就職するため仕事探しをするときに特に注意が必要な求人内容は、…

転職するため仕事探しをするときに特に注意したほうがよい求人の募集内容は、…

  • 転職活動する際に気を付けたほうがよい募集内容は、そこまできつそうな仕事内容ではないのに給料が高く、拘束時間が長めというものです。こういった求人は、給料に『みなし残業代』を含んで算出しているケースがよくあります。みなし残業代とは、『みなし』とも言い、30時間や45時間といった感じで求人の記載内容に時間が書いてあります。毎月これだけの残業が発生する可能性があるので、はじめから給料に残業代を入れて計算しておくということです。(ちなみに、これは違法ではありません)例えば求人に『みなし残業代25時間込』と記載されていれば、「書かれた時間分の残業代を入れると、これだけの給料がもらえます」という話になります。しかし、悪質な求人では、記載しておくべき『みなし』をわざと記載していないこともあるので気を付けてください。

  • 転職をスムーズなものにするには、あらかじめ、意味のある情報を集めることをしておきましょう。

  • 後悔しない転職するとを目指すのなら、最初から意味のある情報収集をしておきましょう。ですから近年は企業の名前を知られていない中小クラスだとしてもホームページに企業の紹介を書いている場合が普通だから、インターネットを活用して色々と必要事項を手に入れるとそれとその企業について疑問点等を整理しておくと転職に役立つはずです。加えて公式サイトに加え、「転職サイト」を利用してみるのも良いかもしれません。そのほか、インターネット以外の方法として何よりもその職場を自分自身で見て判断してみましょう。

  • 詐欺|かつては求人誌では、雇用主が求める人材の「性別」ま・・

  • 数年前の求人情報に雇用主が必要とする「性別」について、明確に記載されていました。ですが現在では、1986年に施行された男女雇用機会均等法の影響によって、男女の求人や、採用での差別をしてはならないルールとなり、応募資格のなかに「性別」が記載されなくなりました。そうはいうものの、募集情報を出す会社は、本来はどちらが希望と言う想いがあってもおかしくはありません。現実に、男手を必要とするジャンルに、女性の応募が殺到したり、逆に女性を希望している案件なのに男性がエントリーしてきたり、でも不採用となる可能性が高くなります。例えば、「女性が活躍できる仕事場です」とアピールしている場合、雇い主となる企業側が「女性」を必要としてる、と認識したほうが良いといえます。

  • 詐欺|転職の面接などの場面でもし面接担当者に名刺を手渡されとした・・

  • 転職における面接などに関してもし名刺を渡された時、こちらとしても名刺を相手側に渡す必要があるのか?ないのか?とどちらが正解かわからない場合大体は差し出す必要のないもの、と知っておいてください。転職のための面接というのは仕事の一部ではなく、職に就くための採用活動の一環です。ですから基本的には名刺をやりとりする時ではないのです。また、会社の人間としてその場にいるのではなく、個人の問題でこの場にいるわけです。という訳で、相手側から名刺を差し出されても、こちらにおいてはもらうだけで大丈夫で、面接担当者に相手に渡す必要はないと思います。

  • 求人をチェックする場合、オフィス系の仕事がしたいから…

  • 求人に関する情報をチェックする時、例えば、事務系の仕事がしたいからと、製造業をチェックしていなかったりします。そうした人のほとんどは「製造業って、現場で製造する仕事しか募集しない」と誤解している場合もあります。製造業での求人であっても現場作業者だけでなく、経理、総務といったスタッフ募集に加え、購買、営業管理などの「オフィス系」に分類される仕事が結構な数あります。けれども、製造業の仕事場はビジネス街から外れた地域にあるのでアフターファイブを楽しみたいと考えている人にはそれが嫌だと言う人もいるかもしれませんが、とはいえ、自分のこだわりを捨てることによって思いがけないチャンスにつながる可能性があるかもしれないのです。

