これから、私たちの労働環境において考えなくてもできる仕事は…

私たちの労働環境は、これからどんどん短絡的な仕事は機械に入れ替わ・・

これから、労働力という観点においてぐんぐんとシンプルな仕事は機械に入れ替わり結果として、必要な労働人口は少なからず減っていきます。どうしてかというと、簡単な作業という観点では機械を稼働させたほうが数段に作業量をこなせるからです。数量を計測したり、同一の動きをずっとリピートしたりすることは機械には問題ありません。当たり前のことながら人間とは違って泣き言を言わないし、疲れ知らず、不正行為をすることもないし、正確だし均一にこなせます。おまけに人と違って給料も発生しません。このような理由から、生身の人間を使う意味がまったく無いことが明白で、機械化の流れは自然の流れなのです。

再就職をしようと考えていても全てが都合よく運ぶと言い切ることはできません。

再就職を考えたとしても、何もかもが順調にいく保証はありません。できればどっちにしても転職をしなくてはならないなら歳がいかないうちに行動しておいたほうが良いです。平均的に見た場合、20代の若いあいだは有利な展開を期待できますが、残念なことに、30代後半~40代となったあとでの転職の場合は、かなり厳しいといえます。もしも、重要な役職に就いているのなら、転職の意思が強くなっていても現在の仕事を続けるということを選択項目に含めておくべきです。会社を辞めてから転職活動を行うよりも、現在の会社をやめないまま、慎重に行動したほうが後悔がないはずです。

詐欺|社会的な転職を取り囲む状況についてですが、現在の安倍政権によって…

政治による影響がでつつある転職事情ですが、安倍総理が舵取りを行う現政権下では、「アベノミクス」「三本の矢」といった経済政策が次々と打ち出されています。内閣が打ち出した新たな経済政策に連れ立って金融政策ともあいまって財界や企業間においても今までにない社会的な変化が増加しつつあります。そのような変化の中で、一般の企業では労働人口減による「人員不足」がクローズアップされています。最近では「外国人労働者」の比率を増やしていくつもりでいる前提と安倍政権は宣言しています。転職問題も大きく幅が広がりそうです。こういった政治の流れによって、日本国内の雇用や転職事情にも、変わっていくのは間違いないでしょう。

転職候補に挙がっている会社の会社見学は、非常に参考になります。

転職したいと考えている会社で見学しておけば、すごく勉強になります。会社見学できる会社の中でもとくに、「職人」さんがいる会社では、職人技を間近で見られるので楽しくもなります。しかし、残念ながら「職人」がいる会社見学は、見学者にはほとんどの場合、本当の仕事風景を見せてくれることはまずありません。典型的なのは、ずばり、ブルーワーカー(肉体労働)などの分野です。個人のクセが強い業種であるため、実際に働きだしてからでないと、実際の姿は伺えないものです。ですから、見学内容がそのまま仕事、と決めつけないことがたいへん重要なのです。ましてや、会社見学の時に実際に仕事体験させてくれる会社はキケンなので正直言って、良い会社とは言えません。入社していない人には万が一何かトラブルが発生しても、それに対する保障が一切ないので、仕事体験ができる、と言われてもやんわりと断るのが無難です。

もし転職される場合は、先に資格を取得することで有利になります。

もしあなたが転職を考えているなら、転職前に資格を取るのがおすすめです。とくに、仕事を続けているうちに、資格を取っておくのがベストです。転職にあたって幅が広がるので、新しい仕事を探すのも簡単になります。ですから、資格取得は、在職中であり、なおかつ転職活動前の段階がもっとも最適です。もしあなたが将来を見据え、このあと役立つ可能性の高い資格を持っておくと、現在の職を辞めた後も後悔なく次に進めます。加えて、資格を手に入れることで転職活動では資格が味方をしてくれるので面接のときには「即戦力」と認められ、待遇アップも期待できます。

