これまで私は、求人情報は「転職サイト」ではなく、「ハローワーク」で探していました。

今までの私は、職探しは「転職サイト」よりも「ハローワーク」を活用していました。

以前の私は、職探しをする場合は「転職サイト」より、「ハローワーク」を使っていました。というのは、有名どころの「転職サイト」は、どうしても都心部での求人情報がメインになっているためです。であったため、転職活動をする際は、「ハローワーク」のみ使っていました。もちろん、掲載される多少企業や給料といった条件は見劣りしますが、昔から地域に寄り添った企業が多く、安心できます。しかし、「聞いたことのない企業ばかりで不安」という先入観がある人も多数いるはずです。ですが、良い求人もありますのでこの先転職しようと思うのなら、参考までにハローワークへ1度行って様子を見ておくのも良いと思います。「転職サイト」のような執拗なお知らせやメールの心配も無用です。

詐欺|転職サイトは知名度の高いサイトであるほど掲載される企業も豊富なため…

転職サイトは有名なサイトの方が掲載される求人情報が豊富なため、入社したい2~3社を、とりあえず転職サイトに登録して、勤務地や年収などの条件を設定しておき、次に条件に適合する求人情報が出てきたら自動的に通知されるように設定しておくと楽に転職についての情報収集を行うことができるようになります。だとしても、初回は登録するのに少々時間がかかるので、サイト登録するよりも前に、「履歴書」「職務経歴書」を予め作成しておき、そのコピー&ペーストをする形で登録すると簡単です。登録をする第一回目は多少時間がかかることから、案件の検索や、その後の応募も大変な作業になりますが、その後は、新着の求人情報だけ確認すればいいので、初回にきちんと準備することを心がけるのが無難です。

求人関連の情報誌やサイトを見てみると、ほとんどの場・・

求人情報には大部分の場合は普通の株式会社では月の給料が記載されているはずです。ただしこの月収の部分を頭に入れる時には、しっかり確認する事が大事です。数字だけ見て納得しないようにしましょう。というのは案件によっては、月収の額の中身に「毎月30時間分の残業」が含まれているかもしれません。残業代の金額をトータルすることで金額が高く見えるようにしている所があるからです。さらに「歩合給」を基本給以外に考える、という案件も要注意です。歩合をかなり盛って月収を多く見せている会社もあります。だから、その手の「不誠実」とも取れる詭弁を弄する案件には「ブラック企業」な可能性も高いので、警戒しておきましょう。

転職する際、今務めている会社を辞める時に失業保険についての手続きをしなければいけませんが…

転職するにあたって、今働いている会社を辞める時に「失業保険」給付のための手続きをしておく必要があるのですが、仮に自分が望んで退職願を提出して退職する、いわゆる依願退職の場合は、即座に失業保険が出るのではなく手続きが終わった後で失業したことが確認されてから3か月待たなければ受け取ることができないのです。そのため、会社を辞めた翌日から3か月経過すればもらえると思っている人がいますが、この規則を誤って理解している人が、ハローワークのスタッフの方が間違っていると主張してそれが原因となりハローワークのスタッフと大声でやりあっているのを見たことがあります。念のため、社員側の都合ではなくリストラのような、「会社都合」での解雇のときは、失業認定を受けてすぐに失業保険が給付される。

詐欺|転職時の面接でする腕時計の事についてですが、どう見ても目を惹くよう・・

再就職の面接でする腕時計においては、明らかに目立つ時計はつけないほうが悪い印象を与えません。この場合の目立つ腕時計とは高級ブランドの腕時計とか、反対に、明らかに安い腕時計の印象を与えるとか、そのような目立つということで真逆で目を惹く、ということで認識しておきましょう。再就職の面接のときにする腕時計に関してもスーツやネクタイと一緒で、ビジネスの場にふさわしい安全なものをするほうが確実だと言えます。けれども、自分の歳にあっているということも必要な条件であり、新卒の頃に面接時に買った腕時計よりはわずかであっても値段が高いものにした方が間違いないということははっきりといえます。