  • 新卒採用で入った会社にさよならをして悩みましたが、転職すると決めました。

  • 新卒採用で入った会社に別れを告げて、悩みましたが、転職すると決めました。退職した後は非常に不安な日々もありました。新卒採用で入社した会社を退職し、中途採用で働いている人ばかりであると自身の転職を通じて理解し、いつの間にか以前よりも安心することが出来ました。また1度、転職を経験したことによって不思議と気持ちが楽になった気がして、「自分のやりたいこと」を見つけることが楽しくなりました。やはり「仕事をコロコロ変えるなんてとんでもない」といったような転職に否定的な考えがあるのは理解していますが、必ずしも正しいとは限らないと感じました。私の人生においては転職を決断して良かったです。

  • 詐欺|がんばっている転職する活動中に、「私はこれまでず・・

  • 今がんばっている転職する活動中に、「今まで、このような仕事をしてきました」「過去の仕事では、こういったスキルを身につけることができました」と成功体験やセールスポイントを十分にアピールしなくちゃと考える人はときどき目にします。が、希望する再スタートを図る職場で「将来、こうありたい」「これこれの内容の仕事をするのなら積極的に貢献できるに違いない」と将来的なビジョンを話して自己をアピールを狙ったほうが過去の実績以上に反応が良いはずです。この点をしっかり意識しておくと、転職活動が効率的なものとなります。

  • 転職活動においては、履歴書と職務経歴書がポイントです。

  • 転職活動をするにあたっては、履歴書と職務経歴書が必須だと考えられています。ほとんどの会社は履歴書だけでなく職務経歴書に書かれている内容を判断材料にして面接するかどうかを判断するため、なによりもこれらの書類が大事なアイテムです。単に穴を埋めさえすればいいというわけではなく、記載内容の充実を図ることも必要です。職務経歴書は、これまでの職務の詳細と、自己アピールとなる内容をできる限り書き出しましょう。さらに、過去だけでなく、現職で挙げた実績も良いアピールとなります。例をあげれば売上を従来比○パーセントアップ達成させた、など具体的に記します。もしも、作成が難しいと思うなら、「転職エージェント」に、職務経歴書のチェックをしてもらい、より良い内容に改善していきましょう。自分のブランディングのためにうまく活用することも選択肢として考えておきましょう。

  • 転職というものをしようと考えたとき、転職したあとの自分の給料ばかりを気にする人は…

  • 転職というものを考える際、その職場の自分の給与について気にする人が案外多く見受けられます。もちろん大多数は仕事というのは収入を得るため、自分の生活を成り立たせるために行うものです。ですから生活費を給与として稼ぐべく励んでいるのはずです。年収の額は自分の仕事に対する評価でもあるので当然大切に思うのは当然ではあります。しかしながら、必要である以上に年収額に気にかけすぎる人生というのも寂しい気がするでしょう。年収にあまり反映されない仕事であってもやりがいを感じられることが普通に転がっているからです。

  • このあいだ転職をやっとしたというのに、すぐに退職届を提出する人…

  • ちょっと前に転職をやっとしたばかりだというのに、入ってすぐに退職してしまうケースがけっこう多かったりします。新たな気持で新しい環境を手に入れたはずなのに「理想としていた仕事と堪えられほどかけ離れていた」「職場の雰囲気が受け入れられず・・」といったことで退職を決意するのじゃあないかと思います。可能ならばこういった転職における失敗を避けるためには初歩として、情報収集を欠かせません。具体的な業務内容、給与システム、などいろいろ事前にチェックしておくことで転職における失敗は大きく減らせるはずです。

  • 詐欺|昔から「石の上にも三年」という教訓があります。

  • 日本には”石の上にも3年”という生きていくうえで教訓となるべき言葉があります。「終身雇用制度」もなくなりつつある現在、「転職」を経験するのが決して珍しいものでなくなっています。けれども、「転職」が珍しくなくなってきたとはいえ、簡単に仕事を変えようとする行為はとても危険なことです。実際に転職するつもりなら、重要なのはタイミングといえます。まず、今やっている職場、仕事について具体的に、不服に思う点を5~10個ほど、探してみてください。この作業が、再就職がスムーズになるはずです。そして、将来の進むべき道が見えてきたら、ためらうことなく、よりも良い仕事ができるよう、頑張っていきましょう。

