詐欺|失業時、給付してもらえる「失業保険」は、もらうためには失業中であることが必要ですが、…

失業したときに給付される失業保険は、失業のあいだが給付条件です・・

失業者が受け取れる失業保険は、失業のあいだが給付条件ですが、給付される期間が決まっています。それまで勤務してきた期間によって変わり、3ヶ月とか1年と決められるのですが、中にはこの事実を知らない人がいたりします。失業中である限りもらえると思い込んで失業保険で生活すればいいと考えて仕事を探さない人もいますが、給付期間があと1か月しか残ってないと気づいてから慌てて転職活動をしても条件のよい仕事を見つけるのは難しいです。面接に応じる担当者もアホウではないので、「いつ頃失業したか」「失業から、どのくらい経つか」「その間、何をしていたか」といった箇所は大半は相手(面接官)に見透かされると思っておいた方が良いでしょう。場合によっては、面接の際にそれらを根掘り葉掘り訊かれることもあります。うまく返答できなかったり、バレる嘘をついてしまって、不合格となるでしょう。

詐欺|長年接客業で務めていたのですが、加齢が原因か立ったまま行う仕事・・

長年にわたり接客関係で仕事をしてきましたが、加齢のせいか立ったまま行う仕事は体力的に耐えられないため、事務系のお仕事への転職を志して行動にうつりました。事務未経験となるとわりと厳しく、接客業の経験も活かすことができる受付兼医療事務をしようと思い資格も合格して個人病院に転職をしました。周りはベテランの先輩パートさんだらけで人間関係においても難しい。夜間のシフトばっかりさせられ、接客業で働いていた頃よりも帰宅も遅いのですが、まずキャリアを形成する時と受け入れて頑張ります。

詐欺|年内中に転職活動をしていく人で、次の仕事を始めるまでにまだ期間がある場合は、…

年内中に転職活動を始める際、次の仕事を始めるまでにまだ時間があるのなら、必ず「失業手当」をもらっておきましょう。現在の会社で社員に「雇用保険」を払っているのなら、手続きをすれば誰でも失業手当を手にできます。詳細の手続きに関しては、「ハローワーク」で行います。自己都合で会社を辞めたのなら、失業手当が受給されるまでの待機期間(3ヶ月)ありますが、場合よっては会社都合の退職だったり、残業時間次第で日数をおかずすぐにもらえる場合もあります。ちなみに、もらえる「失業手当」の金額は、最後となる月の近々の給料を基準にして失業手当の支給する額を計算するので働いている会社に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の方は、繁忙期の後に辞めたほうがいいです。

『今すぐ転職をしたい!』と思っていて、自分の意志が抑えられないくらい強いものであるな・・

『転職したい!』と思っている人でその意志が本当に強いものであるなら、退職したいということをすぐに上司に言うべきです。ただし、このときに相談という形を取ると、状況によって言いくるめられる確率が高くなるので気をつけましょう。また、実際、私も上司へ転職相談をしたのですが、スンナリと受理されずになんと半年以上にわたり辞められませんでした。辞めたいということを当初、直属の上司へ相談をしたのが年度末だったのですが、結果的には数ヶ月延びて退職が認められたのは同年の11月です。本音はちょうど年度末を区切りにしたかったのに、色々と理由をつけられ、予定が狂ってしまいました。やっぱり会社も、人事的な都合があるのかもしれませんが、さすがに上司をはじめ、組織としてこちらの希望を無視してきたので心底困ってしまいました。

初挑戦の業界などに転職を考えるときには、自分が前の職・・

全くの初挑戦となる分野などに転業したいと考えている場合には、前の業界で培ってきた能力や経験したことが生かせるという訴えが必要になります。経験をしたことのないジャンルの場合、未経験の分だけその分野を経験している人よりも不利な状態になりますけど、自分自身の持っている力がその分野でも十分に発揮することができるということをしっかりと相手に話せれば、勝負になる場合もあり得ます。以上のことを踏まえ未経験である業種にチャレンジする際には、その業界と今まで自分が経験してきた仕事とのかかわりをできる限り見付けましょう。

