転職活動と現職の同時進行を行っている人が多いです。

詐欺|転職活動を今の仕事と同時進行させる人が多いです。

転職活動を現職と並立して進行させる人は少なくありません。しかしながら、仕事をしつつ求人案件をチェックして応募したり、面接に行くのは精神的にも肉体的にも負担が大きいといえます。加えて、転職活動中は、今の職場の同僚や上司にもバレないようにやり過ごさなければいけません。そういった状況で「とりあえず応募しておこう」と考える人がいるのですが、もしも、そのまま書類選考が通り、面接の段になって辞退すれば今後の転職がうまくいかなくなるおそれがあります。転職エージェントを使って応募していた場合は、エージェントに悪いイメージを持たれてしまいますし、自身でダイレクトに応募した場合も相手企業からしつこく電話やメールがあることもあります。いずれにせよ自分の大事な時間を浪費することになりかねないので、行くつもりのない会社は、はじめから応募しないのが賢明です。新卒の就活とは全くことなることを意識しておきましょう。

就職した会社で嫌な感じの上司に困惑してしまい、最後・・

勤めていた会社で反りが合わない上司に嫌な気分にさせられ、我慢することができなくなり退職し、同じ畑の別の企業に移りました。そこでは居心地よく勤務することができ満足の日々でしたが、緩やかに会社の財務が悪くなり、結局はある会社に経営統合されることとなったのです。偶然にも経営統合したのは驚くなかれ前働いていた会社で、加えて非常に嫌いだった上司がもう一度私の上司になることになりました。どうしてこんな縁があるのでしょうか。当然新たなる転職活動を開始するつもりです。

詐欺|転職する企業で、すぐに「年間報酬」の高望みはしないほうが良いです。

転職しようと思うなら、すぐに年間報酬に関して高望みはしないほうが無難です。中でも、転職した初年度は、大方研修期間を含んでいる会社が多いです。自分の事例では、やっとのことで手にした仕事なのに、年収が前職での稼ぎと大方同じ額でした。そして、業務はかなりキツく、たいへん責任が伴うものだったので、1年目を乗り越えるのにかなり苦労しました。そのような実体験をしてみると、転職1年目は、仕事を覚える年と割り切り、できる限り転職前に貯金をしておくべき、と思います。

詐欺|楽しく過ごしつつ、転職と付き合う事が出来れば、メンタル面への負担も軽減されるの・・

将来に目を向け、楽しく再就職と向き合えば、精神的な重荷を抑えられるので、転職活動の間に堕落はしないですみます。そのうえメンタル部分が良好であれば、あまり時間をかけることなく転職先も見つけられるはずです。理想とするのは、スムーズな隙間のない時間で新たな勤め先を見付けることが重要です。現在の仕事と並行しながら、次の職場を探すのがもっとも良いです。それに、ブランクをつくらなければ仕事を辞めたあとすぐに、働けます。そうすると、働いていない期間はできませんから、履歴への影響も回避できます。つまり、転職の時に不利になることがないということです。今後のことを鑑みながら、うまく転職活動を考えていきましょう。

失業時に受け取ることができる「失業保険」は、もらうためには失業中であることが必要です…

失業した人に給付される失業保険は、失業状態でない人はもらえませんが、給付期間が決まっています。それまで働いていた期間によって変動し、90とか120日とか決定されるのですが、なんとこのような現実を全く知らない人が一定数いらっしゃいます。期間の制限がないと勘違いして失業保険があるから働かなくてもいけばいいと考えて遊び続けている人もいますが、給付期間の終わり際にやっと自分の誤りに気付き急に就職先を探しても条件のよい仕事を見つけるのは困難です。転職を希望している会社の面接官もバカではないので、失業中に遊び惚けていなかったのかに関しては大半は相手(面接官)に見透かされると思っておいた方が良いでしょう。ときには、面接の際にそれらを根掘り葉掘り訊かれることもあります。きちんと返答できなかったり、すぐにバレる嘘をついてしまえば、採用は極めて難しくなります。