  • もしも転職することを、現在の会社の人たちがそのことを知ってしまうと…

  • もし転職前、今勤めている会社の人たちがあなたの転職を知ってしまうと、職場の状況が一変するかもしれません。場合によっては、これまで通りに行くこともありますが、意地悪や、やっかまれる可能性など様々です。ひどいケースでは、意図的に残業を押し付けられたりすることもあるので、軽々しく「転職します」と口にするのは考えものです。上記のトラブルを避けるために、今の仕事場では、いたって真面目に誠実に振る舞いましょう。充分に警戒しておけば、良い関係をギリギリまで残したまま、心置きなく会社を辞めることができます。そして、円満に退職できたなら、転職後に、困ったときに相談できるチャンスにも恵まれるはずです。業界や規模に関係なく、どのような会社も人との縁はとても重要なので、辞める時のトラブルだけは、できるだけ起こさないようにしたいものです。

  • この先、社会的にはみるみるうちにシンプルな作業は機械化が進んでい…

  • 将来的に、社会ではぐっと単純な仕事は機械化が進歩していきそして、そういう仕事をする労働力はどう考えても減らされてしまいます。そのワケは、シンプルな仕事という観点では人間より機械のほうが数段に分があるからです。数を数えたり同じ動きを延々と繰り返すことは機械には何も不自由もありません。当たり前のことながら人と違って言い訳もしないし、疲れないし、不正をすることもないし、正確に作業してくれますし、均一化できるのも魅力です。そして、賃金が発生しないのもメリットといえます。ですので、生身の人間を使う意味がまったくなさすぎます。機械化されるのは当然の流れなのです。

  • 再就職をしようと考えていても全てが順調に運ぶという確証はどこにもありません。

  • 転職を目指そうとしても、万事首尾よくいくというわけではありません。それはなにはともあれなるべく早い時期に行動しておくべきです。それには少なくとも20代のうちは希望を見出しやすいですが、30代後半~40代になってしまうと転職というのはたいへん厳しいものと理解しておくべきです。もしも、役職をすでに担当しているのなら、転職を意識していても現在の会社にとどまることも選択肢の一つには入れておくべきです。つまり、退職後に転職活動を行うよりも、今の会社での業務をこなしつつ、慎重に未来を構築していったほうが堅実です。

  • 近頃の転職事情については、政治による変化の兆しが出始めています。

  • 最近の転職事情では、政治による影響が出始めています。今の安倍政権によって、アベノミクス「三本の矢」など、新たな経済政策が矢継ぎ早に展開されています。内閣が打ち出した新たな経済政策ともに金融政策ともあいまって財界・企業ともにあたらしい社会的な変化が増加傾向にあります。その変化の中で、民間企業のあいだでも今度は労働人口減による「人材不足」が社会的な問題として取り上げられています。ちなみに外国人の労働者を現状以上に高めていくと現内閣は宣言しています。雇用や転職問題についてもかなり幅が広がりそうです。こうした政治の流れによって、国内の雇用・転職状況も大きな影響が出てくるのは間違いありません。

  • 転職したいと考えている会社で見学しておけば、とても参考になります。

  • 転職候補先の見学は、かなり参考になります。また、「職人」がいる会社での見学は、職人技を間近で見られて楽しみです。しかしながら「職人」がいる会社見学では見学者にはほぼ、普段の仕事現場を見せてくれることはまずありません。例を挙げるとブルーワーカーといわれる肉体労働などのジャンルです。この業種では、独自の感覚を持つ人が多いので実際に働きだしてからでないと、本来の姿がわかりません。ですから、仕事は見学で見たものだけだと決めつけないことがたいへん大切です。また、会社見学時に実際に仕事体験させてくれる会社は、問題があるので注意しておくべきです。入社すらしてない人には問題が起きたとしても、それに対する保障が一切ないため、進められてもていねいに断ることが大事です。