転職活動を行う上での最後の難問として、「現職の退職」があげられます。

転職活動を行う上での最後にクリアしなければいけない難問として、現在の会社の退職があげられます。転職先の会社から採用の内定をもらえても、現在勤務している企業が退職を慰留するというのも起こりがちなケースです。そうなってしまった場合、絶対に退職をあきらめない、という強固な意志を貫くことが求められます。引き留められて、一時的に収まったとしても、一時辞めたいと思った会社は、結局は関係が終わることになります。退職をスムーズに行うためには、まず会社の規定をチェックしておき、退職までに必要な日数を超過する年月以降に退職日を定め、退職届をつくります。そして、決定権を持つ上司と談判し、退職を撤回する考えはありませんと、堂々と伝えましょう。円満退社という形をとることも転職活動で大切なポイントとなります。

「転職エージェント」で登録したあとに、電話やメール連絡が何度も入ります。

転職サイトは、一度登録したら、何回も電話やメールをしてきます。このことに対して「転職エージェント」の初心者の方は、とても驚く場合が多いです。「転職エージェント」は、転職を成功に導くことが目的とされるので、非常に積極的です。その中でも大手エージェントは、転職を成就させることによって企業から報酬を受け取るシステムであることから、転職者の都合よりも企業側を優先的に考えることが多いものです。「転職エージェント」は契約を欲するあまり内定が出ると間髪入れずに、「入社されてはどうでしょうか?」と説得の連絡を入れてくることが多いです。対抗策として自身の希望や意思を明確にしておき、転職に妥協しないように気を付けることが大切です。

再就職をする場合、かなり重要となるのが間違いなく「面接」というものです。

転職活動では、とても重視されるのが「面接」なのは間違いありません。大半、面接では、面接担当者が応募してきた人に対し、転職を決めた経緯などいろいろな質問が飛んできますが、そして必ず、面接の終了間際に面接希望者側からの不安・疑問に感じることを質問できるチャンスがやってきます。例えば、「弊社で働くことについて何か質問はありますか?」と聞いてくれるわけです。こんなときは、面接者本人が対応できず、急なことなので戸惑う事もありまよすね。そんなときのために、面接の前には面接担当者からの質問に対し、質問の内容をいくつか考えておきましょう。よく考えてみればいくつも疑問点は見つかるはずです。ぜひ、試してみてください。

今現在のあなたの職場や業務についてほとんどの人は不満を感じていると思います。

今現在の自身の職場・業務内容について多くの人は不満を感じていると思います。「自身の持っているスキルや仕事での能力を誠実に評価してもらえない」または、「月給は変わらないし、レベルアップも出来ない」といった点を挙げる人がほとんどだと思います。とはいえ、そのような悩みが強すぎる人の場合、自分自身の本当の才能を実際よりも「過大評価」している場合が多いものです。自分を過大評価していることに気が付いていない人が転職しようとすると、「自分が活躍できるチャンスがこの企業や職種にはない」と休職期間が伸びるおそれがあるので、要注意です。という事態を招く可能性があります。転職で成果をだすためには、実際の自身のスキルや能力を冷静に客観視することから始めてみましょう。

自分の得意なことや大好きなジャンルの仕事に就きたいと思っている方は注意です。

自分自身の好きな分野の仕事に就きたいと思っている人は気をつけた方が良いです。これは、私が経験したことなのですが、私の場合、食べることが趣味で過去には、レストランで働いていた時期がありました。そのお店での業務は、そのレストランで私が担当していた業務は、料理の盛り付けや(簡単なもの)ホール業務でした。この業務内容については、不満もありませんでしたし楽しんで働いていました。しかし、人間関係のいざこざで嫌になってしまったのです。ということが引き金となって仕事をやめる羽目になりましたが、そのせいで、大好きだった食べることやそのレストランでメニューとして扱っていた食べ物も苦手になってしまい、同ジャンルの店には現在も行くことができません。当時のにおいを思い出すだけで不快な記憶が蘇ります。仕事を始めた頃は、好きだった店が嫌いになってしまいました。自分の大好きなことを仕事にしたいと夢をみるのは本当に素敵なことだとは思います。その『好き』のレベルはどれくらいなのか、じっくり冷静に自分に問いただした上で行動するべきです。