詐欺|長く接客関係で仕事を行ってきましたが、加齢のせいか立ち続けなければいけない仕事…

長く接客関係で勤務していたのですが、歳をとるにつれ立ったお仕事は体力的につらく、座って仕事を続けられるオフィスワークへの転職を考えて動き始めました。事務未経験だと簡単にはいかず、そうであれば接客の要素もある受付兼医療事務を目指そうと思い資格を取得して個人病院に転職することができました。周りは超ベテランである先輩パートさんだらけで人間関係においても難しい。夜間のシフトばっかり押し付けられ、接客業で働いていた時よりも帰る時間も遅いのですが、今はキャリアを形成しなければいけないと割り切り頑張ります。

詐欺|転職される人で次の仕事を始めるまでにある程度期間がある場合は・・

これから転職される人で次の仕事をする前に期間があるのなら、できれば「失業手当」をもらっておきましょう。あなたが勤めている会社側で雇用保険を払っているところであれば、必ず失業手当を誰でも受け取ることができます。また、手続きについては「ハローワーク」で行う必要があります。しかし自己都合で仕事を辞めた方は失業手当を受け取るまでの待機期間(3ヶ月)がありますが、現在の会社都合の退職、または残業時間次第でただちに受け取れることもあります。さらに受け取れる「失業手当」の金額については、最後となる月の近々の給料がもとになって計算されるので、企業に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の方は、理想なのは「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当を受け取る上ではお勧めです。

『転職をしたい!』という願望があって、自分の意志が固いならば…

『なるべく早く転職したい!』と思っている人で自身の意志が本当に強いものであるなら、辞職したいという旨を速やかに上司に伝えるべきです。ですが、相談という形で話せば場合によって言いくるめられるおそれがあるので要注意です。実際にわたしが転職をすると話した時には退職を引き伸ばされてしまい、退職するまでに半年くらい掛かりました。辞めたい旨をはじめに、直属の上司へと相談したのが年度末で、いろいろあってなぜか退職が認められたのは同年の11月です。本音は区切りの良い年度末いっぱいで辞めるつもりでしたが、大変驚きました。やはり人事の采配等もありますでしょうが、スタッフの希望を聞かないまま、上司を含め組織として予定を引き伸ばしてきたので、非常に前の職場に対して信頼はなくなりました。

全く経験したことのない分野とかに職を変えようとするときに…

全く経験のない業種などに転業したいと考えているときには、前の業界で、自分が培ってきた能力や経験値が生かせるという内容の訴えが必要です。未経験のジャンルの場合、経験のない分だけその業種を経験している人よりも実際のところ、足りない部分はありますが、自分自身が保持している力がその業界でも十分に生きるということを話すことができれば、勝負になる場合も多々出てきます。そのような訳で、経験のない分野にチャレンジする場合は、その業種と今まで自分が経験してきた職務との関係を可能な限り発見しましょう。

転職のために人材会社へと登録に行きました。

3日ほど前新しい仕事先を探すために人材会社に登録に向かいました。そこで登録カウンセリングを行いに出てきた担当者がどうも仕事に慣れていない社員のようで、私の説明の2分の1も彼は理解していないように思えました。それなのに「キャリアデザインがまだまだですね」とか「きちんと強みと弱みをはっきりさせておくべきです」等、上から目線で偉そうに話すので非常に不快でした。カウンセラーはある程度カウンセリングの経験がある人にしてほしいと感じます。

詐欺|転職期間中は、「趣味」に没頭することに加え、体力を損なわない生活をしておく…

転職期間のあいだは、自分の好きなことに打ち込むほか、体力の向上を意識しておくと良いと思います。勤務先が見つかり、仕事復帰した時に、趣味に夢中になっていたことによって無意識の間に集中する力が高まっているのです。加えて、体力アップしているために、他の社員たちと比べると疲れにくい身体になっているということを認識することができます。そのため、退職して次の仕事を始めるまでは自分の好きなことに集中することと、体力を維持させるように努力をしておいて損はありません。今後、働き出した会社で同じ趣味の方と出会えれば、会話が盛り上がります。ですから、趣味を極めることが転職期間中の時間の有効活用となります。

