとえば、「女性が活躍する職場です」とアピールする案件では、求めているのは女性だと考えたほうが良いといえます。

詐欺|再就職の面接などの場面で担当者に名刺を差し出されたとしたら・・

転職における面接などに関して名刺を手渡されたら、こちら側も名刺を相手に渡すべきか?と対応の仕方に悩んだときは、基本的には差し出す必要のないもの、と頭に入れておきましょう。転職のための面接というものは仕事の延長上のことではなくて、職に就くための就職活動内のことです。ですから一般的に名刺をやりとりする場ではないのです。合わせて、あなたは立場上会社の人間としてではなく、個人のことでそこにいるわけです。要するに、もしも相手側から名刺を渡されても、こちらとしてはもらうだけで問題なくて、面接担当者に相手にあげる必要性はないと判断できます。

求人に係る情報をチェックする折、例えば、「オフィス系の仕事をしたい」という人・・

求人に関する情報をチェックする時、「デスクワークがしたい」という人は、はなから製造業をチェックしていなかったりしますが、そのような人というのは、「製造業は製造マンの求人だけだ」と間違って理解しているケースもあります。現に、製造業での求人であったとしても、現場作業者だけでなく、経理、総務といったスタッフ募集に加え、購買や営業管理等の事務系の部門もたくさん存在します。製造業の大半はビジネス街のような環境とは違うのでアフターファイブを楽しみたいと考えている人にはそこがマイナスに感じられるかもしれません。でも、自分のエゴをなくすことで将来の可能性を高めてくれる機会になるかもしれません。

詐欺|新卒採用で入った会社にお別れをして、勇気を出して転職しました。

新卒で入社した会社を去り、転職すると決意しました。当初は相当に悩んでばかりでした。しかし、社会人となって数年してから仕事を辞めて、中途採用として働いている人が大半であると私自身が転職を経験したことで学び、自然と以前よりも安心することが出来ました。なにより1度、転職を経験したことによってなんというか、肩の荷が下りたような感覚になり、「本当に自分のしたいこと」を見付けるのが前向きに過ごせるようになりました。やはり「一通り経験してから」といった意見も根強くありますが、私の転職活動は転職を決断してよかったと心の底から思っています。

がんばっている転職活動時、「これまでこういった価値のあ…

励んでいる転職する活動中に、「私はかつて、このような価値のあるの仕事に従事しました」「過去の会社の仕事によって、こういったスキルを身につけることができました」とそれまでの実績などをがっしりアピールしようと考える人はときどき見かけます。でも、転職先の新たな職場で「近いうちにこうありたい」「私が話したような事ならできれば参加したい」と未来の姿を話して売り込むほうが効果的である場合は、意外と多いものなのです。この点を意識して、転職活動をがんばってみてください。

転職活動時には、履歴書と職務経歴書が欠かせません。

転職活動をするのなら、履歴書と職務経歴書を準備することが必須といえるでしょう。会社の大多数は履歴書に加えて職務経歴に書かれている内容を元に面接するかどうかを決めるため、なによりもこの2枚の書類の作成が大事です。単に必要事項を埋めるだけにとどまらず、記載内容を魅力的なものにすることも大切です。職務経歴書は、過去に行ってきた職務の詳細と、自己アピールとなる内容を可能な限り書き出しましょう。また、現在の職務で挙げた実績を、たとえば部門の残業時間を何%減らしました、など明瞭に記してみましょう。初めてで難しい場合は「転職エージェント」に、職務経歴書のチェックをしてもらい、より良い内容に改善していきましょう。自分にプラスになるように転職エージェントを頼ること転職を成功させるための選択肢として考えておきましょう。

転職というものを考えるとき、転職先となる職場におけ…

転職を考えるとき、転職後の自分の年収について気にする人が案外少なくありません。誰もがだから生活費を給与として手に入れるべく仕事をしているのでしょう。とうぜん自身の価値を測る指標という見方もできますから、とうぜん大切なものであることは否定できません。ですが、必要以上に年収の額ばかりを異常にこだわりすぎる生き方というのも考え気がしませんか?それより年収がさほど期待できない仕事であったとしても精神的な充実を得られることがゼロではないからです。

詐欺|このあいだ転職をやっとしたばかりだというのに、入ってすぐに…

この前、転職をやっとしたばかりであるにもかかわらず、早期に辞めてしまうことを決断する人がわりとよく見受けられます。何故そうなるのかと思うと心機一転、自分自身に合った仕事環境を見つけたというのに、「自分の想像していたものとおかしいと思うほど違っていた」「職場の雰囲気に馴染めない」といったことで去っていくことが珍しくないといいます。でもこういった転職における失敗を避けるためにはとにかく事前の情報収集を徹底する、に尽きます。手を抜くことなく行うべきなのです。職場環境、通勤に掛かる時間、など多角的に事前に調べておくことで分からない点はしっかり自己解決を図っておきましょう。そうすることで失敗を防げます。

「石の上にも三年」というコトワザがありますが、「終身雇用制度」は衰退してきています。

古来より日本には”石の上にも3年”という諺もありますが、現在、「終身雇用制度」といわれる現代では定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」を経験するのが当たり前の世の中になってまいりました。しかしながら、「仕事を変えること」が当たり前になったからといっても、簡単に転職を選択してしまうのは考え物です。実際に転職しようと考える場合、大切なのは適した時期を見計らうことです。基本として、今現在の職場、仕事について具体的に、例えば仕事内容や待遇面について不満点を約10項目探してみてください。こうすることによって、転職活動に良いヒントを与えてくれます。そして、あなたの進みたい道が見えてきたら、早めに今より良い仕事を手に入れるべく進めることが大切です。

もし転職することを、今の会社の人たちがあなたの転職を知ってしまうと・・

もしも再就職の前に、今の会社の人たちがそのことを知ってしまうと、状況が大きく変わるおそれがあります。あなたの置かれている立場によっては、問題はないこともありますが、やっかみや意地悪される可能性もあります。ひどいケースでは、残業時間を意図的に増やされるキケンもあるので、軽々しく転職のことを周囲に言うのはお勧めしません。そのような状態を回避するため、仕事をしている現場では、真面目に仕事に取り組んでいましょう。誠実な態度を見せることで、良い状態をギリギリまで残したまま、心置きなく仕事を辞めることができます。しかも、円満退職になれば、退職後であっても、あなたが困ったときにアドバイスをもらえるチャンスにも恵まれるでしょう。規模などに関係なく、どこの会社も、人とのつながりがとても重視されるので、転職前のトラブルは控えましょう。