あなたが転職活動中に、良いと思う求人(もしくは業界)…

詐欺|あなたが転職活動をされているのなら、気になった求人(または職…

  • これから転職活動をされるなら、良いと思える求人(または業種)を見るたびにしっかり「〇〇業(気になる職業)、ブラック」でネットで検索を掛けてみましょう。求人票や担当してくれる転職エージェントの言葉からは業界に関するマイナス面などは教えてはもらえません。仮にブラック案件が蔓延している業種であれば、簡易的なネット検索によってカンタンに本来の姿を理解できるでしょう。そのような実態を理解しないまま、入社してしまうと、のちに後悔してしまうおそれがあります。そもそも求人が出ている理由が、「内容がきつく、入っても続かない」という場合も多いので、気になった案件について、きちんとチェックした上で応募しましょう。
  • 最近パソコンやスマホで調べればネット上には、いわゆ…

  • 今ではスマートフォンは便利でネットで見られる世界には「転職に関するサイト」と呼ばれるものが無数に存在しているのをご存知でしょうか?そのいっぱいのサイトから自分の目的にあった転職先というのを見いだすにはまずは情報収集が必要です。こういう「転職サイト」を上手く使うことで、満足度の高い転職先探しができます。最新情報が満載で、転職希望者にとって役立つ情報満載の優良な「転職サイト」がある一方、情報更新が遅く、粗悪な内容ばかり掲載しているサイトもあるので、過剰に信頼しすぎないように注意しましょう。まずは、本当に信用していいのかどうかを見極めることが大事ですから他と比べつつ、確かめてみましょう。
  • もっと良い会社に入りたいと転職を希望する場合には「できるだけはやく・・

  • 違った会社の社員になりたいと転職をする活動をする場合は「できるだけはやく、内定がもらいたい」と考えてしまいがちです。ですが、そのために内定ほしさのばかり、自身をより大きく見せたり、あるいは対称的に安売りしてしまう言動は出来るだけしないでください。焦燥感をガマンして、冷静に、そして客観的に、自分にピッタリな職場を探すことに集中しましょう。これまでのキャリアを活用できるように、さらに、今後のキャリアアップが期待できる場所を見極めましょう。
  • 比較的時間に融通が効くはずの派遣社員であったとしても、…

  • 時間に融通が効くはずの派遣社員になっても契約期間を迎えたら好きな時にすぐ退職できるわけではないことを転職を経験して学びました。私は、結婚生活が落ちついたら、早く子供を持ちたかったので、妊娠する時がくるまでのあいだ、だいたい1年半~2年くらい今の部署で継続で仕事したいと思ったので、就職することにしました。常勤ではなく派遣社員であるために、給料は安かったですが仕方なく時間的な融通のために、この道を選択しました。でも、いざ入社したあと、一緒に働く人たちのほとんどの人が10年~20年ちかくつづけて勤務していたのです。派遣を選択しても、すぐに辞められる雰囲気などなく、この先どうしたらいいのか、少し困惑しています。
  • とある古物商の求人に応募したところ、書類選考に受かりました。す・・

  • とある古物商の求人にて、書類審査に受かりました。2、3日して面接の日時について相手方から連絡をもらい、ですが、面接日当日、指定場所に向かうと、どうしたものか相手が面接の準備を全くしていことがわかりました。ようやく、所長らしき人物が面接中も半ば聞きというか、だらしない態度を見せられ、やっとのことで面接が終わりました。予定日を過ぎているのに、採用結果もまったく告げられず、もどかしくなり、私の側から問い合わせると、「郵送で今日送った」と言われましたがしばらく待ちましたが、しかし、これも未着でそこでもう一度電話した結果、どういうことなのか、「残念ですが不採用とします」、と有無を言わせずに電話が切られてしまいました。私はしばらく絶句してしまったのですが、率直に、採用されなくて良かったと痛感しています。
  • 再就職をする時に注意を向ける求人情報というのは、だいたいのも・・

