転職活動を今の仕事と並立して進行させる人が多いです。

転職活動と現職の同時進行を行う人が多いです。

今の仕事をしながら、同時に転職活動を行う人は多いです。とはいっても、働きつつ求人情報をチェックして応募したり、面接に臨むのは精神的にも肉体的にも非常につらいものがあります。また、転職活動時は、今の職場の同僚や上司に気づかれないように気を遣う必要があります。先のことを考えずに応募するという行動をとる人もいますが、もしも、書類選考を通過し、面接の段になって辞退すれば今後の転職がうまくいかなくなるおそれがあります。エージェントを介していた場合は、エージェントに悪いイメージを持たれてしまいますし、他方自分でダイレクトに応募したとしても、応募した企業から電話やメールでの連絡がひっきりなしに掛かってくるかもしれません。どちらにしても自身の貴重な時間を捨てることにもなりかねないので、行くつもりがない会社は、最初から応募しないことをオススメします。新卒の就活とは全くことなることを認識しておくべきです。

新卒後最初に働いた会社でパワーハラスメントを行う上司・・

初めて働いた会社で感じの悪い上司の存在に頭を抱え、我慢の限界を超えてその会社を辞め、ある他の同業の会社に働き先を変えました。そこではパワハラもなく非常に充実した日々が続きましたが、じわじわと会社の売り上げが少なくなりとある会社に経営統合されることとなりました。その経営統合した先の会社が驚くなかれ以前働いていた会社で、その上ものすごく嫌いだった上司がまた私の上司になるそうです。いったいこれはどれだけ縁があるのでしょうか。当たり前のことですが新規の転職活動を開始しています。

新しい仕事についてすぐはいきなり年収に関して高望みはしないほうが無難です。

新しい就業先では「年収」の高望みはしないほうが良いでしょう。ことさら、転職した初年度は、「試用期間」を含んでいる企業もあります。私の例では、四苦八苦して手に入った職場なのに、悲しいかな前の会社での年収とあまり同額だったことがあります。さらに、仕事内容はかなりキツく、責任重大な立場でもあったので、1年目は、厳しかったです。そういった経緯から初年度は、仕事を覚える年と割り切り、可能ならば転職以前に貯金しておくことに尽きると思います。

楽しく再就職ができれば、メンタル面での負担も少ないの・・

期待をもって転職と付き合っていけば、精神的な重荷が減るので、転職期間に堕落はしないですみます。しかもメンタルにも問題がなければ、割と早く転職先も見つかるはずです。そのためには、やはり、ブランクを設けないで新たな勤め先を見付けることが大事です。今ある仕事をしながら、次の職場を探すのが理想といえます。それに、ブランクをつくらなければ現在の仕事を辞めてから、すぐに働けます。こうしていれば、職歴にも空白期間が無いので履歴への影響も回避できます。要するに、転職の時に不利になることがないということです。今後を踏まえて、転職活動をがんばってみましょう。

失業者がもらえる失業保険は、もらうためには失業中であることが必要ですが・・

失業することによって得られる失業保険は、失業状態でない人はもらえませんが、給付される期間が決まっています。それまで勤務してきた期間に応じて変動し、3ヶ月とか1年と決められるのですが、なんとこの事実を知らない人がいたりします。失業中である限りもらえると勘違いして仕事をすれば失業保険をもらえなくなるから損だと考えて求職活動をしない人もいますが、給付の残りが1ヶ月という段階でようやく気づいてから焦りつつ職を探し始めても好条件の仕事を探すのは難しいです。転職を希望している会社の面接官もアホウではないので、失業中に何をしていたかといったことくらいはほぼ相手(面接官)に見透かされると思っておいた方が良いです。運が悪ければ、失業中の行動を根掘り葉掘り聞かれることもあります。答えに詰まったり、不自然な嘘をついたりしていると、9割がた採用されません。