以前はかなり多くの人材紹介会社に登録していのだが、その時に特に感じたのは…

求職中のころ割とたくさんの人材紹介会社に登録していたことがあります。その際に特に思ったのは転職のアドバイザーのレベルも驚くほど多様で大方は適当な対応をする担当者ばかりでした。私にとっては人生の大事な事なことだからもっと気持ちを込めて向き合ってほしいという気持ちが募り、そのことが契機となって自らキャリアカウンセラーの資格を取ることにしました。その資格取得は支出が増えたし資格取得のための勉強に関してもハードですが、就活中の人たちから頼られるキャリアカウンセラーになるために頑張っています。

現代では、「ブラック企業」に厳しい目が向けられるようになり、…

現代では、「ブラック企業」が社会的な問題として認知されてきたこともあり、労働条件に関する取り締まりが強くなったり、会社名が公開されたりと損をするシステムができてきましたが、完全とはいえません。それゆえ、面接で見破る必要が生じます。とにかく、求人票等に書かれている労働条件をチェックし、それらの項目を一点ずつ質問をぶつけていきましょう。相手が「ブラック企業」な場合、記載内容がウソだったときに、返答が詰まります。その場での回答を避けるなどはぐらかしをしてくるはずです。中でも「休日」「給与」「残業」では、質問してみると、困った表情をする可能性が高いです。それでも迫ると、ブラック企業によくある威圧的な態度や、ふてくされたような態度を見せ始めるため、化けの皮が剥がれるようになります。このような会社は、嘘をつく体質であると考えられるので、変だと思ったら、別の会社を面接しておいた方が良いでしょう。

転職をするにあたってはまず、求人票を見たり、ウェブ上の公式サイトを見たり…

転職をする場合、予め、ハローワークや求人雑誌の求人情報を見たりして転職候補先の会社をチェックするでしょう。しかしながら、当該会社が情報を公にする場合には、専属「コンサルタント」の手が入っている、と理解しておくべきです。コンサルタントは、会社に不都合な情報を隠す特徴があります。不都合な内容を公表する際も、遠回しな表現に徹します。そのような社長の方針や社員の感想に関しては、それを事実として見るのではなく、疑いながら読んだ方がいいでしょう。もしも美辞麗句を鵜呑みにしてしまった場合、「こんなはずじゃない!」と気が付くことになることが多いです。悪徳会社は、素直な人間を効率的に集めて、その後、あれこれと難癖をつけていかにして辞めさせないようにするか謀略を練っています。ブラック企業では、この手のことが少なくありません。

転職時の面接では、零細企業クラスの場合概ねその社内の「人事」担当者が面接官ですが・・

転職時の面接では、小規模業者であれば概ねそこの会社の「人事」担当者が面接官ですが、それ以外の場合もあるはずです。実際に一緒に仕事をする現場の責任者、言い換えれば管理職クラスである課長や部長が面接する可能性も考えられます。中でも営業系や事務系といったジャンルでは、資格だけでは見極めが難しいので、自信を持ち自分という人物をアピールすることがとても大事です。面接担当の人たちに「この候補者は、きちんと主張できるし、それになかなかの戦力になりそう」と思わせ、自分という人間を覚えていてもらうことが大切です。

詐欺|職を変えると、高確率でそれまでの会社の仕事は美化された記憶となります。

転職した際には、だいたいの場合は前の会社の仕事はほとんどの記憶は美化されます。実のところ今の職に合っていないと思ったから、それを払拭するためにどうにか新たな職に就いたのに、時の流れとともに不思議と「前の仕事のほうがマシだった」と思うことは多いです。それというのは至って当然のことで、以前の職場では日々の仕事をこなすことに慣れていて難なくやるべき業務もあっさりとできていたからというのが一番の大きい理由ですが、ところが、「転職なんてしなけりゃよかった」と本気で思うほど、前の仕事のほうが待遇が良い可能性もあります。

仕事の面接で必要なビジネススーツの色合いは、新卒の就活…

転職の時の面接で着るスーツの色味は、新卒の学生が就職活動の時に準じている色が基本です。要するに、紺や黒のダークな感じのカラー、ということになります。それが、転職のケースであっても、着用していくスーツのカラーはこのような暗めのカラーが多数を占めていて、そうでない色を着用している方はあまり見かけることはありません。あえて言うならば、グレー系を着ている方がわずかにいるほどです。割合からしても紺色や黒色が多いです。ですから、人事から見ても多数を占めるカラーを着用している人の方が違和感なく感じます。ですから、身だしなみ、という点においてはそのようにする方が好ましいわけです。