  • 仕事を探している際に目を光らせることになる募集内容の情報というのは、目安として、アバウトに載せている可能性があります。ですから、情報として載っていることをすべて正しいとは当てにしない方が好ましいでしょう。とりわけ給料の金額などにおいては、社員を平均して出した値なのか?最低限保証されている給料であるのか?最高額の給料なのか?といった見解ができない時が多く、自分の判断で決め込んでしまうと、悔しい思いをする事も少なからずあるでしょう。それゆえ、悔しい思いをしなくて済むように、募集要項の情報というのは、だいたいのものだと考えて、そういったとても重要なことは直に聞いてみた方が好ましいでしょう。
  • このところ私は派遣会社に登録をしています。

  • このところ私は派遣で働いています。インターネットサイト内で自分に向いていそうな仕事を見つけて応募したい旨を伝えたところ「そのお仕事はもう他の方の採用が内定しています」とお断りされてしまい一瞬サイトからも仕事の情報がなくなってしまうのですが、次の日になればまた載っています。それって結局私ではダメだと言っているのと同じですね。そういうことならば最初から変に隠さないようにはっきりと教えてほしいのですが、なかなかそうはいかないのでしょうか。それとも客寄せのための偽の仕事なのでしょうか?
  • 転職の際、正社員ではなく派遣社員という勤務形態を考えている方・・

  • 転職する場合、「派遣社員」を選択しようと思っている人に注意してもらいたい箇所がいくつかあります。派遣社員と聞くと「データ入力」「お茶出し」「その他雑用」のような仕事内容を考える方がおそらく多いかと思います。はじめは私自身もそのように思っていました。現在働いている企業に入るまでは「派遣社員」の求人に応募した際に、「メインの業務は電話対応になります」と派遣会社からも説明も受けてました。ですが、入社したとたん、なんと「電話対応」に加え、辞めた正社員の穴埋め業務を要求されました。いつも毎回振り回されますし、入社前の説明と大きな食い違いがあるので日々とても困惑しています。とりあえず、ひたすら契約期間が終わるのを待つだけです。
  • 就職するため職探しをする際に気を付けて欲しい求人情報は・・

  • 就職活動に気を付けて欲しい求人情報は、そんなにきつくなさそうな仕事なのに給料がよく、拘束時間が長めというものです。このような求人は、記載されている給料に『みなし残業代』を入れて告知しているケースが非常に多いです。みなし残業代とは、『みなし』とも言い、例えばですが、30時間とか45時間というように求人の内容に時間の併記があるはずです。毎月このぐらいの残業発生が想定されるので、あらかじめ給料に残業代を組み込んでおくという仕組みになります。(合法です)『みなし残業代30時間込』と書いてあれば「記載時間分の残業代を入れた場合は、この給料です」という求人になります。しかし、悪質な求人は、『みなし』をわざと記載していない可能性もあるのでしっかり注意をしておきましょう。
  • 詐欺|転職することを成功させたいのなら、戦略を立てながら意味のある情報を収集することをしておきましょう。

  • 満足できる転職するを希望しているのなら、前に行動するようにしなくてはいけません。今はまったく無名の中小企業もホームページを作っているケースがほとんどですから、インターネットを活用して自分の知りたい情報を手に入れるとまた疑問点を整理しておくと良いでしょう。さらに公式ホームページの他に、「転職サイト」をチェックしておくのも有りだと思います。また、インターネット以外の手段として、転職の候補にしている企業を自分の目で見て判断してみるのも良いと思います。
  • 今までは求人情報では、雇いたい人の「性別」まで明確に書かれていました。

  • 何年か前までは求人誌に募集条件の中に「性別」が、きちんと明記されていました。ですが、男女雇用機会均等法の施行によって、男女の求人や、採用での差別をしてはいけない事となり、応募資格の詳細に「性別」の表記ができなくなりました。けれど、募集情報を出す会社は、本当はどちらが希望と言う想いがあるはずです。ですので、実は男性を必要とするジャンルに、女性が募集にやってきたり、対称的に、女性が必要なのに、男性が来てしまったり、といった問題もひとごとではないのです。もし、「女性が活躍する職場です」とアピールする案件では、希望しているのは女性だと捉えておいたほうがトラブルを回避できます。
  • 転職の面接などにおいて面接担当者が名刺を渡してきた・・

