詐欺|求人をチェックする場合、「事務系の仕事をしたい」という人は・・

求人誌を見る際、例えば、「オフィス系の仕事をしたい」という人・・

  • 求人に関係する情報をチェックする際、「オフィス系の仕事をしたい」と考えている人ほど製造業に目を通さない人がいますが、そういったことをしている人の多くは「製造業は現場で製造する求人しかやっていないだろう」と勘違いしている場合もあります。実際に、製造業での求人であったとしても、現場に出る仕事だけでなく経理、総務などのスタッフ募集をはじめ、資材、購買、営業管理といった「オフィス系」の部署も結構な数あります。とはいえ、製造業がある場所はビジネス街にはないので仕事帰りに買い物を楽しめる環境で働きたいと考えている人には、そこがデメリットに感じられるかもしれません。そうした事には自分のこだわりを捨てることによって素敵な出会いや意外な発見があるかもしれないので、視野に入れてみてください。
  • 新卒で入社した会社に別れを告げ、転職すると決意しました。

  • 新卒採用で入った会社にお別れをして、転職することになりました。実際に転職する前は、毎日悩んでしまいました。しかし、新卒で入った会社を数年で退職し、大半の人が転職を経験していることを転職活動中に学び、いつの間にか悩みは消えていきました。また1度、転職したことでふしぎなことに肩の荷が下りたような感覚になり、自分の好きな仕事を再確認できて嬉しくなっていきました。いまだに「続けてこそ意味がある」といった転職を好ましく思わない意見もありますが、それが必ず正しいとは限らないと思いました。私自身、転職を決断して良かったです。
  • やっている転職する活動の際、「私は今までずっとこういった職…

  • 今がんばっている転職活動中に、「私は今まで、こういった価値のあるの仕事に従事しました」「仕事の中で手にしたスキルは、、、です」とそれまでの自身の経歴を十分にアピールしようと考える人は頻繁に目にします。ただし、志願しその組織で「機会があればこういうような仕事をしたい」「こういうような内容の仕事ならぜひ貢献できるに違いない」と未来の展望を話して自己をアピールする方がよっぽど効果があります。この点をしっかり意識しておくと、転職活動が効率的なものとなります。
  • 詐欺|転職活動では、「履歴書」「職務経歴書」の2点が必須となります。

  • 転職活動では、履歴書と職務経歴書が必要不可欠だとされています。大多数の企業は履歴書や職務経歴書に記載されていることを考慮して面接するかどうかを決めるため、この2枚の書類の作成が大事といえるでしょう。ただ必要事項を埋めるだけなく、内容が充実していることも大切です。「職務経歴書」では、今まで経験してきた職務の詳細や、可能な限り自己アピールとなる内容を書きます。また、過去だけでなく現職で挙げた実績なども有効です。たとえば売上を前年比○パーセントアップさせた、などわかりやすく記しましょう。もしも、作成に行き詰まったのなら、「転職エージェント」に職務経歴書の推敲を手伝ってもらい、うまい言い回しのヒントを得てみましょう。自分にプラスになるように転職エージェントを利用することも満足のいく転職をするための有効な方法です。
  • 転職というものをする場合、転職したあとの年収を気にしすぎる人が…

  • 転職をする場合、その職場の給与ばかりに気を取られる人がそこそこいるでしょう。大多数は仕事というのは自分の生活を成り立たせるために行うものです。だから生活費を給与として得るべく精を出しているはず。だから年収は自分自身の価値を測る指標としての側面もあるから大切なのは否定できません。しかしながら、あまりにもらっている年収の額に執着しすぎる人生というのも寂しい気がするでしょう。収入に直結しない仕事であっても精神的な充足感を得られることはゼロではないからです。
  • 2,3ヶ月まえに、転職したというのに、入ってすぐに辞めてしまう選択してしまう人・・

