もし転職を予定しているのなら、あらかじめ「資格」を取っておくと選択肢が増えます。

転職をするならあらかじめ「資格」取得は考えておいて損はありません。

  • もしあなたが転職を考えているのなら、転職する前に資格を取るのがおすすめです。とくに、職場に籍をおいているあいだに、資格取得しておくのがベストです。転職に有利に働くので選べる企業がぐっと増えます。そういうわけで、資格取得は、在職中であり、かつ転職活動前の段階が良いタイミングです。もしもあなたが将来を考え、このあと役立つ可能性の高い資格を持っておくと、現在の会社を辞めたあとも前向きに次に進めるはずです。加えて、資格を取ることができれば、面接のときには担当者に戦力として使えるとみなされ、今までの職場より待遇が良くなる可能性が高くなります。
  • 自らが仕事を探していた時期にたいへん多くの人材紹介会社に登録していのだが・・

  • 自らが転職を考えていた時期に割と多くの人材紹介会社に登録していました。その際に思ったこと、それは転職アドバイザーの質に関しても様々でそのほとんどがいまいちだと感じる人でした。私にとっては、とても大切なことことだからもっと真剣に臨んでほしいという落胆した気持ちが高まってきてそのことが発端となってキャリアカウンセラーを目標にすることになりました。キャリアカウンセラーとして働くには資格が必要です。資格取得のためにはコストも必要でしたし資格取得のための勉強面に関してもとてもハードですが、求職中の方から信頼してもらえる人になるために頑張っています。
  • 今日では、「ブラック企業」が社会的な問題として認知されてきたこともあり・・

  • 今日では、「ブラック企業」が社会問題として扱われるようになり、労働条件による取り締まりが強化されたり、悪質な企業の場合は公表されるなど、不利益を被る仕組みが出来てきましたが、完全には至っていないのが現状です。そこで、面接で見破る必要が生じます。求人票等に書かれている労働条件をチェックし、それらの項目を順番に色々質問してみることからやってみましょう。おおよそブラック企業であれば、求人票の記載が嘘の場合、返答が曖昧になったり、「その場では答えられない」というような逃げの姿勢に入ります。中でも給与や残業や休日に対しては、この場合はどうなりますか?と質問をしていくと渋い表情を見せることが多くあります。それでも食い下がると、ブラック企業特有の高圧的な態度や、ふてくされたような態度を見せ始めるため、そこでようやく相手のウソを確信できます。この手の会社は、募集要項無視し、入社後もふてぶてしい態度を見せることが多いため、この手の会社は、募集要項を守らない上に、入社してもふてぶてしい態度を頻繁に見せる可能性が高いので、変だと思ったら、入社は止めるべきです。
  • 転職をする場合、はじめに、ハローワークの求人票や求人雑誌、あるいはインターネット上の求人情報を閲覧したり・・

  • 転職をする場合、まず、求人雑誌を閲覧したりしてその会社のことを調べるのですが、しかしながら、その会社が情報を公開する際には、コンサルタントから指導を受けている場合が多いです。コンサルタントは、会社にマイナスになる情報を隠す傾向があります。仮に公表する場合でも遠回しな表現に徹します。その種の会社の「社長インタビュー」または「社員情報」などの話は、それを鵜呑みにするのではなく、参考程度に聞いておいた方がいいでしょう。書かれていたことを信じて入社してしまった場合、期待していたことと全く違うとあとで後悔するかもしれません。たちの悪い会社は、素直な人材を効率的に取り込んで、その後は、あれこれ理由をつけて会社を辞めれないように仕向けてきます。要するに「ブラック企業」の求人には注意、ということです。
  • 転職の際に行われる面接というのは、中堅企業であればほとんどが人事担当者になりますが…

  • 転職の際の面接は、中堅企業であれば大体が人事担当者ですが、別のケースもあるようです。直接、これから仕事を一緒にしていく作業部署の責任者、言い換えれば管理職クラスである部長や課長が面接を担当する可能性も考えられます。中でも営業職や事務職に転職する際は、資格などという人の判断をするのが難しいですから、自信を持ち自分自身をアピールしていくことがとても必要であり大事なことです。面接担当者たちから「この候補者はしっかり自己アピールできるし、頼りになりそうだ」と思わせ、自分という人間を記憶に残すことが大切です。
  • 職を変えると、だいたいの場合は以前の会社の仕事でのたいていは美化された記憶となります。