クールビズ(軽装)の格好で再就職の面接にチャレンジする場合・・

クールビズ(軽装)をして転職の面接を受けに行くときには、いくらなんでもジャケットは着ていかなくても大丈夫だとはっきりと断言できます。ですが、ネクタイに関しては着用していったほうが好印象を与えてくれます。タイもしないで良いと思っている会社も存在する確率もあります。ですが、ことネクタイについては例えクールビズが推奨されていてもすべきだと決めているところがいくらか存在します。という訳で、クールビズのスタイルであってもネクタイにおいては必ず着用から行った方が印象が良いというのは分かっておいてほしいです。

今まで私は、求人情報は「転職サイト」よりも、「ハローワーク」で仕事を探していました。

以前の私は、「転職サイト」で職を探すより、「ハローワーク」を活用していました。というのも規模の大きな「転職サイト」は、なぜか都心の企業の求人がほとんどだからです。そのため、求人情報を調べる時は、「ハローワーク」しか利用していません。もちろん、有名な転職サイトに掲載されている求人よりもどうしても給料や労働条件で差がありますが、地域密着型なため、都会以外での転職には役立ちます。ハローワークというと、なんだか地味な感じがするというイメージがある人も多いとは思います。でも、魅力的な求人情報もしっかり掲載されているので、もしも転職を検討しているのなら、お近くのハローワークへ行って相談するもの良いかもしれません。有名な転職サイトのように大量の電話やメールが送られてくる心配もありません。

「転職サイト」は、大手が運営しているものほど掲載される求人情報が豊富なた・・

転職サイトは大規模なサイトの方が掲載される会社の数も多くなるため、気に入った2~3社を、まずはサイトに登録した上で、希望する勤務地や年収についてチェックを入れて、加えて自動の案件紹介設定をしておくと情報収集が容易になります。しかし、最初だけは登録するのに非常に手間がかかるので、登録前に履歴書と職務経歴書を忘れずに準備し、さらにそれらをテキストファイル化して、コピー&ペーストする形で登録しておくと手間が減って便利です。登録初日はけっこう時間がかかることから、案件の検索・応募をするだけでも苦労しますが、次回以降は、新着の求人情報だけチェックすればいいので、初めの準備を怠らないことを心がけるのが賢明です。

求人についての情報を見てみると、大部分の場合は普通の企業では…

求人関連の情報を見てみると、大部分の場合は大部分の職場では月収が明記されています。しかしこの月収をチェックする時には、深く確認する事が大事です。数字だけを見てわかってしまってはいけません。というのは場合によっては、月収の中身に「毎月20時間の残業」を含んでいるかもしれません。何があるかというと残業代の金額を含めて計算することで魅力ある案件に見せて、人材を確保しようとしているケースも少なくないのです。また「歩合給」を基本給以外に考える、という案件も要注意です。歩合を過剰に多い前提で月収を多く見せているケースもあるんです。こういった表記された数字どおりとなる見込みがない会社には「ブラック企業」な可能性も高いので、警戒しておきましょう。

詐欺|転職を予定しているのなら現在働いている会社を辞める時に…

転職に先立ち現在勤めている会社を辞める時に「失業保険」を受けるための手続きをしなくてはなりませんが、自分からすすんで退職届を書いて会社を辞める、いわゆる「依願退職」であった場合はすぐさま失業保険が出るわけではなく手続きが終わった後で失業したことが認められてから3ヶ月経たないと受け取れないのです。よく勘違いして辞めた次の日から3か月経てばもらえると誤解している人がいますが、この規則を間違って理解している人が、本当はもらえるはずだと思い込んでその結果としてハローワークの職員さんと大声でやりあっているのを見たことがあります。なお、自己都合ではなくリストラなど会社都合で解雇されたケースでは、失業認定されてから直ちに失業保険が給付となります。