ある古物商の会社で書類選考をクリアしました。2、3日…

とある古物商の求人に応募したところ、書類審査を通過・・

とある古物商にて、書類選考に受かりました。2、3日して担当者から面接の日時を指定してもらいました。けれども、面接日当日、指定場所まで行ってみると、どうしたものか相手の面接の準備が全くできていない状況でした。ようやく、責任者らしき人が面接に応じてくれたものの、最初から最後まで、けだるい表情を見せ、面接を終えました。でも、予定日を過ぎているのに、まったく採用結果すらなく、もう待ちきれなくなり、私から問い合わせると、「郵送で本日送付しました」と告げられました。しばらく待っていましたが、私の手に届くことはありませんでした。仕方なく再度問い合わせてみた結果、意味が分からなかったのですが、「残念ですが不採用」ということで、そう言われてすぐ、電話を切られてしまいました。私は呆れて言葉も見つかりませんでしたが、採用されなくて良かったと感じています。

詐欺|再就職を考えている際に注意を向ける求人内容は目安として、アバウト…

仕事を変えようと考えている時に閲覧することになる募集事項に関しては、目安として、アバウトに載っている、ということもあり得ます。なので、書かれていることは正しいものだと考えるのはやめておいたほうが好ましいでしょう。中でも特に給料に関しては平均なのか?最低保証の金額であるのか?最高値なのか?といった判断ができない場合が多く、自分勝手に考えてしまうと、後から後悔することもあり得ます。なので、求人情報については、一般的なものだと思って、そのようなたいへん重要なことは会社に直に問い合わせた方が良いでしょう。

今、私は派遣の会社に登録をしています。

このところ私は派遣の会社に登録をしています。インターネットサイトでなんとなくよさそうな仕事を見つけ出し問い合わせてみると「その仕事はすでに他の人でお話が進んでいます」と断られ瞬間的にウェブサイト上から仕事の情報が消滅するのですが、どういうわけか次の日になると再び載っています。ということは結局は私だとよくないのだって意味ですよね。それであるならば変に隠さないようにはっきりと伝えてほしいのですが、なかなかそうはいかないのでしょうか。あるいはもしかすると存在しない架空の仕事なのでしょうか?

転職を、正社員ではなく「派遣社員」として、転職を考えている人・・

転職で、正社員ではなく「派遣社員」で考えている人に覚えてほしいポイントがいくつかあります。まずはじめに派遣社員と聞くと「データ入力」「お茶出し」「電話対応」などの業務内容をイメージされる人がおそらくいるはずです。私もまさにそう思っていました。現在の職場に入社するまでは「派遣社員」の募集に応募したとき、電話応対と聞いていました。直接派遣会社の担当者からも聞いていました。しかし、実際に業務に掛かると、なんと退職した正社員さんの穴埋め業務を指示されました。毎回振り回されますし、入社前の説明とは異なる内容ばかりなのでとても困惑しています。とにかく、派遣の期間が過ぎるのを待つのみです・・・。

転職のため仕事探しをする場合に気を付けるすべき募集内容は…

転職のため職探しをする場合に注意したほうがよい募集内容は、そこまできつそうな仕事内容ではないのに給料が高く、拘束される時間が長めというものです。このような求人は、記載されている給料に『みなし残業代』を入れて告知している場合が少なくありません。みなし残業代というのは、別名『みなし』とも言われ、例えばですが、30時間や45時間という感じで求人の内容に時間の併記がされています。毎月この程度の残業が想定されるので、はじめから給料に残業代を含んでおくというものです。(注・違法ではありません)もしも『みなし残業代35時間込』とあれば、「記載時間分の残業代を入れると、これだけの給料になります」というワケです。ただし、悪質な求人は、『みなし』という言葉自体が場合もあるので、気をつけましょう。

後悔しない転職を目指すのなら、前もって情報収集を徹底してみましょう。

転職をスムーズなものにするには、行動する前に情報収集をしておきましょう。そうするには最近は名前を聞いたことのない中小零細企業だとしても公式サイトで会社を紹介しているというのがよくあるので、ネットを使って自分の知りたい情報をチェックしておくとまたその会社の疑問等を解消しておくと転職に役立ちます。さらに公式サイトに加え、転職サイトなどを上手く利用することも効率的ではありますが、また、インターネット以外の手段として、何よりも転職の候補にしている企業を自ら確かめてみるのも意味があります。

今までの求人誌では、雇用主が求める人材の「性別」ま…

以前の求人情報では、募集要項の中に「性別」が、当たり前のように書かれていました。しかし現在では、1985年に男女雇用機会均等法が成立したことによって、雇用する際、男女差別がないようにしないといけないとして、求人情報の概要に男女の文字を見ることはなくなりました。そんな変化があるものの、働き手を募集する雇い主としては、性別に拘らず採用するとは限らないのです。そのため、本当は男手が必要なのに、女性が応募してきたり、その反対に女性が欲しいのに、男性が応募してきたり、といったような問題が起こりうる可能性があります。例として、「女性が活躍する職場です」とアピールしている場合、女性の働き手を希望しているのだと解釈しておいた方が確実でしょう。

再就職における面接などに関して担当者に名刺を手渡されとしたら、…

転職における面接などに関して名刺を差し出されたとしたら、同じように自分も名刺を渡す必要があるのか?と悩んだ場合は、ほとんどは差し出す必要はないと思っておきましょう。転職のための面接というものは仕事の内ではなくて、就職活動内のことになるので、ほとんどは名刺をやりとりする時ではないのです。さらに、会社の者としてその場にいるのではなく、個人のことでこの場にいるわけです。それゆえに、相手側から名刺を渡されたとしても、あなたは名刺を受け取るだけでよくて、担当者に相手の方にあげることはまったくないと推測できます。