  • 転職すると、大体の場合、それまでの会社の仕事のたいていの出来事は美化されます。本来は現在の仕事内容に納得できない点があるから、それをクリアするためにやっと転職を決めたはずなのに、時の流れとともになぜか転職した会社よりも「前の職場のほうがマシだった」と感じることが増えてきます。それというのも至って自然のことで、以前の職では業務をこなすことに慣れていて難なく与えられた仕事もあっさりとできていたのが、一番の根底にあるはずです。しかし、「転職などするべきでなかった」と思うほど、過去の仕事のほうが職場の雰囲気や全体的な待遇が良いケースもあります。
  • 転職の時の面接で着用するビジネススーツの色合いについて…

  • 転職の面接で着用するビジネススーツの色は、新卒の方が就活の際にに準じたカラーが安全です。具体的に言うと、黒とか紺色のような落ち着いたカラーになります。再就職のケースであっても、着ていくスーツの色合いに関してはこういうダーク色が圧倒的に多くて、他の色のビジネススーツの人はあまり見かけることはありません。あえて言うならば、たまにグレーのビジネススーツを着ている人がいるくらいで、ほぼ黒や紺色のビジネススーツを着ている人が大多数なので、面接を行う人事側からしてもそういった色が違和感なく見えます。ですから、第一印象という面ではぜひともそのようにしてくださいね。
  • 生涯初の失業保険の給付を受けるときに、何もしなくても受け取れると考えている人・・

  • 生まれて初めて失業保険をもらうケースでは、「何もしなくても自動的にもらい続けられる」と考える人がとても多いですが、それは間違いです。実際には、失業保険の給付をきちんと受け続けるためには、職探しを続けていることが必要で、さらには、毎月1回、ハローワークに通う必要もあるんです。一か月おきに担当者に求職活動の状況を報告してきちんと就職活動をしていることを理解してもらえれば翌月も保険を受けられる仕組みとなっています。仮に、「この人は就職活動を本気でしていないぞ」と見なされたり、毎月の職員との面談を拒否している場合は、ルールとして給付が一時停止となったり、それ以降の給付資格も消失するおそれがあるので、それを防ぐために充分に注意しましょう。
  • 詐欺|再就職して職場を新しく換えるということは、自分に見合・・

  • 再就職することで勤め先を新しく替えるということは、自身に合う職業を選択したいものです。仕事を変えれば、自分の向いている仕事に就くことができるかもしれません。しかし、現実に行動に移すとなると、即戦力となりうるスキルが求められます。言い方をかえると、あなたの人材的な価値が上がるほど、「天職」にありつく可能性も広がる、ということです。今のご時世では、「職業選択の自由」が社会的にも認められているので、仕事を変えても困難も生じないでしょう。この様な情勢下では、昨今、人手が欲しい会社や職場はどんどん増加していますので、このチャンスに乗じて転職されるのも良いかもしれません。
  • 転職活動を予定しているのなら、現状の仕事や業務での不満に思う部分を…

  • 今からでも転職活動しようと思うのなら、現在の業務での不満に思う部分を明確化する事が良いです。当然できていると思うと、意外とできてないです。もともと不平があるからこそ、転職しようと思っているはずです。でも「ちゃんと今の業務や仕事の客観的にみた満足できない点を挙げる」ことをほとんどの人はやっていません。不満点が明確化できれば、その不満が解消されるなら、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自分の問題をしっかり見える化しておくと、転職選びでの失敗を防げます。その次に仕事を変えることで「今の仕事よりも不便になりそうなこと」を明確化してみましょう。職場や仕事に全てに満足できるものは少ないからです。しかし、デメリットを受け入れる気持ちの整理があれば、転職後の急激なモチベーションのダウンを抑えることは可能です。
  • 転職活動をしている最中は、まず常にあなたの内心が落ち着いて・・

  • 転職活動中はとにかく、何よりもあなたの心のうちが静かであるということをとても重要視しましょう。今の会社で働きながら転職の活動をする場合はあんまり気にしなくても良いとは思いますが、退職の後にするのであれば、心のうちが焦ってしまいます。その点を踏まえ、気持ちを落ち着けながら活動するように意識しましょう。将来、自分がやってみたい仕事や、理想とする職場のイメージをハッキリイメージしておきましょう。そして、実際の職場と比べてみて、それらが合致しているかどうか、落ち着いてしっかりと見極めていきましょう。しっかり考えることで良い転職先が容易に見つかるはずです。
  • 転職する場合、それなりの準備は不可欠です。