これはシフト制の業務についてです。

「シフト制」の仕事についての話です。一定の曜日に仕事できる人を募集する求人をよく見るのですが、もしも応募しようと思っているならシフトの出し方や休み方について、面接の際に確認しておくべきです。私自身、産休で休む人の穴埋めとして、正社員として入ったのですが、私のシフトが土曜、日曜が固定シフトで新入社員の私以外だれも出てくれませんでした。産休に入った女性が「土曜、日曜」に必ず出られたので、私も出勤できる人として扱われてしまいました。「土日」に休まざるを得なくなると、シフト変更を出す必要があり、同じ部署の上司に「代わりに出勤していただけませんか?」と自ら依頼しなくてはいけませんでした。給料も立場も同等なのに土日を私ひとりだけに任せるだなんて・・・。今思うと「本当によく耐えたな」と。

詐欺|以前は看護婦と言った看護師といえば、やっぱり女性比率がすごく大きい…

看護婦という名前だった看護師は務めとして歴史的にも女性の割合がたいへん大きい職です。さらに、気力それから体力への大きく消耗しやすい過酷な現場が少なくありません。とうぜん職場での人間関係で行き詰まったり、自身の結婚や出産の後にそれまでとは同等の勤務が続けられなかったりして、仕事と家族との折り合いをつけるのがかなり難しい仕事ともいえます。実際に、人付き合いや仕事と私生活との両立で悩み、職場を替える人がとても多いといいます。人が固定化しづらい環境であるために、看護師は、人材不足な状態に困っています。というワケで、どの医療機関も看護師を募集する「売り手市場」であるため、それが転職希望が後を絶たない原因になっているのでしょう。

転職をしようとするときに、とにかく今の会社を退社して・・

転職活動をスタートする際、とにかく今の会社を辞職してからという考えを持っている人もいるようですが、完全に今の仕事を辞めてから転職しようとするときにはボーナスの支給日を見積もっておきましょう。ボーナスが出る企業はそこら中に存在しますがボーナスの支給がある会社のケースだと、ボーナスが振り込まれる時期まで数か月しかないなら、その日の後で会社を去るという方法も得をする方法です。ボーナスはそれなりにたくさん入るので、もらっておかないともったいないとも言えますから、会社を辞めるときにはボーナスが支払われる時期についてまず第一に確かめておくとボーナスをもらうのを忘れないと思います。

一般的観点からすると大きな会社は定期採用中心で、転職希望者には不向きです。

たいていの場合は大企業は、「定期採用」で人材確保することが多くを占めます。ですから、転職希望者には不向きです。加えて、都会の外だと転職の機会はたいへん厳しくなるでしょう。しかし製造業に関連する企業に関して言うと、地方の工業団地付近に工場を置いている多々あります。さらに、そういう工場なら、事業拡大をする際に人員募集をすることも珍しいことではありません。この機会に転職するのもいいでしょう。地方の工場での転職をされる場合は、希望する企業の情報をまえもって収集しておきましょう。ホームページにアクセスし、スタッフの募集予定はないか、こまめにチェックしてみましょう。

仕事のために心的に厳しくなって、転職しなくてはいけない状況に追い込まれたのな…

会社で何かあって回復が難しいほど精神的にかなり厳しくなり、転職を考えざるを得ない状況となったなら、そのときは、会社(の関係者)に相談するよりも自身の家族と話して、退職するかどうかの判断をしてみましょう。それは、働くのは当事者である自分ですが、同時に、家族の問題ともいえるのです。毎月、納得のいく報酬が良くても精神的にボロボロになるほど働くのは好ましくありません。今の時代は、物質的なことよりも、仕事のしやすさを重視する生き方も認知されつつあります。あなたの家族や、あなたの心と体を大切にしていきましょう。

詐欺|転職時の面接では人事から「転職理由をお聞かせください…

転職時の面接では、少々うそを交えたほうが良いこともあります。面接担当者から「転職の理由は何ですか?」という風に、かなりの確率で質問されます。この場合、どんなに正しい意見だと思っても、以前の職場の労働環境や人づきあいに関しての不満ともとれる答えは、絶対にしないことをお勧めします。というのも、そのような内容をうかつに喋ってしまうと、あなたのイメージが悪くなり、チャンスを台無しにしてしまいます。面接時には前向きな発言が肝要です。事実とは異なっていても、「新しい職場で、より一層キャリアを生かせられるように、会社の成長をサポートできればと思っています。」といった売り込みの形が大切です。