求人に係る情報をチェックする折、「オフィス系の仕事をしたい」と思う人ほど・・

求人に関係する情報をチェックする際、「事務系の仕事をしたい」と考えている人ほどはなから製造業はチェックしない人がいます。そんなことをする人は「製造業って、現場で製造する仕事しか募集しない」と誤解しているのです。製造業の求人であっても現場に出る仕事だけでなく経理、総務などのスタッフ募集から、資材、購買、営業管理などの「オフィス系」に属する部門もかなりの数あります。でも、製造業の多数はオフィス街からやや離れたエリアにかまえていることが多いです。そのため、仕事帰りに買い物を楽しめる環境で働きたいと考えている人には、その点がマイナスに映る人もいるかもしれません。だとしても、自らのこだわりを捨てることによって仕事の選択肢を広げ、将来をより良いものにしていく助けになるはずです。

新卒採用で入社した会社に別れを告げ、決意を新たに転職しました。

新卒で入った会社を辞め、転職を決意しました。退職した後は非常に将来が不安でした。しかし、新卒で入った会社を数年で退職し、中途採用で働いている人が大多数だと自らの転職活動で学び、無意識のうちに気持ちは楽になりました。なにより転職を経験したことによりなにか肩の荷が下りたような感覚になり、「本当に自分のしたいこと」を探すのが喜びになっていきました。やはり「続けてこそ意味がある」といった転職する行為を咎める意見もありますが、それが正しいのかなと思いました。私自身、転職してみるも大事だと思っています。

今やっている転職する活動で「私はこれまでこのような種類・・

励んでいる転職活動をしているときに、「自分は振り返るとこのような内容の仕事をがんばりました」「これまでに手にした技術は、、、です」と過去の自分の実績を強調しようとする人はけっこう少なくありません。しかし、応募し再スタートを狙う環境下で「こうありたい」「こういった業務内容なら貢献できると思う」と将来のプランで自分をアピールする方が効果的である場合は、意外と多いものなのです。この点をしっかり意識しておくと、転職活動が効率的なものとなります。

転職活動する場合、履歴書と職務経歴書を用意することが必須だと考えられています。

転職活動では、「履歴書」「職務経歴書」が必需品です。会社の大半は履歴書及び職務経歴書に記載されている内容を見た上で面接するかどうかを判断するため、まずはこの2枚の書類が大事なアイテムです。単に穴埋めすることにとどまらず、記載内容を充実させることも考えてみましょう。「職務経歴書」は、過去に行ってきた職務の詳細と、自己アピールをしっかり書き綴りましょう。さらに、過去だけでなく、現職で挙げた実績も良いアピールとなります。例をあげれば売上をこれまでの○パーセントアップ達成した、など明瞭に記してみましょう。もしも、作成に行き詰まったのなら、「転職エージェント」に、職務経歴書のチェックをしてもらい、上手な文章を引き出したりしてブランディングのために利用することも転職を成就するための有効な手段です。

転職をする場合、転職先での給与を気にしすぎる人がけっこ…

転職しようと考えたとき、転職後の自分の年収ばかりを気にする人は、案外多くの方のようです。たいていの方はだから生活費を給料としてもらうために働くと思います。ですから年収がいくらかは自分の仕事に対する評価としての側面もありますからとうぜん大切なことは否定できません。それにしてもひどく年収というものに気にかけすぎる生き方というのも悲しい気がしませんか?この世には年収が期待できない業種でったも精神的な充実を得られることがゼロではないからです。

3ヶ月まえに、転職したというのに、入ってすぐに辞めてしまう人というのも…

2ヶ月まえに、転職したばかりであるにも関わらず、数ヶ月しかたっていないのに退職を決断する人がけっこう多いものです。それはたぶん自分自身に合った会社に飛び込んだものの、「自分の思っていたものとかなりギャップがあって幻滅した」「職場が受け入れられなかった」というワケで去っていくことが多いといいます。可能ならばこのような、転職に関しての失敗を繰り返さないためには、まずは事前の情報収集を徹底しておく必要があります。職場内のルール、具体的な業務内容、などあれこれ事前にチェックしておくことで気になる点は職に就く前の段階でチェックしておきましょう。

詐欺|古来より日本には「石の上にも三年」というコトワザがあるのですが…

昔から日本には「石の上にも三年」という生きていくうえで格言となるべき言葉があります。大正末期から昭和初期にかけて原型がつくられた、「転職」を経験するのが一般的な事柄となってきています。しかし、転職と言っても誰でも彼でも、何時でも、何処でも、というような簡単に仕事を変えようとする行為はとても危険なことです。仕事を変えたいと考えているなら、時期というのも有るでしょう。初歩として、現在の職場、具体的に、例えば仕事内容や待遇面について不満点を10個、少なくても最低5個は紙に書き出ししてみましょう。この作業が、再就職がスムーズになるはずです。そして決断したら迷うことなく、よりも良い仕事ができるよう、取り組むことが大切です。

もしも転職することを、現在の会社の人たちがそのことを知ってしまうと…

もし転職することを、今の職場の同僚たちが、あなたの退職を知ると職場の空気が一変するかもしれません。人間関係によって、やっかまれたり意地悪されることもあるかもしれません。ひどいケースでは、超過勤務をさせられることもあるので、うかつに「転職します」と周囲に伝えるのは注意が必要です。上記のような状態を回避するため、在籍中は、いたって真面目な態度でいましょう。そうすれば、良い雰囲気をギリギリまで維持したまま、心置きなく仕事を辞めることが出来ます。しかも、円満退職に至れば、転職後に、あなたが困ったときに相談できるかもしれません。業種や規模に関係なく、どこの企業も、人とのつながりがとても大事なので、仕事を辞める前のトラブルは、できるだけ回避してください。