  • 再就職をスムーズに行いたい場合、準備は必要不可欠です。準備といってもたくさんあるのですが、その中でも目に見える服装は大事に感じてしまいます。ですが、ここ数年の、面接に関しては、私服がOKな会社も多いので、スーツで出向かなくても良い場合があります。会社の設立したての会社などは、厳しいマニュアルも作られてないことが多く、私服で面接したほうが、相手に好印象を与えられます。また、堅いイメージを与えないのでフランクに話をしやすい、というメリットもあります。そうして、私服ですと面接の際に、洋服の話題に発展しやすいです。ですから、もしかしたらポイントが残るでしょう。ですので、転職をするつもりなら、企業の「創立した年」を事前確認し、(ベンチャー系などの)面接の際はスーツは着ずに私服で勝負するのも良いかもしれません。
  • 現代はインターネット上では、「就職斡旋エージェント」だけでな・・

  • 最近はネット上の就職斡旋エージェントの中でヘッドハンティングを専門に取り仕切る会社もたくさんあります。もしもあなたが特許を出願したことがあるなら、ヘッドハンティングの対象になる可能性が高くなります。ヘッドハンティングを行う会社は、特許出願を行った人だけでなく、「研究開発論文」を発表した人や、「雑誌・テレビ」などで話題になった人など「功績」を残した人物に狙いを定めて、電話やメールを用いてコンタクトを図り、ヘッドハンティング用のネタにしています。もしも、あなたがヘッドハンティングの匂いがする話をされた際には、心当たりを考えてみてください。あまりないことですが、「ヘッドハンティング」と称し、登録料を請求する業者もありますが、その手の会社は例外なく詐欺といえるので無視しておくのが無難です。ヘッドハンティングは、企業が仲介業者に報酬を支払うので転職希望者が支払うものではありません。
  • 詐欺|活躍の場を広げたいと、転職サイトで自分がストレスなく働ける…

  • 現在あなたが、「転職サイト」を活用して自身がストレスなく働けるストレスを感じずに働ける仕事情報をあれこれ見ているのなら、「転職エージェント」は必ず活用しておきましょう。登録は簡単です。エージェントサービスの登録を済まて、エージェントが紹介してくれる求人は、一般的に公開されていないからです。誰でも見ることのできる公開求人とは異なります。その答えは、比べようがないほどにたいへん質が良いといえます。かつ、あなたにふさわしいものをピックアップし、調査した上で紹介してくれます。ですから、かなり高い精度で理想に近い紹介してもらえたりします。仮に、同一の求人を見つけたとしても、あなたがひとりで行き当たりばったりに調べていくことと比べれば、とても効率はいいです。そのうえ転職を成功させる近道です。
  • 女性の再就職に関しては、セクハラが社会的に問題になる前と今日とで・・

  • 女性が再就職するに当たって、一昔前と近年とでは少なからず、違ってきている点があります。以前は面接の際に、結婚と出産の予定の有無などについて、当たり前のように質問されることもありましたが、今現在はそのような内容は、セクハラと会社側が捉え、聞かない企業、が増加傾向にあります。そして、特に大企業の場合は、NG質問として露骨に避けるようになっています。しかし、会社側は、YES・NO、の2択でなく、その人の価値観、結婚後は退職するのか、育休の取得が必要なのかどうかなどを知っておきたいと思っているはずです。自分自身の人生設計を理解してもらうためにも、志望の動機や自己PRと混ぜながら表現することで、企業側も考えがわかり、判断してもらいやすくなると思います。というワケで、たとえ、質問されていないことでも、あなたの側から気遣いつつ、話をしておくのが良いです。
  • 失業保険の給付に関して、仕事を探していることを証明しなくてはいけません。

  • 失業保険の給付においては、客観的な意味で、職を探している姿勢を見せる必要があります。とはいえ、現実は「会社を辞め暫くは遊びたい」というのが本音でしょう。なので、本気で就業先を探しているように、見せる方法があるので紹介します。毎月ハローワークに行って担当スタッフと面談するのは当然のこととして、そこで、「求人票」を確認することを必ず行わなければいけません。本気で探す気持ちが出ないときは、「求人票」を軽く見て、ハローワークスタッフとの面談にて、「労働条件のいい仕事や自分がやっていけそうな仕事が見当たりませんでした」と相手に伝え、次の機会を探すという方法もあります。