詐欺|一昨日新しい仕事を見つけるために人材紹介会社へと登録に行きました。

新しい仕事先を見つけようと人材バンクへ登録に向かいました。そこでカウンセリングの際に現れた担当の人がどうも大学卒業後まもない社員のようで、私の話の半分も彼は理解していないように思えました。そのくせ「キャリアデザインが緩いですね」とか「きちんと自分の強みと弱みをはっきりさせておくことが重要でしょう」とか、大上段から偉そうにのたまうから非常に嫌な気分になりました。カウンセリングを担当する人はそこそこ能力のある社員に、してほしいです。

転職期間のあいだは、自分の好きなことに没頭するほか、…

転職期間中は、趣味に時間を費やすほか、体力を損なわない様にすると良いでしょう。転職先が決まり、いざ仕事を再開した際に、趣味に没頭していた影響で、知らないうちに集中する力が高まっているのです。そしてまた、体力アップが図れていることで、他の社員たちと比較するとスタミナがあると認識することができます。なので、興味のあるなことに集中することと、体力をアップさせる努力をしておいて損することはありません。転職が決まり、職場のなかで共通の趣味の方と知り合えたのなら、話題に花が咲くので、好きなことをとことんまで極めることも転職期間中の自由な時間の利用方法としてはおすすめです。

クールビズの格好をして転職の面接会場に行こうとするときには、…

クールビズの服装で転職の面接に行く場合、ジャケットはさすがに着ていかなくて良いとはっきりと言い切ることができるわけです。ですが、ネクタイにおいてはして行った方が印象が良くなるのでお勧めです。タイに関してもジャケットと一緒でなくても大丈夫だと認めている企業もあることはあるにはあると思います。ですが、ことネクタイに関してだけはクールビズだろうとするべきだとしているところがそこそこ存在するわけです。ですから、例えクールビズが指定されていてもネクタイだけは着用して面接した方が悪い印象を与えることがないということを伝えておきます。

今まで私は、職探しは「転職サイト」ではなく、いつも「ハローワーク」を利用していました。

これまで私は、求人情報は「転職サイト」を使うより、「ハローワーク」を優先していました。どうしてかというと、有名な「転職サイト」は、システム上、都心部にある会社の求人ばかりだからです。であったので、求人情報をチェックする時は、「ハローワーク」のみ使っていました。もちろん、有名な転職サイトに掲載されている求人よりも企業数や給料などでは、若干の見劣りがあるものの、昔から地域に根ざした情報が安心できます。また、「ハローワークってなんだか古臭いイメージがある」と感じている方も多くいるかもしれません。思いもよらず、転職サイトには掲載されていない求人があるので、数年以内に退職後にすぐ転職活動したい方は、お近くのハローワークに行って相談するもの良いかもしれません。「転職サイト」みたくこれでもかというくらいのお知らせやメールが送られてくることもありません。

転職サイトは、大手企業が運営しているものであるほど掲載される求人情報がたくさんあるため・・

転職サイトは大規模なサイトであるほど掲載される転職情報が多いため、気に入った2~3社を、メンバー登録して、勤務地と年収条件程度の条件一致で次に条件に適合する案件が出てきたら自動的にメールが送られるように設定しておくと情報が集めやすくなります。とはいっても、初回に限っては登録するのが非常に大変なので、サイト登録前に「履歴書」「職務経歴書」をきちんと作成しておき、そのコピー&ペーストをする形で登録すると簡単です。登録する初日は、けっこう時間がかかることから、案件の検索や応募だけでも意外と苦労しますが、次回以降は、新着情報だけ確認すれば良いので、後の応募を考えれば、初回にしっかりと準備することをお勧めします。

求人情報にはとうぜん普通の株式会社では月の収入等が記載されています。

求人情報にはとうぜん多くの職場では月の給与が記載されているはずです。この月収の欄を確認する時には、注意深く確認する事が大切です。その数字だけを見て判断しないほうが無難です。というのは案件によっては、月収の額の内訳に「毎月30時間の残業」が含まれているおそれもあります。何があるかというと残業代をあえて含めることで魅力ある案件に見せて、人材を確保しようとしているケースも考えられるのです。また「歩合給」が基本給にプラスされる、というパターンにも要注意です。歩合をかなり盛って月収を多く見せている所もあったります。そういうわけで、そうやって可能性の少ないケースを誇張しながら、人を集めるような会社ははじめから相手にしないほうが無難です。