長期間接客業で仕事を続けてきたのですが、年をとったせ…

長期間接客業で仕事を続けてきましたが、年をとったせいか立ち続けるお仕事は体力的につらくて、オフィスワークへの転職を目標にして行動を起こしました。事務の経験がなければ少々難しくて、そうであれば接客の経験も活かせる受付兼医療事務になりたいと資格も合格して個人クリニックに転職しました。周りはベテランである先輩パートさんだらけで人間関係を築くのに手間がかかる。夜の勤務ばかりさせられて、接客業をしていた頃より家に帰る時間が遅くなってしまいましたが、今はキャリアの形成時だと割り切って頑張ります。

今から転職予定がある人で、次の仕事を始めるまでにある程度時間があるのな・・

転職活動をする人のなかで、次の仕事をする前にまだ期間があるのなら、「失業手当」を受け取っておきましょう。この手当ては今働いている会社側でもし「雇用保険」を払ってくれている場合は、申請をすれば必ずだれでももらえます。ハローワークで手続きをしてくれます。自己都合で仕事を辞めた方は失業手当が受給されるまでの待機期間(3ヶ月)ありますが、現在の企業の都合での退職、あるいは残業時間次第では日数をおかずすぐにもらえる場合もあります。さらに「失業手当」の額は、会社で最後に受け取った月の直近の給料を基に失業手当の金額を算出されるため、勤めている会社に「閑散期」「繁忙期」の波がある業種の人は、なるべく繁忙期の後に辞めたほうがいいです。

『なるべく早く転職をしたい!』と思っている人で自分の意志が抑えられないくらい強いものであるなら、…

『なるべく早く転職をしたい!』という願望があって、自分の意志が本当に強いものであるなら、辞職したいという旨をすぐに上司に言うべきです。ですが、ここでは曖昧な表現をするともしかすると言いくるめられます。そして、実際、私も上司へ転職相談をしたのですが、話がこじれて結局、退職までに半年ちかく掛かりました。退職することを当初、直属の上司に相談をしたのが年度末でしたが、結果的には退職を受け入れられたのは同年11月です。本音はちょうど年度末いっぱいで辞めるつもりでしたが、スムーズに退職できませんでした。やっぱり企業サイドとしても、人事の都合があるのかもしれませんが、社員の意見を聞かずに、上司をはじめ、組織としてこちらの希望を無視してきたので心底職場に対して失望しました。

初挑戦の業種などに転身したいと考えているときには、前の業界で、自分が…

経験したことがない分野などに転職したいと思っている場合には、以前の職場で身に付けた腕前や経験したことが生かせるという内容の自己アピールが必要になります。その業種で働いたことがない人はその分だけその分野で経験してきた人たちよりも正直、不利な状態になりますけど、自らの持っているスキルがその業界でも十分に生きるということをうまく話せれば、勝負になるケースは考えられるのです。という事で、経験が全くない業種に挑戦する場合は、その業界と前の職場でやっていた仕事とのつながりを必ず見つけ出しましょう。

詐欺|3日ほど前転職のために人材会社へと登録に行きました。

先週転職先を見つけるために人材紹介会社に登録に行きました。そこで登録カウンセリングの時に出てきた担当の人の雰囲気がどうも入社して間もない新入社員のようで、私の話の5割ほどもその社員は理解できていない感じ。そのくせ「キャリアデザインがよくないですね」とか「もっと強みと弱みをはっきりさせておくべきです」とか、一人前の話を偉そうに言い散らかすのでとても不快な気分になりました。カウンセリングを担当させるのはある程度カウンセリングの経験がある人にしてほしいものです。

詐欺|転職先を探している期間中は、自身の趣味に打ち込んだり…

転職先を探している間は、自身の趣味に打ち込んだり、体力を損なわない生活が良いと思います。仕事を再始動したとき、趣味に夢中になっていたことでいつの間にか集中する力が養われています。また体力アップしていることでその場の社員たちと比べると疲れにくい身体になっているということを自覚します。そのため、自分の趣味に力を入れることと、体力アップをしておくことをしておくのがベストです。将来、職場にて同様の趣味の方と出会えれば、直ぐに親しくなることができます。ですから、趣味をとことんまで極めることも転職期間中の時間の有効活用となります。

