詐欺|就職活動において、年収はとても大事な要素です。

就職活動において、ポイントになるのが年収です。

  • 就職活動において、年収は大変大事な要素です。ほとんどのケースで現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。ここで現実の年収を多く偽って、多額の年収を確保しようと試みても、無駄でしょう。というのは、結局は源泉徴収を提出しなければいけないので、たとえ一度は信じ込ませたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、最終的には後からバレてしまいます。ヘタをするとトラブルに発展するおそれもあるので、現在の年収を正直に伝え、それに見合った希望年収額を設定するのが賢い選択となります。ちなみに、年収300万の人が急に年収500万になるようなことは普通はありません。もし、現在の年収が430万円としたら、希望額は400~450万円であると伝えておくのが間違いがありません。あからさまな嘘は、転職活動でのトラブルばかりでなく、せっかく入社した会社を退職せざるを得なくなるおそれもあるので注意が必要です。
  • 再就職を視野に入れた場合、「Uターン」「Iターン」におい…

  • もしあなたが再就職を考えた場合、「Uターン」「Jターン」「Iターン」において都会から郊外・地方に移り住んだうえで再就職したい、と興味を持つ人が増える中、実行に移している人もたくさんいます。最近では転職サイトを使えば、国内のあらゆる場所の求人もいつでも閲覧できるようになりました。しかしながら、地方や郊外での求人情報では、大都市では当たり前に見るような条件や待遇のある会社が少ないというのが大きく違うところで、そういった点でマイナスといえます。そのため、求人サイトを利用するのは当然ですが、求人サイトにプラスして、「地方自治体・商工会議所」などのサイトもこまめにチェックしてみてください。「地方自治体・商工会議所」といった役所が開催する転職サポートに関する情報も見ておくと、良い出会いが期待できます。
  • 派遣社員として働いています。派遣法や労働契約法の関…

  • 派遣で勤務しています。労働契約法が原因でやむを得ず、長く働いた企業での勤務があと数週間で終了します。同じ派遣の人の中には、派遣の就業先で正規社員の地位を得た人もいるのですが抜擢された理由としては実際のところ仕事の実力というよりは派遣先上司へのあしらいがうまい人でそれが採用の決め手となった様子。業務上のスキルより上司にゴマをするスキルの方が大切なんじゃないのと抜擢されなかった他の派遣仲間と派遣先の会社で文句を言う毎日です。
  • 友人から聞いた話です。始めに学生時の就職活動でなにがなんでも入りたかった…

  • このような話は友達からの話です。始めに新卒採用でぜひとも入りたかった目標であるA社の最終の面接で不採用となり、そのため不本意ながら別の会社に就労しました。そのあと2年経た頃に派遣の求人サイトを見ていた際奇遇にもA社の紹介予定派遣の仕事を見つけ、どうにかしたくなって当時働いていた会社を即退職して、A社で派遣の仕事を開始しました。勇気がありますね。懸命に頑張ってその結果憧れのA社で正社員になれて、今となってはやりがいを持ちながら元気に勤務しています。
  • 詐欺|転職活動を今の仕事と同時進行させる人が多いです。

  • 転職活動を現在の仕事と同時に行っている人が多いです。でも、仕事を続けながら求人を探して、その応募手続きをしたり、面接に臨むのは精神も肉体も大変だといえます。今の職場の同僚や上司にもバレないようにやり過ごさなければいけません。とりあえず応募する、という人がいますが、書類選考をクリアし、面接に呼ばれたあとに「辞退」を選択したとしたら、厄介な事態となるかもしれません。転職エージェントを間に入れて応募していた場合は、そのエージェントからの心象が悪くなりますし、そうではなく直接応募していたとしても、相手企業からしつこく電話やメールがあることもあります。いずれにしても自分の大切な時間を浪費することになりかねないので、行くつもりがない会社は、最初から応募しないことをオススメします。転職活動は新卒の就活とは全く違うものであると意識しておくと、賢い判断ができるはずです。
  • 新卒後最初に働いた会社でパワーハラスメントを行う上司…

  • 初めて働いた会社でパワハラを行う上司に心をすり減らし、最後には我慢ができなくなり退職し、同じフィールドの他社に転職をしました。そこでは会社に行くのが楽しくきわめて満足した毎日でしたが、月日の経過とともに会社の業績が悪化し、結局はとある会社に経営統合されることとなりました。偶然にもその経営統合した会社が驚くなかれ前いた会社で、しかもものすごく嫌いだった上司がもう一度私の上司になることに。いったいこれはどれほどご縁があるのでしょうか。当たり前のことですが新たな転職先を探す活動を始める予定です。
  • 詐欺|新しい就業先ではいきなり年収に関して高望みはしないほうが無難です。

  • 新しい職場(転職先)では、いきなり満足できるほどの「年収」を手にできると考えないほうが良いです。とりわけ入社した年度は、大体「試用期間」が入っている会社がケースが少なくありません。私の場合は苦労の末手にした職場だったものの、悲しいことに前いた会社での年収とほとんどイコールということがありました。おまけに、仕事内容はとてもキツく、かなり責任を伴い最初の一年を乗り切るのに本当に労力を伴いました。そういった経験から初年度は、勉強に充てる期間と捉えておき、できる限り転職以前に貯蓄をして気持ちに余裕をもたせた方が良いと思います。
  • 楽しみながら転職と向き合うことで、メンタル面での負担も少ないので、…

  • 将来に目を向け、楽しんで転職活動と向き合えば、精神的に重荷を感じることもないので、転職期間中の堕落も避けられます。精神的な箇所が損なわれていない分、あまり時間をかけることなく転職が出来るでしょう。理想的なのは、やはり、休職せずに転職先を見付けることです。今の会社に勤めながら、次を見付ける形が理想的です。それに、隙間をなくせば現在の仕事を辞めてから、すぐに働けます。そのようにしておけば、職歴にも空白期間が無いので履歴への影響も回避できます。要するに、転職の時に不利になることがないということです。今後のことを鑑みながら、転職活動を考えてみてください。
  • 詐欺|失業したときにもらえる失業保険は、失業していることが給付の必要条件ですが・・

  • 失業によって得られる失業保険は、失業していることがもらうための必要条件ですが、「期間」が定められています。それまで勤務してきた期間によって違い、3か月とか1年とかが決まるのだが、中にはこのような事実を理解していない人が少なくありません。失業を続ける限りもらえると思い込んで失業保険があるからと遊び続けている人もいますが、給付期間が終わろうというところでようやく自分の間違いを知り慌てて就職先を見つけようとしても条件のよいところを探すのは難しいです。転職候補となる会社の面接官も無能ではないので、「いつに失業した?」「失業からどのくらい時間が経過したのか?」「その間、何をしていたか?」といった部分はそこそこわかるはずです。状況次第では、面接担当者から失業中の行動を根掘り葉掘り聞かれることもあります。きちんと返答できなかったり、すぐにバレる嘘をついてしまえば、9割がた採用されません。
  • 詐欺|長く接客業で働き続けてきましたが、歳をとるにつれ立ったまま行う仕事は…

  • ずっと接客関係でお勤めしてきましたが、歳をとるにつれて立ち続けなければいけない仕事は体力的につらく、座り仕事であるオフィスワークへ仕事を変えることを考えて行動を起こしました。事務未経験の場合けっこう厳しく、だから接客経験も活かせる受付兼医療事務をしようと資格も獲得し個人の病院に転職しました。周りはベテランのパートさんだらけで人間関係においても難しい。夜のシフトばかりさせられ、接客業で働いていた時より帰宅時間も遅いのですが、最初はキャリアを形成しておかなければいけないと考えて仕事に励みます。
  • 年内中に転職活動をする人のなかで、次の仕事を始めるまでにまだ時間が掛かりそう・・

  • 今年中に転職活動を考えている人で、次の仕事を始めるまでにまだ時間があるのなら、必ず失業手当をもらうことをおススメします。失業手当は勤めている企業側がきちんと「雇用保険」を支払っているのなら、手続きをすれば必ず失業手当を誰でも受け取ることができます。また、手続きについては「ハローワーク」で行う必要があります。しかし自己都合で会社を辞めたのなら、失業手当を受け取るまでの待機期間が3ヶ月となりますが、企業の都合の退職だったり、残業時間次第ですぐに受け取れることもあります。ちなみに、支給される失業手当の金額は会社の仕事を辞めた月の近々の給料を基準に支給する額を計算されるため、企業に「閑散期」「繁忙期」がある業種の場合は、理想なのは「繁忙期」後に辞めるのが無難です。
  • 『転職したい!』と思っている人で自身の意志が本当に強いものであるな…

  • 『なるべく早く転職をしたい!』と思っている人のなかで、自身の意志が本当に強いものであるなら、辞めたいという旨を速やかに上司に伝えましょう。しかし、このときに相談という形を取ると、必ず言いくるめられます。そして、実際に私も、上司へ転職についての相談をしたのですが、ズルズルと長引き結果的に、半年ほど予定が伸びてしまいました。辞職したいことをはじめに、直属の上司に相談をしたのが年度末でしたが、実際では数ヶ月延びて退職を受け入れられたのは同年11月です。希望では仕事が一段落した年度末を区切りにしたかったのに、大変驚きました。企業も、人事的な都合があるのかもしれませんが、さすがに上司を含め、会社ぐるみでズルズルと伸ばされたので、非常に心の底から愛想が尽きました。
  • 全く経験のない業界などに転職したい時には、前の仕事で…

  • 今まで経験したことのない業種とかに転身を行う際は、前の職で培ってきた能力や今までやってきたことを生かすことができるという内容の自己アピールが必要です。その業種に勤務したことがない人は未経験の分だけその業界の経験者よりも実際のところ、不利になりますけど、自分自身の持っているスキルがその業種でも生きるということを相手に伝えることができれば、勝負になる場合も多々出てきます。それゆえに、経験が全然ない業種に挑戦するときには、その業種と自分がこれまでやってきた職務とのかかわりを必ず見つけ出しましょう。
  • 詐欺|3日ほど前転職のために人材会社へと登録に向かいました。

  • 昨日転職の準備をしておこうと人材会社に登録に向かいました。そこで私のカウンセリングのために現れた担当の人が見たところ大学卒業後まもない社員のようで、こちらが説明している話の3割も彼は理解していないように思えました。そのうえ「キャリアデザインが甘すぎますね」とか「もっと強みと弱みをはっきりさせておく必要性があります」等、一丁前の話を横柄に言うので大変嫌な気分になりました。カウンセリング担当者は多少はカウンセリングの経験がある社員にするべきです。
  • 転職先を探している間は、趣味に打ち込むことに加え、体力の向上を意識した生活習慣を取り入れ・・

  • 転職先を探している間は、自身の趣味に没頭したり、体力の向上を意識した生活習慣を取り入れると良いと思います。仕事が決まり、仕事復帰した時に、趣味に集中していたおかげで無意識のうちに集中力が高まっているのです。また体力づくりも同時にできているため、一緒に働く人たちと比較すると疲れにくいということを自覚します。そのため、退職後は好きなことに没頭することと、体力を低下させないようにしておいて損はありません。この先、働き出した会社であなたと同じ趣味を持つ人と知り合えたなら、すぐに仲良くなれます。ですから、これまで挑戦してなかった事に手を出すのも転職期間の自由な時間の使い方です。
  • クールビズ(軽装)をして再就職の面接に行く場合、さすがにジャケッ・・

  • クールビズ(軽装)で転職の面接に行く場合、ジャケットはさすがに着用しなくても良いと間違いなく分かるわけですが、ネクタイにおいては着用していったほうが好印象を与えてくれます。ネクタイもしないで良いと思っている企業も存在することもなくはないですが、ネクタイに関しては例えクールビズであってもつけて行く必要があると決めている企業があります。それゆえ、クールビズ(軽装)が許可されていてもネクタイは必ず着用していった方がベストであるということを伝えておきます。