詐欺|転職に先立って今務めている会社を辞める時に「失業保険」給付のための手続きをしておく必要があるのですが…

転職を予定しているのなら今務めている会社を辞める時に失業保険に関する手続きを行う必要がありますが、自らの希望によって退職願を出して退職する、いわゆる依願退職の場合は、直ちに失業保険が出るのではなく手続きをしてから、失業したことを認められてから3か月経ってやっともらえるのです。なので、会社を辞めた翌日から3か月経てばもらえると思い込んでいる人がいますが、この規則を理解していない人が、ハローワーク側に落ち度があると言い張ってその結果ハローワークの担当スタッフと過去に口論していたのを見たことがあります。加えて、自分側の都合ではなくリストラなど、「会社都合」での解雇のときは、失業認定されてすぐ失業保険が給付となります。

詐欺|転職する時に行われる面接のときにする腕時計は、どう見ても目立つタイプの…

転職時の面接を受ける時につけていく腕時計に関しては、明らかに目立つタイプのものはしないほうが最善です。腕時計で目立つものというのは明らかに高そうに見える腕時計とか、それとは真逆で安っぽいものに見えてしまうとか、そういう目立つということで真反対の目を惹くのだと理解しておいてください。転職の面接のときに着用する腕時計というのはポジション的にはネクタイやスーツと同じようにとらえ堅実なものをするほうが良い印象を与えます。けれども、歳にあっているということも必要な条件であり、新卒の時にしていた腕時計よりはほんのちょっとでも高級感のあるものにした方が好ましいと言えるでしょう。

転職活動をする上での最後の壁として、現在の仕事を辞めることがあげられます。

転職活動において最後にクリアしなければいけない難問として、「今勤務している企業をいかにして辞めるか」という問題があります。転職先の会社が採用の内定を出したとしても、現在働いている企業があなたを手放したくないとして引き留めるというのも起こりがちなことです。そのようなケースでは、「何が何でも退職する」という強い意思を保つことが大切です。仮に引き留められて、一時的に収まったとしても、一度辞めたいと思った会社は、近い内に辞めることになるでしょう。退職を成功させるには、まずは会社の規定に目を通し、退職までに必要となる日数を超過する年月以降で退職日を決め、退職届を記入しておきましょう。そして、決定権を持つ上司と相談し、「退職に関する交渉は、一切拒否します」と(毅然とした態度で)伝えましょう。円満退職をすること、これも就職活動において大事なポイントになってきます。

転職サイトに一度登録すると、電話・メールが呆れるくらい掛かってきます。

転職サイトに登録した場合、嫌になるぐらい電話やメールをしてきます。これに関して「転職エージェント」の初心者の方は、非常にびっくりする場合が多いです。「転職エージェント」は、利用者の転職に協力することが業務ですので、積極的に行動します。中でも大手エージェントは、転職を完了させる対価として企業側から報酬がもらえる仕組みなため、転職活動をしている人の都合よりも企業側を優先的に考えるケースが目立ちます。彼らは、成約数を増加させたいがために、内定がでるとすぐに、入社を強引にすすめてくることが多いです。防御策として自身の気持ちや意思を明確にしておき、安易な妥協をしないように気をつけておきましょう。

詐欺|転職活動では、重要となるのが「面接」というものです。

再就職する際、比較的重要視されるのがまぎれもなく「面接」だと言えます。一般的な面接では、面接官が応募者に転職の経緯など色々なことを質問されると思います。そして、一通りの質問と説明が終わると、次は、転職希望をする人からの不安・疑問に感じることを質問できるチャンスがやってきます。面接官側が、「弊社に関して何か疑問点はありますか?」と尋ねてくれるわけです。と尋ねられた際に面接者本人が気持ちの準備もできていないし、アタフタしてしまうかもしれません。こういった場面に備えて、予め面接担当者からの質問に際し、(あなたからの質問を)考えておくのもいいかもしれません。よく考えてみればいくつも疑問点は見つかるはずです。ぜひ、やってみてください。