クールビズの格好で転職の面接にチャレンジする場合、ジャケットにおいてはや・・

クールビズの格好をして再就職の面接を受けに行く場合、さすがにジャケットまでは着用しなくても良いとはっきりとしていますが、ネクタイはしておいた方がイメージが悪くなりません。ネクタイなしでもOKだと考えている企業もある可能性はなくはないですが、ネクタイについては例えクールビズでもすべきだと決めている企業がそこそこあります。ですので、クールビズでOKだと言われていてもネクタイだけは着用いく方が印象が良くなるということを知っておいてそんはありません。

今までは、新しい職場を探すときは「ハローワーク」を使っていました。

これまでの私は、職探しをするときは「転職サイト」ではなく、いつも「ハローワーク」で探していました。理由は、有名どころの「転職サイト」は、なぜか都心の求人情報しか掲載していないからです。そのために、転職はいつも「ハローワーク」を使っていました。やっぱり、人気の転職サイトに掲載されている求人より企業の知名度や給料は劣りますが、古くから地域に根ざした企業もあり、安心して面接に進むことができます。ですが、「どんな求人があるかわからない」と誤解している方も少なからずいるかもしれません。思いのほか、理想的な求人を発見できるかもしれないので、もし転職しようと考え中の方は、ハローワークに行って、相談するものいい案です。大手転職サイトのように大量のお知らせやメールが送られてくることもありません。

詐欺|転職サイトは大規模なサイトであるほど多くの転職情報が掲載されているため、…

転職サイトはよく知られたサイトの方が掲載される案件の量も多いので、興味のある2,3の会社を、ウェブサイト登録しておき、希望する勤務地や年収に対して条件を設定しておき、加えて条件に合う案件が掲載されたら自動的にメールが送られるように設定しておくと簡単に情報収集を行うことが可能になります。ただ、初回だけは登録するのにそこそこ手間がかかるので、登録前に履歴書と職務経歴書をしっかり準備し、それらをテキストファイルに記録しておき、コピー・アンド・ペーストしながら登録すると便利です。登録の初日は、時間が多少掛かるため、案件の検索と応募も大変に感じるかもしれません。しかし、その後は、新規案件を確認するだけでOKなので、次回以降応募するときのことを考えれば、初回の準備を抜かりなく行うことを心がけるのが得策です。

求人関連の情報誌やサイトを見てみると、ほとんどの場合…

求人関連の情報誌やサイトを見てみると、普通の職場では月の給料の記載に目が行きますよね。だけれどもこの月収の項目を見る時には、深く確認する事が大切です。多い少ないだけで納得しないほうが無難です。そのわけは場合によっては、月収の中に月10時間残業の場合を含んでいるかもしれません。残業代の金額をトータルすることで金額が高く見えるようにしている所があるからです。それ以外にも、基本給プラス歩合給で、歩合をかなり盛って月収を多く見せている可能性が考えられます。このような表記された数字どおりとなる見込みがない会社にははじめから相手にしないほうが無難です。

転職の際に現在勤めている会社を退社する時に失業保険に関する手続きを行う必要がありますが・・

転職をするために現在勤務している会社を辞める時に失業保険に関する手続きを行う必要がありますが、もしもあなたの側から退職願を書いて退職する、いわゆる自己都合退職のケースでは失業保険は即座に給付されるのではなく手続きをした後に失業が確認されてから3ヶ月経ないといけないのです。ですので、会社を辞めたその翌日から3ヶ月でもらえる、と誤解しないようにしましょう。この規則を勘違いしてハローワーク側に落ち度があると思い込んでそれが原因となりハローワークの職員と揉めているのを見たことがある。念のために付け加えておくと、退職者の都合ではなくリストラなど会社側の都合による退職の場合には、失業が認定されれば即座に失業保険が給付となります。