  • 転職の面接などにおいて担当者に名刺を渡された場合、あなたも相手の方に名刺を差し出す方が良いのかどうかと対応の仕方に悩んだときは、大方は渡さなくても良いと覚えておいてください。転職のための面接に関して言えば仕事の一環ではなく、職を得るための採用活動の一部なので、ほとんどの場合は名刺を交換する場ではありません。重ねて、会社の人として出向いているのではなく、あなたのことでこの場にいるわけです。そういった訳で、もしも相手から名刺を差し出されても、あなたは名刺を受け取るだけで大丈夫で、面接担当者に相手側にあげる義務はまったくないと推測できるのです。
  • 求人サイトをチェックする場合、「事務系の仕事をしたい」と考えている人・・

  • 求人に関する情報をチェックする折、デスクワークがしたいからと、製造業はチェックしない人がいますが、そのような人は、「製造業は、現場で製造する仕事だけしか募集してない」と早合点しているこ可能性が高いです。実際に、製造業の求人であったとしても、現場に出る製造の仕事だけでなく、経理、総務などの従業員募集をはじめ、購買、営業管理のような「事務系」に分類される仕事もかなり存在します。しかしながら、製造業の勤務場所自体、ビジネス街にはないのでアフターファイブを楽しみたいと考えている人にはそういった部分がイヤと感じる人もいるでしょう。でも、自らのエゴをなくすことで素敵な出会いがあったり、良い仕事が得られる可能性もあるので、ぜひ選択肢に加えてみてください。
  • 新卒で入社した会社に別れを告げ、一歩踏み出して転職すると決めました。

  • 新卒採用で入った会社を辞めて、転職に踏み切りました。実際に転職する前は、毎日悩み、不安な気持ちになりました。でも、新卒で入った会社を数年で退職し、多数の人が転職をしていることを自身の転職活動で知り、いつの間にか不安な気持ちは解消されていきました。転職をしたことで何か、気持ちが前向きになっていき、「本当に自分のしたいこと」を優先できることに楽しくなりました。いまだ「仕事をコロコロ変えるなんてとんでもない」という転職する行為を咎める意見もありますが、必ずしも正しいのかなと感じました。私のケースでは転職を経験して良かったと思います。
  • 今励んでいる転職活動で「かつて、こういう種類の仕事に尽力してきました・・

  • 今がんばっている転職活動時、「私は振り返るとこういう価値のあるの仕事をしてきました」「仕事の中でこのような経験を身につけました」とそれまでの自分の経歴をしっかりアピールしようと考える人はしばしば見かけます。ただし、希望するその環境下で「させてもらえるのならばこういうような仕事をしたい」「私が申したような内容の事ならできれば貢献できるはず」と将来的なビジョンを話して自身をアピールしていくほうが過去の実績以上に反応が良いはずです。この点に注意しつつ、転職活動をがんばってみましょう。
  • 転職活動をするのなら、履歴書と職務経歴書を準備することが必須といえるでしょう。

  • 転職活動を行うにあたっては、履歴書と職務経歴書がポイントとなってきます。多くの会社は履歴書や職務経歴書に記載されている内容を見た上で面接するかどうかを判断するため、とにかくこれらの書類の作成が重要といえます。単に必要事項を埋めることにとどまらず内容が魅力的であることも重要です。職務経歴書は、過去の職務の詳細と、自己アピールとなる内容を可能な限り記入しましょう。さらに、現在の職務で挙げた実績を、売上を過去○年の平均を△パーセントアップさせた、などわかりやすく書くのが得策です。難しいと思う場合は、「転職エージェント」に職務経歴書をチェックしてもらって、よりよい内容にしてみましょう。自分の価値を高められるように転職エージェントを利用してみるのも転職を成就するための有効な方法です。