詐欺|生まれて初めて失業保険を受けるケースでは、「何もしなくても自動的にもらえる」と考えている・・

生まれて初めて失業保険の給付を受けるときに、じっとしていれば給付されると思っている人が非常に多いですが、それは誤りです。本当は、もらうためには、求職活動を行っていなければならず、さらには、毎月一回はハローワークに通う必要がある。毎月スタッフに就職活動の状況を報告してきちんと仕事を探していることを理解してもらえれば翌月の給付が振り込まれるというシステムです。もしも、真面目に仕事を探そうとしていないとみなされたり、毎月の職員との面談に顔を出さないときは、強制的に給付を一時的に止められたり、酷い場合はそれ以降の給付資格も消失するおそれがあるので、それを防ぐために十分注意しましょう。

転職で職場を新しく換えるということは、自分自身に見…

転職によって職場を新しく換えるということは、自分自身に適する職場を選びたいものです。仕事を変えれば、自分にうってつけの仕事に就くことができるかもしれません。とはいえ、実際に行動する場合は、転職先にふさわしいスキルが求められます。言い換えると、あなた自身が価値ある人材であれば、「天職」に巡り会える可能性も広がる、ということです。今は、職業選択の自由が社会通念上として当たり前になっているので、職場や業種を変えたとしても偏見を持たれてしまうリスクもありません。人の流動性が高くなりつつある昨今、「スキルのある人材が欲しい」が願っている企業も増えているため、この好機を有効活用してみてください。

そのうち転職活動を考えているのなら、現状の職場や仕…

今からでも転職をするに当たっては、直近の仕事や業務の何に不満を感じているのかを明確化する事が必要です。当然できていると思うと、意外とできてないです。もともと気に入らない点が限界に達しているから転職したい、と考えるのは分かります。でも「よく考えていまある業務や仕事の問題を書き出す」ことが出来ている人は少ないものです。不満点解消なら、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自身の不満を客観的に見える状態にしておくと転職選びでのミスを防げます。それを終えたあと、もしも転職した場合、「今より何が不便になるか」をしっかり想像してみましょう。転職できたとしても、現状の問題が全て改善するとは限りません。ですが、メリット・デメリットをあらかじめ洗い出すことで転職してからのモチベーションの低下は高確率で防げますから、失敗しないのはできます。

詐欺|転職活動中はとにかく、まずとにかく自分自身の心が急がない…

転職のための活動中はとにかく、なにはともあれとにかく心が急がないということをとても大切にしましょう。まだ辞めないで転職の活動をするのであれば、それほど気にする必要はありませんが、退職してしまってからする場合だったら、人というものは内心が焦燥感が出るものです。そういった点を理解し、冷静になりつつ、活動するように意識しましょう。将来、あなた自身でしてみたい仕事や、理想とする職場のイメージをハッキリイメージしておきましょう。そのイメージを実際の職場と比べてみて、それらが合致しているかどうか、改めて冷静に確かめてみましょう。時間を掛けて判断することで満足いく転職が実現します。

再就職にあたってそれなりの準備は必須です。

転職活動にあたって相応の準備は必要不可欠です。そのなかでも、目に見える服装は重視してしまう部分だと思います。しかしながら、最近の採用面接に関しては形式ばらない服装がOKな会社があるので、ビジネススーツで決めて行く必要はありません。会社の創立したての会社などは、厳しいマニュアルも作られてないことが多く、私服で面接をした方が、良い印象を持ってもらえます。加えて、ざっくばらんに会話がしやすくなります。さらに私服であれば、時には面接時に洋服について、話が広がることもあるので、うまくいけば担当者と打ち解けあえるチャンスがつくれます。ということで、今後、転職は会社の「創立した年」をチェックしてみて、(ベンチャー系の)面接の際は私服で勝負してみるのもアリかもしれません。