  • 3ヶ月まえに、転職したばかりだというのに、慣れもしないあいだに退職してしまうケースがなんとなく多いといいます。何故かと考えてみるとたぶん自分自身に合った仕事で勤務を始めてみたものの、「自分自身の想像していた仕事とけっこう違っていた」「職場の雰囲気にどうしても馴染めない」ということで去っていくことが多いといいます。可能ならばこのような失敗を繰り返さないために、はやり転職先の情報収集を徹底しなくてはなりません。職場環境、通勤にかかる時間、など前もって調べておくことで分からない点はしっかり自己解決を図っておきましょう。そうすることで失敗を防げます。
  • 詐欺|日本には”石の上にも3年”という諺もありますが、大正末期から昭和初期にかけて原型がつくられ…

  • 古来より日本には「石の上にも三年」という教訓があります。「終身雇用制度」は衰退してきています。「転職」を経験するのが当たり前の世の中になってまいりました。でも、「仕事を変えること」が当たり前になったからといっても、安易に仕事を選択し転職を繰り返して良いワケはありません。再就職するには適したを図る必要があります。まず、現在の職場、仕事内容について、不服に思っている点を5~10個ほど、紙とペンを使い、リストにしてみましょう。そうしておくと、転職活動に良いヒントを与えてくれます。そして、もし決断したら素早く、よりも良い仕事ができるよう、取り組むことが大切です。
  • 転職することを、現在の職場の同僚たちがそのことを知ってしまう…

  • 転職前、現在の職場の同僚たちがあなたが退職すると知ってしまうと職場の空気が一変するおそれがあります。あなたの置かれている立場によっては、問題はないこともありますが、やっかみや意地悪される可能性もあります。さらには、残業時間を増やされる仕打ちも考えられるので、軽々しく転職のことを周囲に言うのはあまり良いとは言えません。そのようなトラブルを避けるために、今所属している仕事場では、真面目に仕事をしておきましょう。充分に警戒しておけば、良い関係を最後まで保ちつつ、会社を退職できます。それに、円満退職となったなら、転職後に、あなたが困った際には相談できるような良好な関係性を持っておくことができます。規模などに関係なく、どんな企業でも、人とのつながりは大切であるため、退職前のトラブルには警戒しておきたいものです。
  • 今後、労働力という観点においてぐんぐんと簡単な作…

  • 近い将来、社会ではますますシンプルな仕事は機械に置き換わってその結果、必要な人手はどうしても縮小していきます。なぜかというと、単純労働の場合は、人が作業するよりも機械で作業するほうが数段に強いからです。数をカウントしたり、同一の動きをずっと繰り返すのは機械なら何も不自由もありません。当たり前のことながら人間とは違って泣き言は言わないし、疲れることもないし、ズルもしないし、正確な作業ですし、均一化できる強みもあります。また、給料が発生しません。というわけで、人間を使う意味が到底なさすぎます。機械化されるのは当然の流れなのです。
  • 再就職を考える場合、全てがうまくゆく保証はありません。

  • 転職しようとしてもすべての人が満足いく成果をあげられるとは言い切れません。もしも転職するのなら、どちらにしろ転職をしなくてはならないならあなたの年齢が若いうちに変えるべきです。それには少なくとも30代前半まではかなり有利に働きますが、30代後半~40代を迎えると転職というのはとても厳しくなります。もしも、管理職など、重要な役職に就いているのなら、転職を考えていても今の会社に籍を置くことも選択項目に入れておくべきです。退職後に転職活動をスタートさせるよりも現在の会社をやめないまま、時間をかけてじっくり探すほうが賢明といえます。
  • 最近の転職事情では、政治による影響が出始めています。

  • 転職を取り囲む状況は、政治により状況が変わりつつあります。今の安倍政権では、「アベノミクス」「三本の矢」など、経済に関係する政策が次々と打ち出されています。内閣が打ち出した経済政策に連れ立って日銀による金融政策と、たがいに作用しあって、財界・民間企業ともに今までとは違う変化が現れ始めています。その作用もあって民間企業のあいだでも若い世代の減少と現役世代の大量退職による「人材不足」が根深い問題となっています。ちなみに「外国人労働者」の総数を今以上に高めていく前提と現政権は宣言しています。日本国内の雇用や転職問題も大きく幅が広がりそうです。こうした社会情勢の変化のなかで、国内の雇用や転職をとりまく状況も大きな影響が出てくるのは当然のことといえます。
  • 転職候補先での見学に参加するとたいへん勉強になります。

  • 転職したい会社で会社見学しておけば、非常に参考になります。また、「職人」さんがいる会社では、スキルを近くで見られるので楽しみです。ですが、残念ながら「職人」がいる会社見学ではほぼ見学者には、本当の働き方を見せてはくれないものです。例えると、ブルーワーカーなどの分野です。この分野では、癖の強い人が多いので入社しないと、実際の姿はわかりません。そのため、仕事=見学で触れた内容と解釈しないことが重要なのです。さらに、見学の時に実際に仕事体験できる会社は倫理的にアウトですから注意しておくべきです。入社していない人には万が一何かトラブルが発生しても、それに対する保障が無いので、スタッフから勧められてもていねいに断るのが無難です。
  • もし近い将来、転職するのなら、転職する前に考えておいて損をしないのが資格の取得です。

  • もしあなたが近い将来、転職するのなら、先に資格を取得することで有利に事が運びます。また、仕事を続けているうちに、資格取得しておくのがお勧めです。転職活動の際には有効活用することができますから、選べる企業がぐっと増えます。ですので、在職中であり、なおかつ転職活動前の段階が一番良いタイミングといえます。未来を見据えて、次の仕事に必要な資格を取得しておくと、現在の職を辞めた後も前向きな姿勢で転職に挑むことができます。おまけに、資格取得によって面接時に担当者に「即戦力」な人材として認められ、これまでの職場より待遇アップも期待できるでしょう。
  • 詐欺|私は以前何社かの人材紹介会社に登録していました。

  • 自分が勤め口を探していたころ何個かの人材紹介会社に登録していました。その時に感じたこと、それは転職のアドバイザーの質がまちまちでそのほとんどがいまいちな方ばかり。こちら側は人生がかかっているのにもっと思い入れを込めて向かい合ってほしいという欲が積もって、それが理由でキャリアカウンセラーになろうと思い立ちました。その資格取得のためには費用もいりましたし資格取得のための勉強の面に関してもとても大変ではありますが、求職中の方からあなたが担当者でよかったと言ってもらえるように努力しています。
  • 現在、ブラック企業がメディアで取り上げられたりし…

  • 近時は、ブラック企業がメディアで注目されたりして、労働条件による取り締まりが強化されたり、悪質な企業の場合は公表されるなど、罰則もそれなりに強化されていますが、完全には至っていないと思われます。実は、面接で見破ることができます。求人票などの労働条件を事前に調べ、それらをもとに色々と質問してみましょう。「ブラック企業」が相手の場合、求人票の記載が嘘の場合、明確な返答ができなかったり、「その場ではハッキリとは答えられない」と逃げようとします。特に給与と残業、休日に関しては、質問してみると、渋い表情を見せることが多くあります。それでも食らいつくと、ふてくされたような態度を見せはじめるので、化けの皮が剥がれるようになります。この手の会社は、募集要項を遵守してくれない上に、入社後もふてぶてしい態度でいることが多いため、何か違和感を感じたら、他の面接を受けたほうが良いと思います。
  • 転職するのなら、始める前に、求人票を見たり、インターネット上の公式サイトを見たり…

  • 転職活動をするいあたっては、まず第一にハローワークや求人雑誌の求人情報を閲覧したりして関心のある会社を調査するとは思います。とはいっても、当該会社が情報を載せるにあたっては、コンサルタントに相談をしていることが多いです。コンサルタントは、会社に不利益な情報を隠す達人です。仮に公開したとしても遠回しな表現に徹します。その類のコンサルの影響が色濃く出た、社長社員に関連する情報はそれを事実として見るのではなく、半信半疑で聞いていた方が間違いがありません。仮に鵜呑みにして会社に入ってしまった場合、「こんなはずじゃなかったのに・・・」とあとで後悔するかもしれません。悪徳会社は、素直な人間を効率的に集めて、その後は、いろいろと難癖をつけて退社させないように画策しています。ブラック企業では、この手